今日もユノがすき。
  • 14Nov
    • ”11月・・・そして(NovemberWithLove)”

      ブログ管理画面を開くと、アメブロさんが〝○年前の11月にこの記事を書きました〟と自分の記事を紹介してくれまして。。すっかり忘れていた過去記事を読んで、11月だからリブログしちゃおっかな♪とそんなノリですみませんリブログさせていただきます。3年前、ユノが入隊中、ちょっと寂しかった11月にこの曲を聴きながら心に漂っていたことを書いた記事。もう、かなり遠いことのように感じてしまう。。入隊前の予想では、しばらくは泣いて、ちょっと落ち着いたらDVDを観たり過去記事を読んだり諸々しながらほのか~な熱量でユノを待つんだろうなと思ってた。ところが実際は、姿をみることができない飢餓感や心配で愛しさがつのり久しぶりに姿を見れば夢中になり、漏れ聞こえてくる美談に喜び過去動画を振り返って昔のユノまでも惚れ直して・・・結局さらに熱く、濃くなっただけだった(笑)。でも上の記事みたいにユノの声を聴きながら静かに内省した日もあったな。まあ結局会いたいとか、ユノ切れって書いてるけど^m^何よりユノの健康と無事を願い、転役の日を待ち続けて毎日意識のどこかでカウントダウンしながら祈った日々。今、自分の心情はその時と似ている。ユノが元気でいてくれたらそれでいい、朝と寝る前に祈ってる。前の記事でも書きあぐねたのだけど私はいつからか「信じてる」という言葉を使うのを躊躇するようになって。それは、信じてないからじゃなく、それを発することでどこか相手を囲い込むというか鎧を着せるように感じて、ストレートに使わなくなっていた。でも今はユノが望むなら何度でも言いたい。海を越えて聞こえるくらい大きな声で、10回でも100回でも1000回でも。ユノのことを信じてるよ。・・・でも信じてるってなんだろう。疑問がわいて自分に問うと“自分を信じているユノ”を信じる、と浮かんだ。だから、もし今ユノが自分を信じられなくなったのなら私がその分信じるよと。禅問答みたいでだけど、じゃあ、ユノの何を信じているのか?ユノは、自らが心を開いて分け隔てなく人と接する人。夢や希望を持つことで可能性は拓けていくと信じて、それを語り、自分も夢を追う人。困っている人に手を差し伸べ、人を賛美し、周りを笑顔にする人。いつか、経済的な理由でチャンスがない人のために学校をつくりたいと未来を描いて忙しすぎるスケジュールを笑顔でこなし、ファンパボと言われるほどファンを愛し公人であろうと可能な限り自分を律している。言葉よりも行動で、全ては人生を懸けているステージでみせよう、そこで死んでもいいと命がけで舞台に立ち、その一瞬を全力で生きる人。そんな風に時を重ねて、縁を大切にし、道中にできるだけ多くの人と微笑みながら人と共に幸せな道を歩みたいと願う人。一言でいうと世界平和を純粋に願っている人。だからそこには、国や故郷愛、アイデンティティはあっても国境はないんだよね。これが私の信じているユノ。ずっと、揺るぎなく私の心に住んでいる大切な存在。信じてる。ユノは困難から立ち上がること。自分らしくまた歩き出すこと。それまでは、自分を大切にしてね。そうはいっても、来週は東京ドームでコンサートがあるからあまりゆっくりできないけど、ユノが心ほどいて笑える人、温かく支えてくれる人と一緒にいられたらいいな。と、いつも以上にユノのことを考えながら来週の自分の初日に向けて、心の純度を整えようとしてる。あたり前のことなんかない。だから、まだ何度か参戦するけど、一度きりの気持ちでステージに集中したい。初めてコンサートに行った日のように、入隊中やっとユノの姿がみれた時のように。転役後のSMTでユノの登場を何時間も待った時のように。今無性にそんなモードです(*^^*)今ユノに贈りたいお花は、ピンクのマーガレットかな。お読みいただきありがとうございました。遅出からの出張でバタバタ投稿です(^^;)随時加筆修正するかもしれません。

  • 10Nov
    • はじまるね^^(何度か追記w)

      ※ 最初は11/9 明け方5時頃にUPしました。愛はお互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである。Love does not consist in gazing at each other,but in looking together in the same direction.サン=テグジュペリ(フランスの作家、操縦士 / 1900~1944)自分にとって格言というか、確信かな。愛が甘い言葉だったころは、そういうものかもね~と雰囲気で受け止めてでもやっぱり自分を見つめてほしいと思ったものだけど今は、愛はもっとタフで、覚悟を伴うものででも穏やかな時はありふれた日常そのもので、つまりは尊い。ユノへの思いもユノの存在も愛そのものでだからずっと一緒に歩き続けるんだろうなと感じてる。ユノはどんなに遠くても近くに感じる特別に大きな星。もうね、信じるとか信じないじゃなくて、常にある存在。自分は大勢の中の小さな一粒でいられれば十分で願うのは、ユノがただ心から無邪気に笑っていること。大すきなステージを思いっきり楽しんで幸せでいてくれたらそれだけで・・。ユノ、アンニョン。今日からツアーが始まるね。本当に、日程的にも環境的にも大変な中、準備をしてくれてありがとう。まずは全公演怪我なくできることをお祈りします。そして、全ての会場でユノに温かい空間でありますように。UKのうちわをたくさんのユノペンさんが持っていくよ。ここ数日、Twitterで思い思いのうちわがUPされてて、みていたら涙がでたよ。ユノペンさんがユノを応援する強い意志を感じた。急に夜中にうちわをつくったり、参戦を決めたり十分大人な男性に対して、全力で守りたいと、今こそ愛を伝えたいとそんな衝動に駆られるのは本当に大切な人だから。もうこれ以上、ユノが傷つくことが起こらないで。いつも明るくふるまっているけど寂しがりやで「僕から離れないで」と、心のうちを歌詞にのせて揺らぎの優しい声で打ち明けるように歌うユノ。愛さずにはいられない人。makura 様【[発音ルビつき] 11月...そして(November With Love)/東方神起ユノ】https://www.youtube.com/watch?v=RGZRGgVz0mQ11月になると毎年欠かさず聴いて、ここから冬が始まる。雪のきらめきや儚さ、澄んだ空気を感じる素敵な曲。少しは眠れたかな。初日行けないけど、大成功を信じてお仕事がんばるね。ということで、何か書きたいと思いつつ、、アナログトリップにハマり、癒され、のほほんとしてたら、もうツアー当日!慌てて書いてみたけど、恐らく今までで一番短い記事かも( *´艸`)アルバムXVについて個人的な感想を述べると「びっくらこいた!(びっくりしたを超えてます)」だった。circleコンやユノソロ最高祭りの後だし、曲は個人の好みだからお察し頂いてそれでも『ホタルの涙』は、絶対に泣くだろうと思ってます。しかも、ユノが歌う「まだー」の二言で。私は東京ドームが初日で福岡は行けないけど、ドキドキしてるし本当は今すぐ飛行機予約したい気持ち。参加されるユノペンさんでもし読んで下さった方がおられたらどうぞユノをお願いします!たくさんたくさん、声援をおくって下さい。可能なら、遠くても団扇や声援を・・どうかお願いします<(_ _)>まずはツアー初日が大成功で、みんなが幸福感につつまれますように以上です。お読み下さってありがとうございました。動画と画像をお借りしました。**追記 11/10(AM)先月色々ざわざわしていて、ユノのことがとても心配だったので同じ気持ちだろうユノペンさんに声をかけてビタミンユノペンとして、ユノにお手紙をおくりました^^10月26日(土)に急遽思いついて、翌週31日(木)の締め切り、しかも全員韓国語指定という鬼っぷりでも頑張ってくれました(アリガトウ)。ツアーが始まる前に、できれば福岡に発つ前に、ユノに真っ直ぐ「大丈夫だよ」と「大すき」を伝えたかった。実際にすぐユノのもとに届いたかわからないけどみんなのあふれ出る気持ちはきっと、郵便よりも早くユノの心に直接・・ね(^-^)と、こそっとご報告です!あと、数カ所誤字や言い回しの補正をしました。急いで書くと言葉がしっくりこなくて・・失礼しました。また追記!^m^ (11/10 23時ごろ)9日初日のユノの最後の言葉でダメージをくらって(ツイより)正直ちょっと個人的に悲しい事や大変な事もあったりしたけど皆さんの笑顔を見ているとステージのユノになるんです。ほんとに僕の事を信じてくれる仲間だと皆さんの事を思っています。(深くお辞儀してから)・・・大好きです。※ 何名かのレポを読みましたがそれぞれ若干違います(おおよそこの感じ)今日の朝はやり切れない気持ちになって涙が出た。少し考えて、ユノが胸のうちをステージでファンに明かしてくれたのは心を開いているからだと感じてそのことは良かったと思う。でも胸が痛んで、、ユノが心配で。。そんな中、2日目(今日)のステージではニコニコしていて元気だったみたい。1日目と2日目でユノのうちわをじっと見ていたり、サムズアップしたり嬉しそうにしていた様子が流れてきた。ユノへの声援も多かったみたい。全てを発散するステージで、歌って踊って、みんなの氣を受けて少しづつ癒されていったのかな・・まずは福岡終了!ステージの画面や構成では見えにくさ等々あるようだけど怪我や大きなトラブルなく2日間まずは終わった!!お疲れ様でした次の東京まで少し静養出来るといいな。昨日と今日の素敵ユノさんをツイからお借りします。ひーーーー!!!ユノにはムリしてほしくないけどやっぱり笑っていると嬉しい。笑おうとしているようにも感じるけど・・そんな時こそ、大すきなこの曲をユノに贈りたい。TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA OFFICIAL 様【Diamond In Your Heart (vocal:細美武士) / TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA】https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=U68ov4pmwAs&feature=emb_logo気高く進め全ての力を使って最も遠くまで行くんだ心の奥にあるダイヤモンドお前の「神秘」のタフでピュアな部分夢を諦めるな もし時間を無駄にしている気がしたとしてもユノに届けたい言葉でもあるし、同時に陽気なエナジーがとっても心地よくてこのライブにユノを引っ張っていって、一緒にピョンピョン飛びながら笑いたい。難しいことも、悲しいことも、何も考えずに。心も体も開放して・・・ただ音を楽しむのもいいよね。次の東京で1日だけだけどユノに会える。それまで日常を頑張って、UKうちわ持って笑顔をユノに届けるぞ~!!!度々の追記で失礼しました。もう最後です(笑)11/13 我慢できなくて写真追加しました。。。

