こんばんは。 

先日ブログをアップした後、過去の依頼者様からLINEやメール・電話を多くの方から頂きました。 ご心配をお掛けしましたが、私自身3度の癌から生還した平松です。 いかなる状況下でも前向きに次の動きを考えながら日々の生活の改善からスタートしています。

さて、そんな日々の中で本日は、本当に心から嬉しいお知らせを致します。
私の盟友、捜査するジャーナリスト黒木昭雄が殉職し月日が経ちました。
もう過去の人なんていう方もいますが、彼は本当に頼もしい仲間であり、心から尊敬するボスであり、そして私を地獄の淵から救ってくれた方であり・・・・
今の私があるのは黒木昭雄の存在があったからこそ今の私が強く入れるのです。

人っていい時は友達、悪い時は他人みたいな方もいますが、私からすれば黒木昭雄は居なくても心の中にいますし、彼の魂は今なお、ここにいるんだと思える出来事がありました。 それは、某社から、黒木昭雄の書籍を再販させてくださいという相談があり、すぐ黒木家に連絡を入れ話がトントンと進み、本日第一弾として4作品がデジタル書籍として販売されました。 


Amazon kindle版で、
『警察はなぜ堕落したのか』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D3335SYC/

『いきなり誰かが襲ってきたら?』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D33TZ26R/

『葬式の値段にはウラがある』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D333X99H/

『知られちゃマズイ!? 警察の世界の「お約束」』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D3343G9Z/ です。

黒木昭雄が生きていたらどれだけ喜んだだろうか。
今頃、ビデオ通話で飲みながら語り合っているだろう。
この4冊の中で、『葬式の値段にはウラがある』は他の三冊と色が違う本なんだけど、
この書籍については、当時「葬儀の裏は本当に酷いんだよ。」「エバーミング」の話など聞いたのですが、エンバーミングは、遺体に殺菌消毒や防腐、修復、化粧などを施して、生前に近い姿に整える処置なんだけど蝋人形みたいでさ・・・なんて話をした記憶があります。今年義母がなくなり、無事葬儀や法要を行いましたが、この本の所々が参考になっていたと思います。

それと表紙がすべて変わりました(^^♪ 
私はすべて読んでいますが、文庫ではなくkindle版で最初から読んでみたいと思います。よろしければ皆さんも読んでください。

長年探偵業をしてきたのですが、昨年コロナに掛かり、その直後から目の見え方に違和感を感じていました。

最初は、薄暗く感じていたのですが、日々の生活の中で、視野が狭いのと見え方に違和感がありましたが

その内治るだろうと思って過ごしていました。 だってそれ以前そんな違和感がなかったし、コロナに掛かった直後から電気の明かりが暗く感じていたからね。

 

昨年末、私の後輩が亡くなり、1月義母がなくなり、私自身57歳だし、胃癌・上中咽頭癌と大病をしているのもあり、

一つ一つ検査をするなかで、目の検査をしたところ、緑内障レベルの視野が欠けているのが判明しました。

  

2月5日の検査結果        4月15日の検査結果

 

それが2月5日 そして一昨日再検査したところ、視野の欠けの進行が速く酷く成ってきていました。

パソコンや携帯を見るのも疲れて見えなくて、靄が掛かったような感じもあり、視力が安定するまでの間、

無期限でお休みを頂くことになりました。
現在、私の信頼している業者の方と行儀の結果、業務委託を含め検討したいと思います。
詳しくは、またお知らせします。

 

 

 

私を支えてくれた友人が今朝亡くなった。


一週間ほど前に連絡を頂き、翌日お見舞いに行き、その時は話ができた。
なんて言って言葉を掛けたらいいのか悩みまくった結果、「俺も癌で闘病し、往生際悪く生き残ったんだから、Oちゃんもがんばれよ」しか言えなかった。

 

亡く友人の涙をぬぐってあげることしかできず、一番きつい言葉「がんばれよ」しか言えなかった。

 

病人は、まな板の上のコイ。

辛い治療も生きていたくても終わらない。

 

そんな中で精一杯治療を受けているのだから、

がんばれと言われても精一杯限界まで戦っているのに・・・ 

私より若い彼

彼と出会ったころ、体格もガッシリしていて、一見やばい人。
その見た目とは裏腹に、本当に心の優しい男で、目が鳩のようにかわいくてさ。

当時ピカピカに磨き倒した黒のセンチュリーに乗っていて、

その後部席にマッサージ器がついていて

その後部座席に乗せてもらい、マッサージをしながら

いかつい車で、当時はやっていた音楽をガンガンにかけて・・・

うろうろしたよな。

 

見た目も私の倍はあったのに、なんかガリガリに痩せて

私より老けてさ・・・・


今日、彼の訃報を受け、何をしたらいいのかもわからず

うろうろしていたら、葬儀場が決まったと連絡を受け、

近くにいたからすぐ行ったんだけど

 

彼が選んだという黒のパーカーを着て無言で寝ているOちゃんに

よく頑張ったと声をかけながら泣いてしまった。 
 

人前で泣いたのって、黒木さんが亡くなった時以来。
辛かったけど、まだ現実を受け止められなくって・・・

明日お通夜、明後にてお葬式なんだけど

2024年辰年に向けて登っていくOちゃんをしっかりと送りたいと思う。


今はまだ心の整理がつかないし、

年末年始のご挨拶も出来ませんが、お許しください。
 

O君の満中陰が明けるまで、静かな時間を過ごしたいと思います。




 

 

今年1月27日以降、すべての現場をstopして8月末まで少しお休みを頂きました。

探偵業法っていうろくでもない法律の中で業務を本気で行えば行うだけリスクがある。

そのリスクを無視して私達は依頼者様の為に全力で仕事をするのですが、そのリスクが現実となり考える期間としてお休みを頂いていましたが、その間に多くの方から相談を頂きました。また他社失敗や他社トラブルの方などを含め弁護士紹介とアドバイスだけで対応してきましたが、過去の依頼者様をはじめ多くの方から「お願いします」「私達平松さんに助けられました。」という声をいただきまたその声に応えれない自分自身が嫌で悩んでいたのですが、心機一転9月から再度始動することとしました。

 

ただ、過去と同じ事が出来ない分、御利用案内1.2.3.4-2023.08番にて大幅に変更いたしましたので面談後の方は必ずご覧下さい。

 

 

 

ABCニュースより

派遣型風俗店の女性を自宅で盗撮した疑い 奈良県警の男性巡査を書類送検(ABCニュース) - Yahoo!ニュース

 

自宅で派遣型風俗店の女性を盗撮したとして、奈良県警の20歳の男性巡査が書類送検されていたことがわかりました。  奈良県警によりますと、男性巡査は去年、自宅に派遣型風俗店の女性を呼び、カメラで盗撮した疑いがもたれていたということです。  盗撮に気づいた女性が警察に通報して発覚しました。  その後、男性巡査は不起訴処分となりましたが、奈良県警は「事実関係を調査し、厳正に対処します」とコメントしています。

 

今回、警察官は書類送検されていますが、身内に甘い警察と検察ですから、処分保留・不起訴で依願退職で退職金をもらって幕引きなんだろうけど・・・

 

実は、盗撮犯罪防止ネットワークにくる相談でベスト3に入るのがこの手の派遣型性風俗特殊営業の方からの相談なんです。

派遣されていく場所が加害者宅なので刑事事件ではどうすることも出来ないのが現状なのです。

その理由としては、軽犯罪法・迷惑防止条例・建造物侵入の何れにも該当せず・・・

 

自分の家にスメラを付けて撮影することにはなん一つ問題はなく、今回奈良県警が取った行動は法律の限界なんです。

ただそれを自己の性的な目的で撮影しインターネット上にUPしているなどの事実が判明した場合、経時的な責任を問うことはリベンジポルノ等で問うことは出来るかも知れませんがケースバイケースだと思います。

 

また民事上では自宅の中でも可能です。

性的なサービスは提供していたとしても映像を無断に撮影することは業務外の行為なので民法上の不法行為709条等に抵触する可能性があります。この場合、立証責任の関係上自分で110番通報しその事実を明確にし警察官が来た時に内容を確認し保全しておく必要と、後日情報開示請求で自分で110番した内容を元に弁護士を入れて提訴するしかないのです。

