辰春雑談~令和の浮世絵師・八十余州名所図会

辰春雑談~令和の浮世絵師・八十余州名所図会

「令和の広重」新浮世絵師・岡本辰春の日記 http://www.tatuharu.com

大変久しぶりのブログアップになってしまいました。本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

「三条御池」交差点。

 

実在するんです。多くの京都人たちには、あり得ない!って言われるくらいのレアな交差点。

京都の町は碁盤の目になっており、その交差点名は「四条烏丸」など、東西と南北の通り名を合わせた名称にすることが常識となっていますが、

三条通りと御池通りはどちらも東西に走る通り。常識としてはありえません。

しかし三条通りは西の果てで北向きに曲がっており、御池通りと交差するポイントが出来たというわけでした。

 

私も60年近く京都に住んでいて、初めて知りました。新発見です。

昭和60年頃の大内宿を描いた自作品です。

 

令和の世になり、久しぶりに訪れた大内宿の、

作品とほぼ同じアングルで撮った写真です。

電柱が撤去され、茅葺き屋根が復興整備されています。

 

会津大内宿、昭和と令和の風景でした。

 

 

2010年の管理サイト閉鎖による「新浮世絵本舗」閉店以来、10年ぶりに作品の販売サイトを開設しました。

 

取扱作品は Popular Edition です。

Popular Edition につきましては以下のページを参照にして下さい。

 

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。