【2018NEW】HOOK2-7 TripleShot | -from 湖北 Bayside Base-βver.~North Waveのブログ~

-from 湖北 Bayside Base-βver.~North Waveのブログ~

・・・・琵琶湖最北端、大浦湾の畔より・・・・

琵琶湖(湖北・長浜)のバスフィッシングや
LOWRANCE GPS魚探について
リアルタイム情報お届け中


テーマ:


2018NEWモデル『HOOK2-7 TripleShot』が入荷です。

今回ご紹介のHOOK2-7とは画面サイズは異なりますが、HOOK2-9&12も基本的には同じ内容となりますのでご参考にしてください。

HOOK2シリーズのラインナップについて
魚探機能については5インチ以上のHOOK2シリーズは振動子のタイプで3種類に分けられます。

SplitShotは魚探+ダウンスキャン、TripleShotは魚探+ダウン&サイドスキャン対応
※日本モデルはBulletはありません
※SplitShotとTripleShotはそれぞれ専用の本体となるため振動子の互換性はありません。

GPS機能は5&7インチモデルのSplitShotは地図表示の有る無しが選べます。
※9&12インチは地図無しモデルはありません。

地図表示ありのモデルはElite-TiやHDSと同じく全国湖沼図AT5マップが付属。
もちろんリーフマスターで作成したAT5データや、C-MAP GENESISでダウンロードしたマップも表示できます。

4インチモデルはこちらの記事をご参照ください。


HOOK2-7とElite-7Tiを比較

左:HOOK2-7 右:Elite-7Ti

HOOK2-7はHDS-7タッチパネルモデルと共通のコの字架台とサイドノブを採用。


メニュー画面HOOK2-7はシンプルなインターフェイスです。

液晶画面はHOOK2-7の方が明るく詳細に感じます。
HOOK2はタッチパネルやロランスネットは採用されていませんが
シンプルで簡単な操作ができるようになっていますね。

振動子の比較

上:トータルスキャン振動子(Elite-Ti/HDS用)
下:トリプルショット振動子(HOOK2用)

長さは同じくらいですが、ボリューム感がかなり違います。
トリプルショットのブラケットは従来のスキマー型振動子と同じタイプ(厚みは少しアップ)となっており、重さもかなり軽くなっています。
取り付け方法も工夫次第でいろんなバリエーションが試せそうです。

その他

配線コネクタは差し込むだけのタイプ。

上が振動子、下が電源となります。

カードスロットは本体側面にあります。

HOOK2-7シリーズ

HOOK2-7x SplitShot(GPSは地図なし)(税別64,000円)
HOOK2-7 SplitShot(税別95,000円)
HOOK2-7 TripleShot(税別108,000円)

本体寸法  :287mm×175mm×112mm (WHD)
ディスプレイ :対角229mm 800X480ピクセル
防水性能  :IPX7
電源       :12v DC (10-17v DC min-max) 
消費電力 :19.4W
魚探出力  :ブロードバンド400W 40度ビーム
最大到達深度:80m(ダウンスキャン)・152m(魚探) 
GPSプロッター :3000ポイント 
         100ルート 100トレイル
付属品 :コの字架台、ノブボルト、電源コード、
      振動子、トランサムマウント金具
シンプルで簡単操作のGPS魚探『HOOK2シリーズ』
お求めはNorth Wave WEBSHOPからどうぞ!




HDS CARBONシリーズ



 Elite Tiシリーズ HOOKシリーズ最新情報はNorth Wave Facebookページからもどうぞ!!

 



引用元:【2018NEW】HOOK2-7 TripleShot

湖北@K先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス