子育てをラクに楽しくする方法
  • 17Mar
    • 好きな事しか、やらないのはダメ?の画像

      好きな事しか、やらないのはダメ?

      子どものこころのコーチング インストラクター松本麗子です。長女が、K-POPダンスをやりたいと、言いだしました。”。。。え?K-POP???””どないすんねん。。。””ここは茨城やで。。。”。。。急に関西弁になるくらい、目を白黒させております。勉強しないで、k-popかよ以前から、長女はダンスが大好きです。チアダンスを6年やってきましたが、今流行りのK-POPをやりたいと言い出しました。もともと、TWICEやNiziUが大好き。ユーチューブなどを見ながら、自己流で踊ってはいました。ですが、とうとう、「習いたい」とまで言い出しました。パパに伝えてみると、「何言ってんだ?!」「勉強もしないで。」「K-POPなんて、やって、何になる?!」「ママは、あんなテストの点数で、平気なのか?!」「そんな、やりたい事しか、やらないで!」「楽しい事にだけお金使ってらんないんだよ!!」体験レッスンで、私がみていたもの。パパには、「とりあえず体験レッスンだけ、行かせてほしい。」ということで、了解をもらいました。自分から「行きたい」とはいったものの、初めての場所に、長女はド緊張。私自身も、「初めての場所」や「自分の理解できない場所(今回はK-POPが理解不能)」は、非常に苦手。でも、今回は、「私の課題ではない」と考え、長女に、先に教室に入るよう促しました。1時間半、みっちりと汗を流して踊った長女。自分より年上のお姉さん達の中で、一番後ろで、でも、喰いついていくように、私には見えたのでした。レッスンを見ながら、久しぶりに、こんなに必死な長女を見たきがしました。6年生の時、毎朝起きられなくて、ずっと布団の中にいた長女。もちろん、隣に座って、長女の他愛もない話を聞いていた時間は紛れもない、私の宝物です。その長女が、必死に踊ってる。私は、長女に元気でいてほしい。楽しい人生を、何かに夢中になれる時間を、過ごしてほしい。多分、そんなことを、感じていた気が、します。すると、財布のひもも、ゆるゆるになっていまうのでした。ダンス、だけではなくて。体験レッスンのその日に、「申し込み」をしちゃったんですが、パパからは、了解を得られませんでした。私が、申し込みをしちゃった理由が、もう一つありました。同じクラスのお姉さん達が、とても優しく、フレンドリーだったのです。気軽に声をかけてくれて、「じゃあ、やります。どうぞよろしくお願いします!」と、伝えると、「キヤー!やったああ!!」と言って、親の私にまでハイタッチをしてくれたのでした。今、長女は、まだ中学1年ですが、「高校は通信制がいい。」と、言っています。通信制でも、いいんです。でも、まだ、「高校」というものを、よく知らないんだとも、思うのです。中学校の先生が、「内申点」を脅しに使い、それが、嫌で嫌でしょうがない長女。そういう大人も、いる。でも、「楽しそうな女子高生」も、いる。もちろん、楽しい事ばかりじゃ、ない。他の、いろいろな人たちがいるってことを、知ってもらえるチャンスになるんじゃないか。親の私が、説明なんかするより、リアルな感覚がつたわるんじゃないか。そんな事を、ちょっとだけ期待しつつ、まあ、試しに3か月くらい、やってみたらいいわ。。。ええええええ。。。K-POPぅううううううう(泣)不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。不登校の先にあるもの シーズン3か「学校に行けない僕と9人の先生」著者の棚園正一さんをゲストに、親のためのオンラインサロン「不登校の先にあるもの」でイベントしました。総勢61名での開催。たくさん、感想が届いているみたいで。。。遅まきながら、ご参加くださった皆様と、棚園さんに、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。棚園さん最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 01Mar
    • 傾聴講座を受けて、思い出したこと。の画像

      傾聴講座を受けて、思い出したこと。

      子どものこころのコーチング インストラクター松本麗子です。先日、傾聴講座を受けました。先輩インストラクターで、傾聴講師でもあり、不登校つながりもある、白石安代さんの講座でした。忘れていたことや、思い出したことや、パラパラパラパラと脳内を駆け巡っていたのですが。。。早速午後、傾聴チャンス到来。午後からは、子供たちがずっとずっと楽しみにしていた「お笑いライブ」。地元の文化会館で、お笑い芸人さんが5組、ライブをされました。子供達が一番楽しみにしていたのは「四千頭身さん」。前から5列目、真ん中通路寄りのベスポジシートのチケットを握りしめ、子供達は初めてお会いする、「四千頭身さん」をとてもとても楽しみに、会場に入っていったのでした。その間、私たち夫婦は、ごまめ(犬)をドックランに連れていったり、洗車をしたりして、のんびりと過ごしました。終わる時間に、迎えに行ったのですが、子供たちはなかなか出てきません。しかたなく、キッズ携帯に電話を掛けました。”ないやってんの””さっさと、出てきなさい!””まさか、出待ちしてんじゃないでしょうね”などと考えていると、案の定、「ええええ。。。出待ちしたい。。。。」(長女)”ばかですか?”という、私の心の声を、よっこいしょと横に置き、「正面からは、芸人さんは出てこないよ。だから、駐車場に出ておいで。」そう、伝えました。「出待ちしたいって。」と主人に言うと、私たちは、ふふふっと笑いました。きっと、子供達は”そのくらい楽しかった”と言いたいのでしょう。嬉しくって楽しくって飛んではねていて、終わっちゃってがっかりで、もっともっと会いたい!という感じの、長女と次女が想像できました。子どもたちの第一声駐車場に戻ってきた子供達は、興奮しながら「もう一回見たい!!!!」を連発。もうやらないの?他のところでやらないの?調べるから携帯貸して!取手市って、どこ?遠い?と、大騒ぎ。しつこい子どもたちに、私の中には”もう一回なんて、無理でしょ!””何言ってんの!””くっだらない、お笑いなんかに何千円もかけてらんないよ!””ばかじゃないの?!取手市の場所もわからないのか!!!”そう言いたい思いが、湧いて湧いてあふれて、もう、こぼれそうでした。「そっかーーー。」「そっかーーー。」かろうじて、それだけを言うと、自然に次の言葉が口からでてきました。「そんなに、楽しかったんだねーーーーーー!」「楽しかった!!!(四千頭身の)後藤がね!!!都築がね!!!長女を指してくれたの!!!」どうやら、長女も次女も四千頭身さんがトークの中で、絡んでくださったようでした。「ええええ!すごいじゃん!!なんて言ってもらったの?」それからは、一部始終を3回リピート。×2人分。長女は「出身中学校」のネタで。次女は「うっせーわ」ネタ。姉妹のトークが炸裂しました。夜のお風呂の中でも、話題は「四千頭身」笑「もう1回見たい」の、本音多分、本当に「もう一回見たい」んだとは、思います。(※正確に言うと、多分「絡みたい」笑)その言葉に含まれた「想い」は「楽しかった・嬉しかった・興奮した」だったんじゃないかな。私に出来ることは、子どもたちのその「想い」を、聴くこと。。。話すことで、子供たちの中にある「感覚」やら「思い」やら「感動」やらを、きっと、表現できて発散できて、自分たちでも理解できているんじゃないか。。。↑これ、余計かも。。。話せるって、幸せだよ。。。と、思う松本でした。不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。不登校の先にあるもの シーズン3学校行けない僕と9人の先生著者棚園正一さんをゲストにZOOMお話会「学校に行けない僕と9人の先生」著者の棚園正一さんをゲストに、親のためのオンラインサロン「不登校の先にあるもの」でイベントします。棚園さん日時:2021年3月6日(土)一般参加費:1500円定員:20名(満員御礼→増席4も満員!!でも、今夜ゆるっと傾聴ラジオから朗報があるらしい。。。)ゆるっと傾聴ラジオガイドのみょんちゃんと、傾聴講座のやっち(白石安代)さんが、ラジオをやります。3月1日21時から。不登校のオンラインサロンの事や、不登校についてお話しするらしいです。よかったら、聞いてみて。最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 24Feb
    • ”知識がある、と、ないの違い。”の画像

