tanyのブログ
  • 20Sep
    • 槇原敬之『TiME TRAVELiNG TOUR』DVD、Blu-ray発売

      先日、見た。まっきーの今年のツアー。“TiME TRAVELiNG TOUR”の東京公演。TBSチャンネルにて。びっくりすることに、こんかいのセトリの山場の一つである「NG」の演奏がカットされていた。「東京DAYS」の弾き語りも。あぁ、これでDVDを買う価値が上がるってことか。 それにしても。2時間の放送枠だから、何かをカットしなきゃいけないのは分かるが、誰が、どんな基準で決めてるんだろうって思う。 もう少し、ちゃんと言うと、どーして、こうなっちゃうのと、憤っている。前回の“Believer Tour”の時だって、「運命の人」、そして、「PAIN」が放送ではカットされていた。そこ、最大の見どころ、聴きどころじゃないの?! と憤る。放送された7月13日東京公演のセトリは以下。01. まだ生きてるよ02. HOME WORK03. 冬がはじまるよ04. もう恋なんてしない05. 僕が一番欲しかったもの06. ズル休み07. まだ見ぬ君へ08. NG09. 東京DAYS10. 君は僕の宝物11. チキンライス12. 彼女の恋人13. SPY14. メドレー GREEN DAYS  ムゲンノカナタヘ  LUNCH TIME WARS  どうしようもない僕に天使が降りてきた  超えろ。  世界に一つだけの花15. 太陽16. Such a Lovely PlaceEncore17. 遠く遠く18. どんなときも。ディレクターの言葉が聞こえてきそう。「じゃあ、どこを切ればいいんですか?」確かに。でも、MC部分を削って、「NG」「東京DAYS」だけでも入れれば。無理か。MCが完全に無くなっちゃうのも味気ないのだろうし。大人しくDVDを買うか。どっちにしても買うけど。Blu-rayで買うけど。

      NEW!

      5
      テーマ:
  • 19Sep
    • 2018年9月の僕のヒット曲

      4ヶ月ぶりの更新。本当に、しょーもないくらい、カセットのダビングを怠ってきた。ちょいちょい、気に入った曲をiTunesでダウンロードとかはしてる。でも、それでオリジナルカセットテープを塗り替えるほど、余裕がない。こういう生活は、ダメだ。月に一度位は、カセットのラインナップを更新しなくては。そんな俗世間にまみれた僕を助けてくれたのはマッキーだ。新曲「記憶」が、初登場。2年間、リーディングナンバーを務めてくれた「理由」はお役御免。といっても、`代わった「記憶」に続いて「理由」ステイ。たぶん初だろう。高校生以来、テープを作ってきて。1曲目、2曲目、連続マッキーって。でも、そのくらい「理由」はカセットに焼き付いている。生活に焼き付いている。今更、放せない。で、こんな風になってしまったのである。こんな風にして聴き比べ。秋の夜長に“おつ”でしょう。A面 01.記憶( 槇原敬之 )02.理由( 槇原敬之 )03.会いに行く( 小田和正 )04.浴びて!光( Every Little Thing )05.MIGHTY GIRL!☆( Leola )06.望遠のマーチ( BUMP OF CHICKEN )07.Let Me Know( Perfume )08.トドカナイカラ( 平井堅 )09.泣きたいくらい( 大原櫻子 )10.記憶にございません( YAMA-KAN )11.時間がない( KIRINJI )12.Sunny( 安田レイ )13.Showtime( 安室奈美恵 )14.OVER( Little Glee Monster )15.Live Fast Die Young( miwa )16.アルペジオ( 小沢健二 )17.Relax( 家入レオ )18.小さな風景( 小田和正 )B面  19.アイデア( 星野源 )20.アップデート( miwa )21.LANI KAI~天国の海~( TUBE )22.My girl( Leoela )23.好きだ。( Little Glee Monster )24.友だち( 西野カナ )25.Against( 乃木坂46 )26.知らないんでしょ( 平井堅 )27.Puzzle( Leola )28.坂道を上って( 小田和正 )29.Memories( 槇原敬之 )30.大丈夫( 花澤香菜 )31.はじまりのうた( Little Glee Monster )32.BYE BYE( SHISHAMO )33.その日は必ず来る( DREAMS COME TRUE )34.一番初めての恋人( 平井堅 )35.櫻の園( 松田聖子 )36.この道を( 小田和正 )

      NEW!

