国産自家栽培タンポポの日本たんぽぽ農園

タンポポの利尿作用で腎機能を強化します。

・腎結石・尿管結石

・タンポポはキク科の植物で漢方では全草や根を乾燥したものを蒲公英(根)と呼び、蒲公英湯、蒲茵湯などの漢方処方に配剤されます。日本では主に民間薬として、苦味健胃、整腸、解熱、発汗、催乳に使用します。
・薬理作用:タンポポの水性エキスは黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌、肺炎球菌、緑膿菌、赤痢菌、チフス菌などに対して抗菌作用があり、動物実験では利胆作用や利尿作用を示し、結石症に有効であることが検討されています。その他、マウスで抗腫瘍作用も報告されています。
・中国では坑感染作用を臨床的に検討し、臨床各科の多種類の感染性炎症に応用しています。例を上げますと、乳腺炎、気道感染、気管支炎、肺炎、肝炎、泌尿器系感染、中耳炎、副鼻腔炎、湿疹などで蒲公英の製剤は、ある程度抗生物質の代用品として使用できるとしています。
(山形衛生研究所 薬になる植物タンポポについて・・・から引用)
世界に一つだけ製法特許取得

国産自家栽培タンポポの日本たんぽぽ農園

タンポポには肺炎球菌・肺炎・中耳炎・副鼻腔炎・髄膜炎などの感染症に作用するといわれています。

・タンポポはキク科の植物で漢方では全草や根を乾燥したものを蒲公英(根)と呼び、蒲公英湯、蒲茵湯などの漢方処方に配剤されます。日本では主に民間薬として、苦味健胃、整腸、解熱、発汗、催乳に使用します。
 
・薬理作用:タンポポの水性エキスは黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌、肺炎球菌、緑膿菌、赤痢菌、チフス菌などに対して抗菌作用があり、動物実験では利胆作用や利尿作用を示し、結石症に有効であることが検討されています。その他、マウスで抗腫瘍作用も報告されています。
 
・キク科の植物に含まれている成分の発癌予防効果を検討し、タンポポの花に発癌プロモーター抑制作用を認め、マウスの皮膚で二段階発癌実験を行い、発癌予防作用のあることを明らかにしました。
(山形衛生研究所 薬になる植物タンポポについて・・・から引用)
世界に一つだけ製法特許取得

 

国産自家栽培タンポポの日本たんぽぽ農園

タンポポはキク科の植物で漢方では全草や根を乾燥したものを蒲公英(根)と呼び、蒲公英湯、蒲茵湯などの漢方処方に配剤されます。日本では主に民間薬として、苦味健胃、整腸、解熱、発汗、催乳に使用します。

成分:ステロール類のスチグマステロール、シトステロール、トリテルペンのタラキサステロール、タラキソール、β-アミリン、その他、コリン、イヌリンなどが含まれています。葉や花にはルテインやビタミン類、アルニジオールが含有されています。

タンポポの含有成分コリンの働き

コリンの健康効果
・記憶力を高める効果
・肝機能を高める効果
動脈硬化を予防する効果
・血圧を下げる効果

コリンは、リン脂質と呼ばれる脂質の一種で、細胞膜の主要な構成成分です。体内では細胞膜や神経組織を構成するレシチンの材料とし存在しています。血管を拡張させて血圧を下げる神経伝達物質「アセチルコリン」として機能する他、記憶力を高めたり、肝機能を高める働きなどがあります。

 

国産自家栽培タンポポの日本たんぽぽ農園

タンポポにはウイルスの抗菌作用があります


 

タンポポはキク科の植物で漢方では全草や根を乾燥したものを蒲公英(根)と呼び、蒲公英湯、蒲茵湯などの漢方処方に配剤されます。日本では主に民間薬として、苦味健胃、整腸、解熱、発汗、催乳に使用します。
:薬理作用:タンポポの水性エキスは黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌、肺炎球菌、緑膿菌、赤痢菌、チフス菌などに対して抗菌作用があり、動物実験では利胆作用や利尿作用を示し、結石症に有効であることが検討されています。その他、マウスで抗腫瘍作用も報告されています。
・中国では坑感染作用を臨床的に検討し、臨床各科の多種類の感染性炎症に応用しています。例を上げますと、乳腺炎、気道感染、気管支炎、肺炎、肝炎、泌尿器系感染、中耳炎、副鼻腔炎、湿疹などで蒲公英の製剤は、ある程度抗生物質の代用品として使用できるとしています。
(山形衛生研究所 薬になる植物タンポポについて・・・から引用)
世界に一つだけの製法特許取得
「要約」:限りなくコ-ヒ-に近い風味を実現することで嗜好品として機能すると共に、健康増進機能に留まらず、薬理機能をも兼ね備えたコ-ヒ-様飲食用組成物を提供する

国産自家栽培タンポポの日本たんぽぽ農園活」

 

:不妊は男性、女性双方に原因があるといわれています。
・男性の場合は精子の量が少なく、元気がない。
・女性の場合冷え性などで基礎体温が上昇せず健康な卵子を作れないなどがあります。
:タンポポには女性ホルモンを活性させ、基礎体温上昇に作用します。

「野菜たんぽぽ」には、独自の栽培方法により精子の量を増やす亜鉛を多く含んでいます。

 極上蒲公英香琲(タンポポコ-ヒ)

・亜鉛、成分が強壮効果をもたらし元気が出ます。

・亜鉛:Zinc(蒲公英香琲含有量20.14mg
:生理作用・・・
・銅、亜鉛-SODにメタロチオネインを構成し抗酸化作用に働く。
・組織呼吸に必要な炭酸脱水素酵素など消化、代謝の多数酵素に働く。
・インシュリンの構成成分であり血中インシュリン濃度を調整する
・膜の安定化作用(膜調節酵素や膜のSH基と相互作用、抗酸化作用に働く。
・中枢神経の形成と機能維持に、脳の活性を高め思考力、記憶を強化する。
・卵細胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモンの働きを助ける。
・正常な胸腺やリンパ球の働きに必要で免疫能を高めガンを防ぐ。
・味蕾細胞の再生を促して味覚、臭覚、聴覚と食欲を正常に、また失明を防ぐ。
・正常な発育を助け骨格の発達、組織の修復に働き、脱毛を防ぐ。
・性の発達と生殖機能、前立腺機能に必要。
:不足すると・・・・
・タンパク質の生合成が低下し細胞の増殖、修復力が落ちる。
・子供は体重、身長が伸びず思春期では性の発達が遅れる。    
・生まれ変わりの速い組織、消化管、免疫細胞が影響を受けやすい。
:欠乏症・・・・・・
・肌が乾燥し荒れる、にきび、脱毛、爪の変形。
・前立腺の異常、性の成熟が遅れる、生理不順、出産障害。     
・発育の遅れ、食欲不振、夜盲症、易感染性、傷や病気の回復の遅れ。
:期待される効果・・・
・免疫を刺激する、風邪の予防と治療に有用、癌を防ぐ。
・加齢による黄班の老化を防ぎ失明を防ぐ。
・味覚、臭覚、視覚の正常な働きを維持する。
・不妊の治療と予防に有用、男性の精力を増強、前立腺の障害を防ぐ。
・記憶学習能力を高め、神経質やうつを緩和する。
・自閉症や分裂症の治療に有用。   
・インシュリン生成とその効果持続作用があり糖尿病の治療に有用。

「国内で栽培、加工、販売まで真心込めて健康をお届けします」

 

国産自家栽培タンポポの日本たんぽぽ農園

肺炎球菌によって引き起こされる感染症のこと。肺炎だけでなく、他にも中耳炎や副鼻腔炎などを発症することもある。脳や脊髄を覆っている髄膜の部分に感染すると髄膜炎になったり、原因となる菌が血液を通して全身に運ばれると敗血症を起こしたりして、重症化するケースも見られる。特に、免疫機能の未発達な乳幼児や加齢により免疫機能が低下している高齢者に感染しやすく、重篤な症状を引き起こしやすい感染症の1つ。

タンポポはキク科の植物で漢方では全草や根を乾燥したものを蒲公英(根)と呼び、蒲公英湯、蒲茵湯などの漢方処方に配剤されます。日本では主に民間薬として、苦味健胃、整腸、解熱、発汗、催乳に使用します。
薬理作用:タンポポの水性エキスは黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌、肺炎球菌、緑膿菌、赤痢菌、チフス菌などに対して抗菌作用があり、動物実験では利胆作用や利尿作用を示し、結石症に有効であることが検討されています。その他、マウスで抗腫瘍作用も報告されています。(山形衛生研究所 薬になる植物タンポポについて・・・から引用)
世界で一つだけ製法特許取得
「要約」:限りなくコ-ヒ-に近い風味を実現することで嗜好品として機能すると共に、健康増進機能に留まらず、薬理機能をも兼ね備えたコ-ヒ-様飲食用組成物を提供する。
 

「お子様」の、健全な発育を助ける「野菜たんぽぽ」

:男の子は男らしく、女の子は女らしく頭のよい子に成長するには、亜鉛・鉄・マンガン等の栄養成分が関係すると云われています。

①亜鉛:Zinc(蒲公英香琲含有量20.14mg/100g

カキ(養殖・水煮)14.5mg/100g

:生理作用・・・
・80以上の酵素を構成し200以上の酵素がその活性に亜鉛を必要とする。
・細胞新生や細胞増殖にまた皮膚形成に必須で傷の治りを促す。
・銅、亜鉛-SODにメタロチオネインを構成し抗酸化作用に働く。
・組織呼吸に必要な炭酸脱水素酵素など消化、代謝の多数酵素に働く。
・ビタミンCと共にコラ-ゲン合成に必要。
・膜の安定化作用(膜調節酵素や膜のSH基と相互作用、抗酸化作用に働く。
・中枢神経の形成と機能維持に、脳の活性を高め思考力、記憶を強化する。
・卵細胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモンの働きを助ける。
・正常な胸腺やリンパ球の働きに必要で免疫能を高めガンを防ぐ。
・グラム陽性菌などに制菌作用、ウイルスに殺菌作用を示す。
・味蕾細胞の再生を促して味覚、臭覚、聴覚と食欲を正常に、また失明を防ぐ。
・正常な発育を助け骨格の発達、組織の修復に働き、脱毛を防ぐ。
・性の発達と生殖機能、前立腺機能に必要。
:不足すると・・・・
・タンパク質の生合成が低下し細胞の増殖、修復力が落ちる。
・子供は体重、身長が伸びず思春期では性の発達が遅れる    
・生まれ変わりの速い組織、消化管、免疫細胞が影響を受けやすい。
:欠乏症・・・・・・
・肌が乾燥し荒れる、にきび、脱毛、爪の変形
・前立腺の異常、性の成熟が遅れる、生理不順、出産障害     
・発育の遅れ、食欲不振、夜盲症、易感染性、傷や病気の回復の遅れ。
:期待される効果・・・
・免疫を刺激する、風邪の予防と治療に有用、癌を防ぐ
・味覚、臭覚、視覚の正常な働きを維持する。
・不妊の治療と予防に有用、男性の精力を増強、前立腺の障害を防ぐ。
・皮膚の健康を増進し、床ずれ、ニキビや乾癬の治療に有用、脱毛を防ぐ。
・抗炎症作用がありリュウマチや関節炎の治療に有用である。
・記憶学習能力を高め、神経質やうつを緩和する。
・自閉症や分裂症の治療に有用。   
・インシュリン生成とその効果持続作用があり糖尿病の治療に有用。
たんぽぽ倶楽部
世界で初めて製法特許取得
「要約」:限りなくコ-ヒ-に近い風味を実現することで嗜好品として機能すると共に、健康増進機能に留まらず、薬理機能をも兼ね備えたコ-ヒ-様飲食用組成物を提供する。

 

国産自家栽培タンポポの日本たんぽぽ農園

・病気は薬では治りません、治すのはあなた自身です。
骨、筋肉、腸、脳に毎日刺激を与え免疫力を高め自然治癒力を強化しましょう。
日本たんぽぽ農園は免疫力と自然治癒力を強化する「たんぽぽ食品」を提供しています。

 

「野菜たんぽぽ」の成分、亜鉛が味覚障害の改善に作用します。

<亜鉛の栄養機能>
・亜鉛は皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
・亜鉛はタンパク質、核酸の代謝に関与して健康維持に役立つ栄養素です。
・亜鉛は味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。

 

「世界にひとつだけ 「蒲公英香琲」製法特許取得」

「蒲公英香琲」製法特許取得:特許第4521340号

・「要約」:限りなくコ-ヒ-に近い風味を実現することで嗜好品として機能すると共に、健康増進機能に留まらず、薬理機能をも兼ね備えたコ-ヒ-様飲食用組成物を提供する。

国産自家栽培タンポポの日本たんぽぽ農園

病気は薬では治りません、治すのはあなた自身です。

毎日、骨・筋肉・腸・脳に刺激を与え自然治癒力と免疫力を高めましょう。

日本たんぽぽ農園は自然治癒力と免疫力を強化する食品を提供しています。

 

野菜たんぽぽの成分亜鉛が甲状腺ホルモンを刺激して免疫力を高めます。

①亜鉛:Zinc(蒲公英香琲含有量20.14mg/100g
カキ(養殖・水煮)14.5mg/100g


生理作用・・・消化酵素、代謝酵素を活性させます。
・80以上の酵素を構成し200以上の酵素がその活性に亜鉛を必要とする。
・細胞新生や細胞増殖にまた皮膚形成に必須で傷の治りを促す。
・インシュリンの構成成分であり血中インシュリン濃度を調整する
・ビタミンCと共にコラ-ゲン合成に必要。
・膜の安定化作用(膜調節酵素や膜のSH基と相互作用、抗酸化作用に働く。
・中枢神経の形成と機能維持に、脳の活性を高め思考力、記憶を強化する。
・卵細胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモンの働きを助ける。
・正常な胸腺やリンパ球の働きに必要で免疫能を高めガンを防ぐ。
・グラム陽性菌などに制菌作用、ウイルスに殺菌作用を示す。
・味蕾細胞の再生を促して味覚、臭覚、聴覚と食欲を正常に、また失明を防ぐ。
・カドミウム、鉛、水銀の毒性を弱める。
・正常な発育を助け骨格の発達、組織の修復に働き、脱毛を防ぐ。
・性の発達と生殖機能、前立腺機能に必要。 
:不足すると・・・・
・生まれ変わりの速い組織、消化管、免疫細胞が影響を受けやすい。 
:欠乏症・・・・・・
・肌が乾燥し荒れる、にきび、脱毛、爪の変形
・前立腺の異常、性の成熟が遅れる、生理不順、出産障害     
・発育の遅れ、食欲不振、夜盲症、易感染性、傷や病気の回復の遅れ。 
:期待される効果・・・
・免疫を刺激する、風邪の予防と治療に有用、癌を防ぐ
・加齢による黄班の老化を防ぎ失明を防ぐ。
・味覚、臭覚、視覚の正常な働きを維持する。
・不妊の治療と予防に有用、男性の精力を増強、前立腺の障害を防ぐ。
・ヒスタミン生成を抑えアレルギ-に対抗する。
・皮膚の健康を増進し、床ずれ、ニキビや乾癬の治療に有用、脱毛を防ぐ。
・記憶学習能力を高め、神経質やうつを緩和する。
・自閉症や分裂症の治療に有用。   
・インシュリン生成とその効果持続作用があり糖尿病の治療に有用。

 

「蒲公英香琲」製法特許取得:特許第4521340号
 

「要約」:限りなくコ-ヒ-に近い風味を実現することで嗜好品として機能すると共に、健康増進機能に留まらず、薬理機能をも兼ね備えたコ-ヒ-様飲食用組成物を提供する。