産後多くのママさんを悩ませる代表的なものが恥骨の痛みです。

 

赤ちゃんが無事に生まれてきて一安心したところで、恥骨の部分に違和感がある...。

 

産後トイレに行くのに歩こうとすると恥骨に痛みが出る...。

 

ひどくなると寝ていても痛みが出たり、痛みで歩けないケースもあります。

 

出産後すぐに痛みが出ることもあれば、2週間ほどたってからふと股の部分が痛くなる方や、なかには妊娠中から痛みが出るケースもあります。

 

非常にデリケートな部分のため、相談しずらい方もいらっしゃいますが、放っておいてだんだんひどくなるケースもあるため、早めに対処することが重要です。

 

では、産後の恥骨痛について原因と改善法を書きたいと思います。

 

まずはなぜ産後に恥骨痛が出るのか?ということですね。

 



 

恥骨とは骨盤の一部で足の付け根付近にありますが、左右の骨盤を中央で繋ぎ止めているのが恥骨結合です。

 

恥骨結合は軟骨で出来ていますが、妊娠によって恥骨結合が緩み、出産時に負荷がかかることによって恥骨結合の一部が損傷し恥骨痛が現れます。

 

産科医に相談しても、安静にして様子を見ましょうと言われることが多いようですが、産後はおむつ替えや授乳、抱っこなど足腰に負担がかかることが多いため、回復に時間がかかり、恥骨痛が長引いてしまいます。

 

対処法は?

 

安静と骨盤ベルトで骨盤を安定させることが一般的な対処法のようですが、育児もあり安静にしているのは難しく、また骨盤ベルトをするとましにはなるけど結局痛みが出るという方が多いです。

 

捻挫や脱臼などもそうですが、関節(この場合は恥骨結合)を捻じれや歪みのない正しい位置に整えることにより、痛みがなくなることがほとんどです。

 

骨盤を正しい位置に矯正することによって恥骨結合にかかるストレスをなくすことで、侵害刺激がなくなるためです。

 

また、骨盤を正しい位置に戻してあげないと痛んだ組織が回復せず、歪んだ状態で骨盤ベルトをつけていても歪んだまま固定しているだけですので、今度は他の症状が出てくる場合もあります。

 

産後のヨガやストレッチ、運動を推奨しているようなものもありますが、痛んだ組織をさらに傷つけ炎症を助長させてしまうことが考えられるのでおすすめできません。

 

せっかく赤ちゃんが無事に生まれても、ママさんも健康でなければこれから先の生活が制限されてしまいます。

 

自分のためにも、赤ちゃんや家族のためにも根本的な改善をすることをおすすめします。

 



 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

たていし整骨院

【ホームページ】

ホーム



【住所】
〒649-6339
和歌山県和歌山市弘西337-1

【電話番号】
073-418-4970

【営業時間】
月火木金
8:30~12:00/15:00~19:30
水土
8:30~12:00

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:出産後の恥骨の痛みはなぜ起こる!?早期改善したい方が知ってお・・・




 

ぎっくり腰の代表的な症状

 

☑何もしていないのに突然腰が痛くなった

 

☑痛くて腰が伸ばせない、丸くなれない

 

☑しゃがんだ体勢や中腰で急に腰に痛みが出た

 

☑ベッドや布団から起き上がる際に腰が痛い

 

☑椅子から立ち上がる時やくしゃみをした時に腰が痛い

 

☑なにかの拍子に腰に激痛が走った

 

 

これらはぎっくり腰の代表的な症状ですが、動いた時に出る強い痛みが特徴です。

 

また炎症が起こると患部に熱を持ったり、じっとしていても疼くような痛みが出ることもあります。

 

最初は少し痛む程度だったのがどんどん痛みが強くなり、ひどいくなるとまともに歩けないようになる方もおられます。

 

よく「痛みは強いけど動かした時に痛めたわけではないのでぎっくり腰とは別」と思われている方が多いのですが、痛める原因が明確でない場合もあるのです。

 

ぎっくり腰・急性腰痛の病態とは?

 

ぎっくり腰の正体は、腰の捻挫です。足首の捻挫と基本的には同じような状態で、腰の部分で捻挫を起こして筋肉や靭帯を痛めているのがぎっくり腰です。

 

足首の捻挫ならば体重をかけないよう安静にしていれば痛みは引いていきますが、腰は立っていても座っていても上半身の体重を常に支えているため、重い痛みや力が入るような痛みを引き起こします。

 

また、ちょっと姿勢を変えたり、寝返りを打つだけでも体重による負荷がかかり続けているため、捻挫した部分に痛みが出るのです。

 

その捻挫を起こす場所が、腰椎と仙腸関節です。

 

わかりやすく言うと、腰と骨盤に痛みが出ます。

 



 

腰椎で起こるのを腰部捻挫、仙腸関節で起こるのが仙腸関節捻挫ですが、経験上仙腸関節捻挫のほうが治るのに時間がかかることが多いです。

 

ぎっくり腰や急性腰痛は急に痛くなるので、ある時突然悪くなったように感じます。

 

しかし本当は背骨や骨盤に歪みを抱え負担がかかっていたところに、なにかのきっかけで突然限界を超えてしまい起こるのがぎっくり腰です。

 

ぎっくり腰ではベッドからの起き上がり時や寝返りの際に強い痛みが出る方が多いため、このことを考慮して患者さん一人一人の状態を確認し、無理のない姿勢で治療を行います。

 

自力でベッドに寝ることが困難な方にも対応できるよう患者さんが立った状態から自動で倒れていくベッドを使っての治療や、寝ることも困難な方は治療用のチェアーに座ってもらい対応します。

 

何らかの理由でベッドに寝られない、うつ伏せ・仰向けになれないと心配の方はご安心ください。

 



 

また、たていし整骨院ではボキボキ骨を鳴らしたり、強くひねる、強く揉むなど痛みの出る施術はおこないませんのでご安心ください。

 

早期に治療を受けることで早期の回復が見込めます。

予約制ですが急患の方はできる限り対応させていただきますので一度お電話ください。

 



 

■■□―――――――――――――――――――□■■

たていし整骨院

【ホームページ】

ホーム



【住所】
〒649-6339
和歌山県和歌山市弘西337-1

【電話番号】
073-418-4970

【営業時間】
月火木金
8:30~12:00/15:00~19:30
水土
8:30~12:00

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:歩けないほどのぎっくり腰・突然の腰痛と整体


 

ピリピリ、ジンジンとしたなんとも言えない嫌な感覚が指先や腕に続いている...。

 

この原因は何だろう?このまま放っておくと重大な病気が隠されているんじゃ...。

 

と不安になる方は少なくありません。

 

一般的にしびれと言うと、①感覚低下と、②異常感覚、③運動麻痺の3つがあります。

 

①感覚低下とは、触った感覚が低下したり、全く感じなくなります。痛みや冷たい感覚を伴うことも。

 

②異常感覚とは、指先や腕、脚などにピリピリ、ジンジンとした通常とは違う感覚が出現します。

 

安静時だけでなく、運動時に起こることもありますし、皮膚をたたいたり、触ったりした時に起こることもあります。

 

③運動麻痺とは、手足に力が入りづらい、または力が全く入らない状態です。

 

腕のしびれの多くは、病気や日常生活が原因で神経や血管が圧迫されるなどの刺激により起こります。

 

首や肩を動かすと腕に痛みやだるさ、しびれが出てきた。

 

前日から腕にピリピリ、ジンジンとしびれる感じがする。

 

ここ何日か前から手や腕に力が入りづらくて腕の感覚が鈍い。

 

その中でも、体の歪みが原因で骨や関節などに異常があり起こるものとして、次のものがあります。

 

