裏切りのシャークバイト。Side:A
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

2020/10/16/オリエント工業/petite Jewel136/かれん

このブログにおける全ての写真の転載および二次使用を禁止といたします。

着地を撮りたい。

以前挑戦した着地を撮ろうと仮撮影して見たけど

 

やっぱ駄目だわ、、、

 

スカートの動きはいいとして髪が動いてないもんな

 

まあそれは扇風機置くとしてもだよ

 

背景よな、、問題は。

 

家の中で着地が様になる場所がないんだよねん

 

階段下くらい?でもウチは狭くてとてもセット組んで撮影なんか

 

無理。

 

外ならいくらでもあるんだろうけど野外撮影はいやーきついっす。。

 

 

太もも(╹◡╹)♡

 

パペットワープでドールに表情を与える

 

ドールは一つのパターン表情しか出せない、、、というのは

 

当たり前だが技術が進むにつれ色々なパターンの表情が出せるようになるだろう。

 

下顎機構がついたドールなんてのも出てきましたしね。

 

とはいえまだまだコスト面技術面で問題もあり喜怒哀楽を出せるのは当分先の話であろう。

 

ならばここはPhotoshop様のお力で愛しのドールちゃんに表情を与えてみようではないか!

 

んで作ったのが上記のrubyちゃんのジト目不機嫌です。

 

うーん、この生ゴミを見るような目、たまらねえぜ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭”

 

というわけで解説していきます

 

 

元画像がこれ↑ お目目ぱっちりニコニコ顔のrubyちゃんです

 

これをPhotoshopのパペットワープという機能を使って手を加えていきます

 

 

まずはrubyちゃんの上まぶた部分をどのツールでもいいので選択範囲化します(わいは投げ縄でやりました)

 

その範囲をコピペしてさらにパペットワープを使います

 

 

すると上記のようになるので

 

 

メッシュの範囲部分にアンカーを打っていきます。(メッシュは非表示可)

 

特に目頭と目尻のポイントにはきっちり打つこと

 

 

そしてちょいちょいと瞼のアンカーポイントを下げていきます

 

 

はい片方だけですがジト目になりました!

 

この調子でもう片方もやりましょう

 

 

出来ました!!

 

がなんか変ですね、、、向かって左の目の視点があっておらず

 

薬でもキメてるように見えますね、、、、

 

なのでそこもPhotoshop様のお力で直していきます

 

 

完成です!(  ᐛ )و (なんとなく唇も閉じさせた)

 

もう一つやって見ましょうか

 

 

これを、、、、、、、、

 

 

眠らすことに成功しました!

 

ただちょっとおかしいところといえば瞼とともに前髪も引っ張って

 

きてしまっているのでそこをちゃんとしたいなら

 

別撮りで前髪をあげた状態での写真も必要ですね。

 

 

前の写真もパペワープで、、、

 

 

朝の眠たげな感じなお写真になりました( ´∀`)ドヤ

 

 

2020/06/28/オリエント工業/Berry Ruby/写真合成

今日は合成に挑戦。うーん、どうなんでしょうねこれ。

 

適当にやったら駄目ね。

 

お勉強して細かい毛もなんとか切り抜けるようになった

ただし余計なもんまで切り抜いてしまっているのがわかる(髪の周りの緑っぽいの)

 

もっと勉強しないとね。

 

Photoshopでぱっつんに挑戦

 

今日はぱっつんカットに挑戦してみました。

 

といって実際にウィッグにハサミを入れる訳ではなく

 

Photoshopでの写真加工です。

 

ウィッグを切ってしまうのは失敗が怖いですし

 

ちょっとぱっつんしてみたいだけならPhotoshop加工がベストでしょう。

 

まずはウィッグ無し、もしくはカット予定部分を髪留めで上に止めた状態で撮影

そしてウィッグ有り、もしくは髪を下ろした状態で撮影しレイヤーとして

 

前述の坊主写真に乗っけます

 

これで髪をカットできる状態になったのでウィッグ有りのレイヤーを消しゴムで

 

カットしていきます

 

 

真一文字ではなく、おでこの丸みに沿ってカットしていくといいかもしれません

 

毛先が自然になるように細い消しゴムですいていきます

 

毛束もきっちり揃えるのではなくちょっとズレがあったほうが自然になるかもしれません

(写真では全然だけど)

 

 

完成です。

 

.....うーん、いまいちですね......

