今日は「米国CPI +8.5% 市場予想を下回る!」というお題で書きたいと思います。

 

昨日の日経平均は180円安と続落し、終値は2万7819円となりました。東証プライムの値上がり銘柄は874、値下がり銘柄が896、変わらずが68でした。
 
TOPIXは-3.37ポイントの1933.65ポイント、マザーズ指数は-21.63ポイントの708.97ポイントでした。
 
東証プライム市場の新高値銘柄数が80、新安値銘柄数が24でした。
 
ブーケ1ブーケ2クローバーあじさい黄色い花コスモスハチヒマワリもみじチューリップ黄チューリップ赤チューリップ紫チューリップピンクチューリップオレンジブーケ1
 
8/8に発表されたソフトバンクグループ(9984)の決算は、約3.1兆円の大赤字だったのですが、日経平均EPS(1株当たり当期純利益)は下方修正されないようですね。キョロキョロ
 
私は、てっきり日経平均EPSが下方修正されるのか?と思っていたのですが、8/9時点では、下方修正されるどころか、8/8時点よりも増えているのですよ。口笛
 
実は、以下の日本経済新聞社のホームページで、日々の株式指標が公表されているのですが、この指標で日経平均EPSが計算できるのです。

https://www.nikkei.com/markets/kabu/japanidx

 

 

このホームページに載っている指標を元に計算してみたところ、以下のように日経平均EPSが増えているのです。
 
計算式は以下の通りです。
 
PER(株価収益率)=
株価÷EPS(1株当たり当期純利益)
上記の式を変形すると以下のようになります。 

EPS(1株当たり当期純利益)=
株価÷PER(株価収益率)
 
8/8時点の指標は以下の通りでした。
日経平均PER 12.79倍
日経平均株価 28249.24円
 
これを元に日経平均EPSを計算すると以下の通りになります。
 
日経平均EPS=日経平均株価÷日経平均PER
日経平均EPS=28249.24円÷12.79倍
 =2208.69円
 
次に、ソフトバンクグループ(9984)の決算発表翌日(8/9)の指標は以下の通りでした。
日経平均PER 12.65倍
日経平均株価 27999.96円
 
これを元に日経平均EPSを計算すると以下の通りになります。
 
日経平均EPS=日経平均株価÷日経平均PER
日経平均EPS=27999.96円÷12.65倍
=2213.43円
 
8/8時点の日経平均EPS=2208.69円
8/9時点の日経平均EPS=2213.43円
 
ちなみに、昨日(8/10)時点での日経平均EPSは以下の通りです。
 
8/10時点の指標
日経平均PER 12.58倍
日経平均株価 27819.33円
 
日経平均EPS=日経平均株価÷日経平均PER
日経平均EPS=27819.33円÷12.58倍
=2211.39円
 
昨日(8/10)時点の日経平均EPS 2211.39円は、8/9時点の日経平均EPS 2213.43円よりも、若干、下がってますけどね。
 
しかし、これを見る限り、日本経済新聞社は、ソフトバンクグループ(9984)の予想純利益の見直しをしていないようですね。そもそも、下方修正するつもりがあるのか?びっくり
 
ブーケ1ブーケ2クローバーあじさい黄色い花コスモスハチヒマワリもみじチューリップ黄チューリップ赤チューリップ紫チューリップピンクチューリップオレンジブーケ1
 
と思っていたら、ソフトバンクグループ(9984)は、アリババ株を売却して、第2四半期に4.6兆円の利益を計上する見込みなのだそうですよ。
 
 
そしたら、第2四半期は、ソフトバンクグループ(9984)が抱えている含み損が変わらないとしても、4.6兆円-3.1兆円=1.5兆円の黒字になりますよ。
 
そして、普通は、利益から税金が引かれるのですが、ソフトバンクグループ(9984)は、税金を計算する時は日本会計基準を使って、「のれん」を償却しているので、結局、税引き前利益が、ほとんどなくなって税金を払っていないのですよ。口笛
 
ソフトバンクグループ(9984)は国際会計基準で決算を発表しているのですが、国際会計基準では「のれん」は償却しなくても良いので、凄い黒字になるのですよ。ニヤリ
 
しかし、ソフトバンクグループ(9984)の第1四半期決算がメタメタなのに、日経平均EPSが下方修正されないとすると、日経平均の理論株価って、当てにならなくない?口笛
 
株価は、以下の計算式で表すことができますからね。
株価=PER(株価収益率)×EPS(1株当たり当期純利益)
 
そもそも、ソフトバンクグループ(9984)のようなギャンブル会社が日経平均採用銘柄で、かつ、寄与度が高いことが間違っているよね。もっと、まともな事業をしている企業に変えた方がいいんじゃないの?びっくり
 
ブーケ1ブーケ2クローバーあじさい黄色い花コスモスハチヒマワリもみじチューリップ黄チューリップ赤チューリップ紫チューリップピンクチューリップオレンジブーケ1
 
さて、昨日の夜9:30に7月分の米国CPIが発表され、市場予想+8.7%に対して、結果+8.5%と市場予想を下回りました。
 
この結果を受けてドル円が円高に振れ、一瞬、1ドル135.078円が、1ドル132.286円まで振れました!直ぐに、133円の前半まで戻りましたけどね。
 
米国債10年物利回りが急速に下落していますから、日米金利差縮小で、今後、ドル円が円高に向かっていくと思いますよ。
 
さて、日経平均の動きについてですが、今晩発表された米国CPIの数値を受けて、米国株式市場がどのような反応を示すのかを確認しないと何とも言えませんね。キョロキョロ
 
結果が良かったので、日経平均は、三角保ち合いの上値抵抗ライン2万8389円を超えるかもね。ウインク
 
日経平均の日足チャート
TradingView提供のチャート
 
今日は、市場がお休みなので、残念ですね。えーん
 
しかし、一日経って、冷静に考えると、「インフレ全然終息してないじゃん!9月も0.75%利上げかも?」と思惑が広がったら、米国株式市場が、下落に転じる可能性もありますよ。キョロキョロ
 
今晩の米国株式市場の動きを見ておきたいですね。
 
もし、メールマガジンに、ご興味がありましたら、ご購読いただきますよう、お願い申し上げます。ニコニコ
 
バナー、またはリンクをクリックしていただけると幸いです。 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

1056円/月 継続購読で1ヶ月目無料

発行
毎週日曜日 不定期で銘柄情報を発行(第5週を除く)
 
なお、2021/2/28日以前に配信したメールマガジンは無料で公開中です

2022年8月配信済みメールマガジン