東京喰種:re 第6話【ネタバレ】 | ヲタクな日常革命!~taroのブログ~

ヲタクな日常革命!~taroのブログ~

アニメ・ゲーム・遊戯王など、様々なジャンルをレビューします!


テーマ:
第6話「その、果てに turn」

オウルとの戦闘に入った琲世であったが、

戦闘力の差か、一方的に追い詰められてしまう

一方、ナッツクラッカーと対峙する不知達

ナッツクラッカーのトラップの特性に気が付き、

トラップを逆手にとってナッツクラッカーを駆逐する

瓜江と六月は、什造と共にビッグマダムと対峙するも

マダムの俊敏な動きに翻弄され苦戦する事に

最後は、什造達鈴屋班がビックマダムを駆逐するのだった

オウルに苦戦する琲世だったが、そこにヒナミが現れ、

琲世(金木)を守ろうとするのであった

しかし、それでもオウルを抑える事は適わず、

最終的に、金木と向き合った琲世がオウルをダウンさせる


今回は、思った通りの名シーンの連続でしたね

軽く言って神回でもいいくらいの熱い展開だったと思う

特に、琲世と金木の対話シーンと第1期OPのコンボは、

このアニメを見てきた身として心に来るものがあったね

歌詞を今になって聞くと深いなと思う

僕の中に誰かいるの?と言う部分、それがリゼを指してたり、

琲世と金木を指していたりとどっちにも取れるので凄い

什造とビッグマダムとのシーンも印象深く、

鈴屋班の絆をよく表わしていてちょっぴり泣けました

後、瓜江と六月の成長もよかったよね

ナッツクラッカー戦でも彼女の最後の一言が印象的

結局、グールも人間と同じなんだよなと

人間とグールの物語がどうなって行くのか?

原作にも注目している次第です

taroさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス