おかあさんの我が子の心配事は、たいがい大げさだ。

学校の先生に注意されたことを

「うちの子は学校の問題児」だと悩んでいる。

 

クラスメイトを毎日殴るのか?

先生に物を投げつけるのか?

授業を抜け出すのか?

 

どうも違うようだ。

何度注意しても廊下を猛ダッシュする。

かくれんぼは木の上に登って隠れてる。

何というアスリート!

 

 

そして学校が毎日楽しいらしい。

至って健全な小学3年生ではないか!

 

確かに〇□△で見てみると

問題児になりうる素質は持っている。

心が同じお兄ちゃんが居るのも

大きく影響してるだろう。

 

 

「おかあさん、この子はね・・・」

 

何の問題でもないのに病院に連れていかれ、

病名をつけられている子供が増えているという。

 

そしたら、

昭和の男の子はみんな病院送りではないのか?

END