タテドーのブログ

タテドーのブログ

ブログの説明を入力します。

2007年、コンゴ民主共和国のビルンガ国立公園において、武装組織と戦う公園レンジャーたちがいました。絶滅危惧種であるマウンテンゴリラが殺されたという情報が入ってきたのは豪雨の中でした。ライフル弾を何発となく撃ち込まれた母親の死体に、生後数カ月のゴリラがしがみついていました。血と雨が死体を囲うようにたまる中、彼女は母親の乳を吸おうとしていたのです。それが孤児ゴリラ「ンダカシ」との出会いでした。

 野生のマウンテンゴリラは現在、1000頭余りしか残っていないのですが、当時はわずか400頭しかおらず、この殺戮は大きな話題になりました。ンダカシは、このゴリラ家族の唯一の生き残りだったのです。

 

ンダカシは弱っていて、長くは生きられそうにありませんでした。公園レンジャーのアンドレ・バウマ氏は雨の中から彼女を救い出し、朝まで自分の体で温めました。これが14年に及ぶ愛情深い関係の始まりだったのです。

 バウマ氏は現在も、アフリカ初の国立公園ビルンガに設立されたセンクェクェ・センターで、飼育員長を務めています。ンダカシは、このセンクェクェに移り、他のマウンテンゴリラの孤児たちと一緒に暮らすようになりました。ここは全ての孤児たちが24時間体制でスタッフの世話を受ける場所です。獣医師のエディ・シャルハ氏と「ゴリラ・ドクターズ」(ゴリラを診察する獣医師たちのグループ)が奇跡を起こし続ける場所でもあるのです。

 マウンテンゴリラは驚くほど繊細で優しい生き物です。彼らには個性があります。彼らは喜び、悲しむ。人間と同じなのです。ンダカシは、それらの全てを飼育員たちと共有しました。飼育員たちは自分の家族よりもゴリラと一緒にいる時間の方が長いほどです。彼らはゴリラたちを愛し、「私の子供たち」と呼んでいました。

 献身的な世話を受けてきたにもかかわらず、ンダカシは半年ほど前に謎の病に冒されました。そうして2021年9月26日、14年前に彼女を救ったバウマ氏の腕の中で息を引き取りました。バウマ氏の悲しみの深さは計り知れません

 連絡を受けたとき、私はビルンガの別の場所で、公園のリーダーたちと一緒でした。それまで熱心に議論を交わしていた全員が、知らせを聞いて黙り込みました。思いがけないことであり、とても悲しいことだったのです。

 2007年以降、私はビルンガで仕事をすることが多く、1~2年ごとにやって来ては、ンダカシの成長を目の当たりにしてきました。ンダカシと3頭の孤児たちは世界で唯一の飼育下にあるマウンテンゴリラですが、バウマ氏らが実に良くケアしていることに、私は感心していたのです。

 飼育員は4人いて、誰も博士号を持っているわけではないですが、どんな学者よりもゴリラについて詳しいです。

 マウンテンゴリラは人間とよく似た動物で、複雑な社会を形成します。うつになることだってあります。これは私の個人的な意見ですが、ンダカシは何かが欠けていると感じていたのかもしれません。どんなに私たちが努力しても、飼育下で野生のゴリラの暮らしを再現することはできないのです。また、ゴリラは縄張り意識が強く、新しい個体を受け入れてくれるとは限らないため、野生に帰すのも難しいのです。成功した例は今のところありません。


 バウマ氏らが、ンダカシを救うためにあらゆる努力をしたことを私は知っています。世界最高峰の技術や知識を持つ人々とも協力しました。ンダカシが死んでしまうなんて、誰も思っていなかったのです。だが、人間の場合と同じように、彼女は自分が愛し、自分を愛してくれた人たちに囲まれて死んでいきました。あまり擬人化したくはないですが、私にはそう見えました。

 ゴリラの社会を見ると、私たちの社会よりも人間的であるように思えます。思いやりがあり、秩序があり、ファミリー全員が面倒を見てもらっています。ンダカシの母親が殺されたとき、泥の中の足跡から、父親のセンクェクェがメスたちを守ろうとして死んだことがわかりました。

 私がナショナル ジオグラフィックで行ってきた仕事のほとんどは、野生動物の違法取引に関わるものです。人間と動物の関係における負の側面を多く見てきまし。しかし、サイやセンザンコウ、ライオンやゾウなどを見てきて感じたのは、彼らと一緒に時間を過ごし、敬意を持って接し、信頼を勝ち取れば、素晴らしい関係を築くことができるということです。ゾウが朝の挨拶をしてくれたり、姿が見えないときには探してくれたり、密猟者が隠れている場所を教えてくれたりするようになるのです。

 人がイヌとどんな関係を築くことができるか、あなたも知っているでしょう。それと同じことが他の多くの種とも可能なのです。人間とごく近いゴリラの場合はなおさらです。飼育員をはじめとする多くの人にとって、彼らは、人間のような、家族のような存在でした。

 小さな例をひとつ。バウマ氏が休憩していると、ンダカシが隣にやってきて手を握ることがありました。まるで親しい人間の友人のように。そこには、私たちがいまだに探究しきれていない、何かがあります。私たちは彼らと相対する関係を築いてきましたが、人間と動物がお互いに理解し合い、もっと親密になれる可能性というものがあると思うのです。私たちはまだ、その可能性の表面をなぞっているに過ぎません。ンダカシはその1つの例でした。

 

(ナショナルジオグラフィック誌より引用)