また簡易的なフォーマットをして映像を削除しても復元は可能ですからその点はご注意ください。

 

ただ犯人が逮捕されている事件の大半は、犯人がカメラを気にしている目線が被害者の気づきになっています。

相手の動向を観察するのも大切ですよ。

 

※全国盗撮犯罪防止ネットワークは、非営利で活動して23年目になる民間団体です。

 只今一般社団法人設立に向けて準備中です。

 性的な目的で撮影された問題に関する相談を受け付けております。

 

 

 

私が好きでずっと見ていた、「女神の教室~リーガル青春白書~」のなかの台詞で、

 

風見さんの言葉で、塾講師の強制性交の事件で妹や他の被害者を守るために追求した刑事さんが加害者を殺害しようとした結果逮捕されたときに、リーガル生が接見した場面の会話の一部で

 

性被害者は体を傷つけられるだけじゃない

心を殺される

妹は被害に遭って以来一度も笑ったことがない。

20年間一度もだ。

外に出ることすら怖がって私以外の男性が近寄るだけで発作が起こす。

毎日毎日脅えるように生きているんだ。

それなのにどうして人の尊厳を奪って人生を奪った者が普通の生活を送れているんだよ。どうしてそんなことが許されるんだ。法律が正しく機能していないから松下のような犯罪者がのさばって新たな被害者が生まれるんだ。法で人は守れないんだよ。

 

という台詞がある。

私が追う盗撮犯罪被害者と家族の姿を見てきた中で、法律の壁と無力な現状を何度もそばで見てきた。 その被害者と家族の心は本当にこの台詞のとおりなのです。

実際に、実刑に行った盗撮犯もいますが、大半が執行猶予で再犯率が高い。

 

刑事として立件する壁は高く、またその結果、民事訴訟を提訴してもその結果として慰謝されることがないのは実務の中で見てきた。

それは金額ではないんだけど、被害者や家族からしたら、そんなはした金ではなくて、法で人が守れるのならば性犯罪被害者を監視する法整備が本当に必要ではないだろうか。

他国では様々な対策が取られている。

 

去勢手術・男性ホルモンを抑制させる「化学的去勢」「抗アンドロゲン剤」の使用

性犯罪の前科がある者に対するGPSを使用した電子監視(GPSアンクレット)が導入されている。

例で言えば、韓国では、GPS機能つきの足輪装着だけではない。被害者や学校など指定された人物や場所へ近づくことや、夜間の外出も禁止される。19歳未満を対象とした性犯罪の加害者で、特に再犯の危険性が高いと判断された場合は、顔写真や住所などがインターネット上に公開される。この制度は、はアメリカ合衆国(半分以上の州)、大韓民国、イギリス、フランス、ドイツ、カナダ、スウェーデンなどで導入されている。

 

韓国の制度については、성범죄자 알림eサイト内 내 주변 거주 성범죄자 조회

にて私の周りの居中性犯罪者を見るというページで確認できる。

 

https://www.sexoffender.go.kr/indexN.nsc

 

風見さんの台詞ではないのだが、「性被害者は体を傷つけられるだけじゃない

心を殺される」という思いを消し法で被害者を守るそして被害者を生み出さないための制度が本当に必要ではないだろうか。

 

日本の性犯罪は本当に甘いと痛感して感じている中で、このドラマは最後まで勉強をさせて頂きました。


 

女神の教室~リーガル青春白書~

https://www.fujitv.co.jp/themis/index.html

前回のブログの続きではないですが・・・

盗撮で逮捕された件について、警察の対応について。

京都府警のMr.研修生(森雅紀容疑者)の逮捕もそうですが、当会としては静岡県警が逮捕した全国規模の盗撮マニアグループによる犯行も本当にすごいと!!!
逮捕に至るまでの警察の執念はどの事件でもすさまじいものだと勿論思っております。

