どんな時も、いつも上機嫌!

どんな時も、いつも上機嫌!

徒然なるブログです

№3617

先日、息子の通う中学校へ所用で向かっていた時に信号待ちをしながら

道路の向こう側に見えるお寺の外壁の掲示板に、説教が書かれていました。

 

=============================================================

働いて楽しみを得よう

坂道を登る時は苦しいが 峠に登り着いた時は実に爽快である

苦労の中から楽しみは生まれて来る

働く中から楽しみは沸いて来る

働いて働いて楽しみを得よう

伸び行く喜び 発展の楽しさを思い

苦労にも喜んで進もうではないか

働く中から目に見えぬ報酬が得られるのだ

これが善根功徳なのだ

成功者といわれる人はよく働いた人である

==============================================================

 

なるほど、働く中から楽しみを得るとは正に私たちが日頃伝えている、職場の可能性の話と同じだと感じいりました。職場では、もちろんお金を手に入れることが出来るのですが、それだけが職場の価値、可能性ではありません。一緒に働く人の中から友達ができ、目標に出会い、成長を手に入れ。やったぁ!という達成感や人の役に立つという充実感を得ることができるのが職場であり、仕事なんだということです。

 

そして最後の一文が最も肚におちました。「成功者といわれる人はよく働いた人である」言われてみれば、そりゃそうだって感じですが、私たちは今一度この根本原理をキチンと意識しなければならないのかもしれません。

 

勉強をしてバカになる人はいません。

同じ様に、よく働いて貧しくなる人もいません。

 

働いて楽しみを得ることが出来るか否かに、職業の貴賤はありません。つまり、この仕事だから楽しい、この仕事だから楽しくないということは、ありえないのです。今の環境や仕事、職場に楽しみを見出せる人と、そうでない人がいるだけです。楽しみを見出せる人は、どこにいっても楽しみを見出します。一方で、楽しみを見出せない人は、どこで誰とどんな仕事をしたとしても、楽しみは見出せません。ぜひ、今自分に与えられている仕事に楽しみを見出して、職場から楽しみを得たいものですね。

 

 

ほな、上機嫌でパー

№3616

暑い夏の連休も今日が最終日。当社FE事業部の夏季連休工期も無事に締まりました。ありがとうございます。FE事業部というのは、ファーネスエンジニア事業部の略で、主に製鐵メーカーさんや鋳物メーカーさん等にある、鉄を溶かす大型の炉の補修やリライニング工事を請け負う部門で、当社の創業事業です。普段の工事もあるのですが、大型連休中は大手メーカー各社の生産が止まるので、その間に炉のメンテナンス工事が集中します。よってGW、お盆、年末年始の大型連休は、当社FE事業部は大忙しになります。特に、工場内で非常に熱い熱間作業であるうえ気温も上がる夏季連休は準備から当日のサポート体制に至るまで全社かなり緊張感のあるオペレーションになります。

 

早朝から、多くの職人さんやスタッフさんが集まってきてます。現場ごとに体調確認と安全ミーティングを行い、夏季連休工期限定で朝現場に向かう前に塩の効いたおにぎりと味噌汁を必ず食べてもらうために準備します。現場の諸道具のほかにクーラーボックスと大きな板氷、アクエリアスなどの飲料、それに塩飴やカリカリ梅など塩分をとれるものを準備し、さらに営業メンバー数人が不測の事態に備えてオフィスで待機態勢をとります。なんたって、普段は鉄やアルミがグツグツ液状で煮えたぎっている溶解炉や高炉のメンテナンス作業ですから、熱いし危険です。

 


僕も学生時代からよく現場で職人さんに鍛えてもらいました。炉の解体からレンガ積みまで全身汗まみれで真っ黒になりながらしっかり仕込んでいただきました。グツグツ煮えたぎる炉を停止し、溶けた液状の鉄を抜き、内側の炉壁に残ったまま固まった鉄をはつり取り、または炉を解体して補修。レンガを積んで再築炉。最後に火入れをしていく。超大まかにいえばこういった流れの工事を請負うわけですが、暑い時期に熱くて危険な作業です。熱中症や労災事故を出しはなりません。なので毎回連休工期中は安全パトロールと称して請け負っている現場に足を運ぶのですが、職人さん・スタッフさんが現場で頑張っている姿を見ると、コレ本当に格好良い!!惚れ惚れします。

そんな夏季連休工期中のある朝、職人さんたちが現場へ向かう前の安全ミーティングをしていた時に当社エントランスの花壇の花が鮮やかに咲き乱れているのに気が付きました。ガテン系の真っ黒に汚れる仕事に向かう職人さんたちを迎え入れ、送り出すエントランス横に綺麗な花を置く、手入れして咲かせる姿に当社の理念を感じました。ありがたいですね。人材派遣事業も、キャリア教育事業も、築炉請負工事事業も、不動産開発賃貸事業も、起業家育成投資事業も、当社の全ての事業の根本、理念の真髄がこの花壇からにじみ出ていると感じた真夏の朝でした。感謝。

 

 

ほな、上機嫌でパー

№3615

息子と二人で車で走っていてコンビニの前を通った時、唐突に息子が「ねぇ、コンビニとかってものを仕入れたら幾らか儲けをのせて売っているんだよね」と。ほほーう、なかなか鋭いことを訊いてくると思い「そうだよ」と答えたら、「じゃあ、うまい棒って本当は幾らなんだろう8円とか?7円とか?」と。ふむ。良い視点だね。そこで、じゃあペットボトルのお茶はどうだろう?って話に。

 

コンビニで売っているペットボトル入りのお茶。そのお茶を僕たちがコンビニのレジで140円払って、手に入れ、のどを潤すまでに、どれほどの仕事が関わっていて、どれほどの人が関わっているのか想像してみるといい。

 

お茶農家さんにはじまり、飼料メーカー、農機具メーカー、パッケージのデザイナー、イラストレーター、印刷会社、飲料メーカーの製造社員さん、飲料メーカーの営業マン、CMクリエーター、タレント事務所、作曲家、俳優、演奏家、広告代理店、カメラマン、ペットボトル容器メーカー、運送業者、ドライバーさん、トラックの製造メーカー、トラックの販売会社、信号機メーカー、コンビニエンスストアの店員さん、コンビニの制服製造メーカー、レジの製造メーカー、POSシステムの開発業者、ソフトウェア会社、プログラマー、システムエンジニア、それら各会社・メーカーの税理士、弁護士、融資をしていいる銀行、ビルの管理人、造幣局の職員、、、etc

 

挙げだしたらキリがありません。無限に挙げることが出来ます。

 

僕たちがコンビニで140円のペットボトル入りのお茶を購入するというだけの行為に対して、これだけ多くのお仕事が、人が関わっているのです。で、冒頭の「本当は幾らなんだろう??」って息子の質問(この質問には、えぇーー本当は7円とか8円なのにコンビニは10円で売ってるのーーーー!という批判めいたニュアンスが匂っていました)に、「そう考えると、うまい棒の10円って価格どう思う??」と質問返しをしたら、、、

 

「安っ!うまい棒安すぎー!大丈夫!?」と。

 

このお話は、私が高校生や就活を控えた大学生にキャリア教育の講座や講演を頼まれた際に必ずしている話です。高校生には、大きなチャート紙の真ん中にポンっと1本ペットボトルのお茶を置いてその周りにマジックで、思いつくままに記入してもらいます。たいてい書き入れなくなります。

 

 

某缶コーヒーのCMではありませんが、私たちの日常は、常にだれかの仕事で出来ています。とある自動車メーカーの幹部は某フラッグシップカーの原価を尋ねられた時に「原価でほしけりゃ自分で作れ」と答えたとか...そりゃそーだ。まぁそこまでは言いませんが、やはり自分の日常が、常に多くの人の仕事の結果で成り立っているというのは、絶対に!肝に銘じておいたほうが良い。

 

 

結局、同じ価格や値段に接するんですから

何か損をしているんじゃないかと思いながら生きるより

ありがたいなぁと思いながら生きていくほうが、幸せです。

 

損も得も同じこと。自分しだい。

爽やかに活き活き生きたいものです。

 

 

ほな、上機嫌でパー

№3614

 

創業時の本社社屋

貸店舗を2店舗分お借りしただけの小さな事務所でした

 

二代目本社社屋

ガソリンスタンドの跡地を居抜きでお借りした事務所でした

 

現在(三代目)の本社社屋「田園オフィス」

ふっと、先人の努力奮闘に感謝を感じます。

今、自分の目の前にある壁を、乗り越えてきた先人たちがいるということ。

そして今、舞台に立っているのは、今のメンバー自身であること。

 

「好景気よし、不景気なおよし」とは経営の神様と言われた松下幸之助翁の言葉です。

普段の差が、露わになるのが不景気時期の特徴です。

先人や私たちの過ごしてきた質実剛健な「普段」、日々丁寧に、大切にして過ごしてきた「普段」が

今の自分たちの環境を作っています。感謝です。

 

私たちの行動指針である三指針

・協働の自発性/・自主自立/・自考自燃を胸に

このコロナ禍、しっかりと笑いながら、しっかりと戦って参りましょう。

 

 

 

ほな、上機嫌でパー

本日より新年度!30期に入りました。ありがとうございます。

 

