天リウの趣味とフォトブログ



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

最高の雲海 9月15日

 

 

14日の奈良県野迫川村気温は終始そう変化もなし。天気は曇り

 

15日、最低気温は16℃、最高気温は29℃ 晴れ

これやな。

丑三つ時の午前2時半に出動しました。

 

途中、定番のシカやテン、キツネの歓迎を受けながら

 

まずは夜明け前の高野辻へ

 


期待通り今年最高(自分が見た中で)の雲海が歓迎してくれました。

 

しばらくしてご来光は車で5分ほど離れた場所に移動

 

 

写真でこの感動を表現するほどまでの腕前はありませんが

 

 

実際に目で見ると「幻想的」と言う言葉を使ってもいいシーンでした。

 

 

 
日の出に感動した後は15分ほどの立里荒神社へと

さらに上りました。
 
 

 

先着の若いカップルが感じよかったのでシルエットでパチリ

 

 




「雲海」と言ってもいいですよね。

 

 

もう消えててもいいわと言う気持ちでダメ元で今度は

最後のポイント天狗木峠へ

強烈です。

 

 

 

 

 

まだまだ雲海は発生していました。


お腹いっぱい撮ったあとは自分のお腹が空いたので

 

麓の食堂で朝ごはんです。




これはセルフサービスの自己申告

&おにぎりセットをいただきました。

 

 




行に見つけていた猫ちゃんが気になり

 

帰りにそこを通ると居てました。

 

おっちゃんが帰ってくると喜んでいました。

捨て猫が住み着いたらしい

「こんな猫撮っても価値ないで~汚れてるで~」と(;'∀')


その後はサルの団体とすれ違い

 

休憩しながら帰路につきました。


あとイノシシとツキノワに出会えたらコンプリートだったんですが・・・

 

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

川辺八幡神社花火大会

14日 写真クラブの例会だったんですが

 

かなり過去から約束していたのでお休みさせていただきましたm(__)m

 

 

川辺八幡神社(大阪市平野区)の奉納秋祭で

 

2万発の花火が1時間足らずで打ち上げられます。

 

P〇の花火のように休憩はありません。

 

ひたすら打ちあがっています。

 

 

 

 

 

↑動画はラストのシーンです。37秒あります。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言い方は少しおかしいですが

 

見させていただいていてかなり迫力と「値打ち」のある光景でした。

 

 

 

 

山麓に現れたミサゴ

 

 

二上山を背景に鉄道写真を撮っていたら

 

 

えっ??

 

トビやチョウゲンボウならたまに出没しますが

 

 

 

 

運よくこっちに向かってくる。

 

 

普段、南港野鳥園では見かけますが

 

ここは海も川もありません。

奈良県當麻町です。

 

 

 

自分の居る目の前の池はスルーして

 

ひとつ山側の池にダイブ!

 

悔しい! でも出会えただけでかなりラッキー。

 

 

狙っていた列車「青のシンフォニー」はズタボロに失敗でした(;´Д`)

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

 

 

 

 

 

青のシンフォニーに乗車

先日仲間内で撮影会&飲み会の集合前に

 

青のシンフォニー3便に空席があったので

 

乗ってきました。

 

 

大阪阿部野橋14時10分発

 

 

鉄道模型持参です(;^ω^)

 

 

 

 

上質な大人の時間   

     午後からの吉野行きのためわりと空席がありました。

 

ま、季節も中途半端ですから。

 


吉野口ではラッキーな行き違い

 

16000系旧色(Y7)です。

 

 

吉野に着いてからは俯瞰撮影

 

 

さくらライナー到着

 

 

 

出発進行!

 

 

この後、飲み会へと向かいました。





帰りはもう最後になるであろう

105系に乗る事ができました。

 

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

 

逃げろっ!

 

 

 

警戒!猛禽接近!逃げろっ!

 

 

 

 

思いもよらぬところでチョウゲンボウが現れてくれました。

 

ムクドリには申し訳ないですがラッキーでした。

 

空抜けばかりですみませんm(__)m

 

たまに藤井寺の大和川上空でホバリングしている子かな?

 

八尾飛行場にて。

スペクトルな夕方

 

仕事がひと段落した夕刻

 

ちかくの飛行場へバイクを走らせました。

 

 

たくらんでいた写真は撮れず

 

ふと南東の空に目をやると飛行機が

 

虹のような光に重なり、あわててカメラを向けました。

 

 

9月10日夕刻 八尾飛行場より。

リニア鉄道館 他

4日 お休みをいただき青春18きっぷの消化で

名古屋からあおなみ線に乗ってリニア鉄道館へ寄りました。

 

今回で2回目の訪問となります。

 

          

入ってすぐに蒸気機関車で狭軌最高速度(129km/h)を

 

マークしたC6217と

新幹線試作車が出迎えてくれます。

 


C6217の運転席

 

床に自動給炭器が見えます。

 

 

 



 

歴代新幹線

 

 

 

国鉄車両萌え!

 

 

 

165系 湘南のみかん色をイメージしています。

 

所謂湘南色。

 

 

キハ82のライトケースのデザインとパノラミックウィンドウが好きです。

 

 

               縦位置で撮りたかったんですがこれより下は

 

           貫通扉にガラスが設置されていました(;´Д`)

 

 

 

 

アメリカンなED11

 

 

 

ED11のメーカーずプレート

 

自分が見て推測できるのはゼネラルエレクトリック

 

ジャンボジェットのエンジンも造っていたメーカーですね。

 

1922年10月製造

 

直流 750/1500V

 

直列と並列の切り替えができるのでしょうか。

 

という感じです。

 

 

めずらしい蒸気気動車

 

 



 

   オロネ10プルマン式寝台車


 

 

ジオラマを走るHOゲージ鉄道模型

 

 

オマケ画像

 

 

 

名古屋へ向かう関西線の車内から見たDF200レッドベアー

 

 

 

あおなみ線の車内から撮った名古屋臨海鉄道のディーゼル機関車

 

横から見ると国鉄DD13そっくりでした。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

9月6日で

日付つながりでD51906(奈)

 

小学5年生のときのアングルお許しくださいm(__)m

 

なぜかドームだけ戦時型だった気がします。

 

 

昭和48年 奈良にて。

令和のタブレット

タブレットと言えば一般の方はタブレット端末と思われますが

 

鉄道では通票閉塞と言われる方法で難しい話は割愛しますが

単線区間で正面衝突を防ぐために

 

この通票(タブレット)を持っている列車しか

 

走られない仕組みになっています。


今はほとんどが自動になっていますが

 

今なお通票閉塞の区間(鉄道)がごく僅か残っています。

 

今回は青春18きっぷ消化のために早朝の列車に乗り、

 

衣浦臨海鉄道に訪問しました。

 

 

普段は立っている駅員さんが腕を前に突き出しそこに

 

放り入れる、まるで通過列車のような光景を見られますが今回は

 

編成が短くホームに収まったため停止してから渡されて少し残念でした。

 

ここからはJR武豊線に合流し自動閉塞になるの

 

でタブレットの役目は終わりです。

 

 

 

 

 

 

国鉄(JR)DE10同型のKE65型ディーゼル機関車

 

 

 

本線出発進行!

 

 

炭酸カルシウムを積んだ貨物列車が力強く発車して行きました。

 

 

衣浦臨海鉄道5571列車。

 

東浦駅にて。

 

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

猫の習性??

買った靴を箱から出したら待ってたかのようか間髪入れずに占拠。

 

 

 

 

ジャストフィットにご満悦

 

 

ネコ界の決まり事なのか習性なのかw

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>