      ”知識がある、と、ないの違い。”

      丁度、約1年前。こんな感じだったんだな。。。ああ、私、よくやってた。ほめてつかわす。。。今日は、結局、学年末試験をブッチした長女。眼科と耳鼻科をはしごしました。(劇コミぷんぷんまる!!)お昼に回転すし。そして今、また、家庭科の教科書をひろげはじめています。あああ。明日は学年末テスト2日目。(因みに家庭科のテストは今日。。。)不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。不登校の先にあるもの シーズン3学校行けない僕と9人の先生著者棚園正一さんをゲストにZOOMお話会日時:2021年3月6日(土)一般参加費:1500円定員:20名(残席6)「学校に行けない僕と9人の先生」著者の棚園正一さんをゲストに、親のためのオンラインサロン「不登校の先にあるもの」でイベントします。棚園さん最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

    • 不登校・登校シブリの親 力の抜き方。の画像

      不登校・登校シブリの親 力の抜き方。

      こんにちは。松本麗子です。本日、長女の中学校は学年末テストがはじまりました!ところで、私の目の前では、長女が家庭科の教科書を広げはじめております。現在時刻午前9:57分。多分、1時限目から、学年末テストは始まっている模様。。。。た、たぶん。。。私は、ガクガクブルブルしております。:;(∩´﹏`∩);:私がガイドをしている、「不登校の先にあるもの」ママのためのオンラインサロンで、イベントを開催します。私自身が、力の抜き方を知らなかった。。。我が家には、登校シブリ児がいます。長女は、起立性調節障害を発症し、学校に行けなくなった時期がありました。次女は万年登校シブリです。私も、お説教をしてみたり、力ずくで担いでいったり、ランドセルぶんなげてみたり、学校で大泣きしてみたり、毎日毎日、顔色を赤くしてみたり青くしてみたりええ、大忙しでした。(今も、ですね^ ^)一番力をこめて手のひらグーにしていたのは、私自身でした。多分、この握りしめた手のひらを開くことさえ、忘れていた、思いつきもしなかったのだと思います。拍子抜けした感覚私は、一度だけ棚園さんにお会いしました。zoom会議でした。その時感じたのは、…え、?スコッと、肩すかしを食らったみたいな感覚でした。…え、?!私、かなり前のめりだった?!確かに、現役漫画家さんで、不登校の経験者で、いろいろ活動されてる方にお会いできてお話を伺えるチャンスでは、ありました。あったのですが、お話を伺って私、自分の姿勢を、前のめり具合と、手のひらの力み具合に、はた、と気がついたのでした。淡々と、時が過ぎる力の抜き方が、わからないとか、どうしても解決したい解決しなければならないという強い思いのようなものに取り憑かれている時、力を抜くって感じてもらえるといいなと思います。もしかしたら、怒りに変わるかもしれない。悲しみに直面するかもしれない。力を抜く。別の世界別の価値観を。。。みんなで待ってます。不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。不登校の先にあるもの シーズン3学校行けない僕と9人の先生著者棚園正一さんをゲストにZOOMお話会日時:2021年3月6日(土)一般参加費:1500円定員:20名(残席6)「学校に行けない僕と9人の先生」著者の棚園正一さんをゲストに、親のためのオンラインサロン「不登校の先にあるもの」でイベントします。棚園さん最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 31Jan
    • みょんちゃん、ってこんな人。”不登校のトンネルは誰と歩くかで変わる!”の画像

      みょんちゃん、ってこんな人。”不登校のトンネルは誰と歩くかで変わる!”

      こんにちは。松本麗子です。「不登校の先にあるもの・シーズン3」のお申し込みは、今日まで。みょんちゃんって、こんな人。みょんちゃんもね。私の人生経験では、出会うはずのなかった人。劇団の女優さんだったんだって。どうりで、綺麗なはず。。。私の「普通」は、サラリーマンとOLと先生ぐらいだったからな~。。。お嬢さんが、韓国に留学?!初めて会った頃は、確か韓国と日本を行ったり来たりされていた。すごいなー。そんなに飛行機乗れて、いいなーって思ったのを覚えています。(ただの飛行機好きwww)お嬢さんは、不登校から韓国に留学されたって。確か、ダンスをやっていて。韓国の歌手に憧れて、そういうのをきっかけにして、お嬢さんが少しずつ少しずつ元気になってきたって。私の平均台を広げてくれた人丁度、私は、長女の事で悩んでいた気がします。起立性調節障害を発症し、学校に行けなくなった長女。行ける日もあれば、行けない日もあった気がします。行けるといっても、2時間目の日もあれば給食からの日もある。その、家にいる時間。長女と、どう過ごしたらいいか。どう接したらいいか。私自身が、この先どうなるのかくらいトンネルの中にいたのを思いだします。そんなときに、みょんちゃんの話を聞くことができました。学校にいけなかったら「韓国」にいっちゃえば、いいんじゃね?!我が家の長女も、韓国大好き。今流行りの「NiziU」も、確か、当時は「TWICE」の大ファンだった長女。「長女が元気になるなら」と、私にとってはいばらの道だった、長女の「韓国アイドルの話」にトコトン付き合いました。毎日毎日、午前中、目が覚めると私を呼ぶ長女。布団の横で、なんちゃことない話を、長女の話すままに、長女の思うままに、長女が「起きる」と言い出すまで、ただただ、「聞いて」いたことを、思い出します。学校、行けなかったら、韓国行っちゃえば、いいじゃん!?長女には、「日本」が合わないのかもしれないじゃん!?葛藤は人それぞれ。でも、一人でじゃない。私も、(我が家も?)絶賛不登校・登校シブリ炸裂中です。長女は、調子の上がらない日は、欠席するし、遅刻・早退も通常運転です。これから先、再来年に到来する、「受験」という名のビックウェーブは、見ものでしょう(笑)本日、次女は、午後14時過ぎてもまだパジャマ。。。。おっかしいな?さっき、風呂入るって、午前中、一人ではいってたのにwww「ああ、明日、メンドクセー」を連発していますwww明日、行くのかどうかは、私も、わかりません。不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。お申し込みは、今日までです。不登校の親のオンラインサロン シーズン3 募集中です。完全クローズドの、安心の場所。聞くだけ・見るだけ参加も、できますよん。不登校の先にあるもの シーズン3こんな方も、お呼びします。すごいです^ ^学校行けない僕と9人の先生著者棚園正一さんをゲストにZOOMお話会日時:2021年3月6日(土)一般参加費:1500円定員:20名「学校に行けない僕と9人の先生」著者の棚園正一さんをゲストに、親のためのオンラインサロン「不登校の先にあるもの」でイベントします。シーズン3「不登校の先にあるもの」会員さんは、参加費が無料です。棚園さん募集は2月に入ったらはじめます。最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 29Jan
    • さとさんって、こんな人。”古株ガイドのみんなへ”の画像

      さとさんって、こんな人。”古株ガイドのみんなへ”

      さとさんって、こんな人。やっと描ける。。。泣。私の人生経験では、出会うはずのなかった人でした。理解できなかった。。。。「普通」じゃなかった。が、近いかもしれません。だいたい、「パフォーマー」なんて、私の辞書には載ってなかった。最初、本業:ピエロ?とか、思ったものでした。共通の感覚を持つ。私とさとさんは、同じ、「怒って子育てをしてきた」経験があると思っています。私も、長女を「怒って」しつけてきた。でも、壁にぶちあたって、にっちもさっちもいかなくなりました。子どものこころのコーチング協会で、偶然さとさんに出会って、共通の感覚を感じていることが、判明しました。タイプ別のお話しになるのですが、「赤タイプ」私は、それまで、環境や価値観が似ている人と一緒に過ごすほうが、ストレスが少ないと、考えていました。でも、違いました。「感覚」が似ている人。これが、私とさとさんの、共通理解でした。生まれも、育ちも、生活環境も、価値観も、全く違う、、、はずなのに。「おもろい。おもろい。」さとさんは、私の話を聞いているとき、よく、「おもろい。おもろい。」と、「おもろい。(面白いの意味ね)」を連発していました。初め、私は、よくわかりませんでした。どこがおもろいの?でも、まあ、おもろいのなら、ええかと、思って、自分の家の不登校事情を、いい気になって話続けました。そのうち、ばかにされてるんじゃないだろうか?とかも思いましたが、同じ「感覚」の話になったりすると、ありえないほど一致するわけで。。。不思議なことに、「不登校の先にあるもの」なるものを、一緒にはじめることになったわけでありました。「おもろい。」の意味さとさんに、先日やっと、語源化してもらえました。人生って、平坦だと、「おもろくない」いい時もあって、悪い時もある。いい事も、悪いこともあって、この、「悪い事」がないと、「いい事」も、ないわけでしょ。で、「いい事」が、上に振れて、「悪い事」が下に振れるとする。こう、ふり幅みたいなものが、大きいと「おもろい」んだよな~。人生って、平坦じゃあ、ないんだよね。山も、谷もある。悪もあるから、良もある。「悪」を「悪者」に、しないで、見れると、いいよね。ふり幅。「おもろ」えええええ?私の人生、そんなにふり幅あったか???不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。不登校の親のオンラインサロン シーズン3 募集中です。完全クローズドの、安心の場所。聞くだけ・見るだけ参加も、できますよん。不登校の先にあるもの シーズン3こんな方も、お呼びします。すごいです^ ^学校行けない僕と9人の先生著者棚園正一さんをゲストにZOOMお話会日時:2021年3月6日(土)一般参加費:1500円定員:20名「学校に行けない僕と9人の先生」著者の棚園正一さんをゲストに、親のためのオンラインサロン「不登校の先にあるもの」でイベントします。シーズン3「不登校の先にあるもの」会員さんは、参加費が無料です。棚園さん募集は2月に入ったらはじめます。最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 28Jan
    • 【ゴキブリを食べるをやってみた事】を思い出した話。の画像

      【ゴキブリを食べるをやってみた事】を思い出した話。

      こんにちは。松本麗子です。ごまめ(犬)の散歩から帰ってきて玄関に入ったら、大きくずっこけて転びました。幸い頭は死守しましたが、右手をやっちゃったかもしれません。身体に関して、年はとりたくないものです。。。(泣)「生き恥をさらす」という感覚。ごまめの散歩中にね、ふと、わいてきたのでした。「生き恥をさらす」今でも、たまに、このような、言いようのない感覚・不安感に、私は襲われます。学校に行かないのは、おかしい。勉強をやらないのは、おかしい。そんな子供に育てて。ばっかじゃないの?このまま、私は生き恥をさらして生きていくのか。。。戦国時代だったら、生き恥をさらすくらいなら、潔く切腹ができたけど。今は、自殺になってしまう。死ぬこともできやしない。。。。。。何時代に生きてるんですか?おぬし。。。生き恥をさらすなら、ゴキブリを食べてからでもいいじゃないか。私が、一番悩んでいた時期。当時の私は、相当せっぱつまっていました。もう、今までやってきたことは、正しいと思って、やってきたことは、ここまでうまくいかないんじゃ、もしかしたら、違うんじゃないか。ここまできたら、もうあとは、生き恥をさらすか、死ぬしかない。だったら、どうせなら、「ゴキブリ」を食べてからでも、いいんじゃないか。。。当時、心屋ぢんのすけさん界隈で流行っていた言葉「ゴキブリを食べてみる」「ゴキブリを食べる」に値するほど、ありえない事・やれない事を、「やってみる」という意味で、使われていました。あの、かる~い感じで、「ゴキブリ、いいよ~~!」っていう、ぢんさん。「ゴキブリ」ですから、美味しいわけがないんです。ありえないし気持ち悪いし吐きそうだしもう、口の中でごわごわしそうだし、うっひゃーーーーーーーーとか、悲鳴あげそうだし、挙動不審になるし、怖いし泣きそうだし、常識じゃ、ないんですわ。と、いうところを飛び越えるわけです。。。。ああ、「バンジーを飛ぶ」とかも、言われていました。でも、私、実はバンジージャンプ、やった事あるんで。。。私にとっては、バンジーじゃなくて、「ゴキブリ食べる」のほうが、はるかにチャレンジだった。。。ゴキブリの正体。ゴキブリを食べた私は、「幸せになりました!」とか「人生がばら色になりました!」とか「子どもの不登校が治りました!」とかは、あんまり、描きたくないのが、本音です。でも、実際、私は、まだ生きているし生き恥、さらしてないし、今日は、子供達、学校自力で行ったし、まあ、明日は行くかどうかわからないけど、それでも、ま、いっかって、感じだしだし。犬は、かわいいし。「ゴキブリ」って、思ってたけど、違ったんだな。不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。不登校の親のオンラインサロン シーズン3 募集中です。完全クローズドの、安心の場所。聞くだけ・見るだけ参加も、できますよん。不登校の先にあるもの シーズン3こんな方も、お呼びします。すごいです^ ^学校行けない僕と9人の先生著者棚園正一さんをゲストにZOOMお話会日時:2021年3月6日(土)一般参加費:1500円定員:20名「学校に行けない僕と9人の先生」著者の棚園正一さんをゲストに、親のためのオンラインサロン「不登校の先にあるもの」でイベントします。シーズン3「不登校の先にあるもの」会員さんは、参加費が無料です。棚園さん募集は2月に入ったらはじめます。最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 20Jan
    • 私の「嫌」の正体。の画像