      3
      テーマ:
  • 18Sep
    • コペルくんだね君は。

      かつて、現在中1の娘が小3だった頃、学校の理科のテストで、〝太陽は東から昇り、どこへ沈みますか?〟という問いに、“海”と解答して、全国の理科教師と親を驚愕させたことは記憶に新しいが、下の息子も小3を迎え、同じ問いにぶち当たっている。息子の場合は、チャレンジのワークで、この手の問題に遭遇し、〝なぜ、木の影は一日を通して、その影のでき方が変わるのだろう〟という問いで、その解答の誘導として、〝太陽は、( )から昇り( )に沈むから〟という穴埋め問題があるのだが、彼は、ガンとして誘導されようとしない。この問題、おかしい、と言う。影の位置や向きが変わるのは太陽に向かって地球自体が回転(自転)しているからで、太陽自身は、東から“昇ったり”“沈んだり”の運動をしているワケではない、、、太陽は動かない、、、、とガリレオばりに言ってくるのである。宗教裁判長の奥さんは苦い顔。いいから、東、西って書き入れなさい、という奥さんの指導も無視。フスやサヴォナローラのように火あぶりにするのも昨今のパワハラ問題やら暴力問題で、よくないから、穴埋め問題の語尾に勝手に付け足しで、〝太陽は、( )から昇り( )に沈む〟ように見えるから。という訳の分からない妥協の産物のような文章になった。この先、彼は、生きていけるのか。生きにくい人生になりはしないか。でも、僕は彼の思考や態度、好きである。

      8
      テーマ:
  • 17Sep
    • お喋りと感想文

      今日は仕事、休み。珍しい。中1の娘と奥さんは中学校の奉仕活動とやらで朝からいない。残された僕と小3息子。これは。スーパー珍しく。子育てチャンス!まぁ、土日も休みがないので、週休ゼロだけど、時々こうして休みがある。三連休だとこうして、最後の一日だけ、休みになることも。こういう瞬間、逃さぬまじ。「ねぇ、宿題とかあるんじゃないの?」とふると、「わかんにゃーい」と猫語で対応。猫ならばダラダラ過ごしていても、テストとかないから良いけれど、彼は、「もう少し頑張りましょう」などと通知表で評価される人間界にいる。連絡帳なるものを見てみると、枠からはみ出しまくる彼の豪放な字で、色々書いてあるが、先生が付け足しで書いたと思われる赤字で、“感想文、まだの人は早く出す”とある。聞けば、夏の読書感想文が未提出。まずい。でも、ピンチはチャンス。ここで、お父さんパワーを発揮せねば。僕はこんなに日々、駄文とはいえ、文章を綴るのが好きなのに、小3息子は超苦手。でもお喋りで論理的な彼は文章だって、書くことが得意になれると親バカとしては信じてる。すでに『続々残念な生き物辞典』は読んでいるとのことだから、インタビュー。どーして、この本を選んだの?何に1番びっくりしたの?そのことを知って君はどんな気持ちになった?それはなぜ??まぁ、彼はペラペラと答えていく。それを繋ぎ合わせれば感想文なんて簡単。けど、文はできたけど。書くのが大変。なるほど、連絡帳の豪放な字を見ても分かる通り、決められた枠内に書くことがストレスなのだ。激しいため息の嵐の中の彼を見守ること45分。何とか400字。桝目を埋めることに成功。あぁ、こういう時間、大切。頑張って仕事やりくりして、小3息子と接したい。これは、明らかに、今しかできない貴重な時間だ。

      9
      テーマ:
  • 16Sep
    • 槇原敬之コンサート2018は今夜、TBSチャンネル!

      今夜は9月16日(日)。21:00~23:00、CS放送TBSチャンネル1にて。「槇原敬之 Concert 2018 “TIME TRAVELING TOUR” 1st Season」7月13日(金)東京国際フォーラム・ホールAの公演の模様をテレビ初独占放送!さぁ、仕事終えて、帰って見るぞー。遅刻は許されぬ。2曲目、クライマックス!ーーーーーーー間に合った。見始めた。「HOME WORK」、家で見ても、号泣。この曲を、今、マッキーが、歌ってる。それを聴けている。こんな時代が来るとはね。神さま、ありがとう、って本当に思えるんだ、今。

      18
      テーマ:
  • 15Sep
    • 槇原敬之「記憶」〜その7

      マッキー48枚目のシングル「記憶」は、10月10日にリリース。とうとうタイアップしてるニベアのCM、見ることができた。僕はCMが始まってから、全く遭遇することができず、ネット上では、60秒CMも見ているが、やっぱり、テレビで見たくて。で、できれば偶然、見たくて。動物園でゾウを見たいんじゃない。アフリカの草原を車でドライブ中、「あ! あれ!」って、遭遇したいのである。でも。全く。遭遇せず。心配なのは、そうやって、CMに気を配っていると、やたら、地元静岡のCMが流れていることに、不安感を抱く。しずなびしずなびしずなびーって。静岡の人にしか分からないと思うけど。微妙な音程で微妙なお姉さんが歌って宣伝する中古車専門店のCMとか。この裏で、東京ではニベア流れてるんじゃないかって、、、すこぶる心配になるのだ。そんな中、職場の若い子が、ぼくがマッキーファンだって知っていて、「私、見ましたよ」って。聞くところによれば、目覚ましテレビで流れてたらしい。そこで、偶然の遭遇を求めている僕としては甚だ不本意ではあるけれど、アフリカの草原に罠を仕掛けることにした。翌朝、っていうか仕事から帰宅した深夜、罠を見てみると、、、かかってた!っていうか、ホントに“かかってた”。英語バージョン。アイドルちゃんのツンデレ台詞で話題のバージョンだ。それからストリングバージョンも。僕がネットで見ていた親子の60秒CMとは全く違う商品でCMだ。初めて聞く英語バージョン。すでに先週のOAから100回近く聴いている「記憶」だが、前作の「理由」と比べると、マッキーのボーカルは抑え気味に、どこか靄がかかっているように聴こえて、不思議な感じだったが、英語バージョンは、なんだか、伸びやかに晴れやかに歌っているように聴こえる。まぁ、全部聴いてみないと分からないけど。明日、bayfmでOAされるらしいので、ちゃんとした感想はそれを待ちたいが、日本語バージョンとは明らかに雰囲気の違う感じあり。こうして、リリース前に、色んなこと感じれたり思える幸せ。新曲の秋を抱きしめたい。

      8
      テーマ:
  • 14Sep
    • 僕が悪いけど。

      ブックオフに行った。大好きな。先日、都会に出たので、大型店舗へ。僕が村上春樹作品の中で、最も名作だと思っている『海辺のカフカ』。ハードカバー版のものが、上下巻で、各200円で売っていた。単行本版はもっているけど、装丁が鮮やかで、僕は迷わず、購入。家に帰って、ビックリ。両方、上巻だった。何というか。そりゃあ、間違えたのは僕で、悪いのだけど、店員に気付いて欲しい。「お客様、こちら、両方上巻ですが。上巻は物語の謎がどんどん深まっていって読者を混乱に落とし入れる凄い趣向が散りばめられている名作ですが、本当に上巻2冊ですか」と聞いて欲しい。ふつー、上巻2冊、買わんだろう。はい。ただの愚痴です。悪あがきです。でも、仕事をする以上、プロなワケで。プロの接客を考えたら、その注文おかしいなと気付いてよ、、、。という話。

      7
      テーマ:
  • 13Sep
    • 無罪放免ランチ

      人間ドック終了。体重は2キロ増えていた。85キロ。メタボリック予備軍。本当は毎日走りたい。でも時間はないし、そもそも足底腱膜炎で足裏が痛くて走れない。飲み会は誘われれば断らないし、自ら企画すること多いし。でも、身長は181センチをキープしたし、内臓やらなんやらは無罪放免。今、病院の食堂で塩分4.5グラムなりの無罪放免ランチを頂いたところ。さて、また一年、頑張るか。

      9
      テーマ:
  • 12Sep
    • たった一つのこと

      小三息子がうなだれている。台所で片づけをしている奥さんに、もたれかかるくらい。何だか、何もする気がせず、無気力な目をしている。心配事があるのだ。彼には。その悩み事、、、とは。DSなるゲーム機の充電コードの接続が悪いらしく、上手く充電できない。彼の手で、充電コードを引っ張ってる時は、充電中を示す赤い光が点灯するらしいのだが、ひとたび手を離すと、充電はしてないことを示す無灯火に。ああ、このままじゃ、DSが死んじゃうよ、、、。はー深刻なため息の彼。気持ち、すごく、分かる。何か、人から見れば些細なことでも、“いつもできていること”が出来なくなっている時の気持ち悪さ、、、これ以上の不安感、、、ないよね。僕も、今、一つ。悩み事。そのことばかりが頭を占有。彼と同じ症状。そんな共通した悩み方が血の繋がった親子であるという証がもたらす満足感。まぁ、こうしてブログネタとして綴っていることで、少し気を紛らわせている。現実では、早く一歩、踏み出したい。で、彼にも新しい充電コードも買ってあげたい。