  • 23Oct
  • 07Oct
    • TVXQ! CONCERT –CIRCLE- #with in TAIPEI

      時間が無い時に追記しようと思って手を加えたら収拾つかなくなってしまって外出が続いてそれっきりになってしまい・・・:(ヽ'ω‘):失礼しました。以下は9月28日の記事ですが、結構補足と修正が入っているので最新日付で再アップします。あ、あと、既にいいねをして下さった方で内容的に「ん?」と思うところあったら遠慮なく外してくださいね*************************************毎度のことながら、かなーーり今さらですが💦台湾に行ったことを少しだけサクッと書いてみます(*´罒`*)イヒヒといっても今回動画も写真も私の記憶も少なくてあんまり情報がないので、ただの備忘録として、、です♪改めましてTVXQ! CONCERT –CIRCLE- #with in TAIPEI行ってきましたー!2019年9月7日(土)会場は、台湾、台北市 新荘体育館。↑正面入り口を振り返ると、こんな景色↓私はいつものんびり会場入り派だけど、海外公演では周辺の賑わいが楽しみで19時開演に対し16時半ごろには会場前に到着!他の方と比較すると決して早い方ではありません(笑)。早速、目に飛び込んできたのはStand by U-Know 様のYunho Party。パネル諸々を設置して賑わっていました部屋に飾りたいこちらも。↑なんとなく不自然なのは↓これが飾られていたからどこまで許容するかの違いで・・でも、その大らかさが私にとっては相容れないものだったりするんだよな・・。私自身は今までこちらでグッズを買ったことがなかったけど今回サポートでゴタゴタした件は「ユノのサポートになるなら」とか「かわいいユノグッズ❤」と喜んで賛同していたユノペンさんから無邪気さを奪ってしまったのでは?と感じている。ショックを受けていた人も多かった。国民性の違いとくくってしまえばそれまでだけどここに至る背景、さんざん公式諸々から理不尽な目にあってきて純粋にユノ応援につながるものしかお金を使いたくない!状態のユノペンさんが増えているわけで。2人を応援するようにと事務所の指示があったにせよ(それ自体ありえないけど)事前にアナウンスなく、彼のソロ応援から始まるサポート内容を突然提示されたら笑って流せる話じゃない。その後のゴタゴタ(SBUさんの応答からのユノオンリーをアク質認定したい人たちの登場)は思い出すと腹立たしく、後味が悪い。当日どうなるんだろうか?と思っていたら、会場周辺では狭いスペースにひしめき合ってお祭りを楽しむ人ばかりだった。こちら↓長蛇の列に何となく並んでみたけど、事前予約者のみと知り写真だけパチリ。現物を拝めなかったので、近くにあったミニパネルを撮影。つくづくユノってモデルにはまるなぁ~♥と。スラリと颯爽としててかっこいいのにポーズをとると可愛くなっちゃうんだもの(´∀`*)ウフフ・・・と、ちっちゃなパネルに向かってニヤケて1人脳内ユノ絶賛祭り開催。。。テンションおかしくなって隣にあったチェジュの神袋(←誤字ではありません)まで接写!そんな雰囲気に浮かれて、今回ゲットしたお品はこれ。https://twitter.com/StandByUknow代金の20元(日本円で約70円)を支払う際、募金箱みたいなものにお金を入れてグッズを受け取った。準備できる時間も限られるし、こちらが知りえないご苦労もあるだろうけど双方納得の上で永続できるカタチで公明正大に寄付が行われるならシンプルにいいことだと思う。ただ、今回のグッズの原資はいつの、どこからのものか?自分的にはお金を払って受け取る形式だったのでスッキリしてしまったけどもし次の機会があったらしっかり確認して、納得した上で自分のあり方を決めたい。話しは変わって。今回、台湾でcircleコンが行われたことがすごく嬉しかった。というのは、去年も台湾で大きな地震があって、震災直後に少し寄付をしたけど個人ができることとして、可能なら旅行して現地で楽しく消費しながら台湾を感じることができたらな~と思っていたから。もともとが日本の311日本大震災の時に真っ先に支援に名乗り出て、253億円もの資金を贈ってくれたと知ってから台湾には感謝の気持ちがずっとある。https://rocketnews24.com/2012/03/12/191921/感謝にまた感謝をして支え合うことで、みんな大きな一つだと感じさせてくれる。http://news.searchina.net/id/1605371?page=1この記事↑の最後にあるように、対話が必要なことがたくさんあるけどそれでも、利害関係が衝突したとしても、友和の心が根底にあって民間同士に親和性があって理解しあおうとするならきっと・・と希望を感じることができる。とまあ、台湾に行った時点で結構な感動モードで観光も楽しむ気満々だったんですさて、そんなこんなでウロウロしていると、何人かのユノオンリーさんとお会いできたりして楽しいひとときを過ごしたゆるっとした幸福感に浸っていたけど、本番はこれから!!いよいよ入場。今回、携帯含む個人の撮影に対してけっこうな厳戒態勢だった。入口手前でジップロックタイプの携帯封入用ビニール袋を受け取りそれに携帯を入れてからじゃないと入場できなかった。・・・まあ、そうはいっても透明な上にすぐ取り出せちゃうんだけどね。。( ˊᵕˋ ;)💦ということで、コソッと会場内はこんな感じ。でも、動画を撮っていた人はセキュリティに注意され、次は退場だと警告されていた。ソウルや香港の時に比べると、断然撮影環境は厳しかった。これが本来なのかもしれないけど・・。上の写真は特Bエリアからの様子。会場を見回して特徴的だったのが、体育館というだけのことがあって1階(ステージと黄色とピンクのゾーン)と2階(水色、青、緑)とがやや分断されてる感じ↓※ 別の公演です。あと、スタンディング(ピンク)は一列目を死守できればバクステに来た時、超最高だろうな~と。私はユノサイドのBを購入したけどcircleコン常連さんはAを購入している人が比較的多かった。『Before you go』と『Sooner Than Later』狙いで。『Before you go』はサイドチェンジもあるし、まあいいとして確かに『Sooner Than Later』を目の前で観たい!!!ということで、セトリ。【VCR】BounceSomething너는내꺼(君は僕のもの)【MC】Truth평행선(平行線)Tonight【VCR】Follow운명(運命)Sooner Than LaterBefore you go【MC】Lazybones믿어요(ミドヨ)【VCR】Beautiful stranger【VCR】Vertigo 현기증Mirotic(呪文)【VCR】Wake me upHugBaloonsDream【VCR】MaximumWHYRising Sun【アンコール】VCRMorning sunHi ya ya【MC】circle【MC】本当に・・・韓国の楽曲は好きな曲だらけ。日本の楽曲は、やっぱり私は満足できないことを新曲で再確認した。Showtimeの幕開け✨を感じさせる華やかでGorgeousなトンバンシンキのユノをぜひ日本でも披露してほしい。そのためには、circleコンを二夜限定でもいいから(本音は5日)カムバックさせてアジアツアーの集大成として一大マーケットの日本で。待ってるユノペンさんがたくさんいる。海外にはそれぞれの環境で参加が厳しくても日本でやってくれれば多くのユノペンさんが、また違ったユノに会える。それに東方神起にフラグが立たない人たちも動員できますよ。ただし!ライティングはもっと明るく、ライトの強さと方向とタイミングもプロらしい仕事をした上でね(今回もライティング全般に不満あり)サンドーム福井でやってくれたら最高だけど・・キャパが問題だわ💦さらに身勝手な主観を続けるととにかく今回参戦して痛感したのが、日本の東方神起だけ異質だということ。日本向けに、日本のためにつくられた東方神起とソウル、香港、台湾で目にした、彼らの言語で話すトンバンシンキ。ユノはそのどちらも全力で素晴らしいものを魅せて、楽しませてくれようとしていることは重々承知な上で、日本の企画・演出(マーケティングも)に問題を感じる。コンセプトとして日本の東方神起はガラパコス化の極みだなと。つくり込みすぎてワンパターンな楽曲。ごめんなさいだけどどこかで聞いたような歌詞。ステージパフォーマンスありきのアルバム。そのステージでは正直、毎回ダンサーが多すぎて・・いつのまにか大所帯。迫力を出そうとしているのか、ハードな曲ではダンサーを引き連れた群舞がパターン。その中でtriggerとJungleは今も秀逸だと思うものの新曲とその前曲を聴いて、またこのパターンかと。男らしさ、スタイリッシュ、または2人の絆?つくられた固定的な人物像。。これまでの延長路線で、結局、過去の成功にとらわれた内向きのベクトル。トンバンシンキでは、楽曲もパフォーマンスもステージも毎回新たな世界観を感じる。好み云々はさておいて、それぞれに明確なコンセプトがあり音楽のジャンルも新鮮さがあるから、今度はこんな感じね♪と楽しめる。歌詞がわからないのになんかわくわくしたり、切なくて胸が締め付けられるのは歌う人の心の投影と、楽曲の力。『Tonight』は毎回涙がでる。ずっと歌い続けてほしい壮大な名曲。『Truth』では、独特の哀愁を感じて『Vertigo』はセクシーさと切迫感を感じさせる曲。2人それぞれの声にとても合っている。『Bounce』・・Showの幕開けにふさわしい華やかな楽曲。定番曲含め、他にも取りあげたらキリがないから割愛するけど過去曲をうまく取り入れ、アーティストとしての経験を活かしながら新しさと洗練、親しみ、重厚感を感じさせてくれる。等身大のアーティストとしての躍動というのかな、今を生きている感じがする。やっぱり韓国楽曲とステージが圧倒的にすきだな。さらなる改善、改良は日本のお家芸のはずなのに、こと東方神起に関しては停滞で・・結果退化していると感じる。辛口でごめんなさい。ある意味、ビギ向けとそれ以外では全く楽曲の世界観もターゲット層が違うのだから日本で開催する意味があると感じるのです。去年の5月、ソウルで「CIRCLE #welcome」として始まり7月の香港、8月のタイ、今年3月のソウルアンコン「TVXQ!CONCERT-CIRCLE #with」からのアジアツアーと題して7月香港(同月のマニラは中止)、8月インドネシア、9月にラストの台湾・・と回数は少ないものの足掛け1年5カ月のステージは、芸術として完成していてそのままどこかの国でポンと開催できるミュージカルのように感じた。だからあえて、ピリオドを打たないでいつかまた、「#Replay」とか「#Revival」・・「#&more」なーんて感じで登場してほしい。本気で願っています。その際には、照明は全面的に絶対に見直すべきだし、カメラ割やモニター構成で観客が自由かつ存分に、みたいものを見れるように選択肢を与えてほしい。芸能の中に埋もれてはいけない芸術があるんですよ。芸術を愛でる観点で・・・事務所さん、いい加減本当に頼むよ。。。と、つらつら書いたけど、当日はユノへの声援をとにかく思い残すことなく叫んだ。『Follow』の時には、声裏返ったり必死すぎて隣の若いカシちゃんにちょっと笑われてた本望じゃ。今回のイベント。台湾カシちゃんが、中国語、日本語、英語、韓国語で用意してくれました。ありがとう♥ (これが今回のサポートなのか??よくわかっていない💦)会場での様子は、私の周りではやる気はあるものの出すミッションが頭に入り切らずみんなワタワタしてて、逆向きに出しているのをどこかの国のカシちゃんがジェスチャーで指導するなど微笑ましい感じだった。一貫して会場に流れていた、温かく従順で情熱的な空気からみんな東方神起を愛しているんだなぁと感じた。とても幸せな空間でした✨動画を探したけど無くて・・少しグラグラするけど大すきな『Sooner Than Later』を。これ、A側にユノがいて、B側のモニターにはB側にいる彼しか映らなかったので現地ではほとんど観れなかった。。動画DENISE JCCHEN 様【Sooner Than Later】https://www.youtube.com/watch?v=JWupP4-cn38最高!!視線を惹きつけて、ゆったり歩きながら、余裕の笑顔を振りまいて音楽に合わせてアレンジを加えるユノにノックアウト!!の後の、スイッチオンした官能的な表情。ヨジャに群がられて振り払うとことか、気まぐれにねっとり絡むとこも最高次はAゾーンでみるぞ~ってないよーコンパクトにまとまったハイライト。!t Live 様【TVXQ! 동방신기 CONCERT -CIRCLE-#with: IN TAIPEI Highlight Clip】https://www.youtube.com/watch?v=EUEZsqbYugkおしみない歓声と、『CIRCLE』の合唱の余韻を残して、終わってしまった。終わって数日後かな?ツイで流れてきた写真にくぎづけになった。特に加工をしてない画像だとしたら、とても不思議な光というか神秘的で。バックに斜めに天井から入るライティングとは別に、赤と、白に近いシルバーのオーラ?レンズへの照明や反射の写り込みかもしれないけど実際に私は、今回ステージ中に双眼鏡でユノの周りの空気がキラキラしていたのを何度も目にしていて・・人は氣を発しているから・・特にステージのユノはとても高いエネルギーを発しているから自分的には何がみえても不思議じゃないというか。。その流れで、オーラカラーの解説を読んでみたらすごく興味深かった。https://arcangel.jp/spiritual/spiritual-aura/aura-collar/white-silver/それはともあれこの「魅せる」世界観に没頭しているユノの全ての瞬間が美しい。流れる動作の中で、次の頂点までの一瞬の解放。アーティストとして命の鼓動を感じる写真から色々考えて、最終的に先日読んで感動したブログがつながった。一流が到達するパフォーマンスの極地。重ねられた気の遠くなるような時間とその長さだけでなく、深く深く精神的に研ぎ澄まされていく感覚。まさに、哲学者のような。http://tamesue.jp/blog/archives/think/20190917 私のパフォーマンス理論 vol.37 -注意の向け方について- 2019年09月17日 我々は世界をあるがままに見ているのではなく、注意を向けたものを見ている。よく人は見たいものを見ているというが、無意識に注意が向いている場合も 多い。注意がどこに向かっているかによって自分にとっての世界は変わる。 注意を向けない世界は非言語の世界だ。仏教的に言えば何も分かれていない 無分別の世界、本来無一物の世界と言える。例えばジル・テイラーが奇跡の脳という本の中で、脳卒中で左脳がやられた時私と壁の違いがわからなくなったと 書いている。このような世界では非言語であるがゆえに切り分けもなく、自分と 外界も切り離されていないので、注意の方向もない。つまり自分も含め世界は 全て一つであり、それを場所によっては有であると言ったり、無であると言ったりする。 通常私たちは言葉で世界を分け、注意を向ける先を意識的無意識的に選んで いる。そして言葉の切り分け方は人によって違う。例えば足腰という切り取り方をする人は、足腰全体に矢印が向く。ハムストリングという人はもう少し細分化 された部分に矢印が向かう。内転筋の付着部辺りに注意が向けられる人は、 その一点に注意が向かう。右足で地面を踏むと言った途端、その足が地面を 踏む瞬間に注意が向けられる。このように言葉は、言葉がその形やイメージや 関係性をはっきりさせ、外界と切り離す効果がある。だから注意を向けるという 行為は、言語で分別された世界の、どこに矢印を当てるかということになる。 競技者にとっては扱いづらい注意をいかにして扱うかが上達のカギを握る。 例えばハードルを跳ぶ際に、ハードルの上をすり抜けることに注意を向ける場合と、地面を蹴ることに注意を向ける場合も、”するっ”とした擬態語的動きに注意を向ける場合もある。注意を向ける先が変われば動きは変化する。難しいのは 変えたい対象そのものに注意を向けたからと言ってそこが変わるとは限らない 点だ。右足を前にだしたいと思っている時には、右足のことを考えるよりも右腕を引いたほうが前に出るということが起こる。さらには右足はみぞおちから始まっているのだと、架空の身体をイメージしそこに注意を向けたほうが大きく前に足が出るということが起こる。 この起こしたい動きと、それを引き出すボタンの関係性を理解するには、あちこちに注意を向けることを繰り返すしかない。陸上競技は反復行為がほとんどだが、やろうと思えば全ての走りで注意を向ける場所を変えることもできる。注意を向けた先と動きの変化を観察し、そこから法則を学ぶ。私がある型を教えるのではなく、一見競技と関係のなさそうな動きを進めるのはこの関係性の理解をしてほしいからだ。身体の図式が出来上がり、どこがどこに影響しているかが理解できれば、出したい動きを出すことができるようになる。決められた動作しかできないようにプログラミングされた選手は、成長や老化によって自分という個体の条件が変わった時に、再適応できなくなる。注意の向け方が中途半端な選手は、反復が文字通りただの反復にしかならず関係性が理解されない。 注意を邪魔するものはたくさんある。そもそも注意がどこに向くかは意識的な世界と、無意識の世界がせめぎあっている。よく走高跳や走り幅跳びで選手が試技の前にいろんな動きをするが、あれなども注意を向ける先を絞っている効果がある。気が散るとは注意が動いてしまうことだ。自分の注意が何によって引きずられやすいのかは観察して理解しておくといい。それを使って注意を扱うことも、またそれを避けて注意を高めることも可能だからだ。 細部に注意を向け続けると、次第に全体に歪みが生じることがある。いわゆる視野が狭くなりブラインドスポットができる状況だ。だから競技者は注意を細部に向ける時と、全体を見る時を繰り返す必要がある。虫の目、鳥の目とも言えるか。私の考える注意の向け方には、三種類ある。見る、観る、眺めるだ。後半に向かって徐々に俯瞰が強くなる。見るは、自分も対象物もはっきりしている。注意を向ける先も明確だ。観るは、注意を向ける先がぼんやりしている。三人目の前にいて、三人の動きをぼんやり追う時などは観る動きに近い。焦点を合わせずぼんやり中央を観ている。眺めるはさらに距離を取り、眺めている自分自体もぼんやりさせる。どこかに注意を向けるというよりも佇んでいるというのに近くなる。ぼーっと海を眺めている時に、携帯が鳴ってハッと我に帰るときがある。あの時の自分と海の関係性が曖昧に漂っている状態、あれが眺めるに近い。 見るは細部に注意を向けるのに適していて、観るは全体の動きに注意を向けるのに適している。眺めるは、全体の中からある要点を抽出するのに似ている。見るは上手くなるが行き詰まる。観るは自然だが具体的ではない。眺めるは難しいがいきなり要点を掴める。余談だが、引退してコメントをする職業をするときはこの眺める感覚がとても近い。自分も対象も社会の空気もあるべき意見も一旦捨てて、ぼんやりとしながら中空からいきなり要点を掴む。そうすると隠れた見方が出てくることが多い。 動きの際の注意の向け方は難しいが重要だ。パフォーマンスとは動きであり、動きとは連動だからだ。連動するものは中心点が瞬時に変わっていく。いやないとも言える。この変わりゆく動きのどのタイミングのどこに意識するかでパフォーマンスは変わる。時にはそれが身体を外れ中空のどこか一点というときもある。身体を外れたところに注意を向けたほうが結果として身体を上手く扱えることもある。動きでは一点に注意を向け続けるよりも、ぼんやりとしたイメージに注意を向けていたほうがうまくいくことが多い。私は、川で平たい石を投げて水切りをするが、あのようなイメージで自分の走りを捉えていた。注意を向ける先は身体の部位ではなく抽象的な動き自体だった。 注意は地味だが威力がある。注意を扱うことが癖づいた人間は、何を観察させても学べるようになる。 元トップアスリートの為末さんは、社会貢献を語り、その実践者でもあり「走る哲学」という本も出版されているらしい。http://tamesue.jp/aboutそんな側面からも、私たちの大切なステージの哲学者ユノとつながるけど絶え間ない努力の先に到達する境地にいる感じが共通している。文面のこんなとこは特に。「この起こしたい動きと、それを引き出すボタンの関係性を理解するには、あちこちに注意を向けることを繰り返すしかない。(中略)注意を向けた先と動きの変化を観察し、そこから法則を学ぶ。」(為末氏)今までふとした場面で思い出してきた8年前のユノの言葉(2011年エル・ジャポン8月号)とつながる。「ダンスも歌もそうなんですけども、僕は自分自身をよく知ることが重要だと思いますね。ダンスは人によってキレイに見える角度が違うんですよ。自分のボディに合う『線』があるんです。それを鏡を見ながら見つけるんです。踊りながら、どの『線』がいちばんキレイに見えるのか。それを見つける能力を実力とは別に『センス』っていいます。」この一点を見つけるために費やされた気が遠くなるほどの時間。自らの努力についてはあまり語らないユノだけど、その重ねてきた時間は2014年の韓国SBSの番組(〝極めて競争の激しい分野のトップになるには1万時間かかる〟という一万時間の法則に着目し、人物にスポットを当てて紹介)の中で語られた。1日10時間の練習を3年半、1万時間という練習と熾烈な競争の過程を通り抜けなければならなかったと語り、自分はゆっくり上がってきたのだと、世の中には苦労なく簡単に手に入るものはなく、練習も同じだと語っていた。参照◆NAVER記事(記事内に動画)「SBSスペシャル-決心!1万時間の法則」https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=055&aid=0000272430◆KPOP STARZ記事東方神起ユンホ が苦労を告白、「僕はゆっくりゆっくり上がってきた」http://japanese.kpopstarz.com/articles/12870/20140219/tvxq-yunho.htm初心を忘れないようにして努力を重ね、自分を見つめながら努力したユノ。この時からさらに5年たってもそれは全く変わらない。もしかしたら今も、レッスン室で鏡と向き合って練習しているかもしれない。シンと澄み切った空間で、靴音を響かせながら。。あとここも。「私の考える注意の向け方には、三種類ある。見る、観る、眺めるだ。後半に向かって徐々に俯瞰が強くなる。」これ、きっとユノもやってるだろうな、と。レッスン室の鏡に向かって自らの『線』を探す=見るやカメラモニターで全体像を観る、あるいはそれを携帯の画面で縮尺を変えて観る。時に、観客席から眺める、のように視点と焦点を変えながら絶えずより良いものを目指していく。だからいつまで経っても新しいユノに魅了されるんだと。この美しさはそうして出来上がっているんだと、痛感した。※ 台湾でないCIRCLEコン画像です。そんなユノをもう見逃したくないよ。次こそはマルチアングルでの展開を切に願う。本当に、ただ好きというだけじゃないんですよ。。それと、やっぱりソロアルバム第2弾とユンホショーを願い続けてその日まで、ユノの応援を楽しんでいきたい。最後に、ツイで愛あふれる動画に涙してしまった。 🌈Remember this colorful summer ✨#정윤호 #유노윤호 #Follow #Truecolors #유노윤호RGB #ユノ #ユンホ #Yunho #닛산리프 #브로앤팁스 #콜롬비아나마스터 #동방신기 #東方神起 #TVXQ #XV pic.twitter.com/7PUBLcqGG9— 🍓🐰berry bunny (@zzzooo206) September 22, 2019そう。いろんな色と溶け込みながらあなた色で笑っていてね。動画諸々色々おかりました。時差ある上に雲隠れする記事を読んでいただいてありがとうございました。

  • 05Sep
    • ”楽しい・・・のでしょうか” からの派生

      追記で続きをサラッと書くつもりがあまりに時間が経ってしまってしかも長くなってしまったので、この内容から派生したマインさんの記事について個人的に思うことを書いてみます。以前は翻訳を読んでお世話になったこともあったけどすっかり行かなくなった。なぜなら、ファンスタンスの違い以前の問題として、彼女の訳からは外国語を理解する上でタブーの「自論への誘導」を感じるから。英語でも韓国語でも翻訳をする方は個人の感情や主観を排除することに注力して話し手の言葉に忠実に訳すことが原則。感想があるなら別枠に書くものだけど彼女の訳は理解を促す補足を超えて、自分の感想をおり込みながら書いている。ということは、主旨を理解する際に訳者の感想に色付けされたものが基礎情報として記憶されていくことになる。今回の記事の中では、例えばここ。https://ameblo.jp/pinguino23/entry-12510052429.html ⑧8/10ぎゅTVチャンミン〈訳〉* * * * * * * * * (抜粋)C:僕は本物の目撃者ですよ、皆さんG:一度見たらだめ?C:その歴史、でもよくない、あ、出たねG:やめようかC:もう出たから。(動画を見る2人)僕が見ていないようでしょ、皆さん。G:見ていましたか?C:よく見たら目のふちが、なんでしょう?マグネシウムが不足してるようにプルプル震えていますG:ほんとにC:ええ、そうです。僕はわかるのです、皆さんG:わかっていますよC:色々あるのですが-ユノの写真-(ユノには짤といっておもしろ動画がたくさんあって。最近では「私は一人暮らし」で見せたモーニングダンスが有名。長くトップにいながらスキャンダルや悪いうわさが全くなく、バラエティで見せる情熱的な姿があまりにまじめで一生懸命なのでそれをよくいじられるが、それがすっかり情熱王として大衆に受け入れられている。ユノ自身はどんなにいじられようが、たとえ悪意で何か言われても、それを肯定的に受け止めて、それでもインパクト与えたでしょって前を向いている。殺 人/予告も、ついこの前「遊ぶなら何する」や「ラジオスター」でもユノ自身が言っていたけどもともと先輩歌手の振りを真似していたら勝手に殺 人/予告と言われたと。何かと話題になるというのはみんなに愛されてる証拠なんだね~ぎゅTVでもドンヘ、シウォン、ユノとチャンミンと本当に仲が良い人たちの話題が出てほのぼのとした~*詳しくは⇒ラジオスターユノゲスト出演<訳> https://ameblo.jp/pinguino23/entry-12435391141.html?frm=theme)-キュヒョンとチャンミンの写真-G:この曲を聞きながらC:FollowG:ユノCG:Follow!G:これ音が、さっき結構音量下げたんだ。うるさいって。うるさいかもしれないからイヤフォン 外してC:あぁ、こうしたらファンの方々がG:よく聞こえるんだ。皆さん音どうですか?よく聞こえますか?ちょっと待って下さい、止まったC:(コメント欄見ながら)あはっ! Follow me I kill you うふふふ~ほんと面白いですね* * * * * * * * * (抜粋おわり)一連の会話の途中で赤字部分(視認性を高めるため色を変えました)を入れたことで意識的か無意識かわからないけど、思考の焦点をずらしている。キュヒョンとチャンミンの会話の間にマインさんの解説風な感想が入ることでプレイヤーが急に3人になり、読んでいる人はマインさんの語りに着目する。一旦思考が途切れ、結果的にその前の会話の印象が薄くなる。さらに、殺・人予/告はユノが自ら番組で語った(だからクリア済み)と語り〝愛されている〟〝仲が良い人たち〟〝ほのぼの〟と温かな印象のポジティブワードを入れることで、続きの会話に戻った時にその印象のまま読み始める。・・・わかりますかね。印象操作されてるの。私的には、その後の「あはっ! Follow me I kill you うふふふ~ほんと面白いですね」を薄めて、チャンミンの発言は問題視する必要がないと感じさせる意図が働いていると捉えているけど・・言語の壁があることで、受け手は訳す人の思いのままになる状況なわけで言葉を伝える役割として、不誠実だと感じる。その他にも ※以下抜粋部分を紫色にしましたG:じゃ、これを。皆さん音量がどれぐらいでよく聞こえるかどうか教えてください。今から。。。チャット画面見えないんだけど(目をくりくりさせて画面を見ているチャンミンがかわいいなぁ~)C:お~いいね。時代が進んだなやC:지금♪(バックにユノのFollowが流れていて他の話してるのに지금!のところ合わせて言うあたり相当この曲聴きこんでるとみた)G:歌が大きい?このぐらい、どう?C:なにしろ大きな方です(画面のユノに向かって。音量が大きいか話してるのにユノは大きな方ですって)G:声が大きい?今いいって短い会話にこれだけ主観が入ると、もはや元の会話は頭に入りませんマインさんが伝えたいこと(チャンミンかわいい、チャンミンはユノを思ってる的な?)がチラついて。これも印象操作、誘導ですよね。継続してマインさんのブログを読み続けると気づけば〝2人は仲良し大すきホミンペン〟のでき上がり。感想を書くのがダメだと言っているのではなく、記事のどこに書くが問題だということ。しかも、一ファンが楽しく妄想ブログを書いているならまだしも東方神起ファンを中心に、韓国語講座を開いている方。韓国語がわかる上に自らもファンだから〝背景がわかっているはず〟と信頼も得やすいわけで、影響力を持ってしまう。だからなお一層、装飾せずフラットに訳すことが必要。それは、ファンだから楽しく理想像を伝えるのでなく真の人物像を紹介する上で必要なスタンスだと思う。同時に、読者も韓国語から翻訳されてものに対して第三者の思考が入っていることを認識して、100%信頼しない=事実ではないという客観性を持つことが必要。私自身は、さんを筆頭にした日本語がわかるカシオペアに情報を都合よく意訳・歪曲されていた苦い経験と反省から、ツイやブログを鵜呑みにせず一旦調べるように注意しているけど、特に2人応援の方達の無頓着さに懸念を感じる。例えば、「2人は仲良し」「韓国で2人は人気者」と意図的に刷り込んだとしてそれはポジティブな、いい解釈だからいいじゃないかという人がいるけど客観的な事実、判断材料がいくつかあって、自分で判断したのならいいけど人が書いていることを自分の認識としてしまうことの危うさを意識してほしい。モヤの「私は何を見てきたのか?」という発言はそんなところから来ているのではと思う。と、若干話がそれたけど、私は上で書いたように意図や操作性、訳者としてのスタンスへの疑問からマインさんの翻訳を見なくなった。今回、ギュTV動画の該当部分の訳をされたと聞いて、さてどんな風に訳すのか・・じっくり読み込んでみると、まさに東方神起のファンダムが今のようにいびつになった要因があぶり出されたようだった。自分が感じている東方神起のファンダムが歪んだ要因は・因果をみないファンが多い・韓国語関連の言葉の壁(翻訳家の存在)・楽しければ事実は関係ない人たち(安易な同調)・2人応援が正しい(NO!オンリー)思考・「絆物語」の呪縛だと思っていてマインさんの3つの記事(特に23日と24日)を読んだら顕著に表れていて驚いた。https://ameblo.jp/pinguino23/entry-12510052429.html 8/22 ⑧8/10ぎゅTVチャンミン〈訳〉https://ameblo.jp/pinguino23/entry-12510752273.html 8/23 東方神起の絆https://ameblo.jp/pinguino23/entry-12510955921.html 8/24 東方神起の絆~追記彼女のスタンスは「ネガティブなことは嫌い。もめ事=ネガティブだから何か揉めてる気配がしても知る気はなく、基本スルー。2人の絆は絶対的。2人を楽しく応援したいだけ。」が貫かれていて、2人応援の方に共通する思考。それだけなら住み分ければいいことだけど「〝何があったかは知らないけど〟自論を述べ、悪いのは文句を言う人と決める」が要所にあり、ここで住み分けられない接点が出てきて、結果関係をこじらせる。何があったのか知らないのに口を挟むのだから、いわば無責任な対立構造の加担者。事情が分かっていてチャンミンを守ろうとする人より個人的にはかえって厄介だと感じる。『争わないのが正しい』というは、偽善でしかない(探したけど他に言葉がない)。今回のチャンミンの動画からの出来事は何か強く感じるものがあって語りたいなら事の発端から調べればいいしスルーなら一貫してスルーすればいいだけのこと。マインさんはそのどちらもせずに自論を述べていて、冷静さや客観性を欠いた論調に矛盾や違和感を感じた。記事からお借りするとhttps://ameblo.jp/pinguino23/entry-12510955921.html 東方神起の絆~追記* * * * * * * * * *以下抜粋コメント欄に東方神起ファン相手に講座を開いているから二人のファンに良い顔をしなくてはならず、そのために真実を書けない、または知ろうとしない人だという事が良くわかりました。とありまして、合ってる部分と違う部分があるなぁ~そもそも真実って何なの?ユノ又はチャンミンが相手を嫌っているってこと?オンリーファンが何を言ってるか詳細な内容?ユノとチャンミンがどう思っているかは本人しかわかりません。ブログ記事に書いたのはあくまで私個人の考え感覚です。その真実とやらは私がこう感じたという真実だけです。知ろうともしないってネガな事が書いてあるのをいちいち見に行って嫌な気分になって、時間がもったいない~* * * * * * * * * *抜粋終わりいやいや。ネガな事だから何が原因か知ろうとしないで「私がこう感じたという真実」をもとに語ってしまうのか・・問題の核をとらえないまま。原因があって結果があるわけでそこがネガティブに映るから知りたくないのなら「何かあったみたいですね」とスルーすればいいのに、2つの記事に渡って論じている。今回ユノペン、ユノオンリーが怒ったり悲しんだりしているのはアン・チの策略でユノが嘲笑されてきた過去があり、その時使われる代表的な動画を観て笑って、無配慮にコメントを読むチャンミンの様子に、失望、疑問、憤りを感じたから。理由があってのこと。https://ameblo.jp/pinguino23/entry-12510752273.html 東方神起の絆ファンはアーティストの鏡っていうじゃないですか、東方神起は大好きでもこんなひどいことをするファンがいると思うとファンを辞めてしまいたくなる気持ちもわかります。でも本質を見逃さないでほしいのが、ユノとチャンミンががっかりするようなことを言ったり行ったなら別ですがと仰られていて、実際チャンミンががっかりすることを言ったり行ったからのことですよ。ご自身は楽しく感じたかもしれないけど、もう一歩踏み込むとただのおもしろ動画ではないわけです。そこに軸をおかず、結果として起こっている事象の一部だけをとらえる。さらには、持論を展開してオンリーはアンチではないかと言っている。こんな風に↓https://ameblo.jp/pinguino23/entry-12510752273.html 東方神起の絆* * * * * * * * * *以下抜粋私の勝手な持論なんですが、それぞれユノオンリー、チャンミンオンリーのファンの人がいるようですが、好きじゃない方をこき落として推しをあげようとする人がいるらしく。私はツイなどネガ発言する人は完全に排除してるので知らないし知りたくもないのですが、そうゆうオンリーの人でひどいこと言いまくってる人って、もしかしてオンリーの仮面をかぶったアンチファンなんじゃないかなと思うのです。だからその人たちが言ってることにいちいち反応したら向こうの思うつぼじゃないかと。そこまでじゃなくても本当にファンだったとしても例えばユノオンリーでチャンミンを嫌うのって、そんなことして一番悲しむのはユノ本人じゃない?それもわからないのは精神的におかしいんじゃないかと思ったり。* * * * * * * * * *抜粋終わり大前提として建設的な意見なのか、罵りなのかは分けてとらえる必要があるけどそもそもマインさんは「完全に排除」しているから元の発言を知らないわけで、、なのに精神的におかしいとまで言ってます。随分乱暴な意見ですよね。ちなみに、ユノオンリーの私的にチャンミンを嫌うことをユノが悲しむかどうかユノにしかわからないし(ユノとチャンミンがどう思っているかは本人しかわかりませんとマインさんも言ってますね)一番悲しむのはユノでなく、嫌われたチャンミン本人かチャミペンさんじゃない?と思う。ってことは、彼女の論理だと私は精神的におかしいってことになる。あらら。つまるところ、この記事は全体が驚きでしかなく・・・https://ameblo.jp/pinguino23/entry-12510955921.html 東方神起の絆~追記心理を引っ張ってきているから心理的に応答すると「引用」と「異なることの同一視」ですね。※ 引用は権威者や公的な言葉を引用することで聞き手に否定の感情が入りにくくするもの。今回のように臨床心理士を持ちだしたり、よくある○○大教授などの権威づけは自論の信ぴょう性を高める時に使うテクニックでもあり、前提として「こんなに立派な人、プロが言うから間違いない」と無意識に働きがけるのが狙い。さらに、記事化されている=公になっていることを用いるという2重の引用。※異なる・・は、同じでない2つの物事をうまくつなげることによって、相手の意識をこちらが意図した方向に誘導すること。先にYESを持ってくると、後に続くものがNOと感じにくくなる。ファン心理という点から心理学的なアプローチがしたいのでしょうね。嵐の事例と重ねて朗々と語られているけど東方神起に起こっていることですら原因と結果をみていないのに嵐のことがわかっているのかな?サイゾ―ウーマンの記事、臨床心理士の言論を鵜呑みにして東方神起に置き換えて、左脳的にスッキリしちゃってますけど・・トン・ビギストだけでなく、嵐ファンへの配慮も欠けていないですか?さらに「*ここでのオンリーファンの定義は推しじゃないメンバーをさげたり悪く言うファンのことで純粋にユノファン、チャンミンファンとは違います」と注釈を入れた上でアンリ―について書かれているものをあえてオンリーとしているけどアンリ―のままでいいんじゃない?なぜ、わざわざオンリーとするのか、という疑問。結局、マインさんがこの記事を用いて述べようとしているのはオンリー=アンリー?承認欲求に飢えた寂しい人?だから相手にするな、なのかな。よく知らないと言っている人たちのパーソナリティーを断定するのは私の感覚的に傲慢ですけどね。この記事を読むまで私は大野アンリ―と言われる事態があることを知らなかった。でも今回知ったわけで・・事実確認ができていないから何も触れないけどブログといえども多く読まれる記事は拡散性がある。そのことも考えてみてほしい。さらには、この記事にあるような形(好意的でない意見を承認させる吹き込み付き)でユノとチャンミンの画像を使うことには憤りすら感じる。大切なアーティストをそんな風に都合よく使うとは。。。完全に私物化していないですか?と、、色々思うところがありすぎて、記事をまとめることができない(苦笑)。マインさんの記事を何度読んでも読み解き切れなくて読み違いがあったら申し訳ないのですが・・強引にまとめると「最後にユノオンリーだろうがチャンミンオンリーだろうが超気に入りません~」と語られた少し後に「応援方法は人それぞれでいいと思うので、オンリーファンと言われる人たちで周りを攻撃したり、ひどいことを発してる人たちもその人たちにとっての応援方法だから、頭ごなしに否定したりダメ!とは思いません。」とあり(混乱)。続きに「ただその人たちの過激またはネガな言動を見てファン同士口論したり嫌な思いをするのは不毛だなぁ~と思っただけ。あ、この人はこう思うんだぁ~私と違うなぁ~でいいんじゃない?」とあって、、じゃあいっそのこと、不毛だなぁ~と思う事も私と違うなぁ~でほっといたらいいんじゃない?一部だけ取り上げて語るからそれがまた新たなタネになるんですよ、ということかな。最後に、ファンダムについて私個人の意見を書くとオンリーを気に入らないという2人ペンさんは、私からみると排他的で不調和です。ここにファンダムとして先がないと感じる。本来、どのように好きだろうと自由なはず。それぞれが自由に推しを愛でればいい。1人でも2人でも好きな人の好きなところを語ればいい。外見も、特に内面をみると個性が全く違うのだから1人だけは好きだけど、1人は感性に合わないことがあっても仕方がない。そこは否定されることではないですよね。「(ユノ)オンリーペンは東方神起のコンサートに来るな」は論外。そして、グループとして活動しているのだから何かファン同士で対立があった時に、事の原因をみることが必要。むしろ、原因を失くさなければ延々と対立が起こるわけで。。それがメンバーであったなら尚更同じことが繰り返される。たとえば、対立の元となった一つに、チャンミンの失言がありその一つに意見を発したとする。「チャンミン、お金を払ってでもSJに入りたいというのは冗談でも絶対に言っちゃだめだよ。傷ついたファンがいるよ。分裂を乗り越えて応援してきたファンは特に悲しんでるよ」と。実際に、3回発しているわけで私は1回目にこれを知った時ショックを受けてしばらく悲しかった。こんなこと言わないで~と(まだ応援してました)。2回目で強い不信感になり、3回目では「本音なのでは?」と冷めて思うようになった。私だけでなくSJ発言で傷ついた人が少なくない人数でいることから個人の解釈を超えて、ファン心理に思いが行き届かない失言だったのは事実でしょう。それをたしなめる意見がユノペンからだけでなくホミンペンやシムペンから出てくれば健全だと思う。もちろんファンだから擁護したくなったり、何とも感じない人がいることもわかる。でも、嫌な気持ち、悲しい気持ちになった人が一定数いるのだったら原因をみて、理解を示すことで双方歩み寄ることができるのに。だけど、実際に苦言に対するレスポンスは「冗談も通じないユノオンリー」「2人の絆がみえないのか」「せっかく分裂を乗り越えたのに」・・・何年経っても再始動が美談で語られ、絆を盾にして否定されてきた。でも、分裂を乗り越えたからこそ、冗談でも口にしてほしくないことがある。本当に頭がいいのなら、機転を利かせていくらでも他に語ることがあるでしょう。「ダンスばかりしているとロクな人間にならない」「太った(だからズボンが破れた)」・・TVでジェスチャーしてファンミでは絵を描いたね。マインさんの記事の中にも軍の後2人で復活する際の動画が貼られていて「自分はダメな弟だったからこれからはいい弟になる」的な発言を美談にしているけど大事なのは具体的な行動で、発言のその後ですよ。実際は、TV(ハッピートゥゲザー)で太ったからズボンが破れたのだとその時のジェスチャーを喜々としてやって・・でも共演者の方々が「それでも最後までやりきったんだよね?」とプロとしてのユノのスタンスを褒めた。ユノは「恥ずかしくない」と語ったけど、チャンミンは「僕は恥ずかしい」と。この一連も、シムペン、ホミンペンたちが冗談で昇華したとシムを称えたね・・(遠い目)一事が万事、こん感じでしょうね↓ああ・・・キリなくありますね。彼のファン(2人ファン含む)は毒舌キャラで面白く思うことも私の中では、本物のユーモアは誰かを貶めたり他者を不快にしないものだし笑いなら自分をネタにすればいいのにユノをいじるばかりで・・30代になっても同じパターンを繰り返す彼を心の機微に鈍感で人間的に未熟だと感じる。ここは感性の違いだから感じ方はそれぞれなのは理解しているけどそのあり方が不快だと思う人が少なからずいるのに賢いチャンミン(スパダリ?できた嫁?世界一のユノペン)と抜けていて補佐されるユノという構図で語られることがあまりに多く・・。このおかしな人物像はどうやって作られたのか?という疑問(腐作家さんや絵師さんの影響も大きいですね)とユノになら何をしてもいいと思う彼の思考がファンにも暗黙で刷り込まれカタチ(ファンミで0点をつける、コンサートのユノソロであえて離席・・等々)に現れていくんだろうな・・と暗澹たる思い。私はずっと黙っていたけど、兵役あたりから黙っていては何も変わらない、変わるどころか「受け入れている」と取られてしまうことに気づいた。最近Twitterでもユノオンリーさんが増えたと感じていてずっと我慢してきたけど、一方的に苦言を言うユノオンリーが悪いと言われることに限界が来て発し始めたのでしょう。ただ本当に、私も含めて分裂を知るユノオンリーの多くの人は再始動時は2人を一生懸命応援してたんですよ。。。問題はいくつも起こって、それでなくても人の心は変化していていくのにいつまでも2人の再始動の姿を金科玉条のごとく掲げ実際に起こっていることは流され、不平を言うと悪質と言われる。これが私の感じる「絆物語」の呪縛。本来、絆は本人の心の中で感じるものであり大事にしまっておけばいい。それに、本当に絆があるのなら、厳しい意見こそより良くなるための金言なのにね。ブログで反論の為に協調され、ましてやそれがファンダム内の言論統制に使われるなら絆はただの拘束する鎖。このことは、私のようなユノオンリーが憂うことでなく本来は2人ペンが考えた方がいいのにね。ユノの本質に魅了されているユノオンリーはユノから離れないよ。東方神起の活動の中でもユノを見つめる。それができなければ、ただユノを思って待っている。それは、ユノだけで自分が満たされることを痛感しているから。ファン活動から得る幸せを何度も感じさせてくれる。そして、どこまでも羽ばたいてほしいと願っているし唯一無二の稀有なアーティストで、多くの人の希望の光だから。どのようなカタチであれ、等身大の姿を見つめて自浄作用が働くように結果、楽しくなるように。ちょっと微妙な立ち位置から考えてみた。読んで頂いてありがとうございました。個人の名前を何度も出しましたが、その方の批判を目的として書いていません。影響力のある人だから、私の疑問が受け手の方に問いとなって届けばいいなと。ユノオンリーブログだから届かないかもしれないけど(笑)。。時間切れで取り急ぎUPします。加筆、修正するかもしれません。

  • 04Sep
    • ”美と孤独、情熱”

      今必死にまとめている記事がありまして・・全然まとまらないので、今日はランチに出かけずブログを書こうと思っていたらアメブロさんが〝2年前の今日、あなたが書いたブログです〟と紹介してくれまして読んでみると、入隊を終え、東方神起が再度再始動する時の心境がつづられていた。2年かぁ・・と自分で勝手にジーンときたので、リブログします。よろしかったらお読み下さい♪あと、コメント欄を読むと、ユノのカラーが多彩にとコメントしていてまさか2年前にソロアルバムが出ることは予測していなかったけど「True Colors」を手にしている今、色々あってもユノペンは本当に幸せだなあと。ユノとユノペンさんとこれからもずっと一緒ですね。記事は引き続き、頑張ります!!あと、コメントやメッセージのお返事が遅くてごめんなさい。今週末は台湾に行くのでやっぱり諸々できないと思います。お越しいただきまして、ありがとうございます

  • 30Aug
    • アメンバー申請についてご連絡

      アメンバーの募集内容を変更させていただきます。・ 今までの記事に何度か「いいね」とコメントを頂いたことがある方・ 申請とともにメッセージ(簡単な自己紹介)を送信いただき、  こちらからいくつか質問をさせて頂いて・・というやりとりがOKな方・ 応援スタンスが同じだと感じる方・ 限定記事について口外しない方の4点を満たす方とさせていただきます。なお、上記を満たしていても承認に時間がかかる場合もあります。色々な方に読んでいただけるのは本当に嬉しいのですが(本当です!)、アメ限で書くことは、知りたくなるような驚くことも素敵なこともなく(^-^;)不確かであったり、個人的なことだったり、なんとなく表じゃない方がいいかな?と思う内容でして・・ブログを書いている側からすると、自分の読者さんに対する安心感はとても大きいのです。その目安になるのが、いいねやコメントやメッセージであり、アイコンやお名前で認識できるようになると、お会いしたことがなくても記事や考え方に共感して下さっているんだなとありがたく感じます。反対に、それら履歴がないと、どうしてもオープンでない想定で書いたことを読んでいただくのに躊躇してしまいまして。。刺激的なこと?や問題提議はキチンと表で書くので(爆)それらも踏まえていくつか読んで頂いて、レスポンスを通じて安心な関係がつくれれば・・と思っています。何卒ご了承下さい。※ なお、既にアメンバーになっていただいた方から再度の申請は不要です。 

