テーマ:

★若尾裕之の視点★

 

『負けるが勝ち』

 

徳川家康は「堪忍は無事長久の基、

怒りは敵と思え、勝つことばかり

知りて、負けることを知らざれば、

害その身に至る」と言っています。

 

家康が関が原の戦いに戦勝してきた

ときに京都の街に家康を侮辱する

落書きが多数ありましたが、

犯人探しをするのではなく、

「私の心得になることもある」

と言って落書きを集めさせた

そうです。

 

幼少期から人質に出され、妻と

子どもを切腹させられるなど、

苦難の連続の人生だったから

こそ身についた人生哲学なので

しょう。

 

戦国の三英傑の他の二人、

織田信長は本能寺の変で

家臣の謀反にあい、豊臣秀吉

は怒りから信頼できる側近を

切腹させたことから不信感が

増大しました。

 

結果的にこの二人は天下統一

に至っていません。

260年以上続く江戸幕府を

築いた家康の考え方こそ正しい

と歴史が証明しています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

未来デザインコンサルタント 若尾裕之さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。