9月議会・予算特別委員会

テーマ:

9月議会が始まっています。先日予算特別委員会が行われました。

議論の焦点になったのは、市役所の備品購入費として約200万円が計上されているところです。これは汚れや破損などのあるイス、机、カーペットなどを全部買い替えるというものです。

しかし多くの議員から「まだ使える部分もあるのに何で全部買い替えないといけないのか」といった質問が続きました。

私も「汚れているものや危険なものは当然直したほうがいいが、ただやり方として、新庁舎があと4年後にできることも考えて、全部買い替えではなく部分的で簡易的な修繕や工夫をしてもっとお金のかからない方法は検討しなかったのか」「市民から要求が出ている集会施設などの備品の修繕が後回しにされているのは問題で、改善の余地があるから検討するべき」と問いただしました。

大切な税金は工夫を凝らし大切に市民生活向上を一番に使うべきだと思います。

日本共産党は修正案を提出する予定です。image

AD