頚肩腕障害

 

同じ姿勢や作業を継続的に続けることで首や肩、腕を酷使し、神経・筋の疲労がもとで発症します。首から肩、肩甲骨回りの筋肉の疼痛や腕にかけてのしびれ、痛みなどが現れます。

 

 

頚椎椎間板ヘルニア

 

首の骨と骨の間にある椎間板という軟骨が、正しい位置からずれ、飛び出してしまうものです。飛び出した椎間板が靭帯や神経を圧迫することにより、首の後ろや肩、腕などに痛みやしびれが現れます。重症になると、手足の麻痺を起こすこともあります。

 

 

頚椎症性神経根症

 

首の骨や椎間板に負担がかかり、骨棘などの骨の変形、椎間板の膨隆によって指や腕の神経が圧迫されて起こります。

首を反らせると症状が強くなることが多く、上を向いたり、うがいがしにくくなることが多いとされています。

重症になると、上肢の筋力低下や感覚障害が起こることも少なくありません。

 

 

胸郭出口症候群

 

胸郭出口と呼ばれる部分で首から腕、指先につながっている血管、神経に圧迫を受けたり、引っ張られたりすることによって肩から腕、指先に痛みやしびれが起こるものです。

なで肩の女性や重いものを持つ人に多いとされており、、血管の圧迫が強いと血行不良により皮膚が白くなったり、青紫色になったりします。

しびれの出る疾患のうち、一刻を争う脳梗塞や糖尿病による糖尿病性神経障害などは病院での診察を受けるべきです。

 

 

しかし頚肩腕障害や頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、胸郭出口症候群などは体の歪みで骨や軟骨に負担がかかった結果神経や血管の圧迫をうけることで症状が現れます。

 

手術が必要なものもありますが、そうではないのに保存療法というと聞こえはいいですが原因を取り除くことなく放っておいて首の牽引や電気、マッサージによる一時しのぎやでは良くなるものも良くなりません。

 

首の牽引やマッサージ、電気を当てるだけのリハビリに疑問をお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。

 



 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

たていし整骨院

【ホームページ】

ホーム



【住所】
〒649-6339
和歌山県和歌山市弘西337-1

【電話番号】
073-418-4970

【営業時間】
月火木金
8:30~12:00/15:00~19:30
水土
8:30~12:00

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:指先・腕のしびれの原因はなに?考えられる原因と対処法


昔は聞かないような病名でしたが、自律神経失調症や起

立性調整障害(OD)と診断される方は近年非常に多くなっているようです。

 

内科や精神科で薬を出されたり、カウンセリングを受けるなどが治療の中心となっているようですが、首の歪みによる脳への血流低下が原因の一つであることをご存知ですか?

 

脳は様々な機能を担っています。

 

運動神経を通じて指令を送り体を動かしたり、感覚神経からの情報を元に体の動きをコーディネーションしたり、自律神経のバランスを適切に働かせ体の状態を正常に保ったりと、膨大な情報を元に心身をコントロールしているのです。

 

脳は重量的には身体の2%ほどですが、エネルギーの消費割合は全体の18%、身体で最も多くのカロリーを消費しています。

 

また酸素の消費割合も体全体の20%を占めています。

 



 

脳の複雑な機能が正常に働くためにはエネルギー源である栄養と酸素が必要だというのが良くわかりますね。

 

そのエネルギーと酸素が血液により運ばれることにより脳の働きが活性化され、心身のコントロールが正常に保たれます。

 

しかし脳への血流が低下すると、どういったことが起こるのでしょう?