  • 28Aug
  • 27Aug
    • 楽しい・・・のでしょうか

      忙しくて、、出張続きで、こんな時に限って年に数日しかない土曜日の出勤日だったりして時間が経ってしまって、もう遅いかな・・と思ってみたりでも、書いておく必要があると感じるのでやってみます。なんとなくお察しいただけるかもですが、すごく気がのらないです。しんどい方は、スルー(←この言葉にも過敏になってます)して下さいね🍀内容は、8/10にSUPER JUNIOR キュヒョンの규TV #규티비 の初回ゲストとしてチャンミンが出演した件がらみです。ギュTVは、キュヒョンがyoutubeチャンネルを開設し、不定期でライブ配信をしている番組名で、国内はもとより、特に海外の、会いたくてもなかなか会えず言葉も通じないファンを憂いて、少しでも近づこうとして始めた取り組みとのこと。ファンへの思い、距離や言葉の壁を超えようとするギュさんの温かい心を感じる。グループの兄達に接する様子からブラックマンネと言われてるみたいだけどね。チャンミン出場回は4回目の配信で、初ゲストとのこと。ギュペンさんのブログを拝見して、ざっと内容を確認してみると毎回、ファンも驚く3時間(オーバー!?)番組らしく、生配信された後に編集されたショートバージョンのダイジェスト版がUPされるという流れ。料理をしたり、歌を歌ったり、ゲームしたり、お酒を飲んだりそこにファンのコメントが画面に流れ続け、拾って応えてみたりと自由な雰囲気。ダイジェスト版をいくつかみると、韓国のTV番組によくあるスタイルのユーモアを交えた編集で、テンポ良くまとめられていてファンならたまらない番組だろうなと微笑ましく拝見させてもらった。それは、今回の話題にする4回目の放送でも同様だった。https://www.youtube.com/watch?time_continue=796&v=36JuqhpV4jwなぜなら問題シーンはカットされていたから。このダイジェスト版だけみたら、ユノペン(ユノオンリー)が何に悲しみ、怒り、失望の声をあげているかわからないでしょうね。。。ここですよ。she no 様【楽しいのでしょうか】※ 再生する時に、画面右下をクリックして字幕ありでご覧ください。ちなみに、ギュさんが유노윤호で検索して出てきた「Excuseme」も「殺 人予/告」もアンチが巧妙にユノを笑われいじられるキャラクターにおとしめた象徴的なワード。ざっと書くと、「Excuseme」はファンが押し寄せ無法地帯化したタイの空港で、ガードマンも機能せずこのままでは将棋倒しになりそうな状況をユノが「Excuseme」とファンに移動を呼びかけ、その場が沈静化された出来事。動画をみればわかるけどhttps://www.youtube.com/watch?v=ByDEfS3fJzwユノは状況を確認し、的確に判断した上で、サングラスを外して、声を発していた。ファンの暴徒化をコントロールできなくなっている場面で、ユノの声で道が開いた。タイカシちゃんたちは、危険な状態に巻き込んでしまったことを反省していたと当時読んだ。分刻みで動く彼らを危険にさらしたセキュリティ対策への苦言はあったもののユノの勇断への賛美とケガがなくてよかったと安堵の声だけだったのに後に、「ファンに怒声を浴びせた」と何者かに事実を曲げて拡散された。怒りやすい、ムキになりやすい人と嘲笑しているものもあった。「殺 人予/告」に至っては、私はリアルタイムでみていないけど何があったかは概ね知っていて、今回詳細を改めて確認することになった。2008年のMKMFでのこと。https://www.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=n3y44xjODJ0&app=desktop2:46あたりからのユノの動作はステージ上のマイティマウスさんを真似たもの。ソテジさんのライブパフォーマンスが有名でそれを真似たと思っていたけどカシさん曰く、当時はあるジャンルの方達で流行っていたジェスチャーだったそうで。これに至っては、ステージ上のパフォーマンスを真似ただけなのに悪意に改変され「殺/人予 告」などという物騒なネーミングまでつけられた。でもそれはずっと後のことで、当時このシーンをみていた方はかっこいいとしか思っていなかったと。いつからそれが悪く言われるようになったのかわからないと何人もが言っていた。そうしたらツイで調べてくれた方がいて(いつもありがとうございます!)https://twitter.com/15chocolate1/status/11625967768822333442008年11月15日のMKMFのステージに対して、この↑調べどおりなら2012年4月5日から悪コメントGIFがつけられたのではないかと。ユノは今まで自分からこれら誤解を解くことはしてこなかった。いつも、努力を重ねて誠実に向き合えばいつかわかってくれると信じて事実をゆがめられ、いわれなき嘲笑を浴びても信念を貫いてきた。そんな中で、ラジオスター出演は大きな起点だった。事務所がユノへのオファーを断ってきたことをMCが明かしたことも大きかったがユノの周辺でどんなことが起こってきたか、ごく一部でも公開されたことが意味深い。2019.1.23放送 ラジオスターよりhttps://tv.naver.com/v/5148815/list/301661記事: 芸能しおり「ラジオスター」ユノの偉大な自己肯定http://viewers.heraldcorp.com/news/articleView.html?idxno=27624・ユノが10年以上粘着質な悪質コメントに悩まされてきたという事実・ユノが大衆から肯定的に見られるようになってそう長くないということ・去年の「私は1人で住んでいる」がターニングポイントだったが、それまでは 情熱的な姿を誤解され、嘲笑されてきた・悪質なコメントと共にUPされた動画や画像には全く異なる事実があったが 誰もそれに関心を示さなかった(T_T)トラウマになってもおかしくない出来事を、ユノは「それも自分の一部」と受け止めているがこの境地に至るまでどれだけ心が痛かったか計り知れない・・だが、その姿勢が17年経っても愛されるユノにつながっていると記事で結ばれている。そして、番組よりも前に、どれだけ酷いことだったのか気づいてくれている人もいる。ユノの友人や共演者さんでユノを慕ってくれる方達はもちろんのこと直接的にこれら嘲笑を語ってくれたのが、ザンナビ チェ・ジョンフン君ありがとう。http://www.e-graphy.co.kr/news/articleView.html?idxno=3818#_enliple笑いものにする意図でつくられた画像、動画が多く出回っていることを韓国の活動を追っているユノペン(本来なら東方神起を応援している人ですけどね)は次第に知るようになり、大きなショックを受ける。それ以上に、韓国のカシオペアや韓国語がわかるユノペンさんは悪質な書き込みによってまことしやかに印象操作され、事実誤認されていく様をみてどれだけ悔しい思いをしてきたか。ラジオスターで(黒歴史と呼ばれた動画以外にも)写真がとても多いんですとユノが説明する際(T_T)、画面に짤(GIF〈画像ファイルの拡張子〉の韓国表記で画像・写真のこと)とあるように写真や動画を使うのが常套手段とのこと。https://twitter.com/woono2/status/1165394917528522753?s=11長いユノペンさんで韓国語のわかる方にそのやり方の一例をきいた。・分裂の時にドラマの話が来たから事務所から出なかったなどと書き込む・表向きにはユノ応援でたくさんの짤、短い動画をつくる・それをnaverのブログにコメント付きでアップする・オッパ可愛い。。けど演技がちょっとあれかも・・でも可愛い→各種掲示板で繰り返すだから面白かった『地面にヘディング』の評判が堕ちたと。それらを、ユノカシさんたちはみつける毎に働きかけて、削除して削除して・・・繰り返される悪意、闇と延々戦いながらユノを守りたいと、、ずっと頑張って、疲れて離れてしまった人たち。ユノを嫌いになったのではなく、悪意の中でもひたすら、ソロ活動を待ち続けてそっと離れていってしまった人・・自分を守ろうと支えてくれていた人たちが離れたのはファンと愛でつながっていたいユノにとってどれだけの痛みだっただろう。そんな長年の背景があってのことと理解して、もう一度動画を観てください。she no 様【楽しいのでしょうか】唯一残ったメンバーのチャンミン。ずっとユノがどんな苦悩を抱えてきたのか隣でみてきただろう存在。いくらユノが自分の信念で克服したからといってこんな風に笑える?ただ笑うだけですか?ㅋㅋㅋで笑われおとしめられてきたユノの動画をみながら、そんなに楽しい?もし笑ったとしても最後にひと言「ご存知のとおり、ユノヒョンには全く悪意がなく、ただパフォーマンスを真似ただけ」とか何かリーダーを敬う気持ちが感じられることを発すればいいのに。ホミンペンやシムペンさんが言うように本当に賢いなら。さらには、たくさん流れ続けるコメントの中からわざわざ、ユノソロアルバムのタイトル曲をもじった「Follow me I Kill You」コメントを拾って読み上げて笑っている。そう、楽しそうに。こんな背景があって悲しく思い、怒っているということを知ろうとせずにユノオンリーを叩いて、チャンミンを擁護して。擁護といえば・・・時間切れで一旦アップしますが、まだまだ書き足りないですしぜひマインさんのブログについても触れたいので追記するか別で書きたいと思います。今回の出来事で疑問や違和感を持った人がこの動画をみて何が原因が考えてくれること、1人でも多くの人が気づいてくれることを願いながら記事を書きました。最後に、大切なユノに。この言葉を読んでユノが浮かんだよ。神はふたつの棲み家を持つ   一つは天国に、もう一つは素直にして感謝する心に   ( アイザック・ウォルトン )   God has two dwellings;   one in heaven, and the other in a meek and thankful heart.   ( Izaak Walton )

  • 09Aug
    • SMTOWN LIVE 2019INTOKYO~!

      SHOWCASE書いてないのに(2カ月記念日に書こうかな)感動ほやほやのこちら!SMTOWN初日に行ってきました1日だけだったし、しかも私が夢中なのはその中の2曲だけ。でも今も胸がいっぱい。そこだけぐぐっとフォーカスしちゃいます^^とはいっても、まずセトリ❤そして、こんな素敵なツイ。Apple music 使っているとセトリ通りに再生できますありがとうございます!!@kataemin1220 様 SMTのセトリでプレイリスト作りました〜! apple music使える方はよろしければご自由にどうぞ✨ オープニングとHOPEは入ってません!日本語バージョンかどうかは記憶頼りなので違うかもです...#SMTOWN https://t.co/wISgmIc6Xh— katy🦊 (@kataemin1220) August 4, 2019去年のSMTは普段は温厚なトンペンさんからも不評だったことに合わせてユノソロアルバム発売後だからユノソロとコラボやるでしょ~と淡い(濃厚な)期待を抱いての参戦。通年、東方神起がでてくるのはぐったりするほど待った後、3時間は経過してようやく・・・というパターンだったから、のーーんびりしてたら2時間経たないうちにユノが登場 Follow~!!!UNCOMMON YUNHO 様【[190803] FOLLOW fancam】イントロの後(0:47あたり)、「いくぜーーーっ」てあの声からユノの気合いをビリビリ感じてあやうく号泣しそうだった。でも、もし「Follow」を歌ったら周りも気にせず叫ぶんだ!と決めていて移動の新幹線と開始前の一時間でバッチリ掛け声の練習をしてたから声の限りに叫んできた。(だから水曜日まで、まだらに声枯れてました)ここでソロアルバムのタイトル曲を披露するところがユノらしい。真向から攻めてくる感じ。他ペンさんがたくさんいる中で挨拶代わりにガツンと魅せてくれる。アーティストとして常に新しいチャレンジをして、堂々とアプローチする。ユノペンで良かった。改めてユノのアルバムへの誇りも感じた。そう!まだソロアルバム活動は終わっていない。水面下でずっと続いていきますよ。ユノの情熱が痛いほど伝わってきませんか?高く高く・・体は天へと駆け上がっていくようで、表情をみたら気合いに満ちていて。出し抜けに、相応しい表現かわからないけど・・東大寺でみた魔を払いのける金剛力士像が浮かんだ。険しい表情をしたダイヤモンドをも砕くという、天界にすむ守護神ね。いやもう、それぐらいの気迫で、1人で場の空気を一変してしまった。「DROP」の時もそうだったけど、自分のファンだけでない場で初めてみる人が多い時ほどユノの情動が爆発するように感じる。「Follow」は「DROP」よりも抑制された楽曲だからその分、シャープさ、スピード、キレ、静止での見せどころが際立つ。研ぎ澄まされた素晴しいパフォーマンスだった。激しさだけでなく、「静」を感じる凛とした美。ふとした時に、ストイックなのに艶やかにあふれ出る色気。・・・と、写真ではゆっくり浸れるのに現地では、あっという間だった。初日だし、ユノソロを聴いている人でなおかつ練習しないとコールまでは困難だから掛け声は多くなかったけど、私と友人はガッツリがんばったし、後ろにもお仲間がいたそれに、会場ではふとした瞬間に歓声やほぅ~♡と感嘆のため息もあった。気を抜くと、息を止めて凝視してしまう、、そんな人もいたでしょう。終わった瞬間から既に、続けてみたい欲にグルグルしながらも日本で、他ペンさんもたくさんいる場でユノソロアルバムのタイトル曲が披露されまた違った意味合いでの一歩を踏み出したことに個人的に大満足だった。友人と共に、ユノソロ狂喜乱舞・熱狂のひと時を過ごした後は電池切れのロボットみたいにぐったり座って静養しながら「どの子も歌も踊りも上手いねえ。ノレない曲が増えたねえ。若い子の流行かね・・」と縁側トークをしながらユノを待つ。そして、、、きたーーーーSwing!!!アルバムで聴いた時からユノとBoAちゃんの声の相性が想像以上に良くてデュオ本来の、互いの声を色鮮やかに引きあげる楽曲とおっと~❤何やら歌詞が大人の世界(*゚ェ゚*)!シチュエーションはクラブダンスシーンのようで・・ダンスだけ?十分に自分の魅力に気づいているそれぞれが挑みながらちょっとずつ距離を縮めて触れて、あえて離れて、追いかけて・・どちらが捕まえたのか?スパイラルアップしながら一対が一体に。「Swing my way」で声の波がまぐわいながら天高く突き抜けていく。いや、ここのワンコーラスだけで世界観を見事に表現してますよ。1+1の無限大がここにあったわけで・・・音源だけで大興奮だったのが、パフォーマンスみたら、もう夢中YOONHO STAR 様【190803~05_SMT TOKYO_유노윤호 Swing (Feat.BoA) [by. YOONHOSTAR][Multi Angle] [4K]】体躯差まで計算しつくされたかのような見事なシンクロと個々が〝自分こそ今夜の主役〟とアピールしあうソロダンスシーン。そして、気まぐれに魅惑する女王然とした彼女をエスコートしながら隙あらば誘い込む色男・・交わりそうで交わらない焦らすような場面もそれがいやらしくないのは、2人とも徹底したステージのプロだから。歌もダンスも強い。ビシビシ踊ってる。そこに濃厚に色を足しながら、カウントごとに観客をズルズル引き込んでいって・・こちらは目を見開いたまま、気づいたらやりきった笑顔の2人を眺めていた。曲が終わってしまった悲しさを抱えながら。本当に完全で完璧なステージ!!!!!!圧倒的な世界観!!!素晴らしかった。この興奮が今も続いていて・・・ ひと言でいうと「幸せ」。すきなアーティストが今のありったけのステージをみせてくれるって最高に幸せでしょ♡見出しからも大好評が伺えて演者の2人も最高だった様子。 これねっ(‷ˊᗜˋ‷) 現場に居たけど見れなかったやつ 次のステージがあるからままならない時間で称え合うユンボア👍 また2人のステージ観たいです‼️#みんなユノを愛しています ユノ ユンホ 유노윤호 YUNHO U-KNOW Follow#TrueColors#BurningDown#DROP#夜話 #CityLights#야화⁠#나는유노윤호다 pic.twitter.com/iT3Pjj74vG— y×3 (@0206y3) 2019年8月7日思わず抱きしめた一瞬のハグから、ステージへの満足感が伝わる。ユノ幸せだったね。自分が全力をぶつけても揺るがない頼もしいパートナーを得たね。魅せることに集中して楽しめて、きっと安心だったでしょう。それにしても、さすがBoAちゃん。歌もパフォーマンスもステージへの姿勢も全てがかっこよかった。こんな小さな体で、たった1人でずっと先陣を切ってきたミューズであり戦士。だから、ここに至るまでひと言で語れない様々な苦難を自力で乗り越えてきたユノの真の理解者であり、1人何役もこなす友達なんだね。エンディングでは拳をこつんとブロして、お疲れさまなのかな・・それとも、「大成功♪良かったよね!」かな?とにかく微笑ましい。ユノは、BoAちゃんがコラボを無条件で受けてくれたこと、むしろ私以外に頼んだら寂しいと言ってくれたこと、本当に嬉しかったんだね。「私は1人で暮らす」でユノがBoAちゃんにあてた手紙。素のA型ユノちゃんを感じるお手紙と包み込むようなBoAちゃんの表情にホロリ。あとは、ラジオでも。https://twitter.com/Heart215488/status/1151444745186447360 おっぱねラジオ📻[ユンホ]字幕7/? 全曲パフォーマンスが見たい✨激しく同意❣️ ユノにコラボしたいと言われたら行列出来ると思うよw私もコホコホ...のど飴舐めて並ぶね!(*≧艸≦)デュフ 今更だけどソロアルバム1曲ずつ丁寧に紹介してくれるラジオ最高やん😭 #유노윤호 #동방신기 #TrueColors pic.twitter.com/KIFzPAym0u— Heart (@Heart215488) 2019年7月17日思いを込めて丁寧に1曲づつができ上がっていって音源だけでなく、パフォーマンスもみせてくれて・・ソロアルバムを出してくれたことに、また感謝した。ステージではその後、色々なグループが出てきて東方神起が出てきた時も、ユノが楽しそうでキラキラしてるのを確認したけど私の心の幸福のグラスがユノソロ2曲で満ちあふれていたからもう入る余地がなかった(笑)。本当に幸せでした。心から願うのは、公式でDVDとして発売してくれること。今回はとにかくお願いします!!メールやツイで要望しよう~個人的に、、、最初は、この流れでソロコンをやって全曲パフォーマンスを披露してほしいと思っていたけど、今回SMTでSwingをみてちょっと変わった。それは、一気にでなくじっくり味わいたいなと。ユノがわくわくと思い描きながら考えて準備して、ユノクルーと切磋琢磨してあふれんばかりの愛と強い思いを込めてこの世に生まれたアルバム。もちろん毎日聴いてるし、MVの再生だってするし、個人的に草の根活動もしてその意味では私の中でソロ活動は続いているんだけど・・全ての曲がパフォーマンスをイメージして選んだと言っていたから絶対に全曲やってくれると感じていて。その時を、ユノと一緒に待ちたいなと。あまりに大切だから、これからも1曲ずつ、どこかの場面で突然披露して丁寧に味わいながら、余韻をしばらく楽しんでずっとソロアルバムの世界観がパラレル展開されていくっていいな・・そんな風に、ユノソロShowへとつながる道がみえた気がしたのです。だって、SMTのトンでのトーク中で、僕のソロいかがでしたか?っていうんだよ。もちろん最高ーー!!!って叫んだけど、その意味ね。ユノだってきっと思ってる。とても大事で最高のアルバム。特別な・・だから、続けていくし、何度でも「TRUE COLORS」最高!!と絶賛しながら。今日も再生するしSMTOWN 様【U-KNOW 유노윤호 'Follow' MV】いつ、なんどきFOLLOWが来てもいいようにコールも常に完璧に!!!4a2ur1nqcompart6 様【掛け声】ユノ_Yunho_Follow_韓国語で歌い鯛(日本語訳+発音ルビ)】↑お借りしておきながら申し訳ないのですがちょっと声がずれているので言葉を覚えたらこちらで↓SBS KPOP PLAY 様【[안방1열 직캠4K] 유노윤호 'Follow' 풀캠 (U-KNOW of TVXQ fancam)ㅣ @SBS Inkigayo_2019.6.16】ということで、ユノソロ熱再度高まり、「True Colors」14万枚突破記念にまた買っちゃう?と浮かれてます♡ああ・・・タイムオーバーだ。改めて加筆修正します。写真、動画、ツイッタ等々、たくさんお借りしました。ありがとうございました。