 

もう少し自然になるようにしたいですねえ。

 

でも可愛いのでヨシッ

 

以下おまけ写真

 

初音ミク購入

以前から興味のあったDTMに挑戦すべく

 

初音ミクV4xを購入いたしました。

 

最低限の必要なものは同梱されているので他にはpc以外いりません。

 

とりあえず好きな曲を打ち込んで伴奏つけて歌わせています。

 

それだけでも割と感動いたしますな。

 

慣れたら作曲してボカロpを目指したいと思いまする。( ๑╹ω╹๑ )ノ”

ラブドール、大地に立つ

 

ラブドール創世時、シリコンドールは立たせることが出来ませんでした

 

なぜなら関節にグリップ機能が無く、座るか寝るかしか出来なかったのです。

 

それから幾年か過ぎ関節固定できるグリップ機能が出来

 

足の裏にもフットボルト(両足で計6点のボルト)も開発されました。

 

しかしそれでも本体のみで立たせるとなるとかなり厳しく

 

壁に立てかけるか

 

フットボルト搭載機でも6点全てを機能させての仁王立ちくらいしか

 

出来ません。

 

嗚呼、もっと可愛く部屋の真ん中で立ちポージングさせたい、、

 

 

 

というわけで色々試行錯誤した結果

 

Photoshopに頼るという無難なやり方にたどり着きました。

 

まずはつっぱり型ハンガー掛けを床と天井、縦に、もしくは壁と壁に横に設置

 

 

のちドールを棒に立て掛けて撮影

 

 

Photoshopを起動

 

オブジェクト選択ツール、クイック選択ツールで消したい棒を選択そして

 

選択拡張で数ピクセルだけ拡張する

 

そして編集から”コンテンツに応じた塗りつぶし”を実行

 

 

緑の部分はAIが選択範囲の棒を消すために参照する部分です。

 

右に結果が出ているのでおかしい時は参照して欲しくない緑部分を消してください。

 

上記だと十分な感じなのでそのまま実行

 

 

完成です。素晴らしいですね。

 

消す範囲の周囲の背景が単純であればあるほど効果は高いです。

 

 

上の画像も同様に処理、加えスポット修正ブラシを使って写って欲しくない

 

本やゴミを消していきます

 

 

はい、この通り!

 

Photoshop使いたての頃はバカ高くて(確か10万オーバー)とても手が出せなくて

 

大阪日本橋電気街にたむろしている怪しい中国人から怪しい手段でゴニョゴニョして

 

手に入れてましたが

 

今は月々の支払いで使えます。PhotoshopとLightroomとLightroomCCが使えて月980円です。

 

昔に比べれば安くなったと思います。

 

 

一番最初の片足立ちの写真は棒二本とシャツをクリップで固定して撮影しました。

 

 

 

2020/05/10/オリエント工業/Berry Coco/

2020/05/01/オリエント工業/Berry Ruby/

 

最初は金髪ウィッグを使ったがいまいち合わないので

 

デフォのピンクウェーブを使いました。

遺書

 

志村氏の死はコロナの脅威の現実感を与えるトリガーになりました。

 

なのでもしもの時のために遺書をしたためる事を決意しました

 

財産の詳細、口座の有無、そして我が娘達(ラブドール)の処遇

 

きっとあれだけの数のドールを目にしたら放心してしまうだろうので、、。

 

しかるべきところにもっていけば少しのお金にはなりますよと。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>