ある「企業の寿命調査」によると、起業して10年後に残っている企業は僅かに6%。30年以上続く確率は1%以下だといわれています。そんな中、30期を迎えられたことは、ひとえに弊社に関わっていただいた全ての皆様のおかげにほかなりません。お客様、仕入れ・取引先様、地域の皆さん、起業時の株主の方、あらゆる勉強会でご一緒していただいた皆様、そして何より歴代の多くの社員さん達と弊社をご利用下さる求職者、スタッフさん皆さんのおかげです。ありがとうございます。時勢柄派手な節目の会の様な催しは慎ませていただきますが、何らかのカタチで感謝をお伝えできればと思っています。

 

私たちの取り組んでいる社会課題は、「ハタラク」の価値向上です。企業理念「働く人の笑顔創り」が示しているように、ハタラクを通して、働く「人」一人ひとりに自信を手にして貰うこと。一人ひとりのエンプロアビリティ(雇用される能力)の向上、一人ひとりのモラール(勤労意欲)の向上に向けて、やり場作りと、やる気の喚起をしていくことです。これからも変わらず理念至上主義を貫き、この社会課題に取り組み続けていまいります。

 

これまでの10年は「強くて良い」をベーステーマにしてきました。今日からの10年は「より強くより良く、より豊かに」。人材サービス企業として、より豊かな人をどんどん増やしていきます。引き続きご指導ご鞭撻をお願いいたします。

 

 

感謝多謝!

№3612

緊急事態宣言が解除され県をまたぐ移動が緩和されましたが、実際のお仕事の最前線では、まだまだ新型コロナウィルスの影響が強くでています。この先もまだ暫くの間はこの影響を受け続けることになるでしょう。私たちは私たちに出来ることを精一杯進めていくしかありません。「コロナのせいでダメになった」こんなのは誰でも言えます。「コロナのタイミングで私たちは強くなった。仕組みが変わった。こう変革した。成長した。」と言える’今’を過ごすコト、その意識を持ち続けること、行動を変えていくコトが大切なんだと教えていただきました。

 

私たちとしても、3月から早々に休業されるスタッフさんに対する休業補償を法定(60%)以上の割合でお支払いすることを決めて対応させていただいたり、同じく休業や満了を迎えてしまうスタッフさんで社宅や寮に入居の方の家賃を無料にしたりと、まずは雇用の維持やスタッフさんの環境維持に向けた意思決定をしました。また、ウィズコロナ・アフターコロナを見越して、コーディネーターとオンラインで面談できる仕組みや会社として提供しているサービスを動画でキャッチアップしていただけるような仕組みも整えました。そして、少しでも多くのスタッフさんに、次なる職場、就労場所を提供できるよう全社挙げての営業活動の強化もモチロン行っています。部門部署を超えて全社員での新規営業強化です。

 

私たちは普段から、「石の上にも三年をギフトしよう」と、全国の派遣会社に先駆けて15年近く前から無料有償で安衛会キャリアアップイベントの毎月開催や、無料で受講できる資格講習、年間優秀スタッフさんの表彰式典など、あらゆる点でスタッフサポートを行ってきました。それは【自分自身のために、自分に今、与えられている仕事を大切に、丁寧に扱いなさい。】という願いにも近い思いです。そして石の上にも三年で頑張ってくれ就業した先には「バイバイみやこ」といって、クライアント先企業へ正社員として採用され、弊社を卒業していっていただくよう支援をしてきました。

 

今回もそうですが、過去のリーマンショックや大震災時など、大きなリセッションのタイミングでは社会全般から仕事の量が減ってしまうものです。こればかりはどう抗っても抗いきれません。世の中から仕事がガタンと減ってしまったとして、ではその仕事、職場で就業している全ての方が全員いっぺんに仕事を失うかといえば、実はそうではありません。通常時や好景気の時の日頃の仕事への関わり方、意識によって、リセッション期に仕事を失くす方とそうではない方に分けられてしまうものです。

 

何もムズかしい技能や学歴が必要だということではありません。ちゃんと時間を守って遅刻しない、急な欠勤で職場の周囲の方に迷惑をかけないよう体調管理に責任をもつ、大きな声ではっきりと挨拶返事をきちんとする。作業着や保護具を大切に清潔に扱う。職場の清掃や整理整頓に気を配る。KYTや資格講習など仕事や職場に関わるコトに積極的に参加する等々。そんな日頃の小さな差の積み重ねが、リセッション期には大きな差になって自分に返ってきます。だから私たちは、普段から口うるさくこのようなコトを言わせていただいてきたのです。普段から、勉強癖をつけてもらおうとあらゆる機会を提供し続けているのです。

 

まだまだ世界中でコロナの影響が治まらない、それどころかこれから先、もっと本格的に私たちの生活に大きくネガティブな影響が出始めてくる可能性のほうが大きいのですが、私たちは、今この与えられた環境で最善を尽くしていくしかありません。誰かや何かに不平不満を言ったり愚痴ってみたところで、何も良くならないし、それによって幸せになることもありません。不安をイラ立ちに変えるのではなく、危機感に変え、行動を変えていく。真剣に考えて、真剣に行動する。それしかありません。