  • 20Jul
    • 「WHY」の始まり

      アメ限で「SHOW CASE」を書こうと思っていたらツイに素敵な記事が流れてきたので、ここに残したいな~と思いまして・・先にそちらを書きますこの記事が流れてくるきっかけになったのは、皮肉にも「なぜ2人の代表曲ともいえるWHY?をソロでやるのか?」とツイで不平を漏らしているシムペン?ホミンペンがいたことから多分ざわついたのは、14日(日)あたりじゃないかな?その人、恐らくユノソロ「WHY」も聴いていない様子。聴いたとしてもタイトルが同じということで頭が沸騰してユノソロ「WHY」の素晴らしい楽曲も声も世界観も何一つ感じ取れないんだろうな。どんな背景からあの「WHY」が、そもそものソロアルバム「TRUE COLORS」にどれほど思いを込めて作られたのか知ろうともしていないでしょう?以下は、6月13日のSBSラジオ「2時脱出カルトショー」。ペコリと頭を下げて、少し照れながら穏やかに笑ってる。16年目にして、この爽やかで純粋な姿に心つかまれつつ、これまでの諸々・・ソロ出演に関して、ラジオスター出演時に事務所の妨害が明らかになったようにユノだけでスポットを浴びる機会は水面下で消されてきたということ。ソロアルバムだって、どれだけ多くのファンが望んで声をあげてきたか・・結果、ユノが大切に思ってきた古くからユノだけを見つめてきた純粋なファンがそっと離脱した。ファンにはもどかしい、運営側に対する鬱積を私たちも味わうようになったのだけど。澄んだ水のようないつものユノ。諸々の事情があったとしても、自分の選択であり、タイミングだったと。そして、ユノは準備ができたからソロアルバムを出した。ユノもファンも満を持して発売されたアルバム。番組で1曲目をかける時に「Follow」をかっこよく紹介して下さいと振られて既にアルバムの最初の曲「Follow」をかけましょう~と言われているのに「僕の曲」と言っていることや、Followを皆さんについて来てっていう意味だと説明するあたりに涙腺が緩んでしまう。さらには、テギュンさんが「16年で初のソロアルバムは感慨深いでしょう、6曲入っていますが・・わ~真心がこもっていますね。他の歌手のフルアルバムと匹敵するほど一生懸命つくったように思います」と言って下さり、ユノがアルバム解説。カラーイメージで曲の世界を想起させることにチャレンジしたと。歌詞の内容に色をプラスして。同時に、1番目、2番目という順位づけ、または縦列でなく、並列で多面的な展開ということ。どの曲にもこだわって思いをたくさん込めたから一斉に世の中に羽ばたかせたいのかなって。全部の曲がそれぞれ違って好きすぎて順位がつけられない自分の心にもフィットした。そして・・歩哨の時・・・(Kさんの本からの想像になるけど)自由に使うことのできない時間が遅々として過ぎていく中で暗闇に立ち、静寂を怖く感じたこともあったでしょう。今まで経験したことのない時間を過ごしながら大すきなステージを思い、これからを考え、自分のソロアルバムが出せたとしたら・・とユノが想像していたと思うと、ユノペンなら胸が締め付けれられる。そう、知らない人はずっと知らないまま過ごすでしょう。知らない、知ろうとしないなら想像力を働かせて「このアルバムは特別にユノ個人の思いが込められたものなのだ」と黙っていればいいのにそれをしない人たち。そんな人たちがファンダムに少なくないことを知ってるからこそユノペンにとったら、動かない山が動いた状態で、爆発的な記録を残したし記録以上に、このアルバムが抱きしめたいほど大切でファンを思いながら構想を練って、その時をじっと待ったユノが愛おしい。さらには、「TRUE COLORS」の「WHY」は(視聴者からの質問シーン)RBGエピソード1で、お部屋のぬい達に行ってきますして参加した行軍のことかな?유노윤호 [RGB : 리얼갬성방송] EP.1 Vlog는 윤호에게도 좀 어렵다https://www.vlive.tv/video/132676(こんな風に語ったことや思いを振り返れる場所があるのが嬉しい( ノД`))言うまでもなく、「WHY?」と「WHY」は全く違う曲。偶然なのか意味があってかわからないけど、タイトルが一緒だというだけのこと。去っていった人に対しての苦悩、強い感情をダイレクト込めた「WHY?」 副題に「Keep Your Head Down=ひれ伏せ」が連ねられた、激しい情動を感じさせる楽曲。一方、ユノソロ「WHY」は、R&Bらしい世界観。ゆったり紫煙が揺らめいているバーのカウンターでお酒のグラスを傾けた氷の音を感じるような・・ もうじき別れる?燻った感情、男女の倦怠を思わせる曲。アーティストに対するならば、文句を言う前に耳の穴かっぽじってよく聞けと再度怒りがわいて来て(もう、大荒れ)すっかり呆れていた時に、ファン歴の長いユノペンさん達がこぞって自分が大切にしているWHY?をTwitterにあげ始めた。それは、2011年に2人で歌われた「WHY?」ではなく、それ以前の2010年、SMTOWNでユノソロとして初めて披露された「WHY?」Uknowlovely 様【100821 SMTown LiveでのU-Knowのソロ】https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=OJudtOFTtR8xVisualShoxx 様【[HD FAN CAM] 100821 YUNHO'S SOLO IN SM TOWN '10 - LIVE IN SEOUL】https://www.youtube.com/watch?v=wGo3KG3xgMIyoonholover 様【100821 YOONHO Solo Why】https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=50zomZyXUi4そう。「WHY」はここが始まりですよ。ユノのソロ曲として、あの不死鳥のように2人が蘇ったSMTOWNでThe Way YouAre、Rising Sun、MIROTIC、Purple LineメドレーとともにユノソロでWhy? (Keep Your Head Down)チャンミンのソロでBig Time2人の曲としてMaximumを披露した。迷いを断ち切った雄々しい表情でユノがステージに帰ってきてくれたその喜びに、ただただ涙だった。そして、あの時の2人の姿は今でも忘れないし、自分も力の限りありったけの応援しようと熱い決意の涙も。時は流れて・・・今では完全にユノだけを応援するスタンスに変わったけれどもあの時感じていた感情は本物だったから今でも否定しないし今に至るまでのずっと、自分の心のままに応援してきた。行きついた先が、ユノだけを見つめてユノの力になりたいと、ただの一ファンだけど、そう強く思うのです。ユノが「僕のファン」に一緒に道を歩いてほしいと願うならどこまでも一緒に。ファンになったばかりのユノの本質に出会った頃、ユノの生き方に哲学を感じ、ともに哲学的な意味での道を歩きたいと道教のタオイズムから意味を重ねて自分をtaoとしたのです。だからユノと歩いていくことは最初から決まっていたんだねおっと、反れちゃった?私の意見をまとめると・・・「Why?」はもともとユノのソロ曲ですよ。それをアレンジして2人の曲にしたんですよ。さらには、題名が一緒だろうが、それどころか、どちらかが2人の曲をセルフカバーしようが、アーティストとしてのチャレンジならば自由なこと。結果は数字に出るし、人の心が答えを出す。しかも、今回のは別の曲ですしねーーー!!←またそこ?(笑)大人になろうよ。いつも2人セットの活動ばかりじゃなくて、それぞれの魅力を発揮して彼もソロもやったらいいじゃない。彼のファンは何なら声を発して応援してあげてよ。活動を望まれないこと=存在しないのと同じだよ。アーティストですもの。とにかく、周辺に違和感や嫌悪感を感じることばかりのファン活動だけどそこからいつも、清らかな花がスッと咲くように、ユノをまっすぐ見つめるユノペンさんが声を発してくれる。そして、そのことで、新しいファンの方で知らなかった方も「Whyがユノソロだったこと、初めて知りました!」と声をあげていたことから私自身も、遅れまくってしかも個人的な思いばかりの記事だけどこのブログをのんびり続けていこうと決心した次第です。で、今までが前振り?というか、一番最初に書いた感動した記事というのはここからになります。2010年8月21日、ソウルでのSMTをみたシャウォルさんのレポです。当時読まれた方もたくさんいると思いますが、とても素敵な記事でリンクフリー&転載フリーとのことなので、ありがたくお借りします。すーくす様日訳:シャウォルによるSMタウンのホミンレポhttps://ameblo.jp/tsoox/entry-10633425344.html○●○●○●○●○●これはSHINeeのファンアカウントからですが、ホミンとカシオペアメインで書かれています。ーーー生でコンサートを観れたこと、胸の痛み、心が温かくなる瞬間、その全てを昨日のコンサートが終わって改めて写真やビデオで観て、いろんな思いが胸をよぎり、どうやって伝えたらいいかわからない。 昨日の夜のうちに書き始めたかったけど、なんと始めていいのか。その夜私は、私たちの子(SHINee)だけでなく、ユノとチャンミン、そして素晴らしいカシオペアとシャウォルに心を打たれた。 2年前のビデオを観ていて、急に私たちの子が本当に成長した事に気づいた。彼らはよく兄(ヒョン)たちの後を付いていっていた。それは愛すべき弟(ドンセン)としてだたのか、それとも彼らこそがやる気の源だったのか。いつもユノには感心していた。ここ何年か韓国では、彼の性格に対する評判や彼に関するすべての事が、彼を愛する人たちを誇りに思わせた。だから、私がその日8つもの彼への垂れ幕をスタジアムで見た時、まったく驚かなかった。スタジアム中が「チョン・ユンホ」のかけ声で破裂した時ですら。彼のような人間は、そんな愛を受けるに値するからだ。私も彼がとても好きなのだ。彼がSHINeeをかわいがっているのを知っているから。彼らにおごってあげたり、応援や激励のために公演に足を運んだりしてくれるし、ユノとチャンミンはいつもミンホと一緒にバスケットやボーリングへ行ったりしている。 ジョンヒュンとキーをワールドカップを観にご飯に連れて行ったし、テミンのダンス・レッスンには自分のCFや雑誌の撮影、そしてリハーサルがあるにもかかわらず見に来てくれた。ユノは彼らが完璧なセカンド・アルバムを作る様力になってくれた。彼らのカムバック・ステージにもわざわざ現場まで来てくれて、バックステージで見守っていてくれた。私たちの子が彼のような兄を持てて、とても幸せで、嬉しく思う。ユノが東方神起のリーダーとして耐え抜いてきた全ての事を、オニュに伝えている。たくさんの事をオニュに教えていて、そう、ユノは常に、オニュが自分よりも優れたリーダーになれる様全力で支えている。そして、ユノは自分がリーダーとしての重荷と責任が重い事を知っているからこそ、他の4人に比べてもオニュには特に優しいのだ。なぜなら彼はそれがどれだけ大変なポジションかということを知りすぎるくらい知っているから、オニュに愛情とサポートをみせる事がどれほど大事な事かということを知っているのだ。ユノよりも若くてソフトなオニュにはより多くの愛情と庇護が必要なのだ。この兄は、私たちの子を守り、そして彼の経験が彼らをよりよいグループとして遠くへ導ける様、努力を怠らない。だからこそ、昨日私が見た、疲れていて、静かで、そして表情の無いユノが5人のメンバーと視線を合わせているのを見た時(私がオニュをユノの横で見た時、テミンはユノのウエストに腕を回し、ミンホは彼を引きずり、ジョンヒュンとキーは何度も何度も彼を元気づけるために行き来していて)、嬉しかったし、誇らしかった。それはもしかしたら私が母親のようだったからかもしれないが、SHINeeが兄に愛情をみせるとき、私は誇りに溢れる。彼らは感謝の気持ちを表す事の意味を良く知っている子たちなのだ。兄の時間と愛は無駄にはされていない。彼がみんなをあんなにも好きなのは当然なのだ。昨日、一年以上も待ち続けたカシオペアの胸は、痛みや辛さよりも、誇りでいっぱいだった。彼女らのアイドルに対するその愛と献身は、それを見た全ての人に畏敬の念を抱かせるものだった。もちろん、それは彼女らのアイドルがその犠牲を受けるに値するものであるのだが、何よりも私を感心させたのは、今年のドリーム・コンサートや昨日のSMタウンで、カシオペアが東方神起に同じ赤い海(red ocean)をみせた事だ。昨日、ホミンのビデオが大きなスクリーンに映し出されると、ほとんどのペンライトが消され、かすかにショックを受けた。でもそれは一分以内で、ホミンが上から降りてきた時には、スタジアムはそれまでの様々な色の海から、完全なる赤い海に変わったのだ。それは、それがカシオペアであろうとそうでなかろうと、人々に完全なる畏敬の念、もしくは涙を抱かせるものであった。そこにはたくさんのカシオペア姉(ヌナ)たちが互いに手を取り合い、涙を浮かべる姿があった。多くの者がその感情を乗り越えてペンライトやボードを降り続けていた。その夜私は、SHINeeは素晴らしいパフォーマンスをしたし、とても可愛くて、いい時間を過ごせたのだと、とても幸せであるはずだった。しかし、カシオペア姉たちに囲まれて座っていた私は、彼女たちとともに泣き、そして叫ぶ事しかできなかった。ホミンのパフォーマンスが終わったとき、それはコントロールを失った。もしもこの涙が、一年も待った事、苦痛、論争、そてホミンの復帰に対する喜びに対する結果だとしたら、それはこのとき、まさに抑えきれなくなったのだ。彼女たちはこれまで、完膚無きまでに打ちのめされ、苦痛を負った。この一年二人が耐えたその痛みと苦悩が語られる事は無かったが、私たちは理解していたし、だからこそたくさんのファンが世界中から彼らをサポートするために来たのだ。終わると、私の隣に座っていたユノファンはまだぶつぶつとつぶやいていた。「どうしよう、どうしよう、アメリカも、中国も、日本も全部行きたい・・・例えそれがたったの6分だとしても、6分でも何も無いよりはまし。ユノと一緒に行かなくちゃ」他にも、日本からわざわざやってきたビギストのタオルを持ったファンたちを見たらなによりも切なくなったという者もいた。コンサートの最後に、ユノファンがシャウォルとエルフである私たちのところへお礼を言いにきた。ついに、私たちは彼女たちと一緒に泣き出した。家へ着くと、中国のファンがどんな風な反応をしているのか知りたくなった。もちろん、みんな始めはショックで怒っていたけど、やがてゆっくりと落ち着き始め、そしてたくさんの応援の言葉を読んだ。感動した!「彼らの登場は単に歌って踊るのが目的ではなく、そこにいない者たちを見せ、そこにまだ東方神起はいるのだと教えるものであり、その価値はあった。」「それが7時間待った後のたったの6分だったとしても、一瞬でも彼らが大丈夫だというところを見れただけでも十分だった。」そこにはたくさんのこんなメッセージがあった。その一つ一つ、すべてが私の胸を打った。突然、昨日のユノファンとの会話を思いだした。私は彼女に、大変で疲れるだろうに、なぜユノのファンなのか聞いたのだ。彼女の答えは、「疲れたよ。もちろん、疲れて、疲れて、憎かったし怒りもした。ユノはバカよ。でも私たちには何もできないの。ユノの側にいて、彼がこの辛い時期を乗り越えるのを待つしか。だって、ユノがくぐってきた苦悩に比べたら、私たちの苦痛や疲れなんてなんでもないもの。」昨夜以降、その姉ファンたちが愛しくなったのだ。ほんとうに本当に好きで、彼女たちこそ私が見て来た中でもっとも愛すべきファンだと。二人がどれだけ私たちのSHINeeに良くしてくれるか、カシオペア姉たちがどれだけ私たちに良くしてくれるかを考えたとき、私はいつか、SHINee Worldがカシオペアのようになって、メンバーが私たちの事を誇りに思ってくれるような日が来ることを願わずにはいられない。「こんにちは、東方神起です」「こんにちは、カシオペアです」これが私が初めて聞いた東方神起とカシオペアの挨拶の交わし方だった。感動した。SHINee Worldと私たちの子が、同じように完璧な関係を築ける日がいつか来ますように。そう遠くはないはず・・・[すーくす訳][TRANS] 100828 Shawol Fan Account - SMTown Live '10Credits: TVXQBaidu + SHINeeBarTrans by: dorfehh@DBSKnightsShared by: DBSKnights<当記事を転載の際は必ず上の○●印から下の○●印までを持って行ってください。>○●○●○●○●○●人はちゃんとみていますよね。ユノの本質をまっすぐみる人はユノペンだけじゃなくて人との関わりを大切にするユノだから、その相手側にも心があってその人自身と、その人を介して、違った目線でユノの真心を感じている。今の母国でのユノブームは、ユノ自身がきょとんと「自分は何も変わっていない」と答えるように、私たちが初めてユノを知った時のユノのまま。でも、今までユノを知らなかった人、誤解していた人が気づいたということ。人が人を信じる強さと優しさを。頑張っている人が発する清々しい空気を。そして、ユノがChange The worldに込めた人のつながりで世の中を変えたいと願うピュアな魂に。叶うなら・・・「ユノはバカよ」と言ったユノカシさん、当時の方たちが1人でも残っていますように。釜山のファンミでユノが、離れていた懐かしい顔をみたのだと感じたけど感情で動かず、ユノのためになるのか?を真剣に考えていたユノカシさんたちがどうかどうか、またユノのもとに帰ってきてくれたら嬉しいです。最後に全曲入っていませんが・・SMTソウルの引きの動画をお借ります。Nam Changmin 様【○ TVXQ! ○ 2010 Live World Tour in Seoul】https://www.youtube.com/watch?v=tJeSAqhWQYE以上、長い記事を読んで頂いてありがとうございました。ちょっと時間切れでまとめきれず・・・今からの移動中と明日の夜かもしれないけど、加筆修正するかもしれません。

  • 08Jul
  • 26Jun
    • ご連絡です

      なかなか更新できなくてごめんなさい取り急ぎ、2点ご連絡いたします。前回の記事でリブログさせていただきました、ONEさんのお手紙受付ですが、期間を延長してくださっています。7月2日火曜日までの消印有効とのことです。ユノにたくさんありがとうを伝えたいし、アルバムの素晴らしい歌声、ソロ歌手としての実力を多彩にみせてくれたユノに熱いブラボー‼️を届けたいですねどしどしお手紙送っちゃいましょう。2点目は、次の記事で初めてのアメ限を書いてみようと思います。とはいっても、レア情報やトップシークレットな内容でなく23日までの旅行記です。もし、読みたいなという方はお手数ですがアメンバー申請をお願いします。限定記事にすることから、今まで読んでくださっていた方(いいね履歴を参考にします)、面識のある方、あとは個別判断となります。どうかご了承ください。時間が経ったら一般にするかもしれません。そして今も出張中で今週は週末も含めて木曜日しか時間が取れないので、いつ書けるんだろう^^;です。慣れない携帯からの投稿なので改行がおかしいかもしれません。どうぞよろしくお願いします。それにしても美しい✨アルバムの感想諸々はそのうちゆっくり♡

  • 16Jun
    • ”【SUPPORT】ソロリリース メッセージ受付開始”

      12日から13日にかけて渡韓してきたので、そのことも少し書きたいのですが・・・その前に、嬉しいご連絡がありました!!!まってました「Yunho One」の復活です!!私にとっては、ユノサポートの原点で、「ユノが喜ぶことってなんだろう?」と自分なりに立ち止まって考えて、行動するきっかけをくれた大切なユノペンサイトでありたまごんさんは心から信頼しているマスターさんです。だから、本当に今のソロ活動のタイミングでの復活が嬉しくて・・。ユノのソロ活動素晴らしいですよね「TRUE COLORS」を受け取って、楽曲とユノの歌声に心奪われ車でも家でも移動中も・・中毒というほどこのアルバムに惚れこんでしまってますリード曲の「Follow」のパフォーマンスに度肝を抜かれU-KNOW 유노윤호 'Follow' MV [SMTOWN 様]6/13のヌッパンで魂抜かれ(笑) [Full]U-KNOW XLieV-유노윤호의 눕방라이브!韓国の音楽番組での神降臨ステージ&ユノカシちゃんたちの大声援に涙し6/14 Follow - 유노윤호(U-KNOW) [뮤직뱅크 Music Bank] 20190614 [KBSKpop 様]6/15 [예능연구소 직캠] U-KNOW - Follow, 유노윤호 - Follow @쇼!음악중심 20190615 [MBCentertain 様]さらには、エピソード集で、アルバムに込める思いやユノの日常までもありのままファンに届けてくれる姿と可愛さに悶絶し1. 유노윤호 [RGB : 리얼갬성방송] EP.1 Vlog는 윤호에게도 좀 어렵다2. 유노윤호 [RGB : 리얼갬성방송] EP.2 대충과 해충 사이 (feat. 건성)3. 유노윤호 [RGB : 리얼갬성방송] EP.3 N요병 없는 정윤호4. 유노윤호 [RGB : 리얼갬성방송] EP.4 Follow me like U-KNOW    4本すべて[SMTOWN 様]とどめは・・Danmeeのこの記事。東方神起 ユンホ「情熱的な名言」でラジオのリスナーから拍手喝采https://danmee.jp/knews/k-pop/tvxqyunho-topic/今月12日に初のソロアルバム「True Colors」をリリースした東方神起のユンホ(本名 チョン・ユンホ / ハングル 정윤호)。新曲のダンスにも関心が集まる中、ユンホは映画『アベンジャーズ』にインスピレーションを受けて振付を考えたとラジオで語った。13日に放送されたSBSパワーFM『2時脱出カルトショー(ハングル 두시탈출 컬투쇼)』にユンホがスペシャルDJとして出演。この日ユンホは、ソロアルバムについて「他の歌手のフルアルバムに負けないくらい精一杯力を注ぎました」とし「アルバムの構成は、軍隊にいる時、歩哨(ほしょう = 警戒・監視などの任務に当たること)に立ちながら考えました。いつか機会があれば出さなければと思っていました」と語った。またユンホは、振付についても「独特のポイントがあります」と言及。ユンホは「最近『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見て、そこに出てくるジェスチャーを(振りつけの中に)沢山入れました」とし「そのような部分を沢山見てくださったら嬉しいです」と伝えた。彼はドクター・ストレンジの手の動作、アイアンマンのロボットダンス、サノスのフィンガースナップ(指パッチン)を連想させるダンスをそれぞれ軽く披露し、スタジオを沸かせた。一方、“名言製造機”というニックネームを持つユンホは、あるリスナーから「今日はどんな名言を披露するの?」と名言をお願いされると「今1つ言ってみましょう」と紹介。ユンホは「1(일)+1(일)=2、1×1は1です。欲を持って何かかけようとすれば原点になるけれど、誰かと共にすれば1つずつより増すことになります。小さな力を集めれば世の中を変えることができます」という名言を残し、拍手喝采を受けた。これに対して他のリスナーが「ユンホさん、仕事(일)+仕事(일)=残業です」(※일 = 1、仕事..両方の意味がある)と伝えると、ユンホは「それで現金(현금)と入金(입금)、そして最も大切な“今(지금)”があるのです」と“人生で一番大切な三種類の금(クム)”について情熱的なコメントで返し、リスナーを感心させた。一方、ユンホのアルバム「True Colors」は、日本、シンガポール、タイ、台湾、アルゼンチン、ロシアといった世界15ヵ国の地域のiTunes総合アルバムチャートで1位を獲得し、世界的な人気ぶりを再確認させた。軍隊での歩哨の時にアルバムの構成を考えていたと。極寒の日も熱くて倒れそうな日もあったでしょう。ステージに立つ日を夢みて・・この時につながっているのね。しみじみ涙がでるよ。さらに、この言葉。「1(일)+1(일)=2、1×1は1です。欲を持って何かかけようとすれば原点になるけれど、誰かと共にすれば1つずつより増すことになります。小さな力を集めれば世の中を変えることができます」深い。ユノの生き方そのものであり、「change the world」のメッセージね。人との関わりを大切にし、肯定的な善エネルギーを発するユノ。今、ユノの言葉が韓国で多くの人の心を掴み、ユノの存在が勇気や希望の象徴と感じている方もいるようで、ユノペンが深くユノを心に刻むコアな部分が伝わっているのを感じる。ユノ、またひとつ超えたのかな。それにしても、なんて素敵な人なの。このアルバムを出すという決断から、カタチにするまでの全てに大きな感動をもらいこんなに幸せなファン生活を実感させてくれたユノにありがとうを言いたくて個人でもいいからお手紙を贈ろうと思ってた。その矢先のONEさんの復活。これもタイミングですね。ユノが心から尊敬しているお父様からユノへお手紙が届けられるということだから着実に届く!真心を大切にするユノは、きっとお手紙を喜んでくれるでしょう睡眠を削って頑張ったユノに「ありがとう」の心の栄養を届けましょう♪ということで幸せすぎて言葉にならないし、寝不足だし、ますますのユノ中毒で頭がぐーるぐるだけど(笑)そんな幸せなパニックのままUPします。お読みいただいてありがとうございます