      私の「嫌」の正体。

      こんにちは。子どものこころのコーチング インストラクター松本麗子です。日曜日、私と長女がもめました。先週の日曜日、私と長女がもめました。もちろん、たあいのないことです。長女が「ママ。デコレーションケーキを作りたい。」と、言いだしました。私は「いいよ。」と即答。てっきり、スポンジを焼き、生クリームを泡立て、イチゴを飾ってつくる王道のテッパン「デコレーションケーキ」をイメージしたのでした。ところが。。。よくよく話を聞くと。。。長女の「推し」のジャニーズが、もうすぐデビュー1周年。SNSでは、色とりどりのすてーきなケーキが、それぞれの「推し」へ、どんどんアップされているらしく。。。自分もそれに加担したい!と、いうのです。「長女はね、こーいうのがいいの。」そう言いながら、私に見せたのは、10色くらいのクリームが、”オサレ”に飾ってある真っ白いデコレーションケーキ。神戸の芦屋か白金高輪あたりに売ってそうな、それはそれは、今風のケーキに私には見えたのでした。イチゴの「イ」の字も、みえませんでした。「え、、、、、、嫌だ。。。」私は、怒りをおさえられませんでした。「ええええええ!そんなの。ママ、やだ。。。」「そんなんじゃ、やらない。」”ばっかじゃないの?”というワードも、出てきそうになりました。そんなの、やだ。やだ。いやだ。私は、いや。私の中に、「嫌」がいっぱいいっぱい、溢れてきていました。私は、「何」が、「嫌」?私は、「何」が、「嫌」?長女と険悪になりながら、考えました。私は、「何」に反応したの?私は、最近の「推し事」と呼ばれる、一連の行動(ex.本人不在の誕生会や、今回のようなSNSアップだけを目的として飲食物を用意することなどなど)が、嫌いです。嫌悪感を感じます。多分、子どものころの「刷り込み」が大きいのかなと、思われます。「そんな事をしてはいけない」と、強く強く刷り込まれているのでしょう。試しに、パパに相談してみました。「パパは、(こういう推し事)どう感じるの?」「いやあ、俺は別に。。。」”。。。え?やっぱりそうなのか?”試しに、さとさんにも、聞いてみました。「うーん、今の話じゃ、ワシも嫌とは、思わないね、。」”やっぱり!!間違いない!!!”私の中に、「何か嫌だと反応するもの」がある事が、明確になったのでした。実は、このあたりまでくると、不思議なことに、私の中の「嫌」も「怒り」も、ほとんどがトーンダウンしていました。長女は、無事に、私と一緒に買い物に行き、ケーキの材料(既にできているスポンジ。生クリームは自分で泡立てた)をゲット。但し、費用はお小遣いから捻出することをパパと話して決めたようでした。私の中で起こっていたこと「デコレーションケーキを作る」という言葉から、私がパッと浮かんだものは、”卵を割って、小麦粉をふるって、オーブンでスポンジが膨らむかな~?ってワクワクしながら焼いて、やっと冷めたスポンジに真っ白いクリームを載せて真っ赤なイチゴを飾って、出来た~”という、一連の行動と、その先にある、王道テッパンのデコレーションケーキでした。でも、それが「完全に否定された」と感じたのだと思います。しかも、私の大っ嫌いな”推し事”に使われてしまう。だから、私は、嫌だったのです。また、パパの話によると、私と長女の話に、食い違いがありました。私は、「長女が味なんかどうでもいい、見た目だけが大切。と言っていた。」と。長女曰く「味なんかどうでもいいとは、言っていない。」らしいのでした。まだまだ、”推し事”が、なぜ、嫌なのかまでは、分かりません。もう少し、時間をかけて解明していこうと思います。不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。イベント、やりました。沢山のご参加を、ありがとうございました。私自身が、たくさんの「普通」を感じることができました。心から感謝申し上げます。不登校の親のオンラインサロン シーズン3 募集中です。不登校の先にあるもの シーズン3こんな方も、お呼びします。すごいです^ ^学校行けない僕と9人の先生著者棚園正一さんをゲストにZOOMお話会日時:2021年3月6日(土)一般参加費:1500円定員:20名「学校に行けない僕と9人の先生」著者の棚園正一さんをゲストに、親のためのオンラインサロン「不登校の先にあるもの」でイベントします。シーズン3「不登校の先にあるもの」会員さんは、参加費が無料です。棚園さん募集は2月に入ったらはじめます。最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 12Jan
    • 次女に寄り添うと、ギュッと胸が苦しくなるわけ。の画像

