ご無沙汰のブログ。

なんかね。
近々の芸能のお仕事の報告もなかなかないし、
も少しブログをラフに書いてみることにしました。

更新頻度上げてく月間。
手始めに、最近ハマったクレヨンしんちゃんについて書いてみる。


子供の頃に観た懐かしさからアマプラで見始めたけど、そこから未見の最近のクレしん映画にハマり、昔のを見返してさらにハマり。


結果、町田の推しが決定しました。




かすかべ防衛隊のおにぎり、マサオくん。
普段は大体泣き虫おにぎりですが
映画となると、結構ダーティーワイルドな場面が頻繁に出てきて、そのギャップが最高。




表情がたまらん(笑)
こんな役があったら、演じてみたい。

マサオくんの魅力はなんといってもその二面性。
そんないつも弱虫なマサオくんがイキリ倒しつつ活躍する、クレしん映画を独断と偏見しかないランキング形式で、マサオのくんのイキリ度とともに紹介しようと思います。

3位。
「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」

マサオくんイキリ度★★★☆☆

(ザックリあらすじ)
かすかべ防衛隊がサバイバルしつつ、A級グルメに支配されたB級グルメを救出するために戦うお話。


サバイバル中、かすかべ防衛隊は食糧難に見舞われるんだけど、まさおくんだけ唯一、一枚のビスケットをこっそり隠し持っている。
このたった一枚ビスケットが、まさおくんの良心をめちゃくちゃ揺さぶる(笑)
まさおくんの葛藤の末の行動が、まさおファンにはたまらない映画です。

その後サバイバルを無事終えたまさおくんのイキリ具合は必見。


2位。
「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」

マサオくんイキリ度★★★★☆

(ザックリあらすじ)
20世紀博にハマりすぎて洗脳された大人たちを取り戻すため、かすかべ防衛隊は子供だけで20世紀博に乗り込む。


言わずと知れた、クレしん映画の名作。
しんちゃんの必死の鉄塔登りが感動を呼ぶ名シーンとして有名ですが、マサオくんはドライバーとしてイキリ倒します。
いや、イキリと言うか、マサオくんの才能発揮覚醒タイム(笑)

大人たちから逃げるために幼稚園の送迎バスを子供だけで運転するのですが(犯罪)、運転のローテーションがマサオくんに回ってきた時のくだりは至高。
彼だけ段違いのドラテクを魅せ、大人の追手を振り切ります。気になる方はぜひ。


1位。
「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 〜拉麺大乱〜」

マサオくんイキリ度★★★★★

 (ザックリあらすじ)
春日部にあるチャイナタウンに、人を凶暴化するラーメンが流行りだし、町は大混乱。
かすかべ防衛隊は町の平和を取り戻すため、ぷにぷに拳で立ち向かう。


正直、マサオくんのイキリがレベチ。
だって、冒頭からイキリ過ぎてて、他のかすかべ防衛隊が引く程だもの。
むしろ、その原因を探るとこから物語が始まるので、マサオくんファンには必修科目。

イキリ顔は秀逸ですし、マサオくんの意地汚い面、素直な面の両方観れる、まさにマサオくん盛り合わせ映画です。



今日はマサオくんについて好き勝手書いちゃいました(笑)まあ、上のランキングも独断と偏見なので、他にもマサオくんが活躍してる映画やシーンがあれば、ぜひコメントくださいな。

そして、やっぱ好きなこと語るのが一番筆が進みますな。
今後も、何か見つけて書いていきたいと思います〜!

じゃ!
ぶりぶり〜!


まちのすけ