  • 09Jun
    • ユノからの지금(今)

      ええっと。すっかりユノソロ情報の渦にのみ込まれて整理できないまま、毎日わーわー騒いでますその勢いで、多分貼るだけになっちゃいますが素敵ユノを♡本当はね、ゆっくり語りたいのよ。でも、色と楽曲と曲名がわからなくなってしまって(←そこ?)。だって、ユノのあの破壊力が壊滅的で・・次々来てソレですよ(言語不明瞭)。だから整理するためのアップでして・・わかっている方には何で今さら?な記事なので、どうかスル―して下さい。さて。유노윤호 U-Know The 1st Mini Album 『True Colors』 全6曲ですね。Blue 「Blue Jeans」Red 「Swing」DarkGray 「왜 Why」White 「Change The World」 Orange 「불러 Hit Me Up」Silver 「Follow」曲順がこの通りかはわからないけど、6月3日から公開された順に♪Blue 「Blue Jeans」#동방신기#TVXQ!#유노윤호#U_Know#TrueColors#BlueJeans#Blue公式(写真)IG:https://www.instagram.com/p/ByOmF6uFwji/?utm_source=ig_web_copy_linkツイ:https://twitter.com/TVXQ/status/1135347301969358848FB:https://www.facebook.com/tvxq/posts/2260397934015118公式(曲のハイライト)['True Colors']- 'Blue Jeans' HighlightIG:https://www.instagram.com/p/ByO1YyKlCer/?utm_source=ig_web_copy_linkツイ:https://twitter.com/TVXQ/status/1135380584765820929FB:https://www.facebook.com/watch/?v=2270724529843637Red 「Swing」#동방신기#TVXQ!#유노윤호#U_Know@yunho2154#TrueColors#Swing#Red公式(写真)IG:https://www.instagram.com/p/ByRaA-hFyHG/?utm_source=ig_web_copy_linkツイ:https://twitter.com/TVXQ/status/1135761483504054272FB:https://www.facebook.com/tvxq/posts/2262297320491846公式(曲のハイライト)['True Colors']-'Swing' HighlightIG:https://www.instagram.com/p/ByRaDQSljXz/?utm_source=ig_web_copy_linkツイ:https://twitter.com/TVXQ/status/1135742972350410752FB:https://www.facebook.com/tvxq/posts/2262162140505364公式(紹介文より抜粋)https://now.smtown.com/news/detail/474134収録曲「Swing」はミニマルな構成の楽器音と4/4拍子のドラム演奏が調和したオールドスクールシカゴハウス風のダンス曲で、トラックの色が「赤」であるだけに、お互いの心を確認する男女のきわどい感情線を「真っ赤なベールを剥ぎ取り」という歌詞で描き出して曲の魅力を一層倍加させる。DarkGray 「왜 Why」#동방신기#TVXQ!#유노윤호#U_Know@yunho2154#TrueColors #왜#Why #DarkGray公式(写真)IG:https://www.instagram.com/p/ByT-xvjFXDM/?utm_source=ig_web_copy_linkツイ:https://twitter.com/TVXQ/status/1136082646264557573FB:https://www.facebook.com/tvxq/posts/2263839223670989公式(曲のハイライト)['True Colors']-'왜 (Why)' HighlightIG:https://www.instagram.com/p/ByT-0HaFm3v/?utm_source=ig_web_copy_linkツイ:https://twitter.com/TVXQ/status/1136105361310650368FB:https://www.facebook.com/tvxq/posts/2263878480333730公式(紹介文より抜粋)https://now.smtown.com/news/detail/474259収録曲「Why」は、大胆に登場するベーススラップ演奏とねじれ形の解体主義的なソースが引き立つネオソウル/アーバンR&B曲で、都会的な曲の雰囲気に自助よう低めに吐き出すメロディーが心の深いところに孤独感と寂しさを抱えて生きていく現代都市に灰色の共感を醸し出す。White 「Change The World」 #동방신기#TVXQ!#유노윤호#U_Know@yunho2154#TrueColors #ChangeTheWorld#White公式(写真)IG:https://www.instagram.com/p/ByWjkqXlyqi/?utm_source=ig_web_copy_linkツイ:https://twitter.com/TVXQ/status/1136441573531459587FB:https://www.facebook.com/tvxq/posts/2265607146827530公式(曲のハイライト)['True Colors']-'Change The World' HighlightIG:https://www.instagram.com/p/ByWjpzBFyys/?utm_source=ig_web_copy_linkツイ:https://twitter.com/TVXQ/status/1136467749738287104FB:https://www.facebook.com/tvxq/posts/2265700606818184公式(紹介文より抜粋)https://now.smtown.com/news/detail/474352「Top Performer」TVXQ! U-Know(SM)が収録曲「Change The World」に特有の肯定エネルギーを提供する。「収録曲「Change The World」は、「私たちは皆平凡だが、当然の価値を守り、新しい世界を作ろう」というメッセージを込めたミッド・テンポのポップバラード曲で、普段U-Knowが見せてくれた線、肯定的なエネルギーが歌詞に投影されて真正性ある響きをプレゼントして、ワルツのリズムに進行される純白の童話的な雰囲気のブリッジで最後のサビに移るときに登場するU-Knowのアドリブが印象的だ。Orange 「불러 Hit Me Up」#동방신기#TVXQ!#유노윤호#U_Know@yunho2154#TrueColors #불러 #HitMeUp#Orange公式(写真)IG:https://www.instagram.com/p/ByZIYcIF-FQ/?utm_source=ig_web_copy_linkツイ:https://twitter.com/TVXQ/status/1136790659874951170FB:https://www.facebook.com/tvxq/posts/2267286953326216公式(曲のハイライト)['True Colors']-‘불러 (Hit Me Up)' HighlightIG:https://www.instagram.com/p/ByZIaLHlXo-/?utm_source=ig_web_copy_linkツイ:https://twitter.com/TVXQ/status/1136830137612193793FB:https://www.facebook.com/tvxq/videos/349562155743101/公式(紹介文より抜粋)https://now.smtown.com/news/detail/474357収録曲「Hit Me Up」は、Groovyしたベースラインが印象的な押しディスコ風のポップダンスナンバーで、歌詞には眠りに落ちる嫌な夜、一緒にドライブを残すう誘惑する恋人の率直な姿を盛っており、トラックのカラーが「オレンジ」だけに、オレンジ色の光街灯が点灯している夜間の道路を「オレンジ絨毯」で気の利いたように表現する、曲の軽快で明るい雰囲気を極大化した。Silver 「Follow」#동방신기#TVXQ!#유노윤호#U_Know@yunho2154#TrueColors #Follow#Silver公式(写真)IG:https://www.instagram.com/p/BybtKXBl7qs/?utm_source=ig_web_copy_linkツイ:https://twitter.com/TVXQ/status/1137177096264904704FB:https://www.facebook.com/tvxq/posts/2269079599813618公式(曲のハイライト)['True Colors']-'Follow' HighlightIG:https://www.instagram.com/p/BybtMeXlerp/?utm_source=ig_web_copy_linkツイ:https://twitter.com/TVXQ/status/1137192524865368064FB:https://www.facebook.com/tvxq/posts/2268222259899352公式(紹介文より抜粋)https://now.smtown.com/news/detail/474025タイトル曲「Follow」は注文(呪文)を覚えるようなイントロナレーションと静かな前半メロディが緊張感を醸し出すポップダンス曲で、自分の致命的な魅力で相手をひきつけるという内容の歌詞にソロアーティストU-Knowの抱負を込めて目を引く。6曲つなげるとこんな感じ。@Bubechan21Fran 様 ♡ 2019.06.12 デビュー16年目初ソロアルバムデビュー✨ 期待しかない💓💓💓 ドキドキ感半端ない (٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)感涙 ♡#TrueColors#Follow#Why #BluejJeans#Swing #ChangeTheWorld#불러 #HitMeUp#Yunho1stSoloAlbum#유노윤호 #ユンホ #Yunho #U_Know#동방신기⁠ ⁠#東方神起⁠ ⁠#TVXQ⁠! ⁠ pic.twitter.com/X5EtiOi30O— FRAN TVXQ 동방신기 Yunho (@Bubechan21Fran) 2019年6月8日@yunhomin26 様 いよいよですね😆👏👏👏🎉✨#TrueColors#BlueJeans#Swing#왜 #Why#ChangeTheWorld#불러 #HitMeUp#Follow 🎧 2019.06.12. 6PM (KST) 👉 https://t.co/ResXmUvO13#동방신기 #TVXQ! #유노윤호 #U_Know #東方神起 pic.twitter.com/UUoWE4sCiX— Yu-no Yun-ho🍓 (@yunhomin26) 2019年6月8日※ ツイよりお借りしました♡参った。こんなに詰め込まれた6曲ってあります?毎日写真や曲のハイライトが公開される度に「ユノ~どれだけ構想を練って準備してくれたのーー(ノД`)・゜・。」って感極まってたけど今、ひと通りのカラーと楽曲の雰囲気がわかったところで改めてなんて素晴しいアルバムだ!!と。手にして再生する時を想像するだけで心震える。もともとユノのベースにあるサウンドが私もすごく好きで・・マイケルに関しては以前記事に書いたけど、ユノペンになるのは必然だったと感じるしユノ自身の楽曲では「Komplikated」とか「Puzzle」が特に好きで。ここ掘り下げると長くなるので割愛しますね(笑)。このファーストソロアルバムは、音楽のジャンルを自在に飛び越えて今、ユノがやりたい音の世界をぎゅうぎゅうに詰め込んだ贅沢な1枚。そこには、常に高みをめざして〝今〟を生きるユノが感じられる。ユノのインスピレーションと未知の領域にチャレンジする躍動。可能な限りの時間と情熱の全てを注いだエナジー。今まで長い間ノートに書き留めただろう夢、音楽へのオマージュも。あとはファンへの思い、共に今を生きていきたいという思いがきっと詰まっているね。ソロアーティスト「U-Know」として、金の美しい翼を広げて高らかに・・・ついにその時が来たね。楽曲の魅力とともに堪能したいのが変幻自在な、まさにカラフルなユノの声。一部しか聞いてないけど、ユノにぴったりな楽曲の数々にも満足している。自由にのびやかに思いのまま、ユノだけのリズム、ユノだけの声を感じることができる。早くフルで聴きたい。そして、ユノのビジュアル。ゾクゾクする。全部に「壊滅的な」とつけたくなる(笑)。それだけ、ストっと直線でハートを射抜いて痺れさせる魅力。大胆に誘う目線や倦怠をにじませながらもこちらを外さない目線。口元は閉じても開いても結局セクシーで、言葉はないのに雄弁で。退廃の一歩手前の妖しさを振りまいても、絶対に品を感じさせる姿。だからなのか、露出がない服の方がより想像力を掻き立てる?かと思えば、「White」の世界観。もはや、神話の中から抜け出てきたような神秘性。そのまま、そっとしておきたい。「何人たりとも触れてはならない」と感じさせる透明感。からの「Orange」。国籍不明で誰も素性を知らない、お金にも名誉にも靡かず誰のものにもならない美しい男。ああぁ・・妄想が止まらない!「Silver」のアンドロイド感でさらに高まる・・(顔にグリーンのレーザー当てた人天才!)。-感情がないアンドロイドにある日不具合(悲しみや心の痛み)が生じてそれとは知らずに目からあふれるものが涙だと知り、ゆっくりと感情の機微を覚えていく-みたいな?(暴走)または、マトリックスの世界そのものに、仮想現実と現実をさまよい、気づき覚醒し最終的に全ての世界を統合していく選ばれし者・・・ なぜこうなった?(笑)でも、まじめに。つくづく感じるのは、ユノは神さまが特別につくりあげた芸術なのだと。顔の造形だけでなく、整った長い手足、頭と体、身体バランス、骨格も筋肉までもがパーフェクト!(ユノの素晴らしい人間性も語りたいけど、主旨反れるので割愛)そのユノがあの唯一無二のパフォーマンスで踊るんですよ。独特のリズム、まさに男神なのに女性のしなやかさ。一瞬の間合いでその場の空気を操って・・引き込まれて目が離せなくなる美の極致。どんな世界が繰り広げられるのか・・やっぱりドキドキです楽曲が全部好みで、どの曲かなんて選べないけどとりあえず、今年の夏ソングはコミカルな「불러 (Hit Me Up) ↓で決まり~!この曲で清涼飲料水のCM出ちゃわない?SMTOWN 様Hit Me Up【U-KNOW '불러 (Hit Me Up) (Feat. 기리보이)' Special Clip #TrueColors】ということで、ざっと整理をしつつ・・ついにあと3日で発売される待望のアルバムを心待ちにしながら今の煌めく時間を大切にして、さらなる応援をがんばりましょうね~♪ユノ、ほんとにほんとにありがとう。最高のプレゼントね。ユノのファンで幸せよ最後に、ツイより。韓国音楽番組木曜日 18:00から Mcountdown(エムカ)金曜日 17:00から Musicbank(ミューバン)土曜日 15:50から ショー!音楽中心(ウマチュン)日曜日 15:40から 人気歌謡(インガ)で、ユノは14日(金)のミューバンに出るのね!!なんのスタンバイしたらいいの?(感嘆)@0206y3 様 やっとnaver記事ポチ終了👍 来週 ミューバン出演なんだね❣️ Mカに名前無かったから不安だったけど安心したよ TVで観れるんだっヽ(。>▽<。)ノ あー気づけば朝からなんも食べてない😅💦 YUNHO 유노윤호 정윤호 鄭允浩 ユンホ U-KNOW Follow#TrueColors#Yunho1stSoloAlbum#YUNHOSOLO pic.twitter.com/Cf26Qsp10c— y×3 (@0206y3) 2019年6月8日ありがとうございます。お借りしました♡※ 大事な補足これからの応援は、YouTube再生が重要とのことです。とにかく、日本からできる大事な応援とのことなのでご一読下さい。↓https://twitter.com/uknowyunhofan/status/1130122948780576768

  • 03Jun
    • ユノソロTeaser&Intro

      色々お調べ&ポチ中で・・手短になってしまいますが嬉しいニュースは更新~♪6/1ついに、SMTWONよりTeaser公開youtube 【유노윤호 [RGB : 리얼갬성방송] Teaser】http://youtu.be/EW3MNgBu8A0vlive http://vlive.tv/video/132315naver http://naver.me/Gd5qS82eそして、ユンスタ。yunho2154https://www.instagram.com/p/ByKL6qWhiNx/#RGB#리얼갬성방송^^#RGB #リアル感性放送内容はこんな感じ。ユノ) こんなことも考えてみましたコンセプト自体を色で決めるんです人間的にもっと近づくことができる感動もあり、ウィットもいて(あって)【企画 チョンユンホ】 たとえば、このような部分で【演出 U-Know】 これを撮るの?―はい、撮っています【カメラ 東方神起のリーダー】【出演 上体脱衣(え?(;゚Д゚)♡)予定者】【出演 TMI爆撃機】【出演 練習室の不動の】【出演 ウンチェ叔父】【出演 大韓民国の予備役】【出演 愛嬌白檀ユンホ】 ドライヤーのため聞こえません(↑あまりに可愛いので2枚❤(´∀`*))【ユノユンホリアル感性放送】むむむ。どこにも 「True Colors」 とないゾ・・もしや、これは本番のティザー(広告)の予告編ティザー?続編あり??打ち合わせ風景の働く男っぷりやストイックに鍛える姿、レッスン中(特典映像化要望)や姪っ子ウンチェちゃんとのデレ姿、ナチュラルな雰囲気や軍服姿まで( ノД`)・・・あまりにファンが喜ぶ場面のオンパレードに「もしやファンメイド?」と疑問まで湧いたりして。。ユノのなぞなぞみたいな意表をついたティザー。かっこいいユノがくると思っていたら色々な・・そうか、だからRGBってこと?RGB=光の三原色。光は白っぽいとか透明と思われているけど、実は無数の色からできているそう。逆に色んな色が白い光を作っているともいえる。無数にある光の色の中で、赤(Red)緑(Green)青(Blue)の3色は基本の色として光の三原色とされ、このわずか3つの色の組み合わせでこの世に存在するほとんど全ての色を作り出すことができるとのこと。常に変わり続けているユノ。そして、周りからの刺激で乱反射する光そのもの。RGBの配分でいかようにも、無数のユノが生まれる。それをこのアルバムで表現してくれる?そんな?を投げかけたティザーだけど、1日は大喜びだった。ティザーをみたユノペン仲間から連絡があり、なんと今年の2月6日にユノのお誕生日プレゼントとして贈ったCAPをティザーの中でユノがかぶっているとのこと。震える手で再度動画を確認すると#Alexanderwang のCAP(ノД`)・゜・。(ノД`)・゜・。まさか、ここでユノが身につけてるところが見れるなんて。初のユノソロティザーですよ。。ただユノに気持ちを伝えたくて何とかユノの元に届けることで必死だったことがこんな形で返ってくるなんて。ユノの気持ちはユノにしかわからないけど・・・それでも、ユノからのサインに感じる。言葉より行動のユノだから、その行動の意味は深い。大丈夫、ユノソロは絶対成功するから。私たちは当然全力で応援するし、待ってる人の数はユノの想像を超えるよ。どうか、懐かしい顏がユノの目に留まりますように。って、気持ちをのんびり書いてたら・・・・・・・・・・ひーーーーーーーめっっちゃくちゃめちゃくちゃかっこいいユノがu-know.smtown.com/Introこの最後の・・特にヤバい!!!!!!!えええ?????ひゃーーーもう、騙されたっていい←意味不。ちょっと思考力ゼロで、書こうと思ってたこと吹っ飛びました(´∀`*)ウフフこれも光の三原色が魅せる色?予測不能なユノだけど、本気だ。ユノソロだもん。全部本気。ひーーん。ユノペンさん、幸せで怖いですね。6月12日までこれが続く?とにかく楽しみタイムオーバーというより、キャパオーバーなのでここでUPします。追記修正等するかもしれません。

  • 29May
    • ユノソロアルバム「True Colors」6/12発売!!!!!

      きた・・きましたね待ちに待ったお知らせ。いち早くはユノちゃんのユンスタで。yunho2154https://www.instagram.com/p/Bx_M4vYhVl9/ちょっと後に公式?tvxq.officialhttps://www.instagram.com/tvxq.official/「K-POPトップクラス」ユンホが6月12日に発売されるミニアルバム「True Colors」でデビュー後初のソロ活動を開始します!ソロパフォーマーの真の魅力を詰め込んだ、彼の初のソロアルバムを期待たくさんしてください! 👏記事で詳細確認。スポーツソウルhttps://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=4302東方神起ユンホ、ソロアルバム発売日が6月12日に決定!    タイトルに込められた思いとは?東方神起のユンホのソロアルバムが、来る6月にリリースされる。ユンホは6月12日、計6曲が収録されたミニアルバム『True Colors』をリリースする。本格的なソロ活動を予告する今回のアルバムには、世界中からの反響が期待されている。『True Colors』はユンホ初のソロアルバム。タイトルには、「独自の音楽カラーとパフォーマンスで、自身の真の魅力をすべて披露する」という意味が込められ、“ソロ歌手ユンホ”の新たな魅力に対する期待感を高めている。ユンホはこれまで、“K-POP界の帝王”東方神起として隙のないライブ力と、ハイクオリティなパフォーマンスを繰り広げてきた。グループとして世界的な人気を得ていることはもちろん、これまで発表したソロ曲も大きな反響を得ている。写真=SMエンターテイメントSMエンターテインメントのデジタル音源公開チャンネル『SM STATION』シーズン2で発表した『DROP』を筆頭に、東方神起のアルバムに収録された『Honey Funny Bunny』『Champagne』『Komplikated』『Puzzle』『City Lights』といった数々の楽曲を通じてユンホならではの音楽的感性を披露しているだけに、今回のアルバムに対する期待も大きなものだ。ユンホ初のミニアルバム『True Colors』は、韓国で来る5月29日から予約販売を開始する。うううううううう。。。やっと叶うとわかって、まず手が震えた。それからずっとじわっと涙。仕事中もソワソワ。この喜びをどう伝えたらいいの?(涙)で、ひそかに考えてたけど、弾丸でアルバムを買いに行ってきます平日だし、前後とも予定が入ってたけど、無理すれば行ける。だって、ユノソロだから。デビュー16年目にして、念願のまだ見ぬユノの全てが投影されるアルバム。ユノは頑張ってるもの。日本から韓国に帰国した日にそのまま事務所にいったり寝る時間もないまま、すっかり痩せてもトレーニングには通って( ノД`)。。そしたらもう、どうしても行きたくなってしまって。。困ったことに、ユノはこんな情熱も引き出してくれるよね。このアルバムにはユノ自身の発売に向けた強い意志を感じる。ユノソロを願うファンの願いも知ってるだろうしユノだって今の自分の色をはっきり残したかったでしょう。それがついに実現するのだから、ワクワクしてるでしょう?インスタのアイコンをアルバムイメージにいち早く変えてるものね(愛しい)。ここに至るまで・・ユノソロを待ちきれず、離れたユノ(オンリー)ペンさんがいることも知ってる。もう読んでくれてないと思うけど、前はブログ読者さんでコメントは照れるからとよくメッセージをくれていた方がいたのだけど転役後の東方神起活動が始まる時に、ユノだけの済州エアーで渡韓してユノ機を買って、それを記念にペン卒してしまった。ツイでも何人か。その中で、ユノソロ決定で復活された方がいたので「おかえりなさいですか?」とDMしたら「一時的です。ユノが1位になるのを見届けるまで・・」と。この言葉は刺さった。色んな思いがある。一時的であっても、いま全力を注いて応援してる人。歓喜の涙で幸せに浸っている人たち。そんな私たちで、去ったまま戻ってこない人の待ち焦がれた思いも一緒に抱えてユノにありがとうを届けよう。ユノだけの「True Colors」を、色鮮やかに飛翔するユノを見つめていきましょう。感極まって今でも泣きそうで言葉にすることはムリね。ただただ、本当に嬉しくて。心から幸せだと、しみじみ感じてます。どんなアルバムになるのか・・新しい世界にユノが一瞬で誘ってくれるのをドキドキ待ちながら応援準備しまーすということで上の記事で紹介されていたユノソロ曲を貼ります♡6月12日を迎えられる喜びをどんどん高めていきましょ。ユノペンさん、本当におめでとうここからが本番ですね~●DROP8626 easymind 様[170708] UknowYunho - Drop (전광판)●Honey Funny Bunnymaritvxqmari 様東方神起 ユンホ ソロ Honey Funny Bunny (130706 TVXQ! LIVE WORLD TOUR'Catch Me' in LAver)●ChampagneONLYONE UKNOW 様[fanmade] 東方神起 SPECIAL LIVE TOUR - T1ST0RY - &...!-Champagne [YUNHO]●KomplikatedxBubblex1 様TVXQ! (東方神起) 동방신기 (U-Know Yunho) - Komplikated Lyrics [Eng+ Han + Rom]●Puzzleyoon moon 様180707 TVXQ香港 Puzzle U-know SOLO●City LightsIZANAMI 様TVXQ! (YUNHO)- CITY LIGHTS FEAT TAEYONG (NCT) IN CONCERTおっと!今度のアルバムと同じ6曲だ。そして、もしソロコンやったらこんな感じが続くのよ!!ユノだけが表現できる唯一無二の世界。とらえられて釘づけになって、もうのみ込まれてもいいと思うとさっと線を引くような。ストイックなのに魅惑的で、品を保ちながら時に禁断の香りが濃厚で想像力を掻き立て没頭の後に、少しの飢餓感のタネを残していく。それが離れているうちに成長して・・みごとなユノ中毒になっているというね。ユノはステージを司る神。とんでもない人にハマってしまったね。アルバム発売の次はソロコンを目指してまずは「True Colors」を世界にとどろかせちゃいましょユノペンさん、ファイティンそう。大切なことを忘れてたので追記。色々あるし、許してないけど←発売することができるのだから、smさんありがとうございます。思っている以上の爆発をすると思うので、たくさん生産して下さいね。そして、大切なユノ。命をかけてアルバムをつくってくれてありがとう。本当にありがとう。幸せをかみしめているよ。ユノのingを閉じ込めた結晶を待っています。制作に関わって陰で支えて下さっている方々にも感謝します。

  • 20May
    • 요줌애들(最近の子供たち)振り返り~

      このごろ、他の方のブログを読ませて頂いてすっかり満足~な状態でして・・・でもこの番組はブログに残したいなぁと思い、周回遅れのみんな知ってる内容だと思うけどよろしかったらお付き合いください5月12日(日)に放送された「요줌애들(最近の子供たち)」本当に最高でしたね~ありがたいことに連続再生リストがありました♡⇓NAVER TV https://tv.naver.com/v/8342755/list/461661 YouTube 20190512_요즘애들_22회https://t.co/qfP4TeYvTB[JTBC Entertainment]※ ♡やいいねポチよろしくおねがいしますこれ、見始めると止まらなくなって幸せ顏( *´艸`)のまま、デレーーン❤と観てしまうのだけどたくさん記事化されたものの中から、OSENの記事【「永遠のライバル」「最近の子供たち」ユノ・ユンホ×チャ・ジュンファン              8年後にも「情熱」デカルコマニー】https://m.entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0004008105のあらすじが充実していて読んだらさらに感動!だった。ちなみに、タイトルにある〝デカルコマニー(데칼코마니)〟がどうやっても日本語訳の意味が出てこないので、単語だけ調べたところ、こんな意味だった。フランス語で「転写法・転写方式・転写画」を意味する美術用語であり、キャンバスの半分に絵の具を塗布し、それを折り込んで転写した絵を作成する技法を指します。出典:KPOP WATCHMENhttps://kpopwatch.club/2018/10/01/post-4679/つまり、左右対称というぐらいだからこの時のユノとジュンファン君の情熱的な感性が合わせ鏡のように似通っていたということ。価値観がぴったり合う様子を、なんて芸術的な表現でタイトルにするんだろうとここでも感動そんな脱線をしつつ、記事内容と写真を以下にお借りします。※ 応援にもなるので、元記事もクリックお願いします♡https://m.entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0004008105[OSEN =ギムスヒョン記者]8年ぶりに再会したユノ・ユンホとチャジュンファン選手がデカルコマニー「熱情」マンスール姿で相性ケミを見せた。12日放送されたJTBC芸能「最近の子供たち」ではフィギュア国家代表チャ・ジュンファン選手に会った。 この時、誰か登場、ときめきいっぱいの姿で"日調べてみようか"として緊張した。 サプライズゲストは情熱マン ユノ・ユンホであった。 ユノ・ユンホも"合コン番組に出て行く感じだった"として緊張した。二人は2011年の8年前、フィギュア芸能で一緒に出演した縁を伝えた。驚きを隠せないチャ・ジュンファンのようにユノ・ユンホも「背がふわりと大きくなって驚いた」と不思議に思った。 8年前のユンホに対して尋ねるとすぐにチャ・ジュンファンは"すごく良くしてくれた"としながら酢豚も買ってくれた良い兄と言った。 引き続きSNSで話題になった8年前思い出の中に経ち、一緒に映像を見てユノ・ユンホは"良く育った"として立派だといった。 それと共に"世界的な選手になった記事を見た、世界へ伸びていく子供といった言葉が実現された、若い年齢みな吐き出す姿が素晴らしい"と話した。ユノ・ユンホは危険性を知るにジュンファンの負傷を心配、チャ・ジュンファンは"練習の時倒れてこそ実戦で走ることができる"としながら"とてもたくさん倒れてお尻の細胞組織が死ぬ程負傷に苦しめられたことがある"として無限肯定で克服した真の選手姿勢を見せた。 これに対しユノ・ユンホは"全世界ファンの前で舞台にあがれば国家代表になった感じがする"としながら"私も何か見せなければならないと思う"として情熱を爆発した姿を見せるとすぐにMCは伝説のユノ・ユンホのズボン裂けた事件を言及、ユノ・ユンホは"インパクト残したと思う"としてやはり肯定的に受け返して笑いを抱かれた。引き続きチャ・ジュンファンの休み時間を質問、彼は"日曜日が休む日、一人で体力訓練する"としながら休む日にも訓練してこそ安心するといった。これに対しユノ・ユンホは"私も共感する"としながら"仕事のためにストレスを受けて休息が与えられても仕事を趣味としてストレスを解く、私のような雰囲気であるようで胸がいっぱいだ"として情熱さえ似ている二人の姿が目を引いた。また、真のプロ精神も見られた。ユンホは「朝起きたら今日一日特別にさせるべきと思う」と格別な生活の価値観を伝え、次いで「今日もジュンファン君と8年ぶりと特別になるだろうと思った」とした。これに対しチャ・ジュンファンは"模範とするべきと考える"としながら鏡餅のような2人の姿が温かさを加えた。最初グランプリファイナルメダリストであるフィギュア王子らしく特別なきれいな姿で舞台を披露し、これを見たメンバーは、「美しい」と目を離すことができなかった。ユンホも「白鳥みたいで映画のワンシーンのようだった」とし、「ライバルとすることがきまり悪いほどだった」と感嘆、チャ・ジュンファンは「永遠のライバル」と愛情を表わした。余韻が感じられるスペシャルステージの後チャジュンファン選手は「簡単おもしろくスケートを学んでみよう」と提案した。すべてフィギュア経験者であるユンホに注目、情熱マンスールらしくスピンし登場した。色あせていない実力にチャジュンファン選手も感心、拍手喝采を打った。チャ・ジュンファンはウォーミングアップのために一周してみようと言い、すべてのロープをつかんで移動した。続いてフィギュアの技術を学んでみることにし、チャ・ジュンファンがステップから披露した。隣にいたユノ・ユンホはスケートが下手なメンバーを助けることにした。それとともに、クロス動作も自然に成功し、滑走瞬間も瞬発力を発揮した。チャ・ジュンファン選深化過程を伝授、難易度の高い動作の両方に心配した。やはりすべて失敗したが、ユノ・ユンホだけ安定した姿勢でこれを成功した。ついにユノ・ユンホが自己陶酔に陥って笑いを抱かれた。この雰囲気を追い立てて、チャ・ジュンファンも次元が違うクラスで示範を見せて熱い歓呼を受けた。次はリンボー対決が繰り広げられた。 やはりチャ・ジュンファンとユノ・ユンホだけが残った。 ユノ・ユンホは"8年ぶりに再びつくとは思わなかった"としながら永遠のライバルであるチャ・ジュンファン選手との対決に格別な感慨を伝えた。 80cmリンボーに挑戦、チャ・ジュンファンは"お兄さん先に"と話して、ユノ・ユンホに優先権を渡した。 ユノ・ユンホはリンボーに通過したが中心を失って惜しく漏れる敗れた。 この時、チャ・ジュンファンが図のようなグラビアポーズで圧倒的な柔軟性を誇り通過した。 クラスが違うフィギュア王子威厳だった。続いてハイライトであるジャンプの技術を伝授、すべての視線を集中させた。高難度の技術も軽く成功し感心した。最後に、99秒以内に7つのミッションを完了する「グランプリファイナル」を行うことを提案、試演を66秒以内に終了して驚きをもたらした。メンバーたちも心配半分期待半分での役割を分配しながら野心的なファイティングを叫んでそれぞれの位置に移動した。続く失敗に全員苦しがる時に、ユノ・ユンホは「最後の力を集めよう」と情熱を引き上げた。紆余曲折の末、すべての願いを込めた最後のコースまで到達し、91秒後にグランプリファイナルに成功した。アホーン回の挑戦で成し遂げた感激の快挙であった。すべて涙声で感動、キム・シニョンはあきらめるときの情熱ユンホの力で克服したと述べた。何よりもチャ・ジュンファン選手とユノ・ユンホが9回試行中一度もミスしていない目を引いた。ユノ・ユンホは「ジュンファンと一緒にして、時間旅行した感じ」としながら「本物にスペシャルな一日だった」と感想、チャ・ジュンファン選手も「8年ぶりに一緒にして良かった」と楽しく楽しんだスペシャルな一日と所感を伝えた。/ssu0818@osen.co.kr[写真]「最近の子供たち」放送画面キャプチャーはぁ・・・素晴らしい。温かい、いい番組だ。。このご縁を生んだ8年前が自然とみたくなりますよね。まずは、「キムヨナのキム・ヨナのKISS&CRY」 (김연아의 키스 앤 크라이)でユノがナチュラルに発した格言シーン。SBSTVJobs 様【유노윤호 예언...탈락한 차준환에 "넌 세계로 뻗어나갈 아이" [김연아의 키스앤크라이]】涙をこぼすジュンファン君にユノが「顔をみて。なぜ泣く?お前は世界に羽ばたく子。永遠のライバルだ」と。泣きやませるための励ましの言葉でなく、視野を広げもっと高みへと引き上げる言葉。しかも〝ライバル〟なのだから〝忘れないよ、いつも隣にいるよ〟とも感じる。素直で努力家の彼は、その後、本当にそれを実現した。韓国オリンピック代表になり、国際的な大会で銀や銅のメダルを獲得する選手になった。ユノの言葉が意識的/無意識的に作用して、8年のどこかでふと思い浮かんで力になったんじゃないかなと思っている。それだけ、この時のこの言葉は、異彩を放つ魔法の言葉だったよね。あと、可愛くて忘れられないのは、ここ。チング~たちの会話・・ユノ、ちょっとコテンパ気味?SBSTVJobs 様【숫자 넘어선 우정..유노윤호-차준환 ‘중식’ 먹방 [김연아의 키스앤크라이]】でも、ここの「ヨジャチング・・」ネタを、8年後にユノが逆襲~ジュンファン君はどんな答えだったんだろ?気になるわぁ。で、結局全ての演技をみたくなるSBSTVJobs 様【유노윤호, 마이클 잭슨 빙의 ‘무결점 연기’ [김연아의 키스앤크라이]】SBSTVJobs 様【유노윤호-뮬러, 실수에도 능청...‘깜찍한 바람둥이’ [김연아의 키스앤크라이]】SBSTVJobs 様【유노윤호 타고난 피겨재능(?)...‘비보이를 사랑한 발레리나’ [김연아의 키스앤크라이]】SBSTVJobs 様【‘안구정화 커플’ 유노윤호, 샤이니와 빛낸 마리오네트 [김연아의 키스앤크라이]】SBS Running Man 様【[2011.07.31] 키스앤크라이 유노윤호 & 클라 (스타워즈)_01】あとは、こちら。bbabyonfire 様【Yunho & Claudia】涙でてきた。この編集最高ずっと前に聴いてた大すきなKatyPerryの「Teenage Dream」で回想するユノとクラちゃんの姿。初めてのスケートを、超殺人的スケジュールの合間に必死に練習して。当時のユノペンさん同様に私も、「なんでこんな番組のオファーをユノに受けさせるんだ?ケガしたらどうするの!!」と事務所への怒りがわき、転んで腰を強打する姿が本当に痛々しくて、でも絶対ユノは頑張ってしまうから心配してロケ先の屋外や廊下で健気に練習するユノの姿にほだされて結局応援しながらみてみたら、驚くほどに上達したユノの演者としての佇まいに驚いて・・震えるほど感動した。ユノは真のエンターテイナー。観る人を魅了し、自らも楽しむことで人を笑顔にして、世界に引き込む人。どんな無理難題に思えることも、ユノはあきらめない。スタートしたからには、努力して克服するチャレンジ精神の塊りのような人。無謀なわけでなく、しっかりと将来を展望し、全体から俯瞰する聡明さを持ちながらそれでも物事に向かう精神はTeenageのままで。いつまでも10代のような純粋な心。そして、クラちゃんや幼いジュンファン君たちとも心を合わせられるユノの人間力とそうすることで清い存在と共鳴して癒されているだろう、あまりに無垢な魂。その気質は今も変わらないし、72時間で園児との関わりでみせてくれた姿につながってるんだろうな・・とも。番組自体は諸々思うところあったので、降板という形であれ終わることにホッとしたしこの時のケガも残ってしまっているだろうし、再度みようと思えなかったのが正直なところだけど、今回観てみたら、ユノのこの努力の結晶をもっとちゃんと味わおうと思った。ユノ、8年もかかっちゃってごめんね。って、あれ?Kiss&Cryの話から元に戻そうこの요줌애들(最近の子供たち)は、番組を観る前からMC陣がユノペンだらけだしユノが会えることを喜ぶだろうジュンファン君へのゲスト出演だから楽しいことは疑いがなかったけど、本当に癒される番組だったユノペンはユノが大事にされることが喜びだからジュンファン君のこんな顔やユノに、「アニョハセヨ」と言う声が裏返ってるところも微笑ましく嬉しく。ユノが、(立派になったジュンファン君に対して)ライバルというにはきまりが悪いと言うと、すかさず「永遠のライバル」と返してユノの〝今日を特別に〟発言に対して素直に「模範にすべき」と応じ、実際に、ジュンファン君のインスタの紹介文が오늘 하루 특별하게 만들어야지 🔥(今日1日を特別にしよう)に変わりjun_july_august  https://www.instagram.com/jun_july_august/こんな素直で純粋な反応こそが、相手に対する尊敬ですよ。真のリスペクトですよ!!ユノの屈託のない笑顔と、リラックスした様子がびんびん伝わってきますよ。(よくみてホ○ンペンさん)Topを走り続け、進化し続ける「ing」の人には、共通のマインドがあることを痛感したしユノもそれをジュンファン君から感じて喜んでいたし。そんな喜びがユノのインスタにも表れていて。yunho2154 https://www.instagram.com/yunho2154/直近の3つのpostに顕著にでてた。右はユノソロミーティングを思わせるpostで、コメントもハッシュタグなし。左はレッスン開始(ソロ活動ついにカウントダウン?)の写真と「시-작」のひと言だけ。真ん中はあふれんばかりの思いのままに。https://www.instagram.com/p/BxXleQ_D240/8년전 처음 만났을때 눈망울의 추억을#요즘애들을 통해 시간여행을 다시 함께한 차준환 선수. 준환아! 너의 매일이 스페셜하기를! 더욱 더 세계로 화이팅^^ 그 날처럼 지금도 언제나 응원할게!함께 방송한 재석이형. 정환이형. 신영누나. 광희 모두 감사합니다. 그리고 언제나 함께 해주시는 여러분의 새로운 한 주도 스페셜하기를 응원합니다~^^[맨 위 사진 캡춰 cr.키스앤크라이 (http://tv.sbs.co.kr/kissncry/)]8年前、最初に会ったとき瞳の思い出を#요즘애들を介して時間の旅を再度一緒にチャジュンファン選手。ジュンファンああ!あなたの毎日がスペシャルすることを!さらに世界に行く^^その日のように、今もいつも応援するよ! そして一緒に放送したジェソク兄. ジョンファン兄.シニョン姉. 狂喜全部ありがとうございます。 そしていつも一緒にして下さる皆さんの新しい一週もスペシャル下記を応援します~^^本当にユノらしい。自分のことは多くは語らず、人への応援や感謝、喜びは盛大に心を込めて感動をまっすぐ表す純粋な人だよね。そんなあれこれを感じながら先ほどのユノの最新posthttps://www.instagram.com/p/Bxh9TUDhVA2/この写真と、ただ一言の「시-작」をみたらたまらない気持ちになって・・・じっとみつめた後、出し抜けに〝ユノのソロアルバムを1位にしたい〟ってわーーーっとこみ上げてきた。私は、あまり物事の順位にこだわるタイプでなく、それよりも質や関わり、思いがどうかに焦点をあてる方だけど・・こんなに頑張ってきた。色々あった15年。やっとのソロアルバム。今、手元になくても抱きしめたいほどの。これを待っていたファンは涙せずにはいられない意味深い1枚。その喜びが積み重なって結果になって、音楽番組で1位になったらユノどんな顔するかな?照れるのか、思いっきり叫ぶのか、クールに装うのか、、泣く?涙目で堪えるよね。でも、絶対、絶対、絶対に嬉しいに決まってる!!!だから、1位を絶対に目指すんだ!強い気持ちがあふれてきた。そんな時こそ深呼吸で、焦らず、うまく人の知恵をお借りしてでも他人任せにせず自分の意志で、しっかりがんばろう発売日はいまだわからないけど、それまでは準備期間としてコツコツやっていこう。音版、音源、(発売されたら)動画再生、投票など、日本からできることを着実に。ということで、有言実行したいと思うのでまず今週はこのあたりを学んでみたいと思いますツイからお借りします。http://kpop-chige.tokyo/tv/1週間のうちにやるぞ~!!!・・・ここまで気合いをいれてるのはなぜかというと、めんどくさがりの携帯音痴だからでも、それがどうしたー!の勢いで頑張ります♪ということで、リンク含め諸々お借りしました。ありがとうございました。