 

 

リーマンショックの時に社員、スタッフさん皆でよく言っていた言葉があります。それは

「一人の百歩より、百人の一歩。」

という言葉です。立ち位置、役割、キャリアは人それぞれだけれど、それぞれのメンバーがそれぞれの力量の中で、内向きに目を向ることなく、前進方向に向かってしっかりとファイティングポーズを作り続けること。それが今、一番大切なコトではないだろうか。

 

 

 

ほな、上機嫌でパー

№3611

世界を拡げろ。

今、自分の興味の幅を拡げない奴はヤバい。

今までのレベルの自分の興味のあるSNSのアカウントばかりフォローして

そのSNSやYouTubeばかりに時間を奪われてると

それがその人の世界の範囲になる。ヤバい。

 

不況、不景気、リセッション期は勉強をする時期。

自分自身に勉強癖、読書癖をギフトする時期。

 

一冊の本に手を伸ばしてみろ。

 

読んだ本の冊数の差が

その後の可能性の差になるよ。

 

多読、乱読してみる時期だ。

 

目線を上に向ける。あらゆる価値観に触れる。考えかたの違う二つの意見の両方に賛成してみる。

物語の中の人物に自己投影してみる。知らなかったモノの見方を知る。視界がひらける。

 

人生の可能性が拓ける。

 

 

 

ほな、上機嫌でパー

№3610

当社も完全に非常事態モード。

 

ネガティブな情報や軽微な変化はあるけどB2Bだから今はまだ困ってはいない。

数週間後から数か月後へ向けて明らかに大きな変化がくることは決定している。

困ってから準備しても間に合わない。

今、しっかり準備して体制を整えて、何がやってきてもウェルカムと笑いながら戦う。

 

経済と経営は別モノ。

 

これ、経済と企業経営は別モノという意味で使われますが

この言葉で使う「経営」には、家庭経営も自分経営も含まれます。

 

会社も個人も同じ

何かが始まったら頑張るとか、何かが起こってから対応するとか準備するとかでは生き残れない。

普段の「普通レベル」の質を高めて、普段から積み重ねておくこと。

幸運は準備をしていないものには微笑みません。

 

 

新型肺炎という人類にとって未知のウィルスの影響で

毎日毎朝、具体的でネガティブな情報が入ってくるけど

今日社員さんに伝えたことは「シリアスな顔して戦わない」こと。

準備して体制を整えて、笑顔で戦う。

 

 

ほな、上機嫌でパー

№3609

言葉が数字を作るのではない。

強い数字が、強い言葉を作るんや!

 

渋沢栄一翁は「右手に論語、左手にソロバン」という言葉を遺されました

たいていの人は論語だけ、口だけ。数字がない。

どっちもでなければならない。

どっちもでなければ、結果をよう作らんし

人を育てることもできない。

 

強い数字は強い言葉を引っ張る

「俺たちは、俺たちのチームは、なぜこれをやるのか!」と。

 

論語も、ソロバンも。

 

(お師匠さんの言葉より)

 

ほな、上機嫌でパー

№3608
昨年の2月に紹介した友人の動画。再掲。


これね、GGRKSが出来ないと何がヤバいかっていうとね、分からないことや知らないこと(ってコトにすら気付かない場合も多いんだけど)に出会ったときに、不安や恐怖心に駆られたり、その感情が源泉になって他人や周囲や与えられている環境に対して攻撃的になったりね。そうなるパターンの多くは、"今の”「自分が持っている知識の中でしか物事を判断できない」という厄介な病に侵されることです。

もう一度書きます。
「自分が持っている知識の中でしか物事を判断できない」という病です。


ソクラテスの言葉で無知の知といいますが、まず「知らないということを、知る」ことが大切。つまり、わかることはわかるでいいのですが、わかってもいないことを、それまでの自分の知識の中だけで判断して、わかると思うことがヤバいのです。

わかることは、わかる。
知っていることは、知っている。
わからないことは、わからない。
知らないことは、知らないのです。

私のお師匠さんの一人に某一部上場企業の元会長を務められた方がいます。その方に色々なお話を伺うのですが、輪廻転生について、「俺は山ほどの本を読んで、有名なお坊さんのところにも何度も足を運んで、輪廻転生ってコトについて色々勉強した。その結果、輪廻転生ってことがあるのか、ないのか。俺には結局わからなかった」といいます。もともと理工学部出身のバリバリの理系人のこの方が、調べても調べても、科学的な根拠がない。何を言われても論破できる。でも否定はしないんです。「輪廻転生なんて無い」とはいわない、勉強したけど「わからない」のだと。。。


大切な成長ポイント。
ってことで、
まずは、GGRKSができないと相手にされません。


ほな、上機嫌でパー