本日は鈴木史郎先生の講演会を聞いてきました。

Today I asked Shiro Suzuki 's lecture.

 

知っている人はご長寿早押しクイズとか若者の間ではバイオハザードのゲームが上手いことでも有名な方です。

Famous for hosting an elderly quiz show and He is a famous player of the biohazard game.

 

そんなテレビで有名な元ニュースアナウンサーです。

It is a former news announcer that is famous for TV.

 

TBSに勤めていた時代は大変苦労をされたようで、どうやら干されるかたちで退職を迎えたようです。

He had a hard time at TBS.He seems to have retired with the feeling that it will be abandoned.

 

TBSといえば知る人は知る通りの偏向報道を行うテレビ局で有名な会社です。

TBS is a television station reporting disadvantageous to Japan.

 

上層部やデスクに元全共連の人たちが入り込んでいるそうです。

Communists are entering the upper level and desk work.

 

どうやら報道を支配すれば日本を弱体化できると考えているようです。

There are bad people who think that Japan can be weakened if dominating the press.

 

鈴木史郎先生はその考え方の違いでよく反発をしていたそうです。

Shiro Suzuki was well rebelling because of its different way of thinking.

 

そこで南京大虐殺なんてものは朝日新聞の羽仁五郎という男が模造した歴史だと証言しておりました。

The Nanjing massacre was a testimony that the man named Hani Goro of the Asahi Newspaper imitated it.

 

その記事を見て中国人が騒ぎ立ててたようです。

Chinese people built up the imitation history by looking at the article.

 

これが南京での歴史事実ということでビデオ公開して鈴木史郎先生が語っておられました。

This is a historical fact in Nanjing.Modern Chinese are only liars.

https://youtu.be/Vi6F1YJ-q64

 

日本兵は街で虐殺なんてすることはなく街の整備や掃除を行なっておりました。

Japanese soldiers never slaughtered the city.They are had maintenance of the city and cleaning.

 

ユネスコ記憶遺産登録なんてことをされてしまいましたがあれもレイエドモンドソンという共産主義者がいたから登録されたとのことです。

But It was registered as a UNESCO Memorial Heritage Site.It is said that it was registered because there was a communist named Ray Edmundson.

 

私は日本の学校教育に疑問を抱えており質問用紙にその旨を記載したらなんとお答えしてくださいました。

I have doubts about school education in Japan and I made a statement to that effect on the questionnaire.Then Shiro Suzuki answered about the matter.

 

学校の教科書に乃木将軍や東郷元帥のことを載せるべきである。彼らは偉大な日本人でした。

It should put Maresuke Nogi and Heihachiro Togo in school textbooks.They were a great Japanese.

 

また私たちが日本にできることに関してですが報道の嘘とか何かを馬鹿にする記事ではなく、日本の未来についてこうすれば明るくなるという方向に目を向けるべきであると仰っておりました。

Regarding what we can do in Japan, we was told that we should focus on the future of Japan rather than a stupid article about the lies of coverage or something, so we should look at the direction of becoming brighter.

 

講演会の途中で鈴木史郎先生はこの歌を披露されました。

Shiro Suzuki delivered this song on the way of the lecture.

https://youtu.be/dk5mZzFaF2g

 

日本人として未来を考えるのであれば多少の痛みを伴おうとも挑む覚悟が必要であるとのことです。

If you think about the future of Japan it is necessary to be prepared to challenge with some pain.

 

時に日本人として明るい未来を考えてみましょう。

Let's think about the bright future as Japanese people.