 

脳の働きが低下することで体の動きやバランスが崩れるだけでなく、自律神経のバランスが崩れることにより、

 

「疲れているはずなのに休めない」

 

「やる気が出ない」

 

「内臓機能の低下」

 

「呼吸・体温調整への悪影響」

 

などの症状が出ることが考えられます。

 

その状態が長く続いたり、さらに悪くなったりすることにより自律神経失調症や起立性調整障害などを引き起こしてしまうのです。

 

脳への血流低下の原因は様々なものがあります。

 

しかし、検査をしても異常が見当たらない・特に持病などもないような方は、首の骨の歪みによって筋肉が緊張し、血管を圧迫することにより症状が出ている可能性があります。

 



写真のように、本来ならあるはずの生理的前弯(頚椎のカーブ)が消失し、ストレートネックになっている方。

左右のバランスが崩れ背骨の歪みが出ている方。

 

こんな方は、脳への血流の低下や、自律神経のバランスの崩れが起こりやすくなっています。

 

しかし、首の歪みを改善し脳への血流を回復させることにより、様々な脳の働きが活性化され、血中ストレスホルモンの低下、免疫力・記憶力・運動能力・運動知能の向上なども研究結果として報告されています。

 

たていし整骨院では、正確なデータを元に計算された振動刺激によって中枢神経の働きを正常化し、姿勢・重心を保つ背骨や骨盤などの骨格構造を改善します。

 

背骨の歪みを改善して、本当の健康を取り戻しませんか?

 



 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

たていし整骨院

【ホームページ】

ホーム



【住所】
〒649-6339
和歌山県和歌山市弘西337-1

【電話番号】
073-418-4970

【営業時間】
月火木金
8:30~12:00/15:00~19:30
水土
8:30~12:00

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:自律神経失調症・起立性調整障害は脳への血流低下が原因!?整体・・・
 



 

ある朝目を覚ますと、首の痛みや首を動かすと制限がかかる、もしくは動かせない(回らない、上や下を向けない...)

 

起き上がる時の痛みや、顔を洗う、車の運転ができないもしくはしづらいなど、寝違えを起こすと生活に制限が出てしまいます。

 

軽い場合は数日で痛みが取れますが、重い場合は1週間以上痛みに悩まされる方もいるようです。

 

また、急性のものでは、ストレッチやマッサージなどにより炎症を助長させてしまうこともあるので注意が必要です。

 

では、なぜ寝違えが起こるのでしょうか?

 

寝違えは、主に寝ている状態で首や背中に負担がかかって起こります。

 



 

寝具を変えたり、枕が合わないことも原因の一つですが、もともと頚椎に歪みを抱えていると寝ていても首の筋肉がリラックスできないため、疲労や精神的なストレス、食べすぎなどのきっかけにより起こすことが多いです。

 

また、頚椎に歪みを抱えている方は寝違えを繰り返したり、痛みや可動域の制限がきつい傾向があります。

 

頚椎の歪みにより正常なカーブがなくなり、ストレートネックになったり、ひどい方では逆のカーブになっている方もいます。

 



 

頭が体より前へ出ている姿勢や、背中が丸くなり猫背になっているような方は背骨の正常なS字カーブが崩れているため、睡眠時だけでなく普段から首への負担がかかってしまいます。

 

さらに、前後の姿勢バランスが崩れると今度は左右の背骨の歪みを起こすため、体の軸が崩れたり、背骨の配列に歪みが生じ捻じれてしまいます。

 

そんな方は、頚椎の歪みを矯正することで筋肉の緊張が正常化するため、痛みや可動域が改善します。

 

また、頚椎の歪みが生じている方は自律神経のバランスが崩れ、肋骨の動きが悪くなり呼吸が浅く、普段からリラックスできず首や肩の慢性的なコリが出やすい体になってなっているのをよく見ます。

 



 

そんな方は、頚椎の矯正に加えて自律神経へのアプローチをすることで普段の生活を楽に過ごせる体を手に入れることができます。

 

たていし整骨院は症状の改善だけでなく、再発予防にも力をいれています。

 

予約制ですが急患の方はできる限り対応させていただきます。

 

体の悩みでお困りの方は一度ご相談ください。

 



 

■■□―――――――――――――――――――□■■

たていし整骨院

【ホームページ】

ホーム



【住所】
〒649-6339
和歌山県和歌山市弘西337-1

【電話番号】
073-418-4970

【営業時間】
月火木金
8:30~12:00/15:00~19:30
水土
8:30~12:00

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:朝起きると首が回らない、動かせない寝違えを早く根本的に治すに・・・




 

整骨院や整体、カイロプラクティックへ行ったことのある方は多いと思います。

 

しかし、ほとんどの方が「バイタルリアクトセラピー」って何?初めて聞く!となるのではないでしょうか?

 

今回は、たていし整骨院で導入している「バイタルリアクトセラピー」がどんな治療法かお伝えしたいと思います。

 

最新のテクノロジーを取り入れた新しい治療法

 

バイタルリアクターという最先端のコンピューター制御された施術装置を用いて、背骨や骨盤、頭蓋骨などに対してアプローチします。

 

それにより、骨格の歪みを正しい位置へと改善する治療法です。

 

最小限の刺激により、安心・安全な痛みがでないソフトな施術ですので、お子様からご高齢の方まで施術を受けていただいております。

 

こんな方におすすめできます!

 

・体の痛みやしびれにお悩みの方

 

・背骨や骨盤・体の歪みや姿勢の悪さが気になっている方

 

・他院へ行っても原因のわからない、症状が改善しない方

 

・自律神経のバランスの乱れによる症状

 

・症状の改善だけでなく、これから先の再発予防もしたい方

 

バイタルリアクトセラピーは、脊椎を正常な位置に導き、人体の構造と機能を正常化することが目的です。

 

姿勢・重心を保つ背骨や骨盤などの骨格構造を正常化し、一人一人に備わっている自然治癒力を最大限引き出せる体を作ることにより、体の様々な痛みやしびれなどの不調に対してアプローチを行います。

 

人間は、脳と神経によって体をコントロールしています。

 

その神経は背骨の通り道を伝って筋肉や感覚器、内臓にそれぞれ運動神経、感覚神経、自律神経として分布しているのです。

 



 

しかし背骨の歪みにより神経の通り道が圧迫などを受けることにより、神経の伝達が阻害され痛みやしびれ、コリや自律神経症状などの不調となって体に表れてしまいます。

 



 

根本的な解決には、背骨の歪みを改善することが大事ということがお伝えできればと思います。

 

バイタルリアクトセラピーでは、鏡を使っての姿勢検査や、関節可動域・筋力テストなどを行い、一人一人の体の状態を正確に把握します。

 

また、手による触診だけでなく、背骨や骨盤、頭蓋骨などの骨格をコンピューターで分析したうえで施術を行います。

 

精度の高い分析などの正しい検査により正しい施術が行われると、正しい結果が出ます。

 

正確なデータを元に計算された振動刺激を背骨や骨盤、頭蓋骨などに与えることで脳・神経系の働きを活性化させ自然治癒力を呼び覚まし、体の不調を根本から取り除くのです。

 

体の歪みが原因で人それぞれ様々な症状が現れます。

 

症状の原因を取り除き、痛みやしびれ、コリに悩まされない体を手に入れましょう!

 



 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

たていし整骨院

【ホームページ】

ホーム



【住所】
〒649-6339
和歌山県和歌山市弘西337-1

【電話番号】
073-418-4970

【営業時間】
月火木金
8:30~12:00/15:00~19:30
水土
8:30~12:00

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:施術はどんなことをするの?整体・カイロプラクティックではなく・・・


 

腰の痛みがなかなか治らない方が受け続けているもので多いのが、電気治療とマッサージです。

 

初めに伝えておきたいのが、自分は電気やマッサージの効果を否定するわけではありません。

 

単純な疲れに対しては、電気治療やマッサージが効果を発揮する場合もあるからです。

 

しかし急性期のぎっくり腰や、長年腰痛に苦しんでいる方には、むやみにマッサージをすることによって余計に悪化させたり、治りを悪くすることもあることを知ってもらいたいと思います。

 

まず、急性期の腰痛(ぎっくり腰)・椎間板ヘルニアなど急に腰を痛め炎症を起こしている場合マッサージや電気治療なんかは禁忌となっています。

 

急性期の場合関節や神経に炎症が起きており、この部分をむやみやたらに刺激すると炎症が悪化することにより、痛めていない正常な組織まで壊されてしまい、結果痛みが強くなったり治りが悪くなってしまいます。

 

ちなみに炎症が起きている場合でも、適切な処置をすることにより神経の興奮を抑えることができるため、痛みが半減したり、全く感じなくなることもあります。

 

よく炎症にはアイシングというのが一般的ですが、アイシングが必要ないことも多々ありますし、冷やすことによって筋肉、血管を収縮させるため回復が遅くなる場合もあるので、注意が必要です。

 

また、長年腰痛で苦しんでいる方は特にそうですが、筋肉がコリ固まることにはなにか原因があるはずです。

 

その原因は、背骨や骨盤など骨格の歪みや姿勢が崩れにより体の一部分に過剰な負担がかかることと考えています。

 



 

たとえば、姿勢が崩れ頭が前に出たり、猫背になると背中や腰が曲がってしまいます。

 

そのままだと前へ倒れてしまうため、首や背中、腰の筋肉が緊張状態になります。

 

その時に、こっているから、痛みがあるからと言って固まっている筋肉を緩めてしまうとどうなるでしょう?

 

筋肉の過緊張というのは体の防御反応として出ていることが多いので、緩んでしまった部分の代わりに他の筋肉が過緊張を起こすか、一度緩んだところがさらに緊張するかどちらかです。

 

筋肉の緊張は本来神経の働きでバランスをとっているため、単純に筋肉を緩めてしまうとバランスが取れなくなり、さらに背骨や骨盤の歪みにつながっていきます。

 

そうなると治療期間も長くなってしまったり、骨の変形が進行すると最悪治療ができなくなる可能性もあります。

 

治療やリハビリを受けているのになかなか腰の痛みが良くならない方、腰痛の根本原因を改善する方法を選んでいますか?

 

 



 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

たていし整骨院

【ホームページ】

ホーム



【住所】
〒649-6339
和歌山県和歌山市弘西337-1

【電話番号】
073-418-4970

【営業時間】
月火木金
8:30~12:00/15:00~19:30
水土
8:30~12:00

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■




引用元:腰痛を根本的に治したい人は必見!電気・マッサージでは治らない・・・


 

お尻や太ももの裏側の痛みやしびれが出ている...。

 

こんな「坐骨神経痛」の症状が出ている方は腰痛にも悩まされていることが多いですが、坐骨神経痛がなぜ出るかを知らないとマッサージや腰の牽引などの対処療法を受け続け無駄な時間とお金を使うことになりがちです。

 

坐骨神経痛というのはお尻から下肢にかけて坐骨神経の支配領域に出る痛みやしびれの総称です。

 



 

坐骨神経がなんらかの原因で圧迫されるなどの侵害刺激により症状が出るのですが、その原因には腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群など様々なものがあります。

 

しかしどの疾患も姿勢バランスが崩れ背骨や骨盤などの構造に負担がかかることにより神経妨害が起こります。

 

その時にマッサージを受けると筋肉の緊張は一時的にほぐれるため、痛みは和らぐかもしれません。

 

ですが神経への負担は減ることがないため、結局は再発することになるでしょう。

 

また、腰の牽引をするとマッサージと同じように腰部の筋肉のリラクゼーション効果もありますので、この場合も一時的に楽になったりします。

 

