たみえのブログ

たみえのブログ

ブログの説明を入力します。

私は難しい話がわからない馬鹿ですが、

私はコロナワクチンを打っていません。

 

なぜなら、単純にコロナワクチンが長期的にみて安全性を見込めるだけの物理的な時間がとれていなかった事が不安だったからです。

ほぼ普通に考えて人体実験ですよね。

 

現在、その後、コロナワクチンの内容がど〜の(むつかしくてわからん)とやっと多くの人が目覚めていますが、

腐った医療界、厚生省もだったかな?で薬害エイズが起こった国ですもの。(薬害エイズの話は小林よしのりさんの漫画が有名かな?)

薬害エイズだって古い話ではないんですよ。

日本の戦後、戦後。

 

コロナワクチンに対する政府の圧力はSNSでも、アメブロ?でもだったかな?Facebookではワク…と書くだけで、“コロナワクチンについての正しい情報を…”と出てきて怖かったです。あたかも危険性があると言う事が間違っているような。

 

かわいそうなのが、コロナワクチンを打ちたくなくても、医療福祉関係の仕事をしている人で、いやおう打つしかなかった人達です。

 

あと、私はある団体通じて外国の方と手紙で交流していますが、

『小学校、コロナワクチンを打たないと登校できない』という国、ペルーでしたが、あったのはショックでした。

 

 

兄(四兄)ですが、コロナワクチンを何回か打っていたのですが、近々やっとコロナワクチンの危険性を言い始め、あまつさえ、

「コロナウイルスはない。」とさえ言いました。

 

私達西田家は2年前の年末〜年始にかけて一家四人全員コロナにかかりましたので、

「アホか!」

と思いました。兄は極端だなぁ…と思いました。

兄と話してみたら、一般の風邪の定義が兄はずれているようで、

「コロナじゃなく、ただの風邪だった。」って言っていたのを、私が、

「風邪は(4日〜)一週間以上長引く場合、風邪ではなく他の病名がつくんだよ。」

ってややキレて言いました。そして、

「あれを 本当の病名のコロナウイルスが原因かはわからないけど、あれをコロナって呼んでいるんだよ!」

 

感染力強めで、一週以上の発熱、だるさ等。風邪、感冒はこんなに強いものを指さない。

兄は風邪の定義が広いようでした。(無知)

 

 

極端との話でつながるのですが、

藤子・F・不二雄先生の短編漫画で

こういうストーリーがありました。

『いずれ星が地球にぶつかり、地上の終わりで、

一部の人々だけが宇宙に移住してというのが、

情報で出回り、結局ガセ…。

「なんだ!」と人々は安心。

実際は星にぶつかるのは本当で一部の人はシェルターに移行。』

という話がありますが(内容がちょっと違っていたらごめんなさい。)、

つまり何を私が言いたいかと言うと、

本質の問題に似た問題をフェイクで広め、極端な人は「またガセでしょ。」と本質の問題をガセと決めつけ、本質の問題を隠す。

 

陰謀論もなんかこの仕組みと似ているかもなと思いました。陰謀論に似た本質の、真の問題が何かあるのかもしれませんね。

私は馬鹿だからわかりませんが。

 

今の紅麹の話も…。何かを…。

 

 

あと、マクドナルドの牛肉、ある表だと、地球上の牛を集めても、世界のマクドナルドの牛肉まかないきれない量ってかいてあったけど、牛パティ…本当は何の肉使っているのよ…。マックのバーガー牛肉っぽくないし。

 

あと、ロシアとウクライナの戦争で日本の報道の多くはウクライナを一方的に味方していますが、

ケンカを仲裁する時は両方の立場の意見を中立で聴きましょう!って教わらなかったのかよって感じで、そこがすごく気持ちが悪い!

 

ここがおかしいところを今回少し書きました。

私は、頭が悪いので、考えるのは難しいです。

 

お読みくださりありがとうございました♪