ユメマカセ

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月某日。

 

 

 

 

 

 

 

ログインしてみると、マスターが珍しく夕方にログイン。

 

 

 

 

 

 

 

FCメンバーが集まって撮影会をしている、とな。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくはこの手のものは、ほぼ参加していなかったのだけど、強く誘われて訪問させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

ぼくがウルダハへ行ったときには、すでにある程度集まっていたので端っこに、

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょこん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はしっこだから、すんごい角度の画像しか撮れねぇw

 

 

 

 

 

 

 

ぼくが撮影している間も続々とメンバーが集まり、50名くらいが集まったのかな?

 

 

 

 

 

 

 

FC以外の方も噂を聞いたのか、ものすごい人数が集まってしまったので

 

 

 

 

 

 

ぼくが訪問して10分後にはマスターが落ちちゃったw

 

 

 

 

 

 

 

マスターの公式ツイッターに画像が載ってましたね。びっくり

 

 

 

 

 

 

 

しばらくしたら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターが、アパルトメントを購入されたので、そこで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

2ショット撮影会が始まるとの情報ありw

 

 

 

 

 

 

 

うーむ、こういうの苦手。

 

 

 

 

 

 

 

マスターは、芸能人ではあるがひとりのFF14プレイヤー。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくらと同じように自由に気ままにこの冒険を楽しんでいただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

悪友に無理やり来るよう言われ、訪問しました。

 

 

 

 

 

 

 

マスターの部屋に入ると、ほぼ部屋の訪問数限界に近い人数がいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すんげぇ人数が、きちんと並んでましたw

 

 

 

 

 

 

 

マスターのPCが、一時落ちちゃったりして1時間くらい待ったのかな。

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ、順番が来ちゃったw

 

 

 

 

 

 

 

みんなだいたい数分くらいじっくり撮影しているんだけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくは撮影前に1分以内と勝手に決めてました。

 

 

 

 

 

 

 

だって、もうすでに2時間くらい撮影にお付き合いして頂いてるわけだから、

 

 

 

 

 

 

 

ひとりひとり視線を向けたり、リアクションしたり、対話して頂いていたわけだから

 

 

 

 

 

 

 

マスターももう相当お疲れだと思ったからさ。

 

 

 

 

 

 

 

まずは、ご挨拶。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひざまづこう、かと思ったけどマスターの直前の「睡魔が・・・」発言でテンパって忘れたw

 

 

 

 

 

 

 

 

速攻で終わらせよう、と再認識。

 

 

 

 

 

 

 

 

お隣に座りおしとやかで美しいマスターに視線を送る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんとこっちを見いてくださりました。

 

 

 

 

 

 

お疲れ様です。

 

 

 

 

 

 

お疲れですよね、すぐ終わらせます。

 

 

 

 

 

 

 

もうちょい辛抱してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20秒ほどで終わらせたw

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、撮影に参加したメンバーで最短の撮影時間だったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

みんなね。

 

 

 

 

 

 

 

課金アイテム購入者が多いから、みんなオサレさんばかりなんだよね。

 

 

 

 

 

 

ぼくは、いまだ課金アイテム未購入なのでマスターとツーショットになるまで手持ちの衣装で

 

 

 

 

 

 

 

 

あれやこれややってみたけど、結局どれもパッとしないw

 

 

 

 

 

 

 

あきらめてギャザラーの衣装でもういいや、となっちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

GLAYガチファンの皆様、すみません。

 

 

 

 

 

 

こんなお気楽気分で参加したことをお許し下さい。

 

 

 

 

 

 

 

マスターが一番大変だったと思うので、今後もこういった突発イベントを企画されると思いますが、

 

 

 

 

 

 

ご無理のない程度でメンバーは充分楽しめていると思いますよ。 ウインク

 

 

 

 

 

 

 

マスターのアパルトメント購入後、悪友を含めぼくたち4人は

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ建物で自室となる4部屋を購入w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、なぁ~んもない部屋なんだけどねw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

革職人がレベル61になったから、ぼちぼち素材を入手しつつ

 

 

 

 

 

 

 

 

お部屋を少しづつそれっぽくしていくかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

わざわざゲーム内マネーを使うほど、ここにいる時間なんてないだろうからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

マーケットの家具は、高すぎて買えね。

 

 

 

 

 

 

 

なんだろうねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

ぼくもちょいと疲れちったw

 

 

 

 

 

 

 

あと、あの世界的超有名ブログに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインキャラが載っちゃったのは内緒w

 

 

 

 

 

 

AD

至上の空論

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

196秒の短編映画のようなMV。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラードかと思ったらMVの内容同様、独特の世界観に浸れる1曲で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかすげぇな。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう小悪魔チックな女子って、勝手なイメージで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せになることの貪欲さをひた隠しにしているイメージがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくの17年の人生の中で(w)そういう子と何人出会ったことやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

いい子を演じていたり、優等生を演じていたり、とても真面目な子を演じていたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

その逆で妙に悪ぶったり、大人のふりをしたり、幸せそうなふりをする。

 

 

 

 

 

 

 

 

それがある日爆発して歯止めが利かなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対に手を出しちゃいけないものに手を染めちやう子がどれほど多いか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外へ出て発散する子もいれば、内へ内へとこもってしまう子は、部屋にこもる。

 

 

 

 

 

 

 

 

家の中は安全圏だからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も干渉してこない安全圏に逃げ込んでも

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日必ず時間を無駄に消費していることに気づく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いままでやっていなかったことをひとつやってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、けんかして連絡を取るのをやめていた友人に電話をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

距離を置いていた両親に会いに行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも一人でやっていたことを「複数」でやってみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分には全く興味のないものに挑戦してみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たったこれだけで世界は変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逃げ続けていても、必ず残った宿題は消化しなきゃいけない日がやってくるからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人の夏休みは、こじらせるとそりゃ大変に事になっからさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、「あるヤツ」の彼女が目の前で自分の子指をカッターで切ったっけ。

 

 

 

 

 

 

 

ザックリはいかなかったから血がポタポタ垂れるくらいだったけど

 

 

 

 

 

 

 

 

そのとき男子として初めて女の子にビンタしたんだとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女の小指もそうだけど、叩いたその「あるヤツ」の心にも一生残る傷になっちゃうこともあるのさ。

 

 

 

 

 

 

 

「死ぬ」とか「死ね」とか「殺す」とか、軽くそんな言葉を言うような奴は、

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の恐怖を味わったときに懺悔しても、誰も助けてくれないし、誰も容赦はしないのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

安全圏だと思っているその場所は、「絶対」安全な場所なんてない。

 

 

 

 

 

 

 

闇の世界はあまぁ~い誘惑も多いけど、一歩入ったら底なし沼だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そっから先は、泣こうがわめこうが沼の中だから誰にも声は届かない。

 

 

 

 

 

 

 

おてんとさんを3分続けて眺めてみ。

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、曇って案外早く動くんだなぁ。

 

 

 

 

 

 

とか、

 

 

 

 

 

 

空の青さっておんなじ色じゃないんだなぁ、とか色々気づくはず。

 

 

 

 

 

 

 

いつも観ていたあなたの街の景色も同じ場面はひとつとしてないんだからさ。

 

 

AD

アドリブ力

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

アドリブ力。

 

 

 

 

 

 

 

そこにあるのは、多様な意味でそのひとの魅力を表現するもの。

 

 

 

 

 

 

 

先日スタートした「安仁屋の質問コーナー」。

 

 

 

 

 

 

 

Jさんとここちゃんを巻き込んだぼくの中で勝手に始めたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

義理硬くお二方ともブログで回答していただきました。

 

 

 

 

 

 

感謝、感謝。

 

 

 

 

 

 

 

質問自体には、もうお見通しでしょうが何も意味はありません。

 

 

 

 

 

 

別に「好きな色は?」とか「嫌いな食べ物は?」でもなんでもよい。

 

 

 

 

 

 

不意の質問に対応する、アドリブ力はそのひとの魅力を垣間見せる。

 

 

 

 

 

 

ここちゃんは、短い文章ながらもとても丁寧な言葉を使って答えてくれた。

 

 

 

 

 

 

おそらく、普段からあまりぼくのように小汚い言葉は使わない方なのかな。

 

 

 

 

 

 

 

Jさんは、たったひとつの質問に結構な長文で答えてくれた。

 

 

 

 

 

 

以前にも書きましたが、リアル世界のJKAは周囲に大変気を使うやつです。

 

 

 

 

 

 

ブログの対応も 1 質問すれば、10 答えるやつです。

 

 

 

 

 

 

お二方とも、全くぼくも知らなかった事実も書いてくれたりして、たったひとつの質問で

 

 

 

 

 

 

人間としての魅力を見せてくれました。

 

 

 

 

 

 

これには感動したね。

 

 

 

 

 

 

ゲーム攻略だったり、運営さんへの要望や馬主会の運営の記事ってさ。

 

 

 

 

 

 

書く側は、結構エネルギーが必要だよね。

 

 

 

 

 

 

 

でも、たまには肩の力の抜けた文章も書いてみたくなるじゃん。

 

 

 

 

 

 

ぼくの場合は、肩の力が常に抜けすぎてるんだけど

 

 

 

 

 

 

ふたりにもたまにはそういう文章も書いてもらいたかったんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

不意にまたきっといつか「質問」しますw

 

 

 

 

 

 

 

ひねった回答をしよう、とか

 

 

 

 

 

 

 

どう答えたら少し笑ってもらえるかな、なんて考える必要はない。

 

 

 

 

 

 

その時、直感で感じたものを勢いで書いた自分をその場に残してほしい。

 

 

 

 

 

 

 

その時感じた感覚は、いつか忘れてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

数カ月、数年たったとき、自分はこんな文章も書いていたんだなぁ、なんて感じてくれたら

 

 

 

 

 

 

完全に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安仁屋の策略の完成だなw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD