昨夜は自治会の運営委員会だった。年末行事の告知のあと、「東町もの知りクロスワード」の抽選を行った。出席組長さん全員にくじを引いてもらい20名の当選者を決定。
  会議終了後、速攻当選者発表のポスターを作り、夜中に掲示板に貼って廻った。ちょっと忙しい夜だった。

 

今朝のお賽銭は181円の大吉。

2020.10.27_06:17:18

 

  国立天文台・暦計算室によると大分県の日の出は6:28。夜明けが遅くなった。
  草原にたむろしても、いつもはソーシャルディスタンスを保つカラスたちだが、珍しく濃厚接触中の2羽がいた。

  しかし、どうして学術会議は総員連名で抗議のアピールをしないのか。どうして全国の学府の関係者は抗議の声を上げないのか。『真理はわれらを自由にする』を建学の精神にする大学ならなおさらだ。補助金や科研費のプレッシャー故(ゆえ)か。
  論点をずらして質問に真摯に答えようともせず、何様のつもりなんだろう。その前もひどかったが、輪をかけてひどいのが総理大臣になっちまった。

 

お賽銭は29円__少額ながら大吉。

 

  自治会の広報新聞『つくし』が表彰を受けた「大分県広報コンクール」の記事が大分合同新聞に掲載された。
  午前中は自治会事務所に出かけ、市報などの仕分け作業を手伝った。
  武道関連…「矛の時代(仮題)」が、もやもやながら固まりかけている。

 【参照 表彰】

 

  昨日の大分合同新聞朝刊に「東町もの知りクロスワード」の記事が掲載された。さすが合同新聞で…朝、自治会役員の方から「見たよ」のショートメールが入った。販売店へ買いに行った。「百円でいいよ」とお兄ちゃん。本当はいくらなんだろう?
  記事は夏の子供向けクイズラリーも含めて触れてくれていて、《参加型の広報誌》を見出しに上げてもらった。良いアングル。
  夕方、行きつけの四の湯のお風呂番のおばちゃんにも「新聞に出てたね」と言われた。

 

今朝のお賽銭は56円=ラッキーセブン×末広がり…悪くない 吉!