      次女に寄り添うと、ギュッと胸が苦しくなるわけ。

      こんにちは。子どものこころのコーチング インストラクター(ほんとか?)松本麗子です。今日は、長女も次女も、定時に学校に、自力で歩いて行きました。え?普通、そうでしょ?って、聞こえてきます。。。^ ^次女は、昨日、学校の準備をしませんでした。先週の冬休みあけ前日に、私と一緒に学校の準備をしたところ、激しい頭痛と吐き気を訴え、大騒ぎになったので、今回は、「ママに手伝えることはないかな?」とだけ、声をかけ、そのまま、朝を迎えました。連休中に髪を切った次女は、朝から長女と一緒に、ヘアアイロンに大忙し。二人で仲良くもちょもちょしていました。”もう!なにやってんの、早くしなさい!!””小学生が、ヘアアイロンなんてやってんじゃない!”きっと、以前なら、こんな声も聞こえてきたんだと思います。「ママぁ。あのね、あのね、もし、できたらでいいんだけど。。。」ヘアアイロンに格闘中の次女が、ちいさな声で言いました。「なあに?」「あのぉ。……教科書、今日の分の教科書、時間割見て、(ランドセルに)いれてくれない?」「。。。ブッ。。。いいよ。」wwww私は思わず、吹き出しました。そして、次女の時間割を見ながら、もしかして、行けるんじゃん行けるんじゃん!と、期待に胸を膨らませました。ランドセルを開けると、な、なんと、洗っていない給食の白衣が出てきました。次に、やっていない、宿題のプリントと、学校からのお手紙も出てきました。wwwwそれでも、私は、めげません。洗っていない白衣は、今日、洗えばいい。「先生に、正直に忘れましたって、言える?」「うん!」やっていないプリントは、そのままそっと机に置きました。次女は、多少しぶりながらも、今日は学校に行ったのでした。長女が、5年生の頃、洗っていない白衣が出てきたら、やっていないプリントが出てきたら、私は、こんなふうにしていただろうか?と、思いました。また、胸がギュッとなりそうでしたが、今朝はちょっとだけ違いました。いや、私、その後、長女に寄り添ってるやん。そうそう。長女に辛くあたった時もあったけど、今は、話、きけてるやん。子育て、やり直し出来てるよ。そう、今日は、初めて思えました。不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。こんなことやってます。イベント、やります。耳だけ参加もできますよん。「普通」ってなんだ?!不登校の先にあるものzoomイベント不登校の親のオンラインサロンこんな方も、お呼びします。すごいです^ ^学校行けない僕と9人の先生著者棚園正一さんをゲストにZOOMお話会日時:2021年3月6日(土)一般参加費:1500円定員:20名「学校に行けない僕と9人の先生」著者の棚園正一さんをゲストに、親のためのオンラインサロン「不登校の先にあるもの」でイベントします。シーズン3「不登校の先にあるもの」会員さんは、参加費が無料です。棚園さん募集は2月に入ったらはじめます。最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 11Jan
    • ”半年間私を支えてくれたオンラインサロン「不登校の先にあるもの」”の画像

      ”半年間私を支えてくれたオンラインサロン「不登校の先にあるもの」”

      こんばんは。松本麗子です。私が関わっている、オンラインサロン「不登校の先にあるもの」素敵にご紹介くださいました。只今、私は、次女の美容院の付き添い中デス^ ^昨日、私と長女が「キレイ」になったので、是非とも自分もそうなりたい!っと、iPad andゲーマーand引きこもりand登校シブリ次女に、「頭キレイにするスイッチ」が入りました^ ^美容師さんにも、「お姉ちゃんとママみたいにしてください!」って、言ってました笑笑なんか、その光景を見ていて、学校がある日は、行くの行かないの、行ったのやったの貼ったのなんだのって、ギャーギャーやってるけど、なんか知らんけど、次女は、この先も、大丈夫なんだなー…なんて、ふと、思ってみました。不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。こんなことやってます。イベント、やります。耳だけ参加もできますよん。「普通」ってなんだ?!不登校の先にあるものzoomイベント不登校の親のオンラインサロンこんな方も、お呼びします。すごいです^ ^学校行けない僕と9人の先生著者棚園正一さんをゲストにZOOMお話会日時:2021年3月6日(土)一般参加費:1500円定員:20名「学校に行けない僕と9人の先生」著者の棚園正一さんをゲストに、親のためのオンラインサロン「不登校の先にあるもの」でイベントします。シーズン3「不登校の先にあるもの」会員さんは、参加費が無料です。棚園さん募集は2月に入ったらはじめます。最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 08Jan
    • 最近私が忘れがちな事。”「親として」は、いらない。”の画像

      最近私が忘れがちな事。”「親として」は、いらない。”

      こんにちは。松本麗子です。お正月明け、いかがお過ごしでしょうか?我が家は、完全クローズドの引きこもり正月。(ワンコのお散歩とお墓参りには行った)私にとっては、至福の時でした。主人にとっては、、、少しうずうずしてたかな。。。学校が始まって、本日3日目。次女は初登校を果たしました。くうう。。。泣おめでとうございます。ありがとうございます。いろいろと、すったもんだがありました。今朝は、無事にお友達と定時に、登校しました。学校に行かない日は、私の中に、いろいろな思いがまるで爆弾低気圧のように渦を巻きました。とても苦しかったな。。。ワンコの散歩で、全てを吐き出し、挙句に、近所の神社に寄って、神頼みもしました。小さな祠にも、全部柏手を打って、神様にお任せしたり。。。もう、私が、ドウコウシナイ。何が起こっても、スベテヨキコト。最近、私が忘れていたことでした。あのおじさん、元気かなあ。。。本年もどうぞよろしくお願いいたします。最後までお読みいただきありがとうございます不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。こんなことやってます。「普通」ってなんだ?!不登校の先にあるものzoomイベント不登校の親のオンラインサロン「不登校の先にあるもの」私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 08Dec
    • 「普通」と「みんな」が湧いてきた話。の画像

      「普通」と「みんな」が湧いてきた話。

      松本麗子です。こんにちは。次女が胃腸炎で、本日、11日ぶりに登校していきました。。。。くぅ~~~。。。感無量であります。今日は、長女の中間テスト。中間テストの前日に、長女が、手つかずの数学を開始したのが夜20:00過ぎでした。「中間テストが、どうしてそんなに大切なの?」「一人じゃわからないから、できない。」「そんなので、高校に行けなくなるなんて不公平だ。」うんちくを、聞かされます。ええ、私は「聞かされる」と感じていました。更に今回は、体育の授業の長距離走(持久走)に、参加しなくて済むよう、学校に(親から)電話してほしい、と、延々とのたまいました。いかに、自分が走るのが大変なのか。今日1回走ってみて、どうなったのか。次の授業は、保健室に行った。このまま、毎回持久走では、体育の次の授業は毎回保健室であること。あんな大変な思いをするなら、「もう、学校に行きたくない」「聞かされ」ながら、私は、とりま、(注;トリアエズの意味らしい)「聞かされている」を横に置きました。「普通」と「みんな」も、湧いてきました。ので、横に置きました。結構、何度も、横に置きました。ここは、がんばりました!長女は何がいいたい?それから、私に、何ができるだろう。普通は、持久走、走るでしょう。学校の、文科省のなんとか課程で決まっているものだから、やるでしょう。みんな、「嫌なんだけど、我慢してやってる」んでしょう。だから、長女も我慢しろなのか?やらなかったら、長女が「ずるい」のか?「健全な体力を養うため」とかなんとか、それっぽい事を書かれているのでしょう。どうしたら、やらずに済むのか?病気なら、やらなくてよいのか?「(苦手な)持久走だけで、成績が決まるなんて、おかしい。もっと、他の長女の出来るところを、なんでみてくれないのか?」もしかしたら、長女の訴えたかったところは、このあたりかもしれません。私は、担任に電話をしました。「なんて伝えよう。。。」コールしながらも、ギリギリまで考えました。長女の担任は、非常にフラットな視点をお持ちだと、私は感じています。今日、長女と話したことを、事実として伝えました。で、あえて、出来る出来ないは別として、「先生。何か、方法はないものでしょうか。例えば、校庭8周のところを6周とか4周とかにしていただくとかですね。。。もちろん、無理を申し上げているのは重々承知しております。」実際、その日、長女は8周走りました。そして、その後の授業は、保健室に行きました。帰宅し、持久走が非常に苦しかったため、私に相談しました。一応、学校の先生方には、まだ誰にも相談していない状況でした。この事実を鑑みて、担任は「一度預かります。」と言ってくださいました。持久走をどうするか、は、長女の課題です。体育を自主欠席しても、それはそれだと、私は考えています。たとえ、通信簿が1だとしても。あ、、、、すみません、やっぱ嫌でしたわ。。。。。。。。。ここにも、まだまだ、私が向き合う「感情」がいると、気づいてしまいました。電話で、最後に先生が、「とりあえず、明日は中間テストなので。。。がんばりましょう。」と言ったので、「先生、私のテストじゃ、ありませんから。」って、言ってしまいました(笑)最後までお読みいただきありがとうございます不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。こんなことやってます。「普通」ってなんだ?!不登校の先にあるものzoomイベント不登校の親のオンラインサロン「不登校の先にあるもの」私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 02Nov
    • 通知表を渡された時、嬉しかった先生の言葉。の画像