  • 05May
    • 祝☆彡ユノソロアルバムありがとう

      来ましたねついに。「[単独]ユンホ、情熱男ていかれる...デビュー16年ぶりに初のソロ出撃」入力2019.05.03 08:57修正2019.05.03 08:57クリックしてね♡ ⇒ http://mnc.asiae.co.kr/view.htm?idxno=2019050308275837086#cb何度も読み直して次にこの記事↓を読んで「東方神起ユンホ、デビュー16年ぶりに初のソロアルバムを発表[公式]」入力2019.05.03。09:44こちらも♡ ⇒ https://entertain.v.daum.net/v/20190503094454744[公式][SMエンターテイメント側関係者][6月に発売を目指し・・]の文字に、やっと実感がわいて涙がでた。[デビューして16年目に初のソロアルバム]そうだよ。驚くことに韓国で初めてなんだよ!!ずっと待ってた。いつからかわからないけど、ここ数年はユノのソロを切望してた。長かった。正直、ソロがないならそのうち東方神起のステージユノも休憩になるかも、と感じていた。リアル・非リアル共に、2人の活動によってユノが遮られ続けることへの失望と2人のステージであるが故のクオリティ。どんなにユノが魅力的でも、いやむしろ魅力的だから分割されることが耐えがたくなった。そもそもユノのパフォーマンスは、事務所の都合でみせたり隠したりするものじゃない。広い世界に羽ばたける芸術の損失だと、怒りと悲しみが関心を削いでいった。とうとう私もソロ待ちで、時が流れるままにユノが5年(あと4年)と言ったのなら、その時まで待てるかどうかもケセラセラで?そんな状態でのソロアルバム発売ニュースに実感がわいてさめざめとしばらく泣いたのち全力応援モードに入りましたー!!とうとう時がきたのだと。そう、「満を持して」。・準備を十分にして機会を待つこと・行為を絶好のタイミングで行うこと私にとって長かったとしても、ユノにはこの時間が必要だったということ。実力というよりも、色々重ねたこのタイミングだったんだ。思いを巡らせて・・・まず浮かんだのは5人時代からの分裂期。3人の活動(アルバム発売、ドーム公演)があっても沈黙したままの時間のこと。命すら心配で先がみえない状態から復活のステージを観た時に、初めて、苦悩ゆえの「沈黙」としてうつっていた時間に計り知れない努力があったことを知った。怖れを跳ね飛ばす「覚悟」を全身にみなぎらせた、あの魂のステージ。悲しみも悔しい思いも眠れない夜も、ステージでの復活を一縷の希望に鍛錬し、傷を磨き上げて、新しいカタチをつくった。ユノの沈黙は、次の飛躍への準備。それから時が経って、入隊中のこと。現役兵として本道を極めつつ、一個人として周囲との人間関係を広げていき上役、同僚、後輩から、信頼と尊敬と友愛を築いていった。ファンとって寂しいはずの時間が、ユノの努力を称える褒章や美談にあふれ軍楽隊でのステージも素晴らしくて、ますます心をつかまれる時間だった。そう、幸せなゴムシン生活だった。人としてのあり方がファンに誇りを与えてくれる人だと再認識した。同時に、ユノからファンへの大きな愛。それは昨今の韓国芸能界に激震を与えたいくつかのニュースでわかるようにファンを傷つけないように身を律してファンを守ってきたと感じるのだけど入隊はユノを心から思うファンにとって空白ですらなかった。必要な時間であり、ターニングポイントでもあった。数少ない兵役を語った言葉(過去記事ARENA 2017年6月号)をぜひ読んでみてください。https://ameblo.jp/tao-mmm/entry-12278456023.htmlいくつも改めて感動した言葉があるけど無条件に応援するという言葉もとてもうれしかった。そんな応援が、僕が今後生きていく最高の力になると思う。とあるとおり、今のユノ旋風は「兵役をどう過ごしたか」の意味も大きいと感じている。あとは、SNSに流れる(独特な)時間。ツイッターやブログにあふれるユノのソロコンを望む声。ずっと継続して #YONHOSOLO #ユノソロコン熱望 等々を毎日数年続けて誰かがつぶやき、リツイされてきた。この継続が意志となって、思いをひとつにした。「ユノソロコンを望む人が少なくない層としている」という存在の証。ファンからユノへの手紙や事務所へのメールなどと合わせてファンの望みを叶えようとするユノに届いたのだと思う。それと、本来は望ましくない出来事だけど・・転役後の事務所、彼ペン、アンチが引き起こした諸々がユノだけを求める気持ちを強固にして、それでも変わらない現状への閉塞感、マイナスな気(ファン離れ含む)になって堰き止めていた杭を外したのかもしれない。誰が止めていたのかわからないけど、「もうやるしかない」と。ユノ自身がアーティストとして魅せたいと思っていることユノソロアルバム発売からのユノソロコンを望むファン事務所の意志がやっと整った!今、その時が来たんですよーーああああ・・・・いつものクセでつらつら書いちゃったけど結局めっちゃユノのソロアルバム発売が嬉しくて楽しみーー!!ってことですということで、できる応援の手始めとしてクリックしたり、リツイやいいねを張り切ってマスリンクを貼るのでぜひ、よろしくお願いします。BEFF REPORThttp://m.beffreport.com/news/articleView.html?idxno=59741#_enlipleBUSAN.com(釜山日報)http://mobile.busan.com/view/busan/view.php?code=2019050311075506694ZENIS NEWShttp://www.zenithnews.com/news/articleView.html?idxno=126696Kstylehttp://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2116472soompihttps://www.soompi.com/article/1321800wpp/tvxqs-yunho-to-make-solo-debutKpopppers Stateshttps://twitter.com/KpopppersStates/status/1124142442666704896Newsenhttp://www.newsen.com/news_view.php?uid=201905031730020410SERBA KOREAhttps://twitter.com/serba_koreaKSD 韓星網https://www.koreastardaily.com/tc/news/116307What The Kpophttps://twitter.com/whatthekpop1/status/1124169328213909504K-Pop Finehttps://twitter.com/Kpopfine/status/1124173295568478208DREAMERS.IDhttp://hiburan.dreamers.id/article/79305/agensi-umumkan-yunho-tvxq-akan-debut-soloYes Asiahttps://twitter.com/YesAsia_ru/status/1124125284154912768The Seoul Storyhttps://twitter.com/theseoulstory/status/1124120410960699392SPOTV NEWShttps://entertain.naver.com/now/read?oid=477&aid=0000181156Kpop Charthttps://twitter.com/KpopChartNet/status/1124132618520240128뉴스컬처(대중문화)http://nc.asiae.co.kr/view.htm?sec=0300&idxno=2019050308275837086allkpophttps://twitter.com/allkpop/status/1124118357912035329SBS Starhttps://twitter.com/SBS_star/status/1124124963928064000Koreanindohttps://koreanindo.net/2019/05/03/yunho-tvxq-akan-debut-solo-setelah-16-tahun-berkarier/Reddit k-pophttps://twitter.com/redditkpop/status/1124168137698680833KOREzinhttps://www.korezin.com/2019/05/04/tvxqdan-yunho-solo-debut-yapacak/Show Asishttps://twitter.com/ShowAsia/status/1124405153988136961Bamm Radiohttps://twitter.com/BammRadio/status/1124128311167340544スポーツソウル日本版https://twitter.com/sports_seoul_jp/status/1124226213340299265Wow Koreahttps://twitter.com/wow_ko/status/1124514816301912064korepohttps://korepo.com/archives/595191104koreahttp://104korea.jp/home/entment/view.html?idx=6872&catecode=ENT1247465727Kstyle7http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2116472innolifehttp://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=262498CKJpopnews(フランス)https://www.c-k-jpopnews.fr/2019/05/03/tvxq-yunho-se-lance-bientot-dans-une-carriere-en-solo/KPOP WIKI(LA)https://twitter.com/KpopWikipedia/status/1124372855657979904KWI(インドネシア)https://twitter.com/KoreanWaveINA/status/1124281237294567425ダブってるかも?ですが、見つけたら追加します。あとはリプをするとさらに効果的(提供側が着目してる)と教えてもらいました!色々な応援があるからできることを可能な限り全部(←暴走)やりましょ♡そして、ソロコンサート開催につなげていきましょう!!早く発売のご案内が欲しいなぁ。そうそう、購入はチャート反映店にしましょうねそんなあたりもちょっと調べてみようかなぁ♡最後に昨日、マネージャーの結婚式に参列した美しすぎるユノちゃん。この一枚に息をのんだ。黒曜石の瞳が、祝福の歓喜をまとってクリスタルを重ねたみたいに輝いてる。純粋な、性別を超越した美。慈愛の人だよ。ユノは。心も体も全部まるごと委ねながら、相手をつつんで、ふわっと幸福を祈るような・・絶対に幸せでいてほしい。心から笑っていてほしい。傷つかないように、守りたい。ユノペンさんユノのソロアルバム、楽しみですね1人1人は小さくても自分らしく、美しい世界から離れないように絵本のスイミーみたいに力を合わせましょうお読みいただき、ありがとうございました。加筆、修正等するかと思います。

  • 15Apr
    • ヒーローズジャーニー

      いつものことながらご無沙汰してしまってごめんなさい久しぶりに書こうとしたら、今まで使っていた絵文字が使えなくなってるみたい?こうして静かに時代に取り残されていくのね・・ってオーバーな~でも、サボり癖がつくと、延々と更新しなくなりそうなのでもぞもぞ書いてみます。今回は、ちょっと別角度から。アンコンに行った後ぐらいかな。いつものようにユノのことを考えていた時にふと、あるワードが頭に浮かび、思考がそこから離れなくなった。「ヒーローズジャーニー(英雄の旅)」以前、一種の心理学的な勉強をしていた時に受けたワークのタイトルでベースは、アメリカの神話学者ジョーゼフ・キャンベルが提唱する神話に描かれている英雄(人間)の成長サイクル。世界中の神話を研究したキャンベルがそこに法則性を見出し、神話は物語を通じて人間の可能性を広げるもの、人間にインスピレーションやひらめきを通じて、道しるべを照らすのだと語っている。ちょっとむずく言うと、神話は人間の内に潜んでいる精神的な可能性の隠喩とのこと。そして英雄は、試練や苦難に立ち向かい、新たな境地を切り拓く人。実際に、昔やったワークでは誰もが英雄なのだと教えられた。わくわくと、楽しみながら学んだ時から何年経っただろうと調べてみたらなんと!11年経っていた。出し抜けに脳裏に上がってくるなんですごいなぁと感動しつつ・・わかりやすくまとめた動画をTEDで見つけた。TED-E 様【ヒーローズ・ジャーニー ―あなたと英雄の共通点―】https://www.youtube.com/watch?v=Hhk4N9A0oCA※ 日本語字幕が非表示になっている場合は、画面右下の右から4番目をクリックして下さい。誰もがヒーローであるとワークで習ったし、この動画の最後も伝えているけどユノのたどってきた道は、あまりに象徴的で、この連続だと思った。光州(現在地・スタート)。検事になりたいと思っていた少年がマイケルジャクソンに出会い(冒険への招待)スターを目指してオーディションを受け、合格(援助)。【DBSK Yunho audition】故郷を離れ(旅立ち)自らもまだ若いのに、リーダーとしてメンバーをまとめ、韓国デビュー翌年の2005年、無名状態の日本でデビュー。言葉が通じない中、ショッピングモールで歌うなどゼロから活動を開始した(試練)2006年には逆恨みからのボンド事件が起こり(接近)成功をおさめてこれからという2009年、メンバーの離反で解散の危機となり活動休止(危機)。裁判、出ていった側のファンからのバッシング(犯罪レベルのアンチ行為)諸々・・・メインボーカルが出ていったのだから、2人では無理だろうとささやかれた。でも、決して諦めず、努力を重ねて復活。2人を信じ続けたファンに何度も感謝を伝え、謙虚にひらすら努力を重ねる。新しいファンも獲得し、事務所も熱心なプロモーションで盛り上げて(当時はネ)2013年、海外アーティスト初の日産スタジアム公演開催という栄誉(宝)を!その後は、順調な日本活動を中心に(結末)(帰還)。次々と記録を打ち立てていく(成長)(新生)。東方神起、止まらない勢い…歴代記録を塗り替える!オリコン3部門で1位にOSEN|2015年08月26日11時59分http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2027555そして、日常(現在地)へ。それからまた、兵役で旅は始まり・・・今はどこなんだろう?ユノの最も苦しい時は去った?新たな記録の樹立、前人未到の日産3DAYSは(宝)のはずなのにあのアンチはなんだった?(結末)でどこまでもヒーローを追ってくる存在なのか?それとも、母国での #나는유노윤호다現象や日産単独モデルが(宝)なのか・・いずれにしても、(日常)へ向かう。そして、また旅は始まる。止まることはない、特にユノは。いつもユノペンが喜んでいると横やりが入り、次々に起こる悪意を隠しきれない出来事に心痛めて本来ガードするはずの事務所は何もせず・・。いつまでもアンチが付きまとい、メンバーの一部ファンも加担して(傍観者もいて)。でも、決まってその後に、一緒に仕事をした誰かがユノを賞賛したりユノの温かい人柄が語られたり、ユノ自身がファンへの隠しメッセージのようにインスタをpostしたりと、ユノでまたエネルギーと癒しをもらって。この繰り返しがいつ終わるんだろう?と思ってきたけど決して終わらない旅であり、共に生きていくっていうことなのかもしれない。ユノに寄り添って歩んでいくことで、私自身が経験を重ね、成長すること。以前から、ユノは大きな使命を背負った人だと感じてきたけど自らが苦難を引き受けることで分離を統合へ向かわせて何かを世の中に示していく存在なのだろうと思う。だからといって、アンチを許しましょうというわけではなく対処をしながら、決して憎しみに染まらず、愛に真っ直ぐに向くことが試されているような気がする。そして、さらにユノが大きく成長するための試練なのか?あまりに過酷で、理不尽で、認めたくはないけどそれでもその道を歩き続ける選択をしているユノがいるという現実に寄り添っていきたいと・・・むしろ今いるファンは何度も衝撃を超えた人、タフな精鋭部隊なのかもしれないね。と、ふと浮かんだ言葉から諸々考えたのでしたちなみに、上で成長circleの12の項目を追っていて、私からみたユノのストーリーに【(解決)複雑な物語の筋が解き明かされる】がないんですよね~。どゆこと?ですけど。。。まあ、それは置いといて。改めて今回、ジョーゼフ・キャンベルの著書を読んでとなった部分があるので、ちょっとご紹介しますね♡対話の中で、ジェイムズ・ジョイスの美的な体験についてモイヤーズに問われキャンベルが語った部分。 「神話の力」 ジョーゼフ・キャンベル&ビル・モイヤーズ 美的な体験とは、ひたすら対象を見つめることです。 ジョイスは言っています、 「対象に額縁をはめて最初はひとつのものとしてみるが、やがて ひとつのもととして見ながらも、部分と部分との関係に気づき、 各部分と全体との関係を、全体の各部分との関係を自覚する。 これが本質的な美的要素である。」 もろもろの関係のリズム、調和の取れたリズム。 そして芸術家がすばらしいリズムを奏でてくれたとき、人は光明を経験する。 美の魔力にとらえられる。 ここが思い当ったのは、まさに、ステージのユノをみつめている時の自分が息をしている自覚がないくらい、その世界に没頭していて、この状態だろうと。ユノが奏でるリズム、指先の一本にまでも魅了されそれは光明(明るく輝く光・希望)の経験であり、美の魔力にとらえられた状態だと。今まで、言葉にできなくて歯がゆかったけど、そう、このとおり! しかも、「ひたすら対象を見つめること」は美的な体験なのですよ!!双眼鏡でユノをロックオンだし、そもそもソロコンを切望するのは美の探求の自然な行為なのですって、学術的な言葉を借りて、もっともらしく言ってますが~ 締めは、ここ。 人々はよく、われわれみんなが探し求めているのは生きることの意味だ、と 言いますね。でも、本当に求めているのはそれではないでしょう。 人間がほんとうに求めているのは〈いま生きているという経験〉だと私は思います。純粋に物理的な次元における生命体験が自己の最も内面的な存在なし 実体に共鳴をもたらすことによって、生きている無上の喜びを実感する。 それを求めているのです。さらに、キャンベルの主題は あなたの至福を追求しなさい。 あなたの無上の喜びに従うことです。というもの。出来事の意味を求めることよりも、命が喜びで躍動する経験を重ねていくこと。それによって無上の喜びを追求していけばいい。私の至福の追求は・・・繰り返しになるけど、ユノだけの芸術がみたい。ただユノの世界に没頭したい。だからソロコンサートをやってね。あと4年先なんて言わず、すぐに。叶うなら何度でも。本当は、本の中からシヴァ神(破壊と恩恵、踊りの神様!・・彼の踊りは宇宙のリズムだそうですよ!)のことも書きたいけど、もうちょっと読み込んで書けそうだったら??むりカナーということで、最後に今日(昨日)のコンサート参戦ユノちゃんをはります♡こんなに楚々とした美人さんなのに↓振られたら期待に応えてやり切るのSMちょぎわ②ゆの、ちゃーたん、すほちゃん、あいりん pic.twitter.com/77n16qm9Ek— 芋🍠 고구마🐻 (@xx_k_m_xx) 2019年4月14日こんな、徹底してやりきるエンターテイナーなとこも愛しいわ。お読みいただいてありがとうございます。追加訂正等、するかもしれません。