うにとベルの海辺の生活

うにとベルの海辺の生活

海の見える部屋で暮らす
でか猫『うに』とグラサン猫『ベル』の
日々のこと。

上から読んでも下から読んでもみたいにしたかったけど
なりません(笑)


いやー
フルタイムで働くと
ブログが書けないもんですね

10年振りのフルタイム
しかもおっさんと猫の世話付き
毎日おおわらわです

書きながら寝ています

運命の石との出会いを書きたいのに!

昨日の宮島管絃祭でのハプニングも書きたいのに!


とりあえず
楽しく働いていますよ

毎日会う鹿とはもう
とても仲良しです

角がかなり伸びてきました

いつも同じ場所にいます

トナカイみたい

カッコイイね


毎朝
すれ違いざまにみんなを触ります


眉間から背骨を通って尻尾までを
ズルズルっと

私が危害を加えないことをわかっているから
警戒しないし

ご飯あげないこともわかっているから
カバンの中に顔を突っ込んでくることもありません

どっちも立ち止まることも無く
すれ違いざまに撫でて撫でられて

こんな関係になれるとは思ってもいませんでした

可愛いです🦌


なんでわざわざ撫でるのかって?


鹿は怖くないですよ
危害は加えないし
触っても逃げないし怒らないし

ってことを
観光客に伝えるため

現地の動物と触れ合うのと触れ合わないのとでは
旅行の思い出具合が変わりますからね

楽しかった思い出作って帰っていただきたいです

早くも宮島側の人間です

勝手に観光大使です(笑)


信用金庫でお金おろしていたり

あなご飯食べに行っていたり

たちまち(とりあえず)おでんとビール!って言ってたりします

鹿、可愛いよチュー