      通知表を渡された時、嬉しかった先生の言葉。

      松本麗子です。こんにちは。先日、我が家の子供たちは通知表を受け取りました。長女は、朝、起きられず、その日の夕方、中学校まで私と一緒に、受け取りに行きました。もちろん、電話で快諾いただいてはおりました。が、学期末のお忙しい中、ただでさえ慌ただしい夕方の時間に、わざわざ担任の先生に、お時間をとっていただくことに、私は、恐縮して申し訳なくて、悪い事をしてるみたいで、(だって、ただでさえ残業時間がどうとか、ブラックだとか言われていて、うちのせいで、また、時間取らせて、先生帰るの遅くなっちゃったら、、、)身体を小さくして、「罪悪感、しっかり感じてますんで。。。」と、おでこに描いて、職員玄関から、入っていきました。通知表を渡されたとき、担任の先生は、長女に、こう言いました。「通知表の数字は、こう、まあ、こうだけど、先生は、そんな、数字よりも、それよりも、長女は、本当に、よく学校に来たと思う。」「小学校の先生からの、お話し(申し送り)や、お母さんからも、話を聞いていて、こんなに、朝から、来れるとは、先生、正直、思っていなかった。」「だから、数字じゃなくて、長女らしく、長女のペースで、後期も、過ごしていこう。」私は、私が、目頭が熱くなりました。去年の春から、学校に行けなくなってからの、毎日が一瞬で、脳内再生されていくのがわかりました。いきなり、朝、起きられなくなった時。病院で、「起立性調節障害」と診断され、「うちの子に限って。。。」と思った事。一人で留守番させて会社に行った時の、罪悪感。毎日、遅刻してでも学校に行けるようになっていった事。給食から行ってでさえ、「長女来た!」と迎えてくれた友人たち。遅刻なのに、運動会の応援団になったこと。修学旅行は「絶対行く」といって、目覚まし時計を2個自分でセットしてた事。行けるかと思うと、行けずに布団の中で他愛もない話を毎日聞いたこと。次女にずるいといわれて、大喧嘩したこと。中学生になって、なぜかわからないけど、毎朝自分で起きるようになったこと。どうしたらいいのか、どう過ごしていけば、いいのか、手探りで、長女にとって、何がベストなのか、分からなくて、見えなくて、信じる事なんかできなくて、でも、信じるしかなくて。ここまで、きて、私が報われた気がしたのでした。「聞く」を知っていて、やってきて、本当によかった。「らせん階段を、上がっていくような感じ」とは、まさにこの事かとも、思いました。毎日、見える風景が違ったり、行きつ、戻りつを繰り返したりする。でも、間違いなく、長女は階段を昇っていました。。。。いや、「長女」ではなく、そのらせん階段は、実は「私の階段」なのかもしれません。。。。10月31日のイベントには、たくさんの方がご参加くださり、ありがとうございました。実はとても緊張していて、何を話したんだかよくわかっていない。。。あんな素敵な時間になったのは、ひとえに、ご参加くださった皆様のおかげだと本気で感じております。もう一度、ありがとうございました。最後までお読みいただきありがとうございます不登校の親のオンラインサロン「不登校の先にあるもの」私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 26Oct
    • 「敏感」を治す必要はない。の画像

      「敏感」を治す必要はない。

      松本麗子です。こんにちは。先日、敏感さんのお話しがありました。我が家のエピソードを。。。うちの次女は、「音」に敏感です。「耳」の感覚が敏感、、、と言ったほうが、正確かもしれません。その他に、「痛い」と「痒い」は、人の30倍感じます(笑)注)当社比。中耳炎なんかになった日には。。。あなた、、、「敏感な耳」が「痛い」わけですから、大変です。、、、いや、大変 なんてもんじゃ、ありませんでした。どんな騒ぎになるかは、ご想像におまかせいたします。。。遠い目。学校に、行きたくない次女の理由の中に、「教室が嫌い」というのが、ありました。次女が、落ち着いているときに、教室の、「何が」嫌いなのかを聞いたことがあります。「黒板が嫌い」ほうほう。それから?「うるさいのが嫌い」うるさい?「男子とかが騒いでると、いや。」ほうほう。どんな感じ?「。。。うんと~、、、こう、耳を両手でおさえたくなる。」「そうしてね、何も考えられなくなるの。」そっかーーーーー。次女には、「正しい事が大切である」という特性があります。「男子が騒いでいる」様子が、「正しくない」から「何も考えられなくなる」のではないだろうか。。。ふと、私は聞いてみました。「前にさ、ハワイアンに行ったじゃない?あそこはどうだった?」ハワイアンというのは、我が家から車で約2時間くらいの、超巨大室内プールです。1度だけ行ったのですが、確か、えらい混みようで、人の声と水の音、ハワイアンダンスの音楽やら太鼓の音が轟きわたり、さらに、室内のため、その音が反響によって、2重にも3重にもなるという、大変な環境でした。当時、私自身も、「こりゃ、音、やばい」と思ったのでした。「ああ、あれ、ひどかった。もう2度と行きたくない。」「プール、楽しく遊んでたじゃない?」「プールは楽しい。でも、外のプールがいい。」なるほどと、思った出来事でした。多分、「耳」が敏感な次女にとって、教室は、しんどいのだと思いました。黒板をひっかくとなる「キィーーー」という音も大っ嫌いと、言っていました。もしかしたら、鉄筋の校舎も、関係しているのかもしれない。。。(これは想像)そうだとしたら、「学校に行く」ことは、次女にとって苦痛以外の何物でもないのではないだろうか。。。そう、思った時、私は、無理やり学校に連れていくことが、できなくなりました。「苦痛」なところに、行かなくてもいい。もう、しょうがない。環境(鉄筋や大人数のクラス編成)は、変えることができない。次女が、過ごせる方法を考えよう。そう、私は、考えたのでした。あれから、何年たったのかなあ。2年くらい?でしょうか?今朝も次女は、元気に登校していきました。最後までお読みいただきありがとうございます不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。こんなことやってます。10月31日イベントやります。不登校の正解は「どれ!?」不登校の親のオンラインサロン「不登校の先にあるもの」私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 22Oct
    • 学校に行っているから、「正解」とは限らない。の画像

      学校に行っているから、「正解」とは限らない。

      松本麗子です。こんにちは。うちの子たち最近学校に行ってます。え?普通そうでしょって?うーん。約1年前の私にとっては、今の生活は、夢のようだと思うのです。。。。今日は、久しぶりに長女がお休みしました。実は、今朝から、・・・いえ、昨夜あたりから、私はそわそわどきどきしていました。今日、ごまめ(うちの犬)のトレーナーさんに、見学に来ていいと言われていた日だったからです。でも、肝心の次女は、すっかり忘れている様子。私の頭の中は、「このまま、忘れて学校に行ってくれるかもしれない。。。」わざわざ、私が、「今日、ワンコの学校の見学の日だから、学校休む?」などと、言わなくてもいいかもしれない。。。グルグルドキドキしていたのでした。昨夜、次女は、大っ嫌いな計算ドリルを2ページも宿題に出され、大荒れで、こなしていました。その間も、学校の悪態や、担任の先生を侮辱する言葉たちを吐きまくり。。。ええ、聞いているのもしんどいくらい。。。( ̄▽ ̄)とあるFacebookのつぶやきからヒントを得て、「全集中。水の呼吸。2の段。。。」などと、「毀滅ごっこ」にしてみましたが、それも長くは続かず。。。。私は、何度「明日、(学校休んで)犬、見に行く?」という言葉を飲み込んだことでしょう。今朝は、一言だけ「あ~あ、学校、行きたくないなぁ。。。」と呟いて、それでも、自分でお箸を用意し、ランドセルをしょって玄関を出た次女。私は、いつもどおり、ごまめ(ワンコ)を抱いて、次女が見えなくなるまで見送りました。見送りながら、思いました。私は、そんなに、学校に行ってほしいのでしょうか。。。。今日は、学校に行って、良かったのでしょうか。。。。もしかしたら、休ませて、ワンコの学校に連れて行ったほうが、次女の人生にとって、よかったのではないでしょうか。。。そんな不安が、私の中にあふれてきました。今も、ゴボゴボと、私は不安でおぼれそうになっています。ゴボゴボゴボゴボしながら、今日一日、過ごしていこうと思います。んで、ワンコの学校には、長女を連れて、うちのワンコと見学に行ってきます。。。( ̄▽ ̄)長女が行きたいと言うのでね。( ̄▽ ̄)もうね、何がなんだか。。。_(:3 」∠)_最後までお読みいただきありがとうございます不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。こんなことやってます。10月31日イベントやります。不登校の正解は「どれ!?」不登校の親のオンラインサロン「不登校の先にあるもの」私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 16Oct
    • 小学生の登校景色で、私が感じること。の画像

      小学生の登校景色で、私が感じること。

      今朝は、寒さを感じました。ココアが飲みたくて、いつもは買わない牛乳を購入。ココア、うまうま。松本麗子です。こんにちは。今日も、家に、ごまめと二人。完全おひとりさま時間 4日目。長女も次女も、学校にいきました。歩いて。定時に。おめでとうございます。ありがとうございます。。。。このはじまり、そろそろ、やめよう。。。子どもたちが出かけると、やっと、ごまめの番です。彼は、パパを見送り、長女を見送り、次女を見送り、そして、今か今かと、毎日、自分の出番を待ち構えています。おしっこをためて。。。(あ、これは内緒 笑)今朝のお散歩は、ちょっと早めでした。(しかも長め。。。腰が痛い。。。)すると、まだ、小学生が登校中でした。黄色い帽子の、子供たちが、学校の手前の横断歩道をわちゃわちゃと、渡っていく。。。私は、むねがチクリとしました。今日、うちの子は学校に行ったけど。もし、行かなかったら。もし、行かないで、この情景を見たら。きっと、私はうちのめされてしまうのかも、しれない。。。。?なにに?だれに?景色に、打ちのめされるわけではありません。。。そうだ。。。そうでした。。。私の中に、爆発物があるのです。私が、握りしめている。。。子どもが、学校に行く・行かないに左右されてしまう、何が、私の中にある?そんな、地雷が、あるってことに気づくだけで、よかよか。よかよか。最後までお読みいただきありがとうございます不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。こんなことやってます。10月31日イベントやります。不登校の正解は「どれ!?」不登校の親のオンラインサロン「不登校の先にあるもの」私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 15Oct
    • 馬を水辺に連れていくことはできても、水を飲ませることはできない。の画像

      馬を水辺に連れていくことはできても、水を飲ませることはできない。

      松本麗子です。こんにちは。今日も、家に、ごまめと二人。完全おひとりさま時間 3日目。長女も次女も、学校にいきました。歩いて。定時に。おめでとうございます。ありがとうございます。ミラクル。。。( T_T)うちのごまめは、あんまり餌を食べません。ドッグフードがまずいのか。。。口に合わないのか。。。手をかえ、品を変え、現在、既に4種類目のドッグフード。お散歩友達に、ヨーグルトをかけるといい、と言われて、食べるようになり、喜んだのもつかの間、今じゃ、ヨーグルトだけを上手に舐めるようになっちまった。。。ま、いっか。元気だから。。。( ̄▽ ̄)そういえば、朝、長女が話しはじめました。「なんかね、長女、また、やらかしちゃった。。。」「んん?」「陰でね、長女の悪口いってるみたいでね。。。」「え?」「何か悪い事しちゃった?って聞いてみたんだけど、べつにいいよ~みたいな返事で。」私の頭の上には???が3列で行進していました。な、何の話か全然わからん。。。学校の話?ここら辺で、私の眉間が、シワを寄せ始めます。"ママに分かるように説明して欲しいんだけど!"と、いう言葉を脇に置いて…。…あ!そ、それとも、SNSか?「でもね、フォロー外されちゃったし。これは、嫌われたなって。。。」。。。( ̄▽ ̄)でたよ、SNSダヨ。。。私は、言いたい言葉をごくりと飲み込みました。たぶん、”いつまでおんなじことやってんの!”のような、言葉だったと、思います。息を、吸ってはいて。。。「、、、うん、、、、それで?」「、、、うん、、、、もう、それは、しょうがないかなあ。。。」「、、、そっか。」あわよくばもうこれで、ひとつSNSを、手放してくれるんじゃないか。。。「せっかくやってきた、SNSはね、やめたくないから。。。」。。。( ̄▽ ̄)私の淡い期待は、またもや無残にもうちくだかれ。。。「、、、うん、やっぱりやめたくない。」「…そそ、そっか。」ふっきれた顔をして、長女は、学校に、向かって行ったのでした。カーカー。。。からす。最後までお読みいただきありがとうございます不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。こんなことやってます。10月31日イベントやります。不登校の正解は「どれ!?」不登校の親のオンラインサロン「不登校の先にあるもの」私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 14Oct
    • 「人に迷惑をかけてはいけない」の意味。の画像

      「人に迷惑をかけてはいけない」の意味。

      松本麗子です。こんにちは。今日も、家に、だれもいません。完全おひとりさま時間 二日目を味わっております。ちがった。ごまめ(犬)がいました。長女も次女も、学校にいきました。歩いて。定時に。おめでとうございます。ありがとうございます。連ちゃん。。。くぅ~~~(かみしめ)うちのワンコは、只今しつけトレーニング中です。ワンコの学校に、行ってます。そこの先生が、先日、登校シブリ次女に、言いました。「今度、犬、見においでよ。」次女は、目をキラキラにして、大きくうなずいたのでした。昨日、ワンコを連れて来て下さったときにも、「今度、おいで。」と、また声をかけてくださいました。大きく頷く次女。その時、私に何かがよぎりました。「魔が指した」に近い感覚でした。私は、思わず、「学校、さぼって、いっちゃおっか?」と、言っていました。私から、「学校に行かなくて いい。」と言えるケースは、あまりありません。やはり、私は学校に行ってほしいのです。でも、ふと、何かがよぎった気がします。「私」が、学校に行かせるわけでは、ありません。次女が、学校以外のところで、何かを見て感じて、くれれば、いいと思うのです。親じゃない、誰かの力を借りてもいいんじゃないか。「犬」は、きっかけでいいんじゃないか。他人に、お願いごとをするのに、私は、とてもとても、勇気がいります。変な事を、言ってるんじゃないか。(仕事中なのに)迷惑をかけるんじゃないか。などが、とてもとても出てくるのです。あとは、、、、常識のない親、だと思われるんじゃないか。。。。。。「ワンコの学校の先生に、どう思われるのか」が、ひっかかってるんだ。。。私の中には、多分、「他人に、迷惑をかけてはいけない」といいながらも、実はその下に、「他人に、どう思われるか。」が、埋まっていたのだと、気が付きました。「人に、嫌われたくない」あたりも、ひっかかってるのだと、思います。そうだよね、私、「人に嫌われたくない」んだよね。。。次女の、「学校さぼってワンコ見学」の日が、楽しみです。最後までお読みいただきありがとうございます不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。こんなことやってます。10月31日イベントやります。不登校の正解は「どれ!?」不登校の親のオンラインサロン「不登校の先にあるもの」私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 13Oct
    • 私が「アンズちゃん」の先に見ているもの。の画像

      私が「アンズちゃん」の先に見ているもの。

      松本麗子です。こんにちは。今日は、家に、だれもいません。ひっさしぶりの、完全おひとりさま時間を味わっております。う、うまい。美味すぎる。T^T長女も次女も、学校にいきました。歩いて。定時に。おめでとうございます。ありがとうございます。そして、我が家のワンコも、学校です。くぅ~~~本当に、ひとり。只今、私は我が家のワンコに、はまっています。図書館に行って、本を借りたり、インターネットで、しつけのYouTubeをみたり。その中で、特に気になったのが、「警察犬になった アンズ」これね。あわよくば、次女にも読ませたいT^T同じ茨城県内の、警察犬ということもあり、私は「アンズちゃん」に、夢中です。「きっと、うちの犬(ごまめ)も、トレーニングをすれば、(アンズちゃんのように)少しは何かを出来るようになってくれるに違いない。」図書館に向かいながら、考えました。「なんで、私は、こんなに、アンズちゃんに入れ上げてるのだろう。。。」確かに、自分でもわかるほど、異常なほどに夢中でした。アンズちゃんに、会いたいとまで思いました。「私は、アンズちゃんの向こうに、何を見ている?」*****私は、「できるようになる」ことに、大きな喜びを感じる特徴を持っています。その感覚は、「成功」や「報酬」や「自己実現」に結びついているかもしれません。勉強して努力して練習して積み上げて、成す。「できるようになる」「できるように、させる・導く」「勉強する・知識を得る」ことが、好きなんじゃなくて、「できるようになるため」に「勉強する・知識を得る」タイプ。「私のおかげで」などにも、つながるのかもしれません。もしも、ごまめが、「できるようになったら。」「私」が満たされるんだ。。。だから、アンズちゃんに、憧れるんだ。。。しかも、殺処分直前に、指導士さんが引き取ったなんていうお話しも、心をつかみます。あとは、若干「警察」に「かっこいい」イメージがあるのだと思います。ドラマなどによる、刷り込みかと。。。でもさ、「交通違反」で捕まったときは、私、相当、嫌な思いをしてるんだけど。。。イメージって、怖いわ。。。最後までお読みいただきありがとうございます不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。こんなことやってます。10月31日イベントやります。不登校の正解は「どれ!?」不登校の親のオンラインサロン「不登校の先にあるもの」私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

  • 12Oct
    • 朝ごはんのパンがちぎれても、大丈夫な話。の画像

      朝ごはんのパンがちぎれても、大丈夫な話。

      我が家は小学5年生と中学1年生の女の子がいます。今朝は、荒れました。私の右と左にいる、長女と次女が戦いを繰り広げました。パンを食べるの食べないのからはじまり、「なんでくれないの?!」「はぁ⤴!?なにもいってないでしょう?わかるわけないじゃない!!。」「食べたいって言ったの、聞こえないかったの?はぁ⤴!?耳とおいんじゃね!?」私の前で、パンが空を飛びます。朝食のパンが引きちぎられ、はさんであったあんこが床にポロポロと落ち。。。あああ、ごまめが食べるわ。。。私は、あんこを拾いました。そして、代わりに「私がなんとかしなければ」を、そこに置き、静かに席をたちました。学校に行く時間には、とうに間に合わない時間になっていました。私は、今日はもう、何も言いませんでした。すると、なんかようわからないけど、喧嘩が消えていきました。パンは、きれいに食べられてなくなっていました。多分、子供たちの怒りの根っこにあるのは、「不安」とか「学校に行きたくない」あたりなんだと、思います。ぶはーーーーーー!っと吐き出して、スコールのように、我が家のリビングを通り過ぎていきました。長女は、遅刻していくので、10時半に起こしてほしいと言って、寝ました。次女は、お休みしました。日中、3時間くらい寝てました。別に、前日夜更かししてたわけじゃないんだけど。成長期は、眠いんだよね。。。最後までお読みいただきありがとうございます不登校または登校しぶりでお悩みのママ、パパ。こんなことやってます。10月31日イベントやります。不登校の正解は「どれ!?」不登校の親のオンラインサロン「不登校の先にあるもの」私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく