ずずずのずー

 

 

 

松戸市五香の銘店にまでなった 麺屋むどう の上質な一杯を

 

平らげたナイスミドルは電車に揺られ

 

うつら うつら と武道館へと向かうのでありました。

 

何故、武道館へ?

 

それは本日、甥っ子の息子(小5)が遠く新潟から

 

全日本少年少女武道錬成大会に参加するので

いわゆる勝ち抜きトーナメント大会ですね

 

応援に駆け付けるためなのでありました。

 

 

思えば今年のゴールデンウィークに講道館で行われた

 

 

全国少年柔道大会(団体戦)にも新潟県代表で参加して

 

 

うりゃさ、こりゃさ と頑張る姿に

 

ちょっち感動したものでございます。

 

アンナニ ヨワムシ (ノω・、) ナキムシ ダッタノニ…

 

 

 

うつら うつらと、危うく駅を乗り過ごすトコロでしたがそこは流石のナイスミドル!

 

駅に到着するやオメメ バッチリ

 

ちゃんと試合開始に間に合うのでありました。

 

 

今回は各都道府県の代表のみのトーナメントではないので

 

出場チーム数が桁違い!

 

武道館を16のブロックに区分けしてギュウギュウ状態にて

講道館の試合では4つに区分けなので ゆったりしてる

 

うりゃさ、こりゃさ と試合を行うのでございます。

 

 

女子率は3割~4割くらいでしょうか

 

男子女子関係なく うりゃさ、 こりゃさ と頑張っております。

 

因みに応援しているチームも大将は女子!

 

うりゃりゃ、 こりゃりゃ と奮闘する姿は中々の迫力でありますよ~

 

 

勝ち抜き戦なののでしょうがないのですが

 

勝ち抜く毎に次の試合までの休憩時間が短くなり

 

準々決勝戦の次の準決勝戦までの休憩時間がゼロだったのは

 

ちょっち可哀相に感じたナイスミドルでございます。 

 

ミズ ノンダ? (´・ω・`) トイレ ダイジョウブ?

 

 

 

 

ウリャサー (; ・`д・´) /    ヽ(`д´;)ノ コリャサー

 

 

 

 

で、応援するチームの少年少女たちの平成最後の夏は

 

第一ブロック準決勝戦にて幕を下ろしたのでありました…

 

 

と、思いきや 地元に戻ってから早速

 

来年に向け酷暑の中

 

うりゃさ、 こりゃさ と頑張っている少年少女たちでありましたとさ。

 

ライネン コソハ (・ω・)b ユウショウダ!

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