散歩するならパリ6区
  • 02Apr
    • トンネル抜けたい・・・。

      毎日、モヤモヤする。クサクサする。胸がザワザワしたり、胃がムカムカしたり、血管がソワソワしたり、頭がカチカチに痛かったりする。ときどき記憶が飛んだりもする。「ソファ買い替えたいな」「実家を建て替えて猫のいる古民家カフェやりたいな」「カフェの一角で占いの部屋やろうかな」そんなことを考えながら4月1日の夜は更け・・・。迷える者よ・・・(誰?・・・ま、いいか)光が見えて来るまで、今はじっと家にいよう。今からSPORTSウォッチャー見る。昨日から羽生三昧!今はそれが救いやね。【追記】2020.4.2 テレビ東京 SPORTSウォッチャーより画面撮り羽生くーん!ありがとうー!(3週間前の笑顔ーww)私も頑張るよー!ちょと元気出た。

  • 29Mar
    • 羽生くんのジンクス?

      明日自分がどうなっているか明日世界がどうなっているか何もわからないのに、羽生選手にまつわるジンクスやタラレバを好き勝手語るのはいかがなものか?とは思うのですが、まあ外出せずに家に篭っている以外私には何も出来ないので、ちょっと妄想を繰り広げようかなと思います。羽生選手にまつわるジンクスのひとつとして、北米で勝てないというものがあります。正しくは、北米での世界選手権は勝てないなのかな?2013年 カナダ・ロンドン世界選手権4位2016年ボストン世界選手権2位確かに過去2度の北米での世界選手権で勝てていません。もし今年のモントリオールの世界選手権が開催されていたらどうだったでしょうね?三度目の正直で優勝できたかな?男子シングルのジンクスとしては、直前の四大陸選手権で優勝すると世界選手権で勝てないっていうのもありますよね?実際、1999年から始まった四大陸選手権で優勝した男子スケーターで、その直後の世界選手権でも優勝したのは2012年のパトリック・チャン選手だけです。それを考えると、今年の四大陸で優勝した羽生選手は、直後が北米での世界選手権というダブルのジンクスを背負っていたので、もしかしたら勝てなかったかも???しれないですかね・・・???とは言え、昨シーズンあたりから羽生選手はいろんなジンクスを破ることができています。GPシリーズ初戦で勝てないジンクスは、シニアデビュー9年目にしてついに2018年のGPヘルシンキ大会で破り、GPスケートカナダで勝てないジンクスは、四度目の参戦だった2019年についに破り、2017年と2018年に2年続けてGP2戦目で怪我をしてしまったことも、2019年は2戦目NHK杯を怪我なく終えられたことで晴らしています。一番嬉しかったジンクス破りは、三度の2位力を発揮していた四大陸選手権で今年ついに優勝して、男子シングル初のスーパースラムを達成したことでしょうか。スケカナも四大陸も初めての優勝が三度の銀メダルを経てのことだと考えると、北米での世界選手権は銀メダルがまだ(“まだ”という言い方が適切かどうかはわかりませんがw)2回なので、やはりモントリオールでは優勝はなかったかもしれないかな?なんて勝手に思ってます。なんとなくそこは“四度目の正直”でスケカナと四大陸と揃えたい気分です(笑)でもまあ、この先羽生選手が北米での世界選手権に出場する可能性はほとんどないと思われるので全てはタラレバですね。(3月に出来なかった分を8月とか10月とかに出来る気がしないのです)あんまり大きなジンクスではないかもしれませんが、是非とも乗り越えて欲しいのはこれです↓大阪での試合で勝てない・・・あんまり振り返りたくないですが、これけっこうヤバイ感じですね。2009年 全日本 6位まだジュニアでしたがシニアの全日本で6位は健闘したと言えますかね?2011年 全日本 3位シニア2年目(高2)にして初表彰台は立派!2013年 四大陸 2位ショートは首位発進でしたがフリーの前にまぶたを怪我するというアクシデントもあり優勝を逃しました。大阪相性悪い説の原点?2014年 NHK杯 4位中国杯で怪我をした後、まともに練習出来ず表彰台を逃した試合。今思い出してもしんどくなる・・・。2016年 全日本 欠場インフルエンザと咽頭炎が原因でした。直前のマルセイユGPFで四連覇を果たし、全日本は五連覇がかかっていましたね・・・。今思い出してもしんどい・・・。2017年 NHK杯 棄権う・・・もう思い出したくないあの大怪我・・・。大阪開催の試合・・・、相性悪すぎですね・・・。いつか乗り越えて欲しいなと思うので、今年のNHK杯(大阪開催)でサクッと優勝しちゃえばいいじゃん!と思いますが、羽生選手がアサインされるかどうかはわかりませんし、GPS第6戦なのでファイナルと近すぎてあまりお勧めではないとか、ここは全日本王者の昌磨くんが出るべきでしょうとか、そもそも今年のGPシリーズはやれるの?とかいろいろ意見はあるようです。さあ大阪相性悪すぎ問題はどうなるでしょう?んでも、もし今年のGPシリーズが開催できて、羽生選手が順当にGPファイナルに進んだら、是非そこでは優勝せずに2位になって欲しいです!(ん?なぜ2位?)なぜなら今年のファイナルは北京で行われるんですよね。羽生選手は、2012年のソチで行われたGPファイナルで2位↓2014年ソチ五輪金メダル2017年の江陵で行われた四大陸で2位↓2018年平昌五輪金メダルと、五輪会場と同じリンクでの大きな大会で2位になった後、五輪での金メダルを獲得しているので、北京GPFの会場が北京五輪と同じリンクかどうかわかりませんけど、そして羽生選手が北京五輪に出場するかどうかもわかりませんけど、(もっと言うと今年のGPシリーズ&ファイナルが開催できるかどうか本当にわかりませんけど)北京GPF2位↓北京五輪金メダルというのは“あり”なんじゃないでしょうか?いや、でももし今年のGPシリーズがなくなって、北京GPF2位→北京五輪金のルートがなくなったとしても、“四度目の正直コース”を狙って行ったらいいんじゃないかな?羽生選手はこれまで中国での試合は、2011年 中国杯 4位2014年 中国杯 2位2015年 世界選手権 2位と、やはりここでも中国の試合に三度参戦して三度とも勝てていません。ならば北京五輪を四度目の中国での試合にして、四度目の正直で五輪金!はどうでしょうか?まあ、スケカナも四大陸も三度の銀メダルを経ての四度目の正直で金メダルだったので、中国での試合も3個目の銀メダルをどこか(今年がないなら来年の中国杯しかないかな?)で獲ると、四度目の正直コースとしては銀3個→北京五輪金に向けてはなんか縁起がいいかな?(何を言っているのだ!どんな試合でも銀メダルでいいなんてことはないのに!笑)すみません。でもすべて妄想ですから!m(__)m(※もし戦績とかで間違っている部分がありましたらご指摘くださいませ)【ちょっと付け足し】羽生選手が本当にすごいなと思うのは、どんな苦しい状況でも勝つべき試合でとんでもない底力を発揮して勝ってきたことなので、もし北京五輪に出場するなら、それまでの道のりがどんなものであっても、金メダルを勝ち獲れるんじゃないかなとは思います!

  • 26Mar
    • 真央ちゃん、ちょっと遅かった!

      私は毎日そんなにテレビは見ない(と自分では思っている)のですが、それでも1日に5~6回は見るんじゃないかと思うCMがあります。それは真央ちゃんが出ているこちらのCM↓♪私の答えは東邦ガス~と可愛い声で歌っていますよ!(そしてけっこう歌がうまいです!ちなみにベビースターラーメンのCMでも真央ちゃんは歌ってます♪)このCM、【ガスを基準に】篇【まとめておトク】篇【新生活応援】篇など6パターンくらいあるらしく、今年に入ってからかな?毎日のように(飽きるくらい)何度も何度も真央ちゃんをテレビで見るようになりました。(こんなにバンバンCM 打てるなんて東邦ガスお金あるね~)何年か前から消費者が自由に電力会社やガス会社を選べることになったそうで、こういうCMや勧誘の電話が増えましたねえ。真央ちゃん可愛いから、うちも東邦ガスでまとめてトクトクしようかな~?と言いたいところですが、真央ちゃん、ちょっと遅かった!私、2年半前に中部電力でガスと電気をまとめちゃったのよ!中部電力(の関連会社?)から何度か勧誘の電話がかかってきてて、はじめは単純に「めんどくせー」って思って断ってたんですけど、でもよくよく考えてみたら、基本料金をまとめられて、利用料金に合わせてポイントが付いて、工事も要らない、手続きも書類1枚、ガスの点検・修理は東邦ガスがそのまま担当、引き落とし口座の変更もなし、ってなると、断る理由がない!ってことに気が付いたんですよね~。で、うちは2年半前から中部電力にまとめちゃったんですけど、電気料金とガス料金をまとめて一括請求されると、そんなにお得になった実感がしないもんですね。真夏や真冬はけっこうエアコンで電力を使うので、元々その季節は電気代が高かったから、そこにガス料金が乗っかってくると一瞬何かの間違いか?って思うような金額になるんですよね。真央ちゃんお勧めの東邦ガスでまとめたら今よりもっとお得なのかな?料金シミュレーションしてくれるかな?とちょっと思わないでもないですが、まあ違ったとしても月に数百円くらい?って思うともうこのままでいいかな。人間っていつも岐路に立たされてて、人生って選択の連続じゃないですか?でもAを選んだ人生が良くなかったとしても、Bを選んだ人生は経験のしようがないし、やり直したところでそれぞれの人生には一長一短あるでしょうし・・・。そう思うと、まあどちらを選んでもそんなに変わらないんじゃないかなと、いつの頃からか考えるようになってきました。それよりも、何かを選んで   ↓何かが変化したときの何らかの面倒くさい手続きが発生する方がイヤですね。結婚とか離婚とかがいい例ですけど、たいていの場合、女の側が名字が変わる。下手すると住むところも女だけが引越しとか。そうなると、運転免許証パスポート預金通帳保険証名刺いろんな通販いろんな会員誌同窓会名簿・・・etcetcぜーんぶ名義変更しなくちゃなんない!あー!考えただけでめんどくさい!ってなるので、中部電力  ↓東邦ガスへの乗り換えは(そこまでの手続きはないですけど)やっぱやめとこーってなります。そんなに料金変わらないわけだし。あ!だからこそ人気者の真央ちゃんがCMやってるのか!そんなに変わらないんだったら真央ちゃんの方を選ぼうってなりますもんね?(まあ私はならないわけなんですけど。私はそこまで真央ちゃんに思い入れはないのです)m(__)mああ、羽生くんが名古屋の子だったらな~。んで、♪僕の答えは東邦ガス~っていい声で歌ってくれたら速攻乗り換えなんですけどねえ!(この時の♪キシリトールホワイトが~って羽生くんの声?ではない?)