ですが、静岡県警の対応は本当に素晴らしい
静岡県警が引き続き捜査を続けている盗撮マニアグループ(通称アクア)について徹底的に狙うだけではなく、狙われる施設に対し防犯意識を高めるために盗撮防止講話~実際に逮捕した犯人の供述・視点をもとに警察官が防犯冊子 「おまわりさんに叱られる~露天風呂盗撮編~」大仁署 生活安全課 稲葉正人課長さんが、「犯人だからこそ目を付けていた部分、あるいは旅館を経営する側には目が行き届かなかった部分が、必ずやある」という視点から修善寺温泉旅館協同組合の関係者らに配布されたのですが、防止という点では私達と同じ考えだったのに最終的にそこって、再認識しました。

当会で、犯人の視点というテーマでホームページ上公開したときに、反感もありましたが、もうそれしかないんですよね。

今撮影罪成立に向けて協議されている中で、2カ所の県警の対応はその協議されている法律に抜けている部分をフォローする動きでなのですから。

静岡県警の活動が全国の県警に大きな刺激となっていただければ企業の保身的な対応も変わると思うのですが。

私自身も凄くいい刺激を頂きましたので、私達も日々精進して被害者防止の為に頑張りたいと思います。

こんばんは。
3/9夕方放送のNHK京都放送局 京いちにちにて先日逮捕された京都府宇治市居住の盗撮犯 Mr.研修生こと森雅紀容疑者(46)の事件についてコメント出演させていただきました。
ご視聴頂いた皆様ありがとうございました。

この事件について、同じ画角で撮影している映像DVDを21枚入手し、スタッフ達と解析しております。
その上でニュースで報道された機材を見て、疑問に感じることがあります。

盗撮している最中に赤外線盗撮とCCDカメラの映像の切り替えが可能なのか?

過去ガムショットに赤外線用フィルターを設置して盗撮する手口がありました。
特に衣類の生地が薄くかつ紫外線の関係で夏場は下着や水着の透視撮影がされるものであり、映像を解析すると長時間にわたり透視映像のままだったりしていました。

だがMr.研修生の映像の一部において、透視映像とカラー映像が同じ角度の中で交互に素早く切り替わるシーンがありました。

報道資料を見ると、切り替えスイッチの様なものはカバンの持ち手付近に着いているようだが、REC用のスイッチではなく切り替えスイッチなのか・・・。
「あのような機材の仕掛けでここまでできたのか?」と疑問に思います。

さらに時効が成立した盗撮について、名誉毀損の疑いで追送検されたこと。
「起訴されるんだろうか・・・」と気にしていたのですが、名誉毀損になるとは想定外でした。

京都府警のサイバー犯罪対策課は数年掛けてこの件を捜査していたそうなので、非接触型性犯罪として位置づけられている盗撮犯罪について、そこまで狙うこと。
性的盗撮に関する防止法の制定に向けて活動している私達からすると、その執念に心から敬意を表します。

そうやって警察が取り締まって頂けると、盗撮防止について活動している身からすると凄くいい刺激になります。

私達も日々精進して被害者防止の為に頑張りたいと思います。
 

京都府警は2月14日、女性のスカート内などを盗撮した府迷惑防止条例違反(ひわいな
行為の禁止)の容疑で、京都市伏見区桃山町因幡の無職、森雅紀容疑者(46)ことMr.
研修生を逮捕した。

このニュースについては、多くのメディアで取りあげられたので、ご存じの方も多いと
は思うのですがそれと同時に私の所にも多くのメディア様から問合せが寄せられました
。
私自身がニュースを呼んだ程度だったんだけどマスコミ各社が「カリスマ」
盗撮師として吊し上げ世間の注目を引こうとしている位にしか感じていなかったのと、
撮師として1億5千万円を売り上げていた位でしか当初見ていなかった。

今現在、学校内での盗撮事件を追い続けている関係もあり、又医師や教師の盗撮と雨後
の竹の子のように発生していることも原因の一つなのですが、あまりにも「Mr.研修生
」の件が話題なので調べてみると2つの関連サイトで販売していたことが判明した。
そのサイトでは、現在Mr.研修生の動画は削除されており当局の捜査逃れを気にしてい
るようだが、今日大量の資料DVDが届き、その内の1枚を検証したのですが、「Mr.研修
生」の撮影には単独での撮影手口と異性の共犯が複数いること、かなりのカメラ技術と
知識を持っており、自作機で、猥褻な盗撮映像を撮影してる事がわかる。

スマートフォンの改造・魔改造したウエアラアラブル・偽装品カメラを使用し3点撮り
をしていたり、プロ顔負けの手口に驚愕したのは言うまでもない。

そして、共犯者の顔・店員のバッチ・撮影場所がわかる場所全てにモザイクを掛け・店
内アナウンスで特定に至るところは音声も手の凝った細工している。

123人もの被害者を特定した京都府サイバーパトロールの執念には脱帽しかないのです
が、そこは盗撮犯罪防止ネットワークの解析力は自信がありますので1件は特定してい
ます。

それと今から200本以上あるDVDを解析しなくてはならない・・・・

さて、解析方法は風呂盗撮と同様の方法で解析する予定ですが、施設全ての特定をする
には時間を要しますが正式に何らかの形で発表をさせて頂きます。

そこでパンチラ盗撮(衣類盗撮)について少しお話をします。
【2000年11月に誕生したのがパンチラ影像の交換および販売サイトPowersというサイト
が昔存在しました。 その後、【本物のNTR動画を販売】素人持ち込みマニア動画販
売の老舗 AUTO-NETというサイトがあり、よりマニア向きの作品を販売していました。

このAUTO-NETにて、Mr.研修生こと森雅紀容疑者別が投稿していました。
この頃のハンドルネームも複数判明しています。


そしてこのMr.研修生はパンチラの逆さ撮りを専門としており、その中でも「店員さん
」と言われる分野のパイオニアの1人と位置づけられていたようだ。

一般的に店員さんにもジャンルがあり、主に若者女性向けのファッション店舗、アパレ
ル系店員さんである。

他にもサプリメントや子ども服、携帯電話キャリアのイメージカラーのコスチュームを
身に着けて店員さんジャンルに含まれるが、割合でいえばアパレル店員さんが圧倒的に
多くのが特徴だ
さて、先に書いたようにそんなSHOPに男性が一人で行くことはなく、協力者が複数名
居ることも確認したがモザイク処理をされており、Mr研修生は盗撮グループの可能性が
高いと感じる点が多々ある事です。

この件については、集中的に解析します。

つづく

 

週刊文春オンラインで、鳥取の名門ラクビー校の盗撮記事が目についた。

この記事については、下記のリンクをご覧いただきたいのですが、昨年から関東・大阪での校内盗撮について対応をしているのですが学校の保身が嫌なほど感じている。

 

詳しくは現時点では書けないですが、被害者とその家族の葛藤の日々を痛感して感じている中で、学校の対応の酷い現状と保身に嫌悪間を感じている。

特に体育会系の学校・私学は酷い。

以前私が告発して全国ニュースとして取りあげられた愛知県の盗撮事件もそうだったが、警察署の処理の甘さと学校の言い訳

それどう?って言いたかったけど「少年法」と「迷惑防止条例」「児童ポルノの製造及び頒布」についてバランスがとれてなくて矛盾を感じているのは私だけではないはず。

 

最初に少年法をあげたけど、被害者が14歳.15歳.16歳.17歳は児童ポルノに抵触し18歳なら迷惑防止条例での対応となる。 同じ学校に在籍して被害に遭っても判断がわかれるってどうなんだろうか?

 

また加害者については、少年法で、成人と異なり、更生をベースとして物事を処理されているが、性癖は年齢ではなくDSM-5やICD-10では、精神病のパラフィリアに属する窃視症と診断される例も多く継続反復して盗撮を行い、またその盗撮映像を頒布しているのにも関わらず、少年法に守られて司法の甘い対応にはウンザリします。

 

現在法廷審議会で盗撮罪について検討されているが、盗撮の悪意性は日々酷く成っていく中で、審議されつくされていないし、本当の盗撮犯罪を理解されていない。

 

判例主義ではなく、事件一つ一つを理解し被害者に寄り添える仕組みが必要なのではないだろうか。

 

 

「毎日、子供と泣いて過ごしています」ラグビー名門校の女子寮風呂盗撮事件で警察が捜査へ | 文春オンライン (bunshun.jp)