古畑 時雄(Tokio Furuhata)のブログ

古畑 時雄(Tokio Furuhata)のブログ

【尚賢・兼愛・非攻・節用・節葬・非楽・非命】

心理カウンセラー(スピリチュアルケアカウンセラー)のブログです。
「哲学」「スピリチュアルケア」「心理学」のスキルを使って書きます。

六月の第三日曜日はね 父の日なんだよね
だから僕は父の日のさ プレゼントをどうするか考えたんだ

物をあげるのもね なんだか違うような気がしてさ
家族みんなでね 食事会をすることにしたんだよ

外食もいいけど 家でくつろぎながらの食事もいいよね
久しぶりにさ 手巻き寿司なんかどうだろう

そう思いながらね 三世代で食卓を囲んでさ
お寿司を頬張りながらね 父の日のプレゼントとしたんだよ

そしてさ僕もね ビールをプレゼントして貰ったんだ
日頃の感謝のプレゼントにさ 正解不正解はないと思うんだ

一番大切なのはさ 気持ちが伝わる事だと思うから

雨の降り続く中さ 傘を刺して今日もお出かけさ

空を見上げるとね ポツポツと雨が降っている


今朝も憂鬱な雨がさ 降り続く梅雨の一日の始まり

青い傘を刺してね 僕は急いで会社に向かおう


ワイシャツの袖を捲ってさ ズボンの裾も雨で濡れないよう

ムシムシとした蒸し暑いね 湿度と汗を拭いながら


道の途中の水たまりをさ 僕はスキップして避けるんだ

失敗しないようにね ステップ踏んでさ


いちにのさーんで 着地成功気分上々

今日も一日頑張るぞって 行きますか


雨も止んで 気分は晴れやかに

紫陽花の花のね 蕾も膨らんでさ
どんな色の花を 咲かせるんだろう

この梅雨の時期を迎えると 憂鬱なんだよね
それとは対照的にね 色鮮やかな紫陽花の花が咲くよね

雨降りのはっきりしないね 天気が続くけどさ
気持ちを切り替えてさ 恵みの雨にしたいよね

だって僕たちの生活に水はさ 欠かせないのだから
それに雨降って地固まるともさ 言ったりするよね

そんな梅雨の時期をさ 乗り越えてやって来るのがね
夏の到来でさ 待ち遠しいんじゃないかな

だから梅雨の時期はさ 家の中で本を読んだり趣味に没頭したりしてさ
有意義な時間をさ 過ごしたいと思っているんだよ

そして夏に向けてさ 心の準備もしてね
外にお出掛けしてね 見ようじゃないか

そう僕は思いながらさ 梅雨明けを今から楽しみにしているんだよ

今月はさ ジューンブライドの月だよね
確か結婚式を挙げたのは 二十数年前の話か

その当時はね 子供もまだ生まれていなくてさ
どんな結婚生活をさ 夢見てたんだろう

そして長男が生まれ 次に長女が生まれた
家族が増えて 四人家族となったよね

結婚式を挙げたホテルにはさ 記念日の日に食事しに行ったよね
でもさ子供が大きくなってね 最近はホテルに行っていないよね

だから今度の週末はね レストランに予約を入れてさ
家族四人で結婚記念日を ホテルでお祝いするんだよ

子供達からサプライズなんか あるんだろうか
あまり期待しないで 楽しみにしておこう

子供達も成長してさ 今度は君達の結婚式が楽しみなんだ

鏡よ鏡 世界で一番美しいひとになあれ
そう唱えている ひとは何人いるだろうか

鏡の前の自分を観て 誰もが自分の姿に失望落胆する
近頃のご時世 ルッキズムと言うやつでさ

顔や姿のね 第一主義の時代と来たもんだ
それに清潔感て 何なんやねん

人間なんだから 人間味が欲しいよね
僕たちは機械やロボットじゃない ただの人間さ

人間なら中身で勝負して 人情を大切にしろよな
性格美人は顔に出るぞ 外見だけで誤魔化すな

人望があるひとは 顔にも現れて来るんじゃないかな
若いうちはイケメンでも 歳を取ったらイケオジとは限らないぞ

性格曲がったら 顔も曲がり出す
だから人格高めて 人間性を磨きなさい

そう言う僕の顔を 君達は知りたいかな