  • 25Mar
    • 偏見かしら?

      新型コロナの感染がヨーロッパやアメリカで爆発的に拡がっているのを見て、「ハグとかビズ(チークキス的な挨拶)とか即刻やめなはれ!」「家ん中で靴脱がんのがあかんやろ!」「この期に及んでマスクせんとかどんだけアホやねん!」などなど日本から厳しいエールが送られています。だいぶ昔の話ですが、私がロンドンでホームステイをしていた時のこと。ホストファミリーのママは日本人もびっくり!のキレイ好きな女性で、ステイ初日に私にこう言いました。「バスルームを使った後は、そこに掛かっているタオルでバスタブと洗面所を拭いてね!水滴が残っているとダメよ!」と。当時の私は英会話力が中学生レベルだったので、「ん?聞き間違い?お風呂から上がる時にバスタブを拭くってどういう意味?」と頭の中は「???」ハテナマークでいっぱいだったんですけど、ママがタオルを手に取り見本を見せてくれたのでようやく理解したと言いますか、指示に従わざるを得なかったと言いますか、いつどんな時でもバスルームがスッキリピカピカ!でないと気が済まない人間がこの世に存在するんだと未だに折に触れ思い出します。そんなキレイ好きなママでしたが、さらに謎な行為を平気でしていて私を震撼させたことがありました。たまたま食後の片付けを見てしまった時のことです。なんと!食器を洗った後、泡だらけのお皿やカップをそのまま水切りカゴに入れて行くではありませんか!「えーーー!?泡を洗い流さないのーー!?なんでーー?」とめっちゃ驚きました。が、ここまでは「まあでも放置しても害のない特殊な洗剤なのかもね・・・イギリス恐るべし」で終わる話に思えるじゃないですか?しかし!ママの手にはゴム手袋が!それってその洗剤は手荒れするくらいキツイやつってことよね?それなのに水で洗い流さないで、次の食事の時にはそのまま食べ物を盛るの?(イギリス人恐るべし!)イギリス人の衛生観念は謎です。でももっと謎だったのは、私の前にホームステイしていたのがギリシャ人の男の子だったそうですが、「あの子は1カ月の間に1回しかシャワーを浴びなかったのよ!信じられないわ!」と目をまん丸くしてお手上げのポーズでママが愚痴っていたこと。(いや、食器の泡を洗い流さないあなたに言われても・・・。ギリシャ人はたぶん平安貴族みたいにお香を焚き染める文化があるんですよ。知らんけど。どっちもどっちやんと思ったものです)隣の家にも日本人がステイをしていて、その子は、「外国の衛生管理はとにかく信用ならん」と言って、外で食事する時はいつもナイフやフォークを食べる前にナプキンでゴシゴシ拭いてました。(でもお皿もコップも信用できないよ)あと、トイレは駅でも公園でもマクドナルドでさえも!とにかく汚かった・・・。壊れていたり(便座がないとか、水が流れないとか)、床にペーパー類が散らかっていたり、(衛生的かどうかとは関係ないですが)レストランのトイレがやたら遠くて、階段降りて、廊下を突き当りまで行って、さらに階段降りて、暗ーい地下の隅っこ!ってことがけっこうありました。まさに3Kです。(この場合は“汚い・怖い・暗い”ですね。意外と“クサい”はなかったです。湿度が低いからかな?)そんなロンドンですが、2010年、ロンドン五輪の2年前に行ったときはキレイな街に変貌を遂げていましたね。歩道にゴミや吸い殻があんまり落ちてなかったですし、駅の入り口にあんなにたくさんいた家の無い人々もほとんど姿を消していましたし、バスや電車の中もキレイだった(と思う)。街の至る所にあった落書きも減っていた(ような気がする)。スペインに留学経験のある友達がかつて、「スペインはぐうたら教のメッカ。バルセロナでオリンピックをした後(1992年)みんな力尽きちゃって、前よりひどい怠け国民になったよ」と言ってました。それをロンドンに当てはめていいかどうかはわかりませんが、ロンドン五輪(2012年)以降、イギリスはどんな状態だったのでしょうね?ロンドンのホームレスはよく首輪のある犬を連れていたのですが、イギリス人曰く、「奴らは薬を買う金が欲しいだけ。家もあるし、犬を飼う余裕もある」・・・・・えーと。そんな人ばかりではなかったでしょうけど、日本人の私からしたら「1ペンスたりとも恵んでやるものか!」って感じでした。今はイギリス国民全員が心をひとつにしてコロナと闘っていることでしょう。パリでホームステイした時は、ある日突然パピイとマミイが、「来週から私たちはバカンスよ!ゼタズニ(アメリカのこと)へ行くの!」と平然とニコニコ顔で言うではありませんか!その間の食事は?洗濯は?掃除は?って不安になりましたが、どんな答えが返ってくるか怖かったので聞けなかったウブな私。その家には高校生と大学生の娘がいたのですが、彼女らが私に用意した夕食は、ツナ缶1個そのままとフランスパン丸ごとドーン!でした。「あたしは犬じゃない!」って泣き叫んで怒り狂ってやりましたけど、彼女たちにしてみたら、「それは私たちの仕事じゃないわ~。文句があるならパピイとマミイに言って~」ってなもんでしょう。(ったくフランス人はこれだから・・・以下自粛)フランス人の衛生感覚で謎だったのは、基本的に洗濯はマミイが毎日してくれたし(下着だけは自分で洗面所で洗ってました)、パジャマにはアイロンまでかけてくれたのに、「今週のバスタオルとフェイスタオルはこれよ」と、1週間に1枚ずつしかタオルの使用を認めてくれなかったことです。なんで?洗った体や顔を拭くだけならタオルは汚れないとでも?まじか?私はフランス人とは一緒に暮らせんなと思ったものです。(あ、イギリス人もギリシャ人もダメだけど)ヨーロッパの人ですごく見てて嫌だったのは、鼻をかむ時、ハンカチを使うんですよね。ポケットティッシュを持ち歩く習慣がないし、そもそもポケットティッシュなどという文明の利器はあんまり売ってない。(今はどうかわかりませんが)んで、鼻をかんだ汚いハンカチをポケットにぐしゃぐしゃっと突っ込んで1日使い続ける。トイレには手を拭くハンドペーパーが備え付けられていることが多いのでそれでいいんでしょうけどね。(まあトイレの後に手を洗っているかも怪しいですけどね)ハンカチは洗えばいいですけど、ポケットの中は風邪菌がうじゃうじゃ?ああ、ヨーロッパの人々よ・・・。ドイツ人は日本人と国民性がよく似ていると言われていますが、それを象徴するようなことがフランス語学校のクラスでありました。月曜日に「週末何してた?」って話をした際、「ゆうべは映画を観に行ったよ。だいたい7時18分に映画館に着いたんだけど」と、訊いてもいないのに詳しい状況説明をしてくれたアルベルト君。「だいたい7時18分」ってなんやー?「environ=だいたい」って言うなら、「7時」とか「7時半」とかでしょ!と思いましたが、何事にも正確で几帳面で嘘のない国民性はとても馴染みやすいと思いましたよ!あとフランス語クラスの最終日の前日、先生が、(ああこの先生もひどかったな。私が学校の手続きのことで何か訊いた時、「aucune idee! そんなん知らん!」と言い放ち、受付の方を指さしただけ。そのくせベネズエラ人のロドリゲス君にはめっちゃ色目使ってました。あの先生はイタリア系フランス人だったな)あ、話がそれてしまいました。すみません。フランス語クラスの最終日の前日、先生が、「明日はみんなで食べ物を持ち寄ってパーティーをしましょう!」と言い、みんなで話し合って何を持って来るか決めたのですが、その時点では、かかった費用は後で割り勘にしようと言っていたのに、当日はそのことを誰も言い出しもしなかったのですよ!私はジャムの担当だったのでせいぜい500円くらいで済んだのですが、朝からパン屋に並んで焼きたてのクロワッサンを20個以上も買って来た子(イギリス人でした)は一体いくらかかったのだろう?2,000円は軽く超えていただろうな。でもクロワッサンの彼女も何も言わなかった。「私のパパはクルーズ船を持っているのよ!」と常々自慢していたから、お金のことをあれこれ言うのはプライドが許さなかったのかな?きっとあの日「割り勘の話どこ行った?」と思っていたのは、日本人とドイツ人だけだったでしょう。(けれど私たちも何も疑問を投げかけない。平和主義と言うべきか、事なかれ主義と言うべきか?言ったもん負けと言うべきか?)イタリア人に関しては、私はイタリアに行ったことがないのと、イタリア人がクラスにいた記憶が無いのでよくわからないのですが、だいたい彼らは、パスタとサッカーとセックスのことばかり考えているんじゃないかな?という世界的なイメージとそんなに違わないことを言うクラスメイトは多かったです。(>_<)以上、完全なる私の偏見に満ちた遠い過去の記憶です。実際には、「日本人だからここで踏みとどまっている。日本人ならコロナに打ち勝てる」なんてことはありません。明日は我が身です。手洗いとマスクを心掛け、不要不急の外出はせず、お金のことで揉めないように心の余裕も持ちましょう。

  • 24Mar
    • 危機感が湧いてこない・・・。

      毎日めまぐるしく世の中の状況が変化してますね、コロナのせいで。それらを伝えるテレビ、ネット、その情報に驚いたり、噛みついたり、怯えたりする様々なコメント・・・。そういうものを追っているとあっという間に日が暮れてしまって、何か書こうと思っても考えがまとまらないうちに眠気に襲われて、ただ時間だけが過ぎて行く毎日です。モントリオールの世界選手権が中止となり、安堵と落胆の気持ちを同時に味わった矢先に、クリス・リードさんの急死という信じられないニュースが飛び込んできて、「人生なにがあるかわからないな。未来ある若者の命と代わってあげられたらな」と不甲斐無い思いに沈んだりもしました。そしてスターズ・オン・アイス横浜公演の延期と、八戸公演の中止。東京オリンピックもたぶん延期・・・。そういう大きなイベントの延期や中止のニュースになると、もはやがっかりする気持ちはなく、「もう無理せんでもええやん。普通にやれる時にやれば」とほとんど他人事の気分になってしまってもいます。(主催者の皆さん、アスリートの皆さん、チケットを購入した皆さん、ごめんなさい)イタリアをはじめ、アメリカやイギリス、フランスなどの様々な都市で外出禁止令が出されたり、医療崩壊だの、物資の買い占めだのと、「世紀末映画か!?」という状況を目の当たりにすると、もはやなんのリアリティも湧いてきません。危機感が湧いてこないのです。(想像力がなさ過ぎ!って怒られそうですけど)私自身は「なるようにしかならんよねえ」と思っていて、私に出来ることは、手洗い・ウガイの励行と密閉・密集・密接を避けることだけかな、と。羽生選手の元気な姿を拝めるのは次はいつになるのかなあ、とぼんやり考えながら、今は日常生活を粛々と送って行こうと思っています。そう言えば、羽生選手の今年の運勢を占った時、仕事運が【戦車の逆位置】のカードで、“頑張りたいのに思うように事が運ばない暗示”があったんですよね。SOIがなくなり、FaOIもどうなるかわかりませんし、東京五輪に関わるお仕事も・・・???健康運は【女教皇の正位置】で、“静養で体力回復”と出ていたので、まあプラマイゼロってとこでしょうか?完全なる健康体になって来シーズンを迎えられたなら大きなプラスですかね?また会えるからもうちょっと待っててね!Stay at home,Stay healthy !

  • 15Mar
    • フジテレビ的にはオコですよねえ?

      俺はいいけどねえ。(とは言ってません)でも、羽生選手の本当の本心、本音はどうなんでしょうね?2018年2月23日、フジテレビが放送した『平昌オリンピック2018フィギュアスケート女子ハイライト』の中でのやり取りですが、加藤アナ「えー、ソチ以降の4年間を【真・四回転時代】と・・・」羽生「言っちゃいましたー」加藤アナ「羽生選手が名付けてそれがブワーッと」羽生「ねえ、新聞とかもなんか、便乗してますけどね」(お口が可愛い♪)羽生「フジテレビ的にはオコですよね、ホントに。ヒャヒャヒャ!」(爽やかに笑うねえ)加藤アナ「イャッハハ!もうね、あれが広まりましたもんね!」羽生「びっくりしました」加藤アナ「シンがまた真実の」羽生「そう、真実の真!(ドヤッ)」羽生選手は自分の言葉が広まることに関しては「オコ」とも「イイ」とも明言していませんが、「フジテレビ的にはオコ」だろうと。あれかしら?いつも独占インタとか秘蔵映像とかを、ひた隠しにして、小出しにして、「本当はもっとあるんでしょー!出し惜しみしないで放出しなさいよー!」と視聴者にやんや言われているのを羽生選手は知っているからそう言ったんでしょうかね?(独り占めが好きなフジテレビをやんわり揶揄した?)その後、昨年発売された『進化の時』は局の垣根を越えて、購入者の立場に寄り添った充実の映像構成になってましたね。まさに勝利と夢を分かち合う羽生選手の精神。『Hope & Legacy』に込めたシェイリーン・ボーンの思いではありますが、羽生選手と何時間も語り合い、ふたりで作り上げたプログラムだと、↓こちらの中に書かれています。実は私、ちょっと前までこの言葉はほんの少しだけ腑に落ちなかったんですよね。シェイリーンは、「彼は勝利と夢を独占しようとはしません」って言ってるけど、競技においては羽生選手は、いつも、どんなときでも、「勝ちたい!」って言ってるじゃんって。誰にも負けたくない、勝ちたいって気持ちは、「希望とインスピレーションを世界中の人たちと分かち合うんです」っていうスタンスとは矛盾するのでは?と思ってました。敗者の気持ちは?負けた選手を応援しているファンの気持ちは?って。でもたぶん(勝手な想像ですけど)、羽生選手は自分が勝つことでしか、自分がリーダーになることでしか分かち合えないものがあると思ったのかな?決して奢った考えがあると言いたいのではありません!「あの羽生には勝てない」と負けた選手もそのファンも納得すれば、敗者とそのファンを天の怒りから守ることが出来る的な感じ?特にあのボストンでの理不尽な敗北の後のプログラムなので、(悪を成敗する『SEIMEI』とはまた違う)深い意味が込められているのは間違いないでしょうね。今回、世界選手権の中止発表があった後、羽生選手がISUにも感謝を述べるコメントを出したことで、「(トップ陣営はともかく)現場でギリギリまで準備に奔走していたスタッフには感謝すべきよね」「ここへピークを合わせて練習をして来た選手たちはそりゃあ出たかったでしょうね」「レッドカーペットやアワードだって競技の振興になったかも?」などなど、今回の世界選手権に対して批判的だった方たちも、一定の理解を示したように感じました。やはりその競技のトップ選手である羽生結弦の言葉は重いなあと思います。この重さは勝って来たからこそ得られた力。勝利を独占せず分かち合うとはこういうことなのかな?もちろん今でも「レッドカーペットはないわあ」とか、「もう羽生選手とそのファンをATM扱いしないで!」とかの意見もあるでしょう。これもたぶん羽生選手が良い演技をして正当な評価を受ければ消えて行く感情なのかも?そうすればISUも責められずに済む?となれば羽生選手はまたいい演技ができるよう練習に励むだけでしょうね。「羽生選手は前からそういう人だよね。そうやってファンを守ってきたよね」「競技の発展に尽くしてきた羽生くんだもん、試合なんかなくなっちゃえばいいなんて思ってないよ」「募金だって億単位でする人なんだから」と、ずっとそう思ってたよ、わかってたよ、というファンの方も多かったということも今回のことでよくわかりました。(本当にいろんな意見があって勉強になります)m(__)m最近知った相田みつをさんの言葉で、うばい合えば足らぬわけ合えばあまるという名言があります。うまいこと言うなあと思いました。まあそれとはあんまり関係ないですが、羽生選手の言葉を誰かが真似ていても(パクっていても)それもいいかもねと思えるようになりました。私もブログを書いてて他の方と共感し合えるとやはり嬉しいものですし。意見がかぶることはいいことなんじゃないかな?王者羽生の言葉を後輩が継承するのもいいかもね?それが羽生の目指すホープ&レガシー?とちょっとだけ思いました。(いや羽生選手がどう思ってるかはわかりませんけどね)オッケーでーす!(さすが王者、器がデカい!)じゃあどうでしょう?フジテレビさんもこれを機に心根を入れ替えて、羽生さんの秘蔵映像を一挙蔵出しして羽生の穴を埋めてみては?(いつかディスクにしてひと儲けしようなんて言わずに分かち合いましょうよ!その時はその時でまた買いますから!)

  • 13Mar
    • Not only 安堵 but also・・・

      モントリオールでの世界選手権が中止になりました。いろんな意見が飛び交いましたが、正しい結末に辿り着いたと思います。羽生選手は、残念だけれど安堵もしているとコメントを出しました。ギリギリまで尽力してくれたISUには感謝するとも。そして来シーズンに向け、今の限界の先へ行けるよう練習していくと・・・。はぁ~・・・。私も安堵したよ~。そして現役続行なんだねえ。嬉しいなあ。でも複雑~・・・。もーお全力で応援するのは変わらないんですが、おかしな採点が続くようなら(私の)精神力がもたないかもって思うんですよね・・・。四回転アクセルの練習も続けていくんでしょうから、身体は大丈夫かしら?ってずっと心配しながら日々を過ごすことになるんだろうなあとか・・・。いや、そんな私の気持ちなんかどーでもいいですよね!弱気なこと言ってちゃいかん!羽生選手ならきっと成し遂げる!私はただ祈って見守るのみ!(自分の気持ちの持って行き方は後でゆっくり考えます・・・)とりあえず羽生選手は蒼い炎を燃やし続けてください!

  • 10Mar
    • ステファン・ランビエールって誰?

      毎日コロナコロナ・・・。ワールドは本当に開催されるのかな?と気持ちが落ち着きませんが、そんな状況の中、年末あたりから私の心に引っかかっていたことを、時系列いい加減な私の記憶を元にまとめておきます。(何のために?って感じですけど、暇つぶしと言いますか、気持ちの整理と言いますか・・・)私の心に引っかかっていたこと、それはステファン・ランビエールさんについてです。実は私はほんの4年前までステファン・ランビエールというスケーターの存在をほとんど知りませんでした。ランビさんの存在を知ったのは、2016年の2月頃(私が羽生選手のファンになった数か月後)から羽生選手関連の過去動画やテレビの録画をそれこそ時空が歪むほど見まくっていた時期だったんですけど、ランビさんと羽生選手の絡みはほとんど私の記憶には残っておらず、ランビさんの存在を知った後でも、彼のことを羽生選手と絡めて思い出すことはありませんでした。なので、↓こういうシーンを見かけてもピンと来なくて・・・。2016.11.26 NHK杯 男子シングル表彰式後の様子より画面撮りこのNHK杯の放送の時、デニス・ヴァシリエフス選手のコーチとして帯同していたランビさんがカメラに抜かれて、会場からキャ~!とかヒャ~!とかの黄色い歓声が上がり、「選手より人気のイケメンコーチww」と私はニマニマしながらテレビを見てましたが、表彰式後のバックヤードで羽生選手と抱き合っているシーンが映って、「へ~!?羽生くんと仲がいいんだ~。どういう人だっけ?」って思ったのを記憶しております。「センセイ」と、僕(師弟関係以上の何かがありそうな麗しいツーショット)余談ですが、私はヴァシリエフス選手に関してはボストンワールドの衣装が強烈でとても印象に残ってました。2016.4.2 フジテレビ ボストン世界選手権 男子フリーより画面撮り振付師:ブノワ・リチャードって・・・リショーさんのことですね。当時のコーチは1994年リレハンメル五輪金メダリストのアレクセイ・ウルマノフさん。ウルマノフさんって名前は何度か目にしたことありますけど、こういう方なのか・・・。(普通のおじさん風って言うか、ロシア人にしては普通のおじさんに見える。なぜコーチを変更したのかしら?レッスン料の問題?)私の中の一番古いランビさんの記憶は、たぶん↓コレです。2012.12.21 フジテレビ 全日本男子ショートより画面撮り2012年の全日本で、まっちーのショート『F.U.Y.A』の振付師として紹介されてましたね。プログラムに使用されていたのはフランスのDJチーム・C2Cのもので、ピコピコ電子音の和風アレンジ?ランビエールさんは独創的なプログラムを作る人なんだな~という認識でした。(2012年当時そう思ったのか、2016年頃テレビ録画を見返しててそう感じたのかは定かではありませんw)私は2012年全日本の『パリの散歩道』がとても好きなので録画をよく見返すのですが、まっちーのひとつ前の滑走が堀之内選手(日本大学)で、演技直前に靴のブレードが折れてしまって棄権しちゃったんですよね。その時のコーチが、佐藤駿くんの現在のコーチ、日下先生でしょうか?すみません、横道に逸れました。*2020.3.11 1:50追記*コメント欄で教えていただいたので貼らせていただきます。(ほりきり様ありがとうございました)ランビさんは2012年真駒内のまっちーのフリーの際、キスクラに座っておられましたw私は真駒内のフリー録画は(苦しくなるので)ほとんど見返さないんですが、新たな発見って感じです。***追記ここまで***その次のランビさんの記憶はまたしても町田さん絡みなんですけど、2014.12.29 フジテレビ メダリスト・オン・アイスより画面撮りこの1年前くらいから私はまっちーにそこそこ関心を寄せていたので、メダリスト・オン・アイスの前日、世界選手権代表発表の場で引退宣言した町田さんにそれなりに衝撃を受け、「大学院進学だけが引退の理由なの?」と複雑な気持ちでMOIを見てましたが、フィナーレでまっちーの隣、と言うかほぼセンターで目立っていたランビさんを見て、「このイケメン外人は誰?」ってなったような記憶があります。(これも後で録画を見返して自分の記憶を上書きしているかもですが)MOI放送内ではランビさんの演技は流れませんでしたし、解説の荒川さんも鈴木アナもランビさんに関する言及は何もなかったので、当時は「親日家のスケーターかな?」程度に思ったような気がします。そして今になって思えば、ランビさんはだいぶ前から日本フィギュア界を陰で支える大きな存在だったんですよね?2016年当時すごく記憶に残っているのは、クリスマス・オン・アイスでランビさんが大ちゃんとコラボしたテレビ放送を見て、ただならぬものを感じたことですかねえ。2016.12.22 BSテレ東 クリスマス・オン・アイス完全版より画面撮り(ランビさん、2年前のMOIとおんなじ衣装ww)コンパス コンパストリノ五輪のこの映像はよく見ますが、この衣装でヴィヴァルディ四季とは?2017-2018シーズンには島田高志郎くんもランビさんに師事することとなり、↓これは2018年の全日本のキスクラですが、「絶対に顔とスタイルで弟子を選んどるやろw」と思ってました、この頃は。そしてこの1年後、チームメイトの通訳を担わされることになろうとは夢にも思っていない頃の高志郎くん(涙)ランビさんの存在の意味とか意義を私なりにぼんやり認識したのは↓この頃です。2018.2.3 NHKBS1 『アスリートの魂 誰も見たことがない頂へ』より画面撮り平昌五輪直前の放送でしたが、昌磨くんがランビさんに表現力についてのアドバイスを貰ったのは、2017年夏のアイスショーの頃かな?そして毎年の強化合宿で濃厚接触!ランビさんは日本選手強化の使命に燃える元世界チャンピオンなんだ・・・。昌磨くんを五輪メダリストへ!っていうミッションを与えられていたのかな?って薄ぼんやりと思いながら見てました。この時点では私は羽生選手とランビさんを結び付けて考えたことがなかったので、2018.2.18 TBS 平昌オリンピック2018(中居くんがMCの番組)より画面撮り平昌直前のアス魂でチーム宇野の一員的な立ち位置だったランビさんが、羽生選手の金メダル獲得を絶賛しているこのコメントはやや唐突感があったんですよね。まあでも、CiONTUにはビデオメッセージを送ってくれてましたし、そのガイドブックにはコメントを寄せてくれてましたし、2011年に結弦少年が「四回転のアドバイスプリーズ!」と慕ったランビさんは、羽生選手にとってもなくてはならない存在なのですね、とようやく理解するに至りました。それにしてもランビさんって日本のアイスショーにめっちゃたくさん出てますし、氷艶2019なんて源氏物語のどこに海外要素が?って思いますけど出てますし、ここまで濃厚に関わっている外国人スケーターって他にいるのかな?すごいね。日本スケ連とどういう繋がりがあるんですか?(何か弱みでも握られてるの?笑)いやいや、羽生選手には内緒ですけど、ジョニーさんとランビさん、世代的にもキャラ的にもかぶるんですが、正直なところ、私だったらジョニーさんよりランビさんの方に憧れるかな?羽生選手、昨年の全日本のあとランビさんに、「君はレジェンドだから、もういいんだよ。やってることに意味があるんだよ。ここに居ることに意味があるんだよ」と称えられてましたが(気休めとも言う)、2020.2.2 フジテレビ S-PARKより画面撮り「クゥ~!悔しい!」と、ここで過去の栄光にすがったり、化石なんかになったりしないのが羽生結弦なんですよね。ランビさんはトリノ五輪銀のあと世界選手権で二連覇も果たし、その後しばらく燃え尽きていたらしいので(ランビさんはバンクーバー五輪シーズンの前に怪我で練習が出来ず一度引退しているんですね!さっきwikiで知りました!)今の羽生選手の苦悩はよくわかってるはずなのに、なんでそんな綺麗ごとを言ったのでしょうね?悪気は全くなかったんでしょうけど。現在ある意味“時の人”っぽい脚光を浴びているステファン・ランビエールさん。昌磨くんのファンの方たちが、「ランビの魔法すごーい!昌磨くんを生まれ変わらせてくれてありがとう!」的なことを言っているのを目にすると、満知子先生や美穂子先生はどんな気持ちでいらっしゃるかなあと他人事ながら思いを馳せてしまいます。かつて私は昌磨くんのコーチ不在について、「早く決めた方がいいよ!残りモノにはワケがあるって言うしね!」などと軽いことを言ってしまいましたが、そのことをちょっと反省しております。そしてワケありじゃなかった証明をモントリオールで出来るといいねとちょっとだけ思ってます。それにしても“ランビの魔法”ってどゆこと?昌磨くんの自力は?って言うか(私がランビさんのことをほとんど知らなかったからそう思うだけでしょうけど)、昌磨くんってランビエールさんのことどれくらい知っているんでしょうね?2018年のNHK杯の頃はヴァシリエフス選手の名前さえも昌磨くんは知らなかったくらいですから。ブライアンは最新インタで羽生選手のことを、「彼は自分を新しく作り直す名人」と称え、絶大な信頼を寄せたらしいですけど、そういう師弟関係もまた美しいですよね。

  • 06Mar
    • This is just what I want.

      3年前、羽生選手はこんなこと言ってました。2017.4.3 フジテレビ とくダネ!より画面撮りヘルシンキの世界選手権、最終滑走のハビエルの得点が出て、自分の優勝が決まった直後の発言です。「もうこんな試合やだ!」「ほんとこんな試合やだよね?」「やだ!」と同意する昌磨くん。(いや、昌磨くんはショートもフリーも自己ベスト更新したし、ボストンとは違って「楽しく滑ろう!」と落ち着いてて「世界選手権というものを深く味わえた」と言ってたから、本音はいやじゃなかったと思うよw)いや、でも、羽生選手はキツかったよねー。このシーズンは、マルセイユGPファイナルのフリーでネイサンと昌磨くんに負けて、四大陸のショートでネイサンと昌磨くんにまた負けて、四大陸の総合でついにネイサンに負けて、世界選手権のショートはほんのちょっとのミスでまさかの5位・・・。そりゃあキツかったでしょう。(私もショートが終わった3月30日の夜からフリーの行われた4月1日にかけては死にそうだったもん)それでも、「逆境の羽生は強い!」とか、「追い詰められた時こそ覚醒する?」とか思うので、私はこういう試合また見たいな。(まあ優勝した現実を知っている今だから言えるんですけど・・・)抑え込んでいた感情が爆発!このシーン何度見ても・・・。ヽ(^o^)丿舞台裏でもうひとつの本音。「I don't wanna do nationals!」パトリックはそういう弱音よーくわかるかも。年下の選手に負けるのはいやだよねー。でも昌磨くんは「一度でいいからゆづ君に勝ちたかった」んだよね。(羽生選手は全日本後の『羽生とゆづる』の中で、「昌磨が勝っても二人とも何も変わらなかったのが嬉しかった。自然体で安心した」って言ってましたけど、変わっちゃった先輩もいたのかな?ゆづ君はそんなに弱くないんで!まだまだカッコいい背中を見せるよ!)尚、先輩はやっと羽生選手の強さに気付いたもようw↓「その精神力の強さには非常に驚かされた」って今頃?2017.4.2 フジテレビ スポーツLIFE HERO'Sより画面撮りまた痺れる試合見せてください!“こういう羽生が見たかった”ってやつ!今度はSEIMEIで伝説の4分間を!SOI大阪と愛知は中止になりましたけど、八戸と横浜はどうなりますかね?世界選手権も微妙でしょうか・・・。とにかく世界の平和と安全を願います。

  • 04Mar
    • 今思えば予兆はあった?!

      猫は草を食べます。本来肉食の猫がなぜ草を?と謎は多いようですが、シャキシャキとした歯ごたえを楽しんでいるとか、食物繊維を摂って便通をよくするためとか諸説ある中で、最も有力な説は、毛づくろいの際に飲み込んでしまう自分の毛を吐き出すために、本来猫の食べ物ではない草を食べ、胃を刺激して草と一緒に毛玉を吐き出すのではないかと言われています。実家の猫は庭の雑草を勝手に食べ、そこらで勝手に吐いてますが、うちの紫さんは完全室内飼いなので、私がせっせと猫草用の種を蒔き育てています。季節にもよりますが、だいたい1~2週間で食べごろになります。しかし、昨年の梅雨時に異変が・・・。昨年の梅雨って毎日気温が低くて変な天気が続いたじゃないですか?草がなかなか育たなかったんですよね。で、ある朝私は「今日はどれくらい伸びたかな~?」と鉢植えを見に行った窓辺で、衝撃の光景を目撃したのです!・・・・・なんと!(゜o゜)キノコが生えていたではありませんか!!草よりも存在感の大きいキノコ!(゜o゜)なぜキノコが!?種はタッパーに入れて密閉しているし、土は100均で買った腐葉土だけど、二重のビニール袋に入れてるし、どこから胞子が飛んで来た!?いや、もともと土の中に胞子はいたのか?でもちょっと可愛い♪クラゲみたい?その日はとりあえずキノコを取り除いて、このまま草を育て続けていいものかと迷いつつ・・・・・・・・・・迎えた翌朝。んーーー!?キノコ増えてる!?そしてやっぱり可愛い♪けど、やっぱ不気味・・・。これ食べさせたらいかんよねと思い土ごと全部捨てましたけど。それにしても今思うと、昨年はキノコが生えるほどの異常気象、ヤバかったね。そりゃあ未知の病いが流行るのもうなづける。と、ひとり勝手に納得してたんですけど、なんか「観葉植物×キノコ」でググったら、けっこういろんな事例があって、そんなに珍しい現象ではない模様。(ちょっと安心しました。いやでも新型コロナの脅威はこれからなんでしょうけど)コロナ旋風吹き荒れる中、フィギュア世界ジュニア選手権が絶賛開催中ですが、どうか最後まで無事に大会が進みますようにと祈っております。佐藤駿くん、ノーミスでしたね!3A 3Lz-3T 3LoTES  42.64PCS  36.66合計  79.30シーズンベストです!暫定1位!パチパチ~!(PCSはこんなもんかなあ?もうちょっと欲しいけど・・・)日付が変わった頃に鍵山くんも登場です。みんな頑張れ~!

  • 02Mar
    • なんちゃらアワード

      多くのスケートファンの皆さんが、だいぶ前から気付いていたであろうことに、ワタクシ、今朝になってやっと気が付いたと言いますか、腑に落ちたことがありました。今朝、「たまには海外のニュースでも見るか」と、NHKBS1で「キャッチ!世界のトップニュース」という番組を見てましたら、「ソーシャルサーカス」についての特集をしてまして、金井ケイスケさんというサーカスアーティストの男性が出演されていました。金井さんによればソーシャルサーカスというのは、貧困や障害など、さまざまな社会課題の解決に役立つものらしく、世界各国で取り組まれている社会貢献プロジェクトなんだそうです。https://www.slowlabel.info/↑金井さんが関わっていらっしゃるNPO法人スローレーベルのHPには、2017年からはシルク・ドゥ・ソレイユのサポートも受けていると書かれていました。ん?シルク・ドゥ・ソレイユ?すごいじゃん!そんな世界的に有名なサーカス団が支援してるんだ!と、ちょっと興味が湧いたのと、シルク・ドゥ・ソレイユみたいな名前のサーカスの話をちょっと前に聞いたなと思ったのです。そうそう、なんちゃらアワードだ!(皆さんが“なんちゃらアワード”って仰ってるのでそれに倣いましたw)https://www.isu.org/figure-skating/news/news-fsk/13061-eli-rose-cirque-eloize-and-momento-sounds-to-perform-at-the-isu-skating-awards?templateParam=15↑ISUのサイトを見ると、「この人たちがアワードを盛り上げてくれるよ~!」と嬉しそうに紹介している中に、Cirque Éloize(シルク・エロワーズ?)というのがあり、動画を見ると、まぁ~美しい!めくるめく一大スペクタクル!って感じのサーカス集団でした!なんとなくFaOIに出て来るエアリアル?みたいなハラハラドキドキのパフォーマンスですね。ついでにシルク・ドゥ・ソレイユのwikiも見てみたんですけど、シルク・ドゥ・ソレイユってフランス語なので(日本語で“太陽のサーカスCirque”という意味)、発祥の地というか拠点はフランスなのかと思っていましたら、なんとカナダのケベックなんですね。ほぉ~、それでフランス語なのか。モントリオールに国際本部があるんですって。シルク・エロワーズも1993年モントリオールに設立されたらしいですが、シルク・ドゥ・ソレイユとは何か関係があるのかな?ないのかな?(そう言えば、シルク・ドゥ・ソレイユの日本公演はダイハツが冠スポンサーで、フジテレビが各地の系列局と共催でしたね。ダイハツは2016年にTOYOTAの完全子会社になってて・・・なーんて考えるとなんか裏があるのかと思ってしまいますが、まあ関係ないでしょう)で、サーカスの話題が出て、私が何に気が付いたかと申しますと、「ネイサンの演技ってサーカスっぽいな」ということです。(気づくの遅えーよ!)いや、サーカスはエンタメとしては素晴らしい興行だと思ってますけどね!世界三大サーカスと言ったら(昔は)、ロシアのボリショイサーカス、アメリカのリングリングサーカス、日本の木下大サーカス!ってくらい私たちの思い出に刻み込まれているものですし、そりゃあ年齢、性別、国籍問わず、みんなサーカス見たら度肝を抜かれるような驚きと感動にひれ伏すわけで、そういうの欧米人は大好きですよね?だからネイサンの大技四回転がバシバシ決まるのとか、キレキレのヒップホップ!とか、そういうのがウケるんだろーなーと思います。(実際のところウケているかどうかは微妙ですが)でもそれだけなんですよねえ。ワーッと騒いで終わり・・・みたいな・・・。余韻に浸れないというか・・・。それにしてもエキシタイムにサーカスか・・・。(私は羽生選手の美しい舞いを見られたらそれだけでいいんですけど)高いお金を払って現地でご覧になる方からしたら、(サーカスだけじゃなく)レッドカーペットとか、知らない歌手が出てきたりとか、リンクが見えない席があるかもとか、「詐欺だー!金返せー!」って言いたくなるでしょうね。ホント、欧米人って何でもかんでもエンタメ、ショービジネスにしたがるというか、派手派手の大騒ぎが好きっていうか、(いや、本来日本人もそういうの嫌いじゃないはずなんでしょうけど)時と場所をわきまえて!って思いますね。もしかしてISU(とかアメリカスケ連)は、本気でフィギュアスケートをそういうエンタメ芸にしたいと思っているのでしょうか?(サーカスとかショービズとかそれ自体は素晴らしいのですが、それとフィギュアスケートは別物だと思うので)(世界中の人々が口を揃えて言うことですが)ジャンクフードばっかり食ってる輩には、繊細な情緒とか、本物の芸術とかは解からんのでしょうね・・・。We have been missing his gracefulness.

  • 28Feb
    • 徹子さんもこう仰ってます!

      昨日の『徹子の部屋』のゲストは清塚信也さんでした。清塚さん、面白いですよね~。お母様のスパルタ教育ネタは何度聞いても笑えるし、昨日は『徹子の部屋』のテーマソングを、いろんなアレンジで即興で弾いてくださって、ロココ調だったり、雨が降って憂鬱な感じだったり、JAZZYに、ショパン風にと、まさに清塚さんの夢だった“言葉のように音楽を語る”“自分の気持ちを音楽に例える”を見せていただいたように私は感じました。あと絶対音感の話では、全部の日常音がドレミの音階に聞こえて、ずっと楽器を鳴らされているみたい、それが不協和音だったりするから、集中したりナーバスになってる時とかは、疲れて大変って仰ってました。そういう話はよく聞きますね。でも悪い面ばかりではなくて、例えば後ろのドライバーに早く行けよとクラクションを鳴らされても、(クラクションのブッブーは)「ド ミ だったりするんで、ド ミ? ま、Cメジャーで怒ってもあんまり・・・」って、怒らないで済むという良い面もありますと話されてたのが面白かったです。(煽られても怒らないって大事ですね)羽生選手も音に対するこだわりが強いですけど、絶対音感はあるのかな?例のプログラムコンサートのパンフレットの中に、音響デザイナーの矢野桂一さんが語っていらっしゃるページがあって、ソチシーズンの『ロミオとジュリエット』の音源にノイズがあり羽生選手の依頼で取り除いた後、「このノイズが聞こえると、隣から誰かに話しかけられたようで集中が切れていたんです。すっきりしました」と羽生選手に言われたそうです。へぇーーー!もしかしてレツクレみたいなボーカル曲とかもホントは苦手?それでノーミス出来なかったとか?それはないか・・・とか思ったりしました。番組の最後に、清塚さんも出演される『徹子の部屋クラシック2020』(6月17日水曜18時開演)というコンサートのお知らせがあったんですけど、徹子さんが出演者を一通り紹介された後、「まあ、ハンサムな方ばっかりズラッと並んで、どうしましょっていう感じですけど」「皆さん!」「いい音楽もですけど、やっぱりハンサムな方がお弾きになると、またそれなりにきっといいと思いますので是非いらしてください♪」ってサラッと本音を漏らしていらっしゃいましたね!(満面の笑みニコッ)ほう~。ほほ~。徹子さんはいつも忖度なしのありのままでいいですね~。ああ、こんな風に生きられたら・・・。(まあ徹子さんにもそれなりにいろいろあったわけですけど・・・)私、前々から思ってたんですけど、クラシックの分野って、オペラ歌手とかバレエダンサーとかはもちろん見た目の美しさは大事ですけど、楽器奏者ってあんまりそういうの関係ないのかな?って思ってたんですよね。でもFaOIとか他の番組とか観てて最近気が付いたんですが、清塚さんも福間洸太朗さんも、川井郁子さんも、末延麻裕子さんも、皆さんお綺麗ですよね?(私でも知ってる)昔から有名な演奏家っていうと、諏訪内晶子さんとか、千住真理子さんとか、中村紘子さんもお美しいですし、今若手で注目されている牛田智大くんとかも見目麗しいじゃないですか。幅広い層から支持を得るには、やっぱり技術や芸術性だけじゃない、見た目も大事ってことですね~と、徹子さんのあのひと言で確信した次第でございます♪(尚、フィギュアスケーターの彼女の好みは濃い目のようですがww)※不快な思いを抱かれた方には(徹子さんに代わって)お詫び申し上げます。すみませんでした。m(__)m

  • 26Feb
    • 罰を受ける人々

      頭の中がごちゃごちゃで、まとまらない話です。(こんなんばっかですみません)先週、母の月命日にお経をあげてくれたお寺さんが、浄土真宗門徒が減っているという話の流れで、「オウム事件の後も、新しいカルト宗教はどんどん出て来ています。彼らは例えば大学のサークルに入り込んで新しい信者を増やしているんです。サークルの合宿と称して新入生を囲い込み、学生たちは知らないうちに洗脳されて、気が付いたら抜けられない団体の一員になってしまうんです」と仰っていました。カルト宗教の目的は、第一に金(カネ)。教祖とそれを取り巻く幹部だけがおいしい思いをする。(まんまヤ○ザ)そのお寺さんは、「あちらから見れば浄土真宗とて、金集めの洗脳集団となんら変わらないのです。何を信じるかの違いだけで、どっちが正しいという話ではありません」と、互いを認めるような姿勢でした。この世に正解はない。正解を求めようとすれば争いが起きる。ということでしょうか?私は常々、アンチ活動をしている人たちは精神に異常をきたしていると思っていますが、互いの見ている世界が真逆なのであれば、こちらが思う正解・正常が、彼らにとっては“問題行動”であり、“精神的障害”ともなり得るだろうと思います。※精神に障害を持つ人は、時に攻撃的で人の命をも奪うので、圧倒的に危険視されますが、自分から好きでそうなったわけでもなければ、「目を覚ましなさい!」と言って治るものでもないので、一方的に責めていい話だとは思っていません。“好きの反対は無関心”という表現を時々聞きます。どういう意味だろう?とずっと思っていました。(私は、“好き”の反対は“嫌い”だと思うので)「あんたのことなんてこれっぽっちも興味ないよ。あんたの存在自体、私の人生には1ミリの関わりもない。だから嫌いにすらならない。あんたなんか私にとってはこの世に存在すらしていない」そういう意味でしょうか。(この場合の“無関心”は“嫌い”の最上級、侮蔑を表す最強の言葉なのか?)でも“嫌い”なものに対して、(認め合えなくても)本当の意味で“無関心”でいられたら平和だろうなと思います。けれどアンチは平和を望まない。“嫌い”なものに対して、敢えて“関心”を持ち、「なぜ嫌いなのか?」を分析して、自分と世間を納得させたがる。たとえそれが嘘だろうと、妄想だろうと、ああいう人たちの頭の中では自分たちこそが“正しい”のだから。※嘘や妄想を“真実”だと思い込むのは病気です。彼らを責めても意味はありません。必要なのは治療です。(私の姉(三姉妹の長女)は精神保健福祉士として精神科の病院で働いていますが、通院・入院をすれば彼らはほぼ無害だそうです。問題なのは本人も周囲の人々も病気に気付かず野放しにされるケースですが、これはとても難しい問題なので彼らには「お大事に」とつぶやくしか私にはできません)また、「あんな奴ら無視しておけばいいよ」「気にすることないよ」と放置するのが一番の解決策だとは思いませんが、こちらが騒いで彼らが注目を浴びれば、あちら側の人たちは喜びますし、被害者面をして新たな仲間を呼び込むこともやりかねません。今回の事件を見ていて、わざわざ狂人を公衆の面前に引き摺り出して、公開処刑をするようなことが正しいことかどうかわからないなと、私は思うようになりました。(それほど扱いの難しい人々だと感じます)誹謗中傷された当事者が訴える準備をすれば話は早いのかもしれませんが、彼らが病気だった場合は法で裁かれたとしても改心はしないだろうとも思います。今回のことに限って言えば、精神を病んだ上に社会的にも抹殺され、彼らはある意味十分な罰は受けたと言えるでしょう。※組織的にいじめのようなことをしている人々には、また別の措置が取られることを願います。こういう問題に終わりはないですね。他人事と思わずに考え続けたいと思います。

  • 19Feb
    • ちょっと困るなと思う話

      いや、ちょっとじゃないな。だいぶ困ることになりそうな予感がします。というのは、うちの最寄駅周辺からついに本屋が消滅したのです!駅周辺に本屋がないって有り得ます?いえ、そこそこの田舎ならよくある話だと思うんですけど、うちの最寄駅は名古屋市で2番目に乗降客が多い大きな駅なんですよ。名古屋市で2番目ということは、東海エリアで2番目、もしかしたら東海・北陸・甲信越の中で2番目?まあ全国的に見ても大きな駅なんです。それが数年前に駅南側の本屋がカフェになり、昨年11月に駅ビルの中の本屋が倒産し、本日ついに、駅に隣接している複合商業スペース内の本屋が閉店してしまいました。いずれもそんなに大きな本屋ではなかったのですが、日常生活で必要な書籍はたいてい揃っている便利な店舗ばかりだったんですよね。今は電車に乗っても、誰ひとり本を読んでる人はいませんね。みんなスマホ見てる。本を読まない→本を買わない→本屋消えるってことですよね?あ~、これからはどこで本を買えばいいのだ?イオンまで行くしかないのかなあ。あるいはネット通販?(閉店した本屋のあとに別の本屋入ってくれないかなぁ)(本じゃなくてもですが)ネットで買うのは嫌なんですよねえ。何が嫌って箱です!処分に困る!amazonは最近は普通サイズの書籍なら、緩衝材入りの封筒に梱包してくれるので、まあ捨てやすいですけど、段ボールで届いた日にゃあ、どーやってバラそうかなってしばらく放置しちゃいますね。(こちらはネット通販してくれて有り難かったケースですが)AXELSTOREさんで購入した『羽生結弦プログラムコンサート』のガイドブック。SAGAWAさんが運んで来てくれましたが、この丁寧な梱包は・・・どこの指示なんだろう?羽生選手と羽生ファンへの敬意の表れだとしたら嬉しいのですが、またひとつミッションが増えてしまった・・・。(でもあのサイズだと箱入りにするしかないですもんね・・・ガイドブックの内容は素晴らしかったです!)あとネットで何かを買うとか、見るとか、何らかのアクセスにはたいていID/PWが必要なのも悩ましいです。「ID/PWなんか絶対に変更しないで1個に統一しておけばいい」って言われるかもしれませんが、PW設定は英数字のみでいいとか、記号をひとつは入れてくださいとか、あと、何文字以上何文字以下とか、いろんなパターンがあるじゃないですか?もーお、チケット購入の時なんか、PWを書いてあるメモを探しているうちに予定枚数終了!とかね。以前働いていた時は、一人4台のPCモニターを使っていて、毎朝ログインするだけでも大変だったのに、本当に頭にきたのがパスワード変更の期限がバラバラだったこと!全部同時期に変更できないから、どれがどのパスワードだったかわからんくなったっちゅーの!(付箋にPW書いてみんなモニターの横に貼ってたよ!www)しまいには指紋認証が導入されて、指の調子が悪いと認証が通らないんですよね。今会社で働いていらっしゃる皆さんはどうなんでしょうね?ID/PW問題は改善されているのかしら?(その会社ではセキュリティだの情報保護だので、FAX送信もバカみたいに面倒になりましたが、それも今の時代しょうがないのかなあ)ネットやスマホの技術が発達して世の中便利になった面は確かにありますが、今後どんどん年を取って行く身としては、本1冊買うにも、もうついて行けない~!と泣けてきそうです。若い頃、ポケベルの仕組みを理解していないオジサン社員が部下に、「ポケベルしてから何分経ってるんだ?早く電話くれるように先方に電話して!」って言ってたのを陰で笑ってましたけど、あの頃が懐かしい、と言うか、愛しいです・・・・。あ~、長生きはしたくない!って今日は何百万回目かの愚痴が出てしまいました。(>_<)

  • 18Feb
    • 『氷艶』は新しくはないけど可能性はあると思った話

      羽生選手は四大陸選手権のショート後に『バラード第1番』について、「自分ではワインとか、チーズみたいなもので、今までこんなフィギュアスケートの形ってなかったかもしれないけれど、滑れば滑るほど、時間をかければかけるほど熟成されて、いろんな深みが出るプログラム」と語っていました。https://www.nikkansports.com/sports/news/202002070001225.html本当に羽生選手の言う通りで、今回のバラ1とSEIMEIは動きがより繊細で、上半身のメリハリ、胸と首のため、腕や腰のうねり、ひねり、止まり方、動き出し方、とにかく音を多彩に表現していたなあと思いました。再演を繰り返すことでいろんな深みが出るってこういうことなんですね。滑るたびに価値が上がるプログラム。使い込むほどに良い音色を出す楽器とか、使い込むことで生命が吹き込まれるアンティークとか、そんなイメージが浮かびました。フリーの後には、「フィギュアスケートで毎年新しいものをやるのは全て真理なのか。伝統芸能とか語り継がれるものは何度もやる。バレエもオペラも。自分もそういう道にいてもいいんじゃないか。もっと極められるものもある」と語ったそうで、「おっしゃる通り!」と思いました。もちろんこの言葉の意味は、『バラード第1番』と『SEIMEI』をいろんなスケーターに滑ってもらって、今後何十年、何百年に渡って継承して行って欲しいということではないでしょうけど、(もちろんそうなったら面白いなとも思いますが)競技会で自分が繰り返し演じることによって、その都度プログラムの味わいや価値を高めて行きたいってことなんでしょうね。けれどそんな風にひとつのプログラムを長年に渡って追求し、それを観客に「また素晴らしくなったね!また見たいな!」と思わせられるスケーターって、そうそういないよねーとも思います。羽生選手の場合は今は試合での再演ですが、アイスショーの世界では、真央ちゃんが2018年から始めた『サンクスツアー』は、言ってみれば「真央ちゃんのあれ、もう一回見たいね!」の詰め合わせで、今のところ再演、ロングランが大成功した唯一の事例ではないでしょうか?(ロングランと呼ぶにはちょっと短いかな?)アイスショーのロングランというと、私はすぐにディズニー・オン・アイスのことが頭に浮かんでしまうのですが、(前にも書きましたが、若い頃にディズニー・オン・アイスを運営・興行する会社にいたので)日本公演は今年で35周年だそうですけど、いやーよく続いてるなーと驚きます。日本では子供の数も減ってますし、ゲームとかネット動画とか、他にコスパのいい手軽な娯楽が溢れてますし、近年ではチケット販売も苦戦しているんじゃないですかね。(今も全国10都市100公演とかやってるのかな?)それでもディズニーというコンテンツは不滅の人気なんでしょうね。(私自身は実はああいったファンタジーな世界は苦手ですw)で、思ったんですけど、ある意味『氷艶』って、日本版ディズニー・オン・アイスですよね?スケーターが特定のキャラクターに扮し、歌と台詞と踊りと滑りで、ひとつのストーリーを見せて行く。大掛かりな舞台装置、照明、スモーク、宙吊り、きらびやかな衣装・・・。ディズニーが35年も前からやってたことを思うと、『氷艶』は決して新しいスタイルのアイスショーではないですが、キャラ選択や出演者さえ嵌ればロングラン公演できそうな気がします。(もしかしたらそういう構想で始まったショーなのかな?よく知りもしないで偉そうなこと書いててすみません)『氷艶2017-破沙羅-』は、実はテレビ放送をチラッと見たんですけど、なんだか台詞もストーリーも全然頭に入って来なくて、10分くらいで見るのやめちゃったんですよね。ところが『氷艶2019-月光かりの如く-』は、何故かはわかりませんが割りと楽しめて、大ちゃん演技くさいなー、歌も無理に歌わんでもいいのにー。荒川さん、さすが金メダリストの演技力!え?浪岡さんとチューしとるー!なんかチャンバラ始まったけど、源氏物語ってこういう話じゃないよね?さすが宮本亜門だー!などと思って見ているうちにあっという間に終わった感じでした。見に来て欲しいターゲット層は、知的でハイソなマダムたち(私たちのこと?!笑)だと思うので(笑)、演目と出演者をもっと厳選すれば宝塚や四季を凌ぐ文化になると思いますね!今まで私は、『氷艶』って、大ちゃんによる、大ちゃんファンのための、アイスショーだと思ってたんですけど、ディズニー・オン・アイスもそうですけど、『氷艶』はいわゆる“フィギュアスケートのプログラムを滑るショー”ではないので、演技派の俳優さんがちょっと真剣にスケートを練習すればそれなりに恰好が付くなら、歌も芝居も上手い人が主演を張ればいいんだし、(昔キムタクがアイスホッケーのドラマやってたように。あ、ディズニー・オン・アイスはちゃんとしたスケーターが滑ってますけどね。奈々美先生も昔メンバーだったんですよね?)あれだけの衣装や舞台装置を造り上げたノウハウも生かせば、何度も何年も再演するにふさわしいショーが出来るんじゃないかなと思います。(大ちゃん、アイスダンス転向とかでふらふらしてないで、歌と芝居のレッスン受けて自分の劇団を持てばいいのにね)ただひとつ気になってるのは、これまで二度の『氷艶』で採算はとれてるのかなー?ってことですw

  • 16Feb
    • 羽生くんがそう言うならそうなのかな?と思った話

      今年の四大陸選手権は羽生選手がついに初優勝を遂げ、主要国際大会全制覇となったので、その点においてはすっごく嬉しかったのですが、ん?あれれ?そうなの?なんて考えてしまう部分もありました。まずはしょーもない突っ込みから。(本当にしょーもないので先に謝っておきます。ごめんなさい!)m(__)m2月9日(日)男子フリーの地上波放送でのお話です。第3グループ最終滑走のナム君の演技が終わり、得点発表の前に挿し込まれた映像。(潤くんも利発そうで・・・)羽生選手の落ち着いた柔らかい声で、「今年で21年目に入ろうとしているんですけど」とHANYU's ヒストリーが始まりました。ここまで読んで勘のいい方ならもうお気づきでしょう。(なつさん、またこのネタ?しつけー!って?)ナレ「あの頃、笑顔の少年は心の底からスケートを楽しんでいた」2012 18歳全日本選手権 初優勝2014 19歳ソチ五輪 金メダル2018 23歳平昌五輪 金メダルナレ「子供の頃に憧れたフィギュアスケーター、それに少しでも近づけるように、そして追い越せるように毎日ひたすら努力を続ける日々。しかし・・・」羽生「今頑張っている自分のスケートが何か違うなっていう感じがちょっとしちゃってて、すごくなんか、まあ楽しくないなって思ったんですよね」くぅ~!胸が苦しくなる~!(でも本題は羽生選手の苦悩と苦闘のお話ではありません)「今年で21年目に入ろうとしている」という発言は映像から察するに、2月4日(火)、羽生選手がソウルに到着した夜のものですね。で、「今年で21年目に入ろうとしている」ということは、2020年2月4日時点ではフィギュアスケートを始めて20年目、と・・・。ホント?ここで『蒼い炎』をひもときますと、22ページに、「彼がスケートと出会ったのは1999年。4つ上の姉の背中を夢中で追いかけてばかりの、4歳の春のことだった」という記述があります。羽生選手は1994年12月7日生まれなので、4歳の春は1999年の4月頃でしょうか。で、2020年2月、羽生選手は現在25歳。ということは、2020年、25歳の春が来るとスケート人生丸21年となり、今年で・・・・・22年目に突入なんじゃ???なぜ羽生選手は「今年で21年目に入ろうとしている」って言ったのでしょうか?単なる計算ミス?それとも何か言えない事情がある?(私が計算ミスしてるってことはないですよね?)以前も私は同じ疑問を抱いたことがありまして、↓こんな記事を書きました。https://ameblo.jp/tawakenatsu/entry-12551621362.html羽生くんの『空白の1年』!?この時はCM製作のスタッフに、2004年10月の全日本ノービスで初優勝した頃の話を振られ、「じゃあ、5年やられて?」というスタッフさんの質問に、「4年半ぐらいですかね!」と羽生選手が答えたことに、計算が合わない・・・。スケート始めて5年半なんじゃ?どこかの期間で空白の1年があったのか?と、私は結論の出ない疑問を呈したのですが、(ホントただのファンが触れんでもいいことかもと思いつつ)またしても疑惑の目を向けてしまっております(笑)本来、羽生選手はとても数字に強いです。ご本人も理数系であることを自負してますし、たいていの試合で自分の演技がどのくらいの点数になるかは見当が付く人です。が、今シーズンはそういうプライドをことごとく打ち砕かれるような採点が続いていて、羽生選手も数字に対してちょっと混乱しているのでしょうかね?バラ1の得点が出る直前は、2020.2.10 フジ めざましテレビより画面撮り「Better than Pyeongchang !」って嬉しそうに言っていたのに、出された点数は111.82点。平昌五輪のバラ1(111.68点)よりわずか0.14点高かっただけでした。(羽生選手は112点は出ると思っていたのでは?)採点法が変わりましたし、ジャンプの配置も違うので単純比較はできませんが、それでもPCSが平昌48.50点だったのが、今回の四大陸は48.40点と下がったのは本当に解せません!あまりの衝撃ゆえか、ショート直後のインタビューでこのように訊かれると、2020.2.7 テレ朝 報道ステーションより画面撮り三田アナ「111.82という世界最高得点についてはいかがでしょうか?」羽生「!?・・・・・そうだったんですね・・・?」と、狐につままれたような表情を見せていました。(羽生選手が自分を見失うような採点をした罪深い人々よ、目覚めのいい朝を迎えていますか?)でもまあ、羽生選手は神の領域に達したお人なので、自分の完璧な四回転サルコウ(やトリプルアクセル)が満点評価でなくても、「評価していただけて大きな自信にもなりました」などと謙虚な?殊勝な?ことを言っちゃってましたね。(まじか?羽生くん、それ本心から言ってる?って私なんかは思いますけど、羽生くんがそう言うならそうなんでしょう・・・。それか羽生くんなりの嫌味だったのかな?)四大陸選手権に関してはまだ突っ込みたいことがあるのですが、羽生選手には前向きな気を送りたいので、心を整えて慎重に取り組みたいと思います。【おまけの超個人的感想】昨日は伊藤聡美さんの講座に行って来ました。内容はSNS禁止なので感想をひと言だけ。田中さんの「俺の可愛い結弦を見てくれ♡」とは対照的に、伊藤さんの衣装のお話はとても講座らしい講座でした。名古屋という土地柄に配慮されたわけではないとは思いますが、成分的にはちょっと・・・って思わないでもなかったかな。(ゴメン!所詮私は羽生ファンなの!)

  • 14Feb
    • 羽生くん、勘違いさせないでよ!(笑)

      ごめんなさい・・・。私が勝手に勘違いしたってだけの話です。m(__)m昨年あたりから認知の歪みが始まったかと真剣に怖くなっている私ですが、ここ最近特に理解力・読解力・集中力が弱くなっているみたいで、日常生活にいろいろポカミスが増えています。例えば、紫さんの飲み水を交換しようと流しへ器を持って行って、すぐ横に置いてあるゴミ箱に水をジャバーって捨てちゃったり、鼻をかんだティッシュをゴミ箱の横の洗濯カゴに放り込んじゃったり、シャンプー&コンディショナーを買ったつもりが、2つともシャンプーだったり、(子供の頃から神経質で慎重派でミスが少なかった)自分の身の上にこういうことが起きると、どんなに気を付けていても、気がゆるんでるとか、ボーっとしているとかの話ではなく、年齢とともにミスは出てきてしまうものなんだなと・・・。(これが老化というものか)アクセルとブレーキを踏み間違えるようなことは、誰にでも起こり得るんだなと改めて怖くなっている今日この頃です。あ、すみません、話がそれました。本題は、四大陸選手権の羽生選手のインタビューを聞いていた時のことです。2020.2.11 フジ めざましテレビより画面撮り四大陸選手権の初優勝について、「最後の最後にちゃんと、その、忘れ物じゃないですけど、なんかちゃんと取り切れたのはよかったなっていう、なんか何かしらの運命をちょっと感じてますね、はい」と答えた羽生選手。えっ!?羽生くん、今「最後の最後に」って言った!?最後って、この四大陸選手権が現役最後の試合って意味!?とうろたえる私。録画を戻してよくよく聞いたら、「四大陸ってもしかしたらオリンピックよりも先に獲るべきものかもしれなかった」のに、しかも「初めてシニアの主要国際試合でメダルを獲ったのが四大陸選手権」だったのに、“スーパースラムを達成する最後のタイトル6冠目が、この四大陸になってしまったね”という意味だったんですね。はぁ~、一瞬引退宣言かと思った私は、まじでどーかしてるわ・・・。でも私の頭は試合期間中に相当疲弊してたみたいで、↓この言葉にも壮大な勘違いを・・・。インタビュアーが「世界選手権でどんな自分を見せていただけるかなと」と意気込みを聞いたら、「なんか、とりあえず胸張れる終わり方をしたいなって思ってます」と・・・。この言葉を聞いて私は、やっぱり今シーズンで終わりなんだ・・・。モントリオールの世界選手権でやり切って、胸張って、引退なのか・・・。と勝手に思い込んでしまいました!でもたぶん羽生選手は、「“来月の世界選手権”の演技や結果が胸を張れるものになればいいな」とだけ言いたかったんですよね?いや、もちろん、羽生選手が納得して、満足して、やり切って引退するなら、それでいいと思ってますけどね。あとですね、スポニチさんの一問一答【羽生結弦、語る(5)】の中で、https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/02/09/kiji/20200209s00079000388000c.html――オリジン、オトナルに今、告げたいことは 「ありがとうって言いたいです。やっぱり、彼らがなければ。僕的にはあの2人はちょっと目上なんですよ。やっぱり、ささげている存在ですし、なんか追いかけるべきまだ背中でもあるので。あれを自分なりにまだコントロールしきれなかったっていうのは、やっぱ悔しい気持ちはあります。ただ、ま、オリジンに関してはものすごくメラメラしていると思うんですけど。ただ、まあ、彼らにはやっぱり、すごいいろんなことを学ばせていただいたし、まあ、それを1年半もかけるのかっていうことになると、うーん、どうなんだろうと自分でも思うんですけど、でも、やっぱり、あれを諦めないで追いかけ続けたからこそ、今のSEIMEIとかバラ1がやっぱりあると思うので」↑この発言の中の“あれ”は、オトナルとオリジンのことでしょうけど、私ははじめ“彼ら”も“あの2人”も、オトナル様とオリジン様のことを指しているのかな?って思っちゃいました。(“あの2人”はさすがにプルさんとジョニーさんのことかなとは思いますけど。けど“ちょっと目上”という言い方には引っかかりますね。ご本人達に対しては雲の上くらいの尊敬の気持ちがあると思うので、“ちょっと目上”はSEIMEIやバラ1に比べて、プログラムとしてオトナルとオリジンは目上って意味かな?とか。考え過ぎかな?)なにせバラ1とSEIMEIのことを“この子たち”と呼ぶ羽生さんなので・・・。ま、いいや。羽生選手が全てにリスペクトの気持ちを抱いていることに変わりはない。今は静かに蒼く燃えている羽生選手。四回転アクセルへの挑戦も、ネイサン・チェンとの対峙も、何がなんでも跳んでやる!勝ってやる!ではなくなったようですし、遠回りしたからこそ(?)見えた自分なりの道を信じて、自分らしいフィギュアスケートを信じて進んで行ってください!私は自分の認知機能を疑いつつ、静かに慎重に暮らして行きまーす!「なつさん、最近ブログ内容がおかしいよね」とお感じになられた方がいらっしゃいましたら、こっそりやさしくご指摘していただけると有り難いです。m(__)m

  • 12Feb
    • NHKさん、ちょっといいですか?

      今日、姉(三姉妹の次女)から電話があり、衝撃の発言が・・・!主な用件は実家方面の話だったんですが、ひとしきり話をしたあと、「羽生くん、優勝したね。おめでとう。この先まだ試合あるの?」と言ってきたので、四大陸選手権とスーパースラムについて簡単に説明をし、そして最も大事な世界選手権が来月開催されることを話しました。姉はNHKのニュースはわりと熱心に見ているので、選手の名前と試合結果はだいたい把握しているのですが、フィギュアに関しては“テレビでやっていれば見る程度”なので、深い知識はありません。「今回はネイサンや宇野くんが出てなかったから、まあ優勝を逃すことはないとは思ってたんだけど、ホント勝ててよかったよ~」と私が言うと、「そうだよね~。あんなに2回も3回も転んじゃっても優勝だもんね~」と姉。!!!!!!!はいぃぃぃ!?1回しか転んでないんですけどぉ!!なんでも「NHKのニュースでは何度も転んだシーンを見た気がする」と姉が言うではありませんか!実は私、今回の四大陸のニュースはフジテレビや他の民放を中心に録画していて、NHKは2月9日の『サンデースポーツ2020』しか録ってなかったんですよね。しかも編集するときにザッと見ただけで、あんまり内容までチェックしてなかったのでわからなかったのですが、さっき改めて見てみたら、けっこうネガティブな報道の仕方でしたね。<ナレーションの一部抜粋>「羽生はショートプログラムで世界最高得点を更新してフリーに臨みました平昌オリンピックのSEIMEI冒頭はオリンピックで取り入れなかった四回転ルッツ大きくバランスを崩します(ステップアウトして手をついた4Lzの映像)さらに後半の四回転トーループ(転倒シーン)今日は3つの四回転ジャンプを失敗しましたそれでも最後のトリプルアクセルからの連続ジャンプは成功(他のジャンプもすんごい良かったんですけどーーー!!)金メダルを獲得したプログラムでミスが続いたものの、なんとか踏ん張り初優勝を果たしました」抜粋以上・・・・・これ見せられたら、そりゃあ「3回くらい転んだのね」と姉が思っても不思議じゃないですね。・・・ったく。胡散臭い週刊誌のガセネタなんかは、もうある意味、誰も信じないでしょうけど、天下のNHK様の印象操作には、善良なる国民はコロッと騙されちゃうかもしれませんね。スタジオにいる副島さんと大越さんは、「これで羽生選手はオリンピック、世界選手権、グランプリファイナルなど、主要な国際大会を全て制しました。ホントに歴史を作っている選手ですよね」「さすが羽生結弦というところですね」と偉業を称えてはいましたが、“スーパースラム”という表現は一切出さず、でした。NHKは何か独自の放送用語規定があるからなんでしょうかね?2020.2.9 NHKサンデースポーツ2020より画面撮り大河ドラマの裏で快挙とか何してくれるねん!ってことでしょうか?視聴率もねえ、羽生くんの勝利でしたもんねえ。羽生選手の初優勝報道のあとには、鍵山選手が3位になったことも報じていて、それも快挙なので当然健闘を称えられるべきニュースなんですけど、ナント!番組の最後にもう一度鍵山くんの映像を出してきて、大越「優勝は羽生選手でしたけれど、こちらの16歳も注目です。華麗でしたよね!こちらの方でも新星が、新しい星が登場しました。楽しみです」と激推しでしたね!(この日のサンスポは東京五輪競技の新星特集だったのかな?)大越さんが「華麗でしたよね!」と言った時、女性の声で「うーーーん」という合いの手がありましたけど、なんか(同意しかねる)って感じに聞こえました、私には。副島さんはずっとクラシックバレエを習ってたそうですし、畠山さんは新体操の選手でしたから“華麗な演技”がどんなものかはよくご存じですもんね。(嫌味ばっかりでごめんね!)NHKさんは、NHK杯のあとの『ニュースウオッチ9』でもやらかしていたので、これからも要注意でしょうか?(笑)一橋アナが“観客からの羽生選手への期待と重圧”の大きさを感じた話。2019.11.25 NHK ニュースウオッチ9より画面撮り2位に30点近い差をつけたにもかかわらず、すぐに歓声が上がりませんでした。私、一橋アナのことはけっこう好きなんですけどね。NHKで一番好きなのは船岡アナです。熱苦しくない実況がいいです。羽生選手が私たちの期待を裏切ったなんてことは有り得ません!観客がため息を漏らした理由は、“演技内容に見合わない低い得点だったから”なんですよー!羽生選手本人だってそんなことはわかっているんでしょうけど、一橋アナに「あれだけの点数出したのに観客からため息が出たのを見てびっくりしたんですけど」なんて言われたら、「ちょっとね、僕自身がみなさんの期待を裏切ってしまったかなと思ってますけど・・・」って言うしかなかったかもですね・・・。(仮面を被って本音を隠す、それも王者か)はあ~、切ない。姉の話に戻りますけど、今日の電話でいいことも言ってくれてましたよ!「羽生くん、またオリンピックのプログラムやるんだね。そういうやり方も面白いね!いいと思うよ!」ですって!先週会った長女の方も、「コンサートだって、いつものあの曲歌ってー!って思うんだから、スケートも何度でも見たいやつあるよね!?」って言ってました。お姉ちゃん、そうだよねー!良いものは何度見てもよい!語り継がれる名作ってあるもんね!って思いました。

  • 10Feb
    • やっぱり優勝はいいねえ。

      羽生結弦選手四大陸選手権優勝おめでとうございます!スーパースラム達成おめでとうございます!ついに、ついに、この日が来ましたね!(って、羽生選手はスーパースラムをスケート人生の目標にしていたとは思いませんがw)羽生選手の理想とするフィギュアスケートを演じての優勝。とても意義深いものだと思います。「評価されないとしたら、もうしょうがない。劣っていると思われてしまうのであれば、それが自分の実力」?????平昌五輪まで羽生結弦の演技こそ至宝という評価をしてきた人たち!彼にこんなことを言わせてどう思ってるのかな?それでも割り切って、技術と音楽が融合した演技を突き詰めて行く羽生選手のことを、切なく、愛しく、思います。四回転はなくても美しいジェイソンの演技が認められたこと。ジュニアでも、凡庸でも、若い勢いってすごいなって思ったこと。(ユ・ヨンと違って)ジュンファンには地元のアドバンテージが効かなかったのはなんでだろう?と疑問に思ったこと。新SEIMEIの髪型と新衣装のそで丈が気になったこと。言い出したらキリがないですけど、それはおいおい突っ込むとして・・・w昨日はフジの地上波が生中継ではなかったので、昼からネットもテレビも全ての情報をシャットアウトして、ドキドキしながら夜を待ちました。13時半もう会場入りしたかな?14時半6分間練習うまくいったかな?15時さあ!新生SEIMEIで勝負だ!納得の演技が出来ますように・・・。納得の点数が出ますように・・・。15時半もう全ての結果が出てるよね。ネットの中では喜びの涙が溢れているのかな?何もトラブルなく終わったかな?(表彰台の真ん中で微笑んでいる羽生選手をイメージ)16時17時18時19時エキシは何をやるんだろう?そんなことをいろいろ考えながら今まででいちばん緊張した時間を過ごしました。少しミスのあった演技でも、GOEやPCSに疑問がいっぱいあっても、(バラ1なんか満点でいいのに!)それでも優勝っていいなって心の底から思いました。ボストンとか、昨年のGPFとか全日本とか、本音を言えば、たとえどんな演技になっても、私は羽生選手に優勝して欲しかったんだと改めて思ったんです。今回プログラムをバラ1とSEIMEIに変更して、フィギュアスケートってこういうものだよね。羽生結弦のフィギュアスケートってこういうものだよね。と思ってもらいたい。そう自分を貫いた羽生選手。(それがどれほどの思いなのか。未来のスケート界よ、わかっているのか?)次はモントリオールでの世界選手権です。今シーズンはスケートカナダでも優勝しましたし、四大陸もついに優勝して、ひとつひとつジンクスを晴らして行ってるってご本人も言っていたので、カナダ(北米)での世界選手権もきっと優勝ですね!ちょっと体を休めて、そしてまた練習がんばってね!

  • 07Feb
    • 名古屋の羽生ファンも晴明さまにすがります。

      ちょうど二か月前、昨年の12月7日に名古屋の晴明神社にお参りに行っていた私。祈祷班と思われるマダムの後ろ姿(私ではありません)羽生選手のお誕生日であり、トリノGPFフリーの日、他に行くべき神社はあったのかもしれませんが、私は晴明さまにおすがりに参りました。ここを訪れるのは二度目で、初めて参拝したのは平昌五輪のショートの日でした。完璧な『バラード第1番』を見届けて、あと私に出来ることは晴明さまに祈ることだけと、いわゆる神頼みに行ったのです。ああ、名古屋に晴明神社があって良かった・・・。そして平昌で舞った全身全霊の『SEIMEI』、その結果の金メダル。晴明さまには感謝してもしきれない!と、ここ一番のファイナル・フリーの前にまたしても神頼みしちゃったんです!(演目はOriginでしたけどねw)ファイナルの結果は望んだものではなかったですが、たぶん晴明さまの本領が発揮されるのは今なんでしょう!(と都合のよい解釈をしておきますw)晴明神社では昔、この足形が描かれた板の上を呪文を唱えながら歩く悪霊退治の神事が行われていたそうです。晴明占いの由来となった神事らしいです。(私はこの板の上を歩くイメトレをしておきます!)2015.11.28 NHK杯私が堕ちた晴明さますべての邪気を祓って!まずはショート頑張ってね!