そのため一般の方は、腰を引っ張ると腰の間の関節が引っ張られ隙間が広がると想像しがちですが、牽引をしたからといって狭くなった関節の間が広がったり、つぶれた椎間板が元に戻ることはありません。

 

これは骨と骨の隙間というのは、空洞になっているわけではなく、椎間板や関節液などの軟部組織と呼ばれるものが詰まっており、真空に近い状態です。

 

密封した真空パックを引っ張っても膨らまないどころか、無理に引っ張ると袋がやぶれてしまったりするのが想像できますよね。

 

以前働いていた職場でもありましたが、腰の牽引をした後で動けなくなる方がいるのはこういう理由があるからです。

 

痛みやしびれなどの症状の原因を『骨格の歪み』から診ていくと、どうすれば良くなるか?悪くなるか?というのがわかります。

 

せっかくお金を払って良くなるどころかえって悪化させるような治療と呼べないものを受けるなら、背骨や骨盤などの構造を治療して根本改善する方法を選びませんか?

 



 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

たていし整骨院

【ホームページ】

ホーム



【住所】
〒649-6339
和歌山県和歌山市弘西337-1

【電話番号】
073-418-4970

【営業時間】
月火木金
8:30~12:00/15:00~19:30
水土
8:30~12:00

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:坐骨神経痛はなぜ起こる?マッサージや腰の牽引では治らないその・・・


 

「病院へ行くと膝の軟骨が減っていると言われた。」

 

「膝に水がたまり何回も水を抜きに行っている。」

 

「膝にヒアルロン酸の注射を打っているが効果があるのはその時だけ...。」

 

うちに膝のお悩みで来られる方が問診でよく言われるランキングの上位3つです。

 

病院では膝の軟骨がなくなって関節が変形していると言われ、変形性膝関節症と診断をされ、リハビリを受けたり、整骨院で電気やマッサージ、運動をしても良くならない...。

 

こんな方を一人でも多く減らすため、膝についての知っておいたほうがいい知識と本当に効果のある対処法についてお話します。

 

まず、「膝に水がたまって何回も水を抜くはめになっている」方、そもそもなぜ膝の関節に水がたまるのでしょうか?

 

ひとつは膝の中の異物を取り除くため、もうひとつは膝の軟骨や関節包、靭帯などに負担がかかっているため、少しでもクッションを多くして膝を守るために関節液を増やすのです。

 

そのため関節にたまった水は負担がかからなくなれば自然と体に吸収されていきます。

 

しかし、負担を取り除くことなくたまった関節液を繰り返していればどうなるでしょう?

 

同じことの繰り返しになるのは目に見えていますよね。

 

ヒアルロン酸の注射も同じで、膝の関節のクッションが増え、潤滑も良くなるため関節の動きが多少良くなりますが、膝に打ったヒアルロン酸自体は約半日から2日ほどで体の吸収されてしまうため、すぐに効果は切れてしまいます。

 

そもそも体に吸収されず異物として残っているほうが怖い話ではありますが...。

 

膝の軟骨が減るというのも、膝の内側と外側に同じように負担がかからず、膝の関節が正常な動きから逸脱してしまうことで起こるものです。

 

一度減った軟骨は元に戻らないため、電気を当てようが運動をしようがマッサージを受けようが根本的な対処にはなりません。

 

そこで大事なのは、両足の膝の内側、外側に同じように体重がかけられ、関節が正常な動きを出せる体を手に入れることです。

 

そのためには、姿勢バランスを回復・向上させる必要があります。

 

運動神経、感覚神経、自律神経がしっかり働かなければ、身体はどんどん崩れてしまします。

 

たていし整骨院のバイタルリアクトセラピーは、優しい振動刺激を背骨や骨盤、筋肉、感覚器に与えることにより神経の伝達を正常化し、姿勢バランスを回復・向上させます。

 

そのため長年膝の痛みに悩まされている方や、膝の靭帯・軟骨を損傷し、保存療法が対象の方だけでなくやオペを受けてから調子が悪くなった方でも姿勢バランスや関節の動きの改善により、日常生活を楽に過ごせるようになります。

 

しかしあまりに重度になってくると手術を受けたほうがいい場合もあるので、早めのアプローチが重要です。

 

膝の痛みでお悩みの方、勇気を出して治療を受けてみませんか?

 



 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

たていし整骨院

【ホームページ】

ホーム



【住所】
〒649-6339
和歌山県和歌山市弘西337-1

【電話番号】
073-418-4970

【営業時間】
月火木金
8:30~12:00/15:00~19:30
水土
8:30~12:00

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:長年の膝の痛みの原因は膝そのものではなく姿勢バランスの崩れが・・・


 

腰痛の解消法として一番に思いつくのが、筋肉をほぐすマッサージではないでしょうか?

 

確かにマッサージを受けると気持ちいいですし、疲れが取れたり初期の軽い腰痛なら治ってしまうこともあります。

 

最近は筋膜リリースが流行っているので整骨院や整体、さらには自分で行うセルフ筋膜リリースもありますが、ぶっちゃけやっていることはマッサージとそんなに変わらないことがほとんどです。

 

でも腰痛歴が長い方ほど、筋肉が原因ではなくなってくるため、マッサージは一時しのぎにしかならないって知ってました?

 

「腰の筋肉がカチカチですね~。」なんて言われながらマッサージを受ける。

 

自分も昔は筋肉を揉んでいたので、患者さんに言ってました(笑)

 

整骨院やマッサージへ行かれる方は筋肉が固いと言われるとなぜか喜ぶので、よく言っていた記憶があります。

 

マッサージを受けることが目的になっている方や、固くなれば揉めばいいやと思っている方はそれでいいですが、本当に腰痛で困っている方は

しっかり治すことが目的なので、繰り返しマッサージを受けていてもその場だけで良くならず疑問が生じてきます。

 

他院で良くならず来院される方が最初の問診時に言われるのが、

 

最初は疲労で腰の筋肉が痛むぐらいだったのに、

 

「そんなに腰が痛むようなことはしていないのに常に腰が痛い...」

 

「同じ作業をしているはずなのになぜか自分だけ腰痛に悩まされる...。」

 

「寝返りや朝起きた時に腰が痛い」

 

となり、やがて病院や整骨院、整体院などへ通うもなかなか良くならないので根本から改善するためにうちへ来た。という話をよく聞きます。

そもそも腰痛は本当に腰の筋肉が原因でしょうか?

 

疲労についてはそう言えるかもしれません。

 

しかし長年腰痛に悩まされている方や、マッサージでは治らない方は筋肉ではなく、背骨や骨盤などの構造に目を向けなければなりません。

 

背骨は本来、前後方向から見るとほとんど真っすぐ、横から見るとS字を描いています。

 



 

しかしこの背骨が捻じれたり、歪んだりして元に戻らなくなってしまうとどうなるでしょう?

 

背骨を支える筋肉や靭帯は無理に引っ張られたり、過剰に力を入れてしまいガチガチになってしまいます。

 

また、骨盤は正面から見ると左右対称が正常ですが、

 



 

図のように左右で歪みが出ると背骨の歪みにつながり、筋肉や靭帯に負担がかかってしまいます。

 

この時に筋肉や靭帯の部分に出る痛みは結果であって原因ではありません。

 

原因は背骨や骨盤などの構造にあるからです。

 

根本から改善するには、背骨や骨盤の構造を変えていくことが大事ですね!

 



 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

たていし整骨院

【ホームページ】

ホーム



【住所】
〒649-6339
和歌山県和歌山市弘西337-1

【電話番号】
073-418-4970

【営業時間】
月火木金
8:30~12:00/15:00~19:30
水土
8:30~12:00

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:腰痛を改善するために筋肉や筋膜より大事なものとは?腰痛で整体・・・