苦手を克服!得意をもっと得意に!中学・高校英語がわかる講座

苦手を克服!得意をもっと得意に!中学・高校英語がわかる講座

英語が苦手だ、よくわからないという中学生・高校生のみなさんに学校の授業よりもわかりやすくポイントを説明したり、英語が得意になるような勉強法を紹介したり、スラングなど英語の雑学を教えるブログです。英語についての相談にも応じますよ!

NEW !
テーマ:

今回の「サクッと演習」シリーズは中学英語(なので、高校入試問題)についてです。

今回は英作文問題、つまり日本文を英文にするという問題を出したいと思います。

 

チェック問題
次の日本文を英文になおしてください。(  )内の語がある場合はそれも用いてください。
1.(滋賀県)
私に1通のEメールを送ってください。(e-mail)
2.(群馬県)
その日記を私に見せてくれませんか。(diary)

 

解説

1.「~してください」という表現は〈Please+動詞の原形 ~〉という形になります。

この問題では、Pleaseにつづくことになる動詞は「送る」になりますから、その英語であるsendがきます。

 

このsend(送る)ということについて、まず「誰に」送るのかという送り先がないと、その動作をすることができませんね?

そして、送り先がわかったとしても、「何を」送るのかという、かんじんの品物がないと、これも「送る」という動作をすることができません。

つまり、sendという語については、「誰に」「何を」送るのかという、この2つのことを言わないといけないということになります。

 

その語順というのは、「誰に」「何を」送るという順番でないといけないと決まっています。

この問題では、「誰に」というのは「私に」、「何を」というのは「1通のEメールを」とあるので、その順番に英語にしていきましょう。

「私に」の英語はmeで、「1通のEメール」というのは「1つのEメール」というわけですから、an e-mailとか、one e-mailと書けます。

(ここで、(  )内の語が使えるというわけだったんですね

 

ほかに英語にすべき箇所はありませんから、Please send me an e-mail.とかPlease send me one e-mail.と書けばOKということになりますね。

ちなみに、「誰に」「何を」という語順がいやという場合は、「何を」というのを先にもってきても大丈夫です。

ただし、そのときは「誰に」の前にtoというのを必ず入れるようにしないといけません。

この問題の場合でしたら、たとえばPlease send an e-mail to me.と書いても正解です(an e-mailのほうが先にきてますが、ちゃんとmeの前にtoがありますね)。

 

あ、ちなみに、pleaseは文頭でなく、文末にきても正解です。

なので、たとえばSend me an e-mail, please.としても大丈夫です(当然、Send an e-mail to me, please.もOK)。

ただし、pleaseを文末にもってきた場合は、その直前にコンマを置くのを忘れてはいけません

an e-mailでもone e-mailでも、「誰に」「何を」という語順でも「何を」to「誰に」という語順でも、pleaseは文頭でも文末でも正解ですので、けっこういろんなパターンのが正解となります。

 

ポイント
「AにBを送る」=send A B またはsend B to A

 

2.「~してくれませんか」という表現は〈Will you+動詞の原形 ~?〉という形になり、Will youにつづく動詞は、この問題では「見せる」なのでshowとなります。

このshow(見せる)というのも、見せる相手がいないとできませんし(「誰に」見せるのかということ)、見せる品物がないとできません(「何を」見せるのかということ)。

ということは、さっきの1.と同じように「誰に」「何を」見せるかということを言わないといけないわけです。

 

語順は1.で解説したとおり、「誰に」「何を」という順番でないといけません。

この問題では「誰に」というのは「私に」ということなのでme、「何を」というのは「その日記を」ということなのでthe diaryと書けます。

 

ほかに英語にすべき箇所はないので、Will you show me the diary?と書けば正解となります。

そして、この問題でも「何を」というのを先にもってきてもいいですが、その場合は「誰に」の部分の直前にtoが必要なことに注意です。

つまり、Will you show the diary to me?と書いても、もちろん大丈夫ですよってことです(toを書き忘れたということでしたらアウトです)。

 

ポイント
「AにBを見せる」=show A B またはshow B to A


テーマ:

この春、高校に入学したという人はいらっしゃいますか?

「自分がそうだ」というかた、ご入学おめでとうございます!\(^o^)/

部活、勉強、友だちづくりなど、何かがんばろうと思っているんでしょうかね?

これから3年間、がんばりましょうね!o(^_^)o

 

さて、高校に入学するにあたって、教科書や参考書を買いませんでしたか?

全部あわせてけっこうな数になったんじゃないでしょうか?

自分も高校入学のときはいっぱいの教科書や参考書を買うことになり、家まで持って帰るのにものすごく苦労しました^^;

 

そのなかに英文法の参考書はありませんか?

高校によっては生徒に特には購入させないというところもあるでしょうけど、その参考書は何のために買ったかわかりますか?

もちろん勉強に使うために決まってるんですが、では、その参考書は予習のために使うべきか、復習のために使うべきか、そういう具体的なことまではわかりますか?

 

英文法の参考書は勉強のときにただ開けて目を通せばいいというわけじゃなく、使うのに適切なタイミングというのがあります。

今回はそれについて書きたいと思うので、高校に入学したばