お家ができるまで。
  • 22Aug
    • カナダに行ってきましたの画像

      カナダに行ってきました

      カナダに行ってきましたもう何年振りの再訪か……久しぶりにまず訪れたのはビクトリア。バンクーバーから飛行機で30分ぐらいのところにある小さな田舎島です。電車も通っておらず、主要交通手段はバスのみっていうね・・・今振り返るとほんとド田舎。町全体が学生か、リタイアした人が多い、そんなのんびりとした所です久々に訪れたビクトリア大学、通称UVIC(University of Victoria)は、私が居た頃と何一つ変わらずでした私が住んでいた学内シェアハウス、良く食べていた食堂のご飯、通い詰めた図書館、学内映画館、、、日本の大学との違いは、この圧倒的な敷地の広さと、緑の多さですね勉学に励むにはもってこいの環境です;p当時住んでいた、学内にある家学内パブは、金曜の夜の行きつけ授業の合間によくテイクアウェイしていたハンバーガー夏休みで人が少なかったですが、9月以降はたくさんの学生が思い思い芝生に腰を下ろしてのんびりしています設備こそ新しくなっていましたが、ほんと思い出の通り。留学当初に通った、楽しい思い出しかない学内にある英語学校、それから…恐怖の本科授業のはじまり。その難易度の高さったらカナディアンに交じって専門的な事を学ぶなんて、そもそも難しいに決まってますよね(笑ひぃひぃ言いながら授業の合間に図書館で資料を読み耽っていましたカナダといえばルルレモン。楽ちんスタイルで思い出の場所をくまなく散策してきましたそれから、滞在の後半はバンクーバーへ。学生の頃はreading breakっていうテスト後の小さな休み?に行った程度で、学生でお金もあまりなかった私にはあまり思い出もなかったのですが、社会人になってから戻るあの土地は・・魅惑の街でした散在もいいところこんなのまだまだ一部カナダといえばピーナッツクリームですねそれからUVICと並んでよく挙げられる、ブリティッシュコロンビア大学(UBC)でもお散歩。Uvicの倍以上あるような、とっても広い所でした(田舎者)敷地内のレストランとかカフェも広くて綺麗で種類も豊富で、、、あれ、Uvicが急に霞んで見えてきた(笑まぁ、とにかく誘惑が多い大学だったので遊びたい盛りの私には危険だったかもしれませんがそんなカナダ旅行でした~次はどこに旅行に行こうかしら

  • 08Aug
    • バスでも徒歩でも行ける距離

      先週に比べて少し気温が落ち着いたように感じるのは、麻痺しているんでしょうか(笑)余談ですが、私の働いている会社では「初めて行った出張先が暑ければ、この先も暑い地域の担当になる。寒ければ寒い地域。」という謎のジンクスがあります私が初めての出張・・・ではなく、駐在で行った国はシンガポールでした。暑い国ですね。。。日本に帰ってきてからも、中東や東南アジアの担当がメインとなり、やはり暑い国ばかりを出張で行っているのですが、今や日本の方が暑い携帯に入れてある天気予報で担当国の気温を見ていると、なんと日本が1番暑い(笑)カタールで猛暑の中、打ち合わせで目がチカチカして大変な思いをしたのですが、今年の日本に比べると生易しいもんです・・・さて、暑い暑いと言う中で、よかったと思ったことが1つそれは家から徒歩10秒のところにバス停があることです我が家は駅から家までだいたい1キロ弱あります。歩くと10分~15分ぐらいかな?緩やかな坂道の上にあるのですが、雨の日やこの猛暑の中歩くのは本当に骨が折れます。季節がよければ苦でもないのですが・・・今の季節は地獄です(笑)もともと、歩きでもバスでもいける立地、というのが土地を選んでいる時のポイントでした駅からバスに乗ると1駅で我が家。乗車時間は僅か2分もちろん駅近の土地にこしたことはなく、いろいろと見てはいましたがお値段が高くて手が出せなかったんですが・・・ここにきて今の場所でよかったと心底思いました中途半端な駅近だとバス停一駅にも満たないので、歩くしか選択肢がなくなりますからねそのうち電動チャリを駆使するのかもしれませんが、とりあえず今年はバスの恩恵にあやかろうと思います

  • 07Aug
    • 3ヶ月点検がありました。の画像

      3ヶ月点検がありました。

      少し前に3ヶ月点検がありましたもう3ヶ月も経ったのかと思うと・・・ほんと、あっというまですね。3ヶ月点検で我が家が指摘したのは、壁紙、窓のロック、ニッチのコーキング汚れ、ダウンライトと浮き、でした。壁紙は、パントリー上部。気づかなかったんですが、以前載せたこの写真でも既に浮きが見えますね。向かって右手がお風呂場になるので、湿気が影響してるんでしょうか?上を見上げるまで気が付きませんでした(笑)こちらは、後日業者さんにお直ししてもらうことになりましたそれから、写真はないのですが窓のロック。メインではなく、下部についてる樹脂製の押して出すタイプの方が出にくくなっていました。これはその場で調整してもらえました特に建った矢先は家の中に人が済む事で、少しずつズレてしまうとのこと。我が家は木造なので、きっとおあ季節の影響もありそうあわせて、ダウンライトの浮きもクッション材を調整してもらい、スッキリ。コーキングもその場でフキフキでどうにかなりました次は一年点検。我が家は春先に入居したので、きっと今度は冬の乾燥の影響で何かしら支障が出るかもしれないので、気になったところはメモしておいてくださいね、と言われましたきっとこれもあっという間にやってくるんでしょうね~しっかりチェックしておかねば。さて、来週からは夏休み今年は久しぶりに我が母校のあるカナダに行くことになりましたすごく田舎にあるので、もう人生で戻る事はないだろうと思っていたのですが、なんと行けることにだいぶ経っているので、見知った街並みなのかどうか・・・。以前は不味い不味いと言いながら食べていた大学の学食が懐かしい。まだ不味いままなのか確認に行ってきます

  • 27Jul
    • 吹き抜け+シーリングファンの画像

      吹き抜け+シーリングファン

      皆さんこんにちはサボりぐせがついてきてしまったので、過去の記事をアメンバー限定に変更しました。さすがに家の間取りやら何やらを放置は出来なかったので・・・でも特に意図はないので、また気になる方がいればお手数ですが申請をお願いしますさて、アホみたいに暑いですね暑いといえば、我が家は吹き抜け。夏は暑く冬は寒い言われてしまうのですが、実際に経験してどうかといいますと・・・暑いですこの天気ですもの、そりゃそうです(笑)家に帰った時の室内の熱気や、二階に上がった時のムワッという空気(これは吹き抜けだからとか関係ないですね)ただ、クーラーをつけてシーリングファンを付ければ全て解決我が家は吹き抜けを挟んだ二部屋(寝室、洋室)は、こんな具合に部屋に小窓をつけたので、小窓を開けてシーリングファンをまわせば、もれなく二階の部屋の中まで冷やせることに成功しましたシーリングファンをつけると、二階の空気がリビングに落ちてくるので少しむわっとするんですが、ほんの数分程度。むしろ夜、リビングで過ごしている間に寝室まで熱気をとってくれるので部屋に入る時の不快感がありません冬になるとシーリングファンを逆回転させて、寝室がうまいこと暖まるといいなぁ。エアコン代?効率?あんまりわかりません何はともあれ、今のところ恐れていた夏は、吹き抜けがあっても快適に過ごせているので良しとしましょう

  • 20May
  • 03May
  • 26Apr
  • 24Apr
  • 21Apr
  • 18Apr