本日はILSについて解説してまいります。

 

お客様からのご質問で多いのが

「天気悪い時などはどうやって目的地までいっているの?」というものです。

 

基本的に、日本の旅客機は計器飛行方式で飛行しております飛行機

 

この計器飛行方式とは、目視及び航空機の計器の両方を駆使し、常に航空管制官の指示に従って行う飛行・並びに管制圏及び管制区の外においては運航情報官が提供する情報を常時聴取して行う飛行ということになっております。

 

わかりやすくまとめると、

計器を使用しての出発方式、飛行経路、進入方式がそれぞれ定められており、

航空管制官が経路を指示して、それに従って飛行する方式です。

そして外が見えるときは外見て外部監視してね!ということです口笛

 

その進入方式の中の一つが『ILS(計器着陸装置)』を使用して行うものです。

 

滑走路の近くから電波が出ており、滑走路の中心線や適切な進入角度を知ることが出来、天候が悪い時など、滑走路が視認できない状態でも進入することができます。

滑走路の中心線を教えてくれるのが『LOC』ローカライザー、

適切な降下角を教えてくれるのが『GS』グライドスロープで、

この2つを合わせたものが『ILS』と呼ばれています。

 

では、計器上ではどのように表示されるのか見てみましょう!

 

セスナ172のG1000の計器では

このように表示されています。

 

飛行機のマークの後ろにある緑のラインがローカライザーの表示になります。上下矢印

この緑のラインに対して、飛行機が左右どちらにいるのかを見ながらコントロールしていきます。(この表示では飛行機はしっかり滑走路中心線の延長線上にいるということです。)

 

姿勢指示計と高度計の間にある緑のひし形がグライドスロープの表示となります。ダイヤグリーン

(この表示では適切な高度にいるということです。)

 

この両方の表示を合わせながら降下していき、

滑走路が見えたら目視に切り替えて着陸までを行います。

 

進入方法によって降下できる制限値(高度に加え視程などと合わせて最低気象条件として設定されている)が決まっており、

その高度に達するまでの間に滑走路などが視認できなければ、

再度、進入からやり直すための経路、手順も定められています。

 

このILSがどれくらい正確かといいますと、うーん

image

このように1目盛り外れたとして

 

image

これぐらいズレています。ガーン

画面の右に見えているのがアプローチライトで滑走路中心線の延長線上に伸びています。

 

半分の目盛りで

imageimage

これぐらいズレています。おーっ!

 

このように、計器を見ながらアプローチするだけで滑走路まで誘導してくれる

『ILS』ですが、上手く使いこなせると本当に滑走路が目の前に出てくるので

綺麗に決まった時は本当に気持ちがいいです。キラキラ

 

当店のシミュレーターでは

セスナ172、ボーイング737どちらも計器進入が可能となっておりますので、

悪天候の中でのチャレンジをお待ちしております!グッ