オプション

仕事をはじめて、これ、うれしいなぁと思えるオプション。




通勤中の読書。




なぜか、なぜなんだか。家にいると読書がはかどらないワタシ。


はてさてなんででしょう?



いつからか、読書は通勤中か、時間つぶしにお茶してるとき。


読書は外でするものになってしまった。

そんなわけで、退職後から働く前は読書ほぼゼロだった

ワタシにとって、これはかなりうれしいオプションとなりました。



本読んでると、もうちょっと電車乗っててもいいよー!と、

とんでもないことを思っちゃうから、魔法だ。



最近読んだ本で得におもしろかったのは、



ハリーポッター最終巻!!!



・・


誰もが知ってる超ベストセラーって時点で、

なんの得な情報も流してませんが。


まぁ、そんなブログです。笑



でも引き続きハリーポッターネタ。


ハリーポッター、超ベストセラーになるだけあって

ワタシもかなりファンであります。


子供向けに作られたとは思えない、読み進むにつれて

おぉぉ~!とつながっていく物事やら、人間の複雑な心の

描写なんかにトリコでした。



あぁ、ついに終わってしまってなんだかさみしい。



最終話の映画はぜひとも!映画館で観たい!!




ほかの本は簡単に。メモっぽく。



「重力ピエロ」 伊坂 幸太郎

映画化されますね。おもしろいです。

ただ、ワタシは推理小説がちょっと苦手なので。。ちょっと推理小説ぽい感じ。


「ニシノユキヒコの恋と冒険」 川上 弘美

とってもサラリと読める本。

切な~い気持ちになります。ワタシは結構好き。


「チグリスとユーフラテス上・下」新井 素子

地球人が惑星に移民するSF小説。SFなんだけど現代にも通じる背景やら

人間模様。ワタシは結構好き。


「ナルニア物語シリーズ7巻」

映画化されてますね。ワタシが読んでるのは完全に子供向けの本。(小学校中学年程度)

ハリーポッターとともに、こういうファンタジーもの結構好きなもので。あは。


「うつくしい子ども」 石田 衣良

少年犯罪を描いたちょっと衝撃的な内容。

決して明るい内容ではないけど、光もある。でもやっぱり切ない。


「冷静と情熱のあいだ」江國 香織  辻 仁成

なななんでいまさら?!!

映画しか観てなかったなーと思って読んでみました。

女と男、両方の視点で書いた恋愛小説って始めて読んだので新鮮。

というか、これから先もこういう形態の小説ってでてこなそう。




また本読んだらメモっぽく?、書いていこうかな。



次はなに読もう♪




楽しくゆったりLIFE♪