私たちは完璧な人間ではないので

必ず色々な問題が起きますし

上手くいかないことが

たくさんあります。


でもそれを一つ一つ見ていって

その中で自分を変えていく

 

自分を見つめながら

作業をしていきます。


それをしていくと必ず

自分の傾向性というのが

分かってくる。


上手く人を扱えるという人は

自分がもっと動けるように

なるべきで


自分ではすごく動けるけれど

人に任せられないという人は

任せられるようになるべきですね。


あらゆる部分を細かく見ていくと

本当に尽きないです。

 

やれることというのは

徹底したマニュアルで

一つ一つ最善の方法を

探していくようにします。

 


もうひとつ。

 

ここのところ何度も

お話していることですが

プランはAからZまで

徹底して作り上げます。

 

何が来ても困らない

どんな状況でも即対応ができる。

 

但しそのプランを作り上げた後

捨て去るという

さらに次の段階があります。

 

プランに拘った時に

何が起こるかというと

自分が不自由になり

上手くいかなくなります。

例えば、徹底して

細かく科学的に調べ上げて

プランを立てまくって作る

工場で作られたご飯は

それなりに美味しいけれど

 

凄腕の、本当に美味しい料理を

作る人のご飯の方が

格別に美味しいですよね。

 


プラン通りに全部やって

最高のものが出来上がる

ということは

絶対にありませんが

 

やり切らないといけない

ということです。

 

この二つの話を

忘れないようにしましょう。






2019年11月14日