      10
      テーマ:
  • 11Sep
    • 君がいないと

      20時半頃、帰宅。すると。誰もいない!奥さんも中1娘も小3息子も誰もいない。食卓の上には大量のギョーザ。これは、いったい、、、。今日は何の日?ギョーザの日?これ、きっと僕の分だけじゃないよね。きっと帰って来るよね。 信じて待つ。ギョーザと待つ。

      12
      テーマ:
  • 10Sep
    • 新宿、未来都市。

      高校時代の友人たちとの同窓会が新宿であって、久しぶりに東口なんぞに降臨してみた。昔はよく行ったけど、静岡に就職して越してから15年、実に疎遠になっていた。写真は、昨日、載せたとおり。僕は、あの通りで、マッキーの新曲「記憶」を聴きながら、紀伊国屋に行ってみたり、その裏のブックオフに行って、誤って『海辺のカフカ』の上巻だけを2冊買ってしまったりしていたワケだが、まぁ、ちょっと、未来っぽくなってるよねって。思い出、、、ある。新宿の“おらんだ屋敷”に出入りしていた大学生時代。初恋の子と初めてデートしたパスタ屋さん。初めて入ったTSUTAYA。奥さんにプロポーズして指輪を渡した談話室滝沢。そのどれもが消滅し、でも、それが存在した跡は存在し、近未来の佇まいを見せている。そして、僕はどんどん他人を増やしている。高校時代の友人達とも2時間半、楽しく話をしたが、そのどれもが色褪せている。思いこみか。期待しすぎか。やはり僕は今にしか生きられない。思い出の中には、思い出しかなく、それ以上の広がりを現実に求めても、それは不可能で。いつぞや記したとおり、僕は完全に太陽系を離れたボイジャー。もう少し、感覚が麻痺したら、また皆に会いたいな。そんな風に思うほど、色褪せた、キラキラの新宿だ。

      10
      テーマ:
  • 09Sep
    • 槇原敬之「記憶」〜その6

      本日、槇原敬之の48枚目のシングル「記憶」はリリース1ヶ月前!っていうことか、どういうことか分からないけど、マッキーのbayfmのラジオで、初OAある?ドキドキしながら、新宿の喧騒の中、新曲を待つ。

      8
      テーマ:
    • 稀有な人

      昨日会ったテニス部の女子の先輩。生物学的には僕より一年前に生を受けているし、大学にも僕より一年先に入学しているから先輩。先輩なんだけど、とても親しくさせてもらっていて、友人のようでもあり、一応敬語で喋っているけど、その実はタメのような接し方でもあった。彼女は、いつだって凄く明るくて、でも不条理にはいつだっていきり立っていて、すごく喜怒哀楽の明瞭な人。周りから変人扱いされてるきらいもあるが、僕も割とそうだから、彼女とはすごく波長があって、話しやすく、話していて小気味よく、それは恋人同士のリラックスするという感じよりも、その会話の応酬、やり取りは一種のエンターテイメントとして成立してる感じがあった。2年前にテニス部創設50周年だか何だかのパーティで卒業以来、実に20年ぶりくらいに久しぶりに再会して、お互い、40代のおじさん、おばさんの年齢になっていたけど、その話しっぷりのテンポの良さはお互い変わらず、旧交を温めたというよりも、ダンシングヒーロー・リバイバルといった風でもあった。もちろん、今回は2年ぶりだから、そんなに久しぶりでもない。ないから余計にあの頃の日常の再現具合が全く元どおりであった。僕が呑んでる獺祭〔だっさい〕を、「私、日本酒あまり呑めないんだよね、tanyくんのをちょっとずつ貰うよ」と言いながら、グビグビ呑んでいた。思う。色んな友達と出会ってきた。色んな人と友達になってきた。でも、こんな風に、がっちり波長が合い、久しぶりにあっても、そこに破綻がなく接せられる人って、どのくらいいるかと言えば、1人、2人かも知れない。どの友達も大切だけど、中でも、そういう出会いがあったことは、本当にかけがえなく貴いなぁと思うのだ。彼女とは東京駅から山手線に乗り、僕は実家のある目黒で降りて、彼女は住居のある恵比寿へと。ホームで、車中で、去りゆく電車の窓越しに手を振り合って別れたけど、例え次に会うのが20年後だとしても、変わらず話せる自信あり。変わらぬ関係は本質の部分で一致があること、分かっているから持てる自信。僕の思い込みだとしても、幸せな確信だ。で、昨夜、獺祭を飲み過ぎたせいか、今日は、スーパー二日酔い。全く活動不能で、午前中、実家のリビングで、ひっくり返っていた。リビングなのにダイニング的な。日本酒、飲み過ぎ注意。今更、これも確信。

      3
      テーマ:
  • 08Sep
    • 同窓会のハシゴ

      仕事、終了。新幹線で東京へ。明日は久しぶりに休み。今日のうちに実家に帰る。夜は、大学時代のテニス部の仲間と1年ぶりに、明日の夜は高校時代の友人たちと、カウントしきれないぶりに会う。同窓会のハシゴ、2days。本当は仕事が立て込んでいて、休んでいる場合じゃないのだけれど、友人たちが、せっかく集まれるので、僕も行きたいな、、、と。42歳のこの歳になって、やっぱり、会いたい友人、会ってくれる友人がいるってことは、本当に幸せだなと思う。家を建てたワケでも、売れっ子予備校講師になっているワケでもないし、子どもが中学受験に成功したワケでもないけれど、そんなこと、どうでも良いなって。最初から、そして最後も、人だよって思う。どのくらい豊かなモノに囲まれていても、その楽しさを分かち合える誰かがいなくちゃ、きっとダメだ。こんな風にして、僕はお金は積んでいってないけど、人との関わりを築けている人生を進めて来ている。それって幸せだよな、、、と思うのだ。今は。20年後もそうでいたい。最後は、、、カネだねって、なってないといいな。

      5
      テーマ:
  • 07Sep
    • 1年に1度くらいの花束

      日本人は年間に何度、花束、買うだろう。年間に花束に使うお金は、おいくら万円?僕は年に1度、結婚記念日くらいは、、、と奮発して、立派な花束を。行きつけのお花屋さんで。「君の名前を呼んだ後に」で始まった君と僕の結婚式から、はや、15年。今年もこうして花束とケーキで祝える記念日に、ただただ感謝。今日は特別な日だ。

      13
      テーマ:
  • 06Sep
    • 何よりも大切なモノ。

      何よりも大切なモノ。人の命。友だちの命。震度7の地震があって、ずっと心配してた。朝、line送ったけど既読にならないし。でも、夕方、既読になって。僕は悪い想像をするプロなので、一日中、生きた心地がしなかった。さっき連絡取れた。良かった。人の運命なんてどうなるか分からない。いつかは終わりが来る。でも今は、物語をまだまだ続けたいのなら、努力しなくちゃなって。ゴジラの特撮映画のように車が転がっちゃったり、ジブリの映画のように道がうねったり。そういうデイザスターな世の中で、僕は愛する人たちと、まだまだ生きていたいと思うのである。今日は、心、ざわつく1日だった。

      9
      テーマ:
  • 05Sep
    • 槇原敬之「記憶」~その5

      何か、いい。ここ数日、薄皮を一枚一枚剥ぐように、マッキーの48枚目のシングル「記憶」のベールが落とされ、全容が見えてくる。全容まではいかないけど、今日は、何とかチューブで、タイアップしているNIVEAの60秒CMを見ることができた。間奏部なのか、縦系のハッキリとしたリズムに、マッキーのコーラスが乗り、やがて、歌が聴こえてくる。今、一番、好きな部分は、〝言葉を越えた思いの記憶〟。ずっと、サビは高い音で動いているのだけど、この〝言葉を〟の部分は、低音部にイキナリ落ちて、下からえぐってくるように、聴き手に迫ってくる。まるで、記憶を呼び覚ますかのように。しかも、全体的にメロウなメロディーラインなのだけど、この〝言葉を〟の部分は、突然、明るいのだ。まるで、記憶が呼び覚まされたかのように。ここ、すごく好き。サビの中の肝なのでは、、、と個人的には思っているのだが。ただ、冷静によく聴いてみると、〝繋いだ手のぬくもり〟も同じメロディーか。なぜ、〝言葉を〟の部分に引っかかったのだろう。そういうのも、何か、面白い。それにしても、9月も5日目。いまだに、テレビでCMを見てない。はー、早く、僕の耳がクイって、テレビに向くような瞬間、待っているのだけれど。

      9
      テーマ:
  • 04Sep
    • 槇原敬之「記憶」~その4

      今日は、ジャケットが発表になった。BEAMSさんとのコラボらしいが、何ともまぁ、前代未聞のすごいアイディアである。ここでは触れない。まだ見てない方は、是非、見て、衝撃を受けて欲しい。しかしながら、確かに「記憶」をくすぐられるデザインでもある。曲の方は、千本ノックとは言わないまでも、100回くらいは、何とかチューブに上げられていたニベア30秒CMを繰り返し聴き、歌えるようになってきた。最初、聴いたときの印象は、あまりピンと来ず、特徴の薄い感じの曲だな、などと思っていたのだけど、とんでもない。45回目くらいに、ものすごいノスタルジーをくすぐるような感覚に襲われた。歌詞、、、というよりも、メロである。僕は、あくまで僕の見解だけど、マッキーのアップテンポの作品群には、特に縦のリズムが強いものと、横に流れるメロディーが際だつモノと、両極があるように思っている。例えば、縦リズムから言うと、「No.1」「SELF PORTRAIT」「2つの願い」「DARLIN」「モンタージュ」「The Average Man Keeps Walking」など。横メロで言うと「もう恋なんてしない」「HOME WORK」「世界に一つだけの花」「GREEN DAYS」「ムゲンノカナタヘ」など。どっちも好き。脳で考えて好きなのは「横メロ」。本能的に好きなのは「縦リズム」。ますます、個人的な感覚で、ワケ分からない論になってきたが、今回、ニベアCMに使われている「記憶」は、完全に「横メロ」だ。好きなタイプなのだけど、いまいちピンと来なかったが、まるで潮が満ちてくるように、45回目の視聴で、心に、ぐわーっと来たのである。大丈夫だよと微笑んであげたいとき思い出せる特別な場面は、僕にとっては、幼い頃に亡くした父親方の祖父に抱き上げられたあの瞬間。あまり父親や母親に抱っこされた記憶はなくて、と言うか、全くなくて。写真を見る限り、抱っこ星人だったようだから、何千回と抱っこされていると思うのだけど、父母に抱っこされた記憶がなくて、その祖父のもとに駆け寄った僕が抱き上げられていく、映画のようなワンシーンが、40年経った今も、優しい記憶とともにある。そんなノスタルジーが、ぐわーっと押し寄せてくるようなリズムだ。そう。「記憶」は、僕的には、歌詞は“横メロ”に乗っているのだけど、強い“縦リズム”の上に、波乗りのようにして陸地に押し寄せてくる、そんな曲。だから、本能的にくすぐられる要素が実は隠されていて、僕は、そこに完全に捉えられてしまったのだと思う。何を言わんとしているか、本格的にワケが分からなくなってきていると思うので、今日はこの辺で。未だに、ニベアCM、テレビでは、見てない。アンチの奥さん、無関心な中一娘、小三息子は見たらしい。僕も早く遭遇したいのだが。

      10
      テーマ:
  • 03Sep
    • 槇原敬之「記憶」〜その3

      やはり、ネット時代。初視聴は、何とかチューブだった。今日はこの30秒を千本ノック。職場へ向かう頃にはきっと口ずさんでる。

      10
      テーマ:
  • 02Sep
    • 上旬

      上旬って、いつからか。9月上旬って。もう、今は9月2日なんだから、9月上旬だよね。槇原敬之ニューシングル「記憶」は9月上旬からニベアのCMに起用されるらしい。早く聴きたい。早く聴きたい。早く。3回言ってみた。気になっているから。土日もずーっと仕事が続いてるけど、また明日から月曜日、新しい一週間。そろそろ、来るか。普通、企業HPでネット上でいち早く聴けたりするものだが、今のところ、そういうのもない。テレビで初視聴となるか。きっと、忘れた頃、突然、流れる。ーーーーーー流れた!と思ったら、“農業Loves you”。「You are what you eat.」。まだまだ使われてて嬉しいな。

      4
      テーマ:
topbanner

プロフィール

tany

性別:
男性
誕生日:
1976年1月23日
血液型:
A型
お住まいの地域:
静岡県
自己紹介:
42歳になりました。日々思ったことを綴っています。良ければどうぞ。まっきー(槇原敬之)関係の話題が多...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス