太郎丸です。


これまで【太郎丸の常勝FXシリーズ】として下記の2冊のe-booksを発売させて頂きました。


【太郎丸の常勝FX-Ⅰ(初級編)】

【太郎丸の常勝FX-Ⅱ(中級編)】


これらは基本的にディトレードのe-booksでした。一部スイングに言及した部分もありますが、メインは5分足や15分足を使用したディトレードのやり方を書きました。おかげさまで2010.07.22時点で延べ300冊以上ご購入を頂きました。


(初級編)発行は2008年10月で、その後2009年4月にかけて(中級編)を発行しました。そのため、現在まで1年以上に渡って、ご購読頂いた読者の方とご質問などでメールのやり取りの機会があります。その中で分かったのは、コンスタントに週5日・1~2時間のディトレード時間を捻出できる方は意外と少ないという事実でした。


ディトレードというのはリズムも大切で、できれば毎日ほぼ決まった時間に1~2時間トレードできるのが良いリズムを作る秘訣です。


月曜日は2時間トレード、火曜日と水曜日は帰宅が午前様でトレードできず、木曜日は深夜帰宅だったが何とか1時間トレード、金曜日は週末なのでたっぷり4時間トレード・・・パートタイムトレーダーなのですから仕方ないとはいえ、こういうパターンで安定した結果を出すのは難しいことなのです。


私のe-booksを購入して頂いた方で、メールサポートでの何回かのやりとりからデイトレを止めてスイング中心に移行したらどうでしょう・・・とアドバイスした方がいらっしゃいます。繊細な神経の持ち主さんで、トレード中のストレスが大きいとおっしゃっていました。そのため、ロスカットは小幅にきっちりできるのですが、大きく取れるはずのところで小さなブレが気になってもったいない脱出をしてしまう・・・というパターンの方でした。いろいろアドバイスしたのですが、3ヶ月経過しても戦績は好転しませんでした。そこで、スイングへの移行をお勧めしました。仕事がお忙しく、週2、3日しかトレードできないともおっしゃっていましたので、その面でもちょうど良いと思ったのです。


この方の場合、戦績は劇的に好転しました。デイトレよりスイングのほうが保有時間が長いので、投下資金はデイトレの頃より少なくしているはずですが、月単位のゲインは10倍にもなったそうです。


また、トレード時間を確保することに問題がない方でも、デイトレよりスイング中心のほうが向いている方も結構いらっしゃいます。たとえば、5分足を使ってデイトレを行う場合、最新のローソク足で判断するための時間は最長で5分です。しかし、現実には何かアクションを起こす必要があるなら「執行」するための時間も必要ですから、実質的には3~4分で一つの判断をしなくてはなりません。


チャートの形やコンビネーションや線形が良い時は、10秒で「ポジションキープ」の判断ができる時もあるかと思いますが、難しい形になってきた時に、素早く決断が下せるかどうかはとても個人差のある問題です。更に、トレードに伴うストレスはタイムテーブルが短いほど大きいのが一般的です。


これに比べてスイングトレードは、日に1回ほぼ決まった時間にチャートを見て判断し、ポジションを持つか、ポジションをキープするか、エグジットするか、何もしないか・・・のどれかのアクションを起こすだけです。キープの判断などは10秒でできることもありますし、逆に難しい形になってきたのであれば、1時間考えても良いのですから、トレードに伴うストレスも小さいでしょう。


私の経験上、性格や資質的にデイトレ向きの方はそれほど多くはありません。全トレーダーの半分以下でしょう。これに「どちらかというとスイングのほうが向いている」という方を含めると、70%以上のトレーダーがスイング向きではないかというのが、最近の私の考えです・・・って、デイトレのe-booksを2冊出している私が言うのもなんですが(笑)


さて、私がどの程度稼いでいるか、興味のある方もいらっしゃると思いますが、キャプチャー画像などを掲載するつもりは全くありません(笑) ので、まあ、信じる信じないはお任せします。ザクッとした過去データだけを掲載しましょう。2009年1年間の集計です。月の獲得値幅は平均438pips(デイトレ換算値)でした。私はデイトレとスイングをやりますので、タイムテーブルによって投下枚数は変えていますが、これはデイトレード換算値(=50枚換算)です。


純粋にpips数だけで言えば、スイングがありますので3000pips以上でしょう。この内、スイング分だけを見ると、私のポジション保有平均日数は約3日でした。この時私は平均9.5枚でトレードをしていました。1ペア当りは1~5枚程度でしょう。デイトレの場合は最大100枚程度まで入ります。



ところで、ご購入頂くに際してご注意頂きたいことがございます。


まず、太郎丸はほぼ100%テクニカル派ですので「FXはファンダメンタルで勝負だろう!」というスタイルの方は、太郎丸のe-bookから得るものは少ないでしょう。また、為替差益を得るトレードについてのe-bookですので、スワップ金利差でゲインを得る方法などは書かれていません。


更に、自ら学ぶ姿勢のない方、何も努力せずに勝ちたい方、思うようにならないことは全て他人の責任だと考えている方も、太郎丸のe-bookから学ぶことはないでしょう。努力(トレーニング)せずに勝てる方法などは書いていませんし、ほったらかしの自動売買でもありません。チャートを見て、裁量でポジションを持ち、裁量でクローズする方法です。つまり、マスターすれば誰の力も借りずにご自分の裁量だけで勝ち続けられるのです。これが最高だと思いませんか?


もしあなたが、

・デイトレで思ったような戦績を上げられない。
・コンスタントにデイトレを行う時間がない。
・デイトレのストレスが大きく、旨くメンタルコントロールができない。


ということでしたら、【太郎丸の常勝FX(スイング編)】はお役に立てる思います。
太郎丸の1年間のメールサポートが付いています・・・が、今なら更に凄いサポートを用意しました。

それは 【太郎丸のポジション解説ブログ】 です。これは、原則市場が開いている平日毎日、スイングポジションの解説を私自身が行うサービスです。このサービスは基本的には有料(月1万円)ですが、今【太郎丸の常勝FX(スイング編)】をご購入の方には、1ヶ月間無料で参加して頂けます。


【特定商取法に基づく表示】は、こちら
【重要事項説明】は、こちら
【投資に係るリスクおよび手数料について】は、こちら


【太郎丸の常勝FX(スイング編)】
体裁:128ページ(PDFファイル)・ダウンロードにより購入できます。
19,800円です。


太郎丸のe-Books-btn20


チャートを見ながら解説を読みやすいように、e-book中のチャートはページ数を入れて最後尾にまとめていますのでここだけをプリントアウトするのも良い方法です。

お支払いはクレジットカード、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済、BitCashがご利用になれます。


太郎丸のe-Books-credit_logo_1

太郎丸のe-Books-credit_logo_3

太郎丸のe-Books-credit_logo_2

太郎丸のe-Books-credit_logo_4


【ご注意】
【太郎丸の常勝FX(スイング編)】は名前の通りスイングトレードに特化したe-bookです。
ディトレードについての記載はありませんのでご注意下さいませ。
デイトレであれば、レベルに応じて下記をお勧めします。

【太郎丸の常勝FX-Ⅰ(初級編)】

【太郎丸の常勝FX-Ⅱ(中級編)】


※太郎丸は私のe-booksを正規の方法でご購入頂いた方を全て掌握しております。非正規の方法で手に入れられましても、メールサポートは行いませんし、ブログにもご参加頂けません。非正規の販売主には当然個々に法的手続きを取りますが、場合によってはご購入者様にも不利益がある可能性がありますのでくれぐれもご注意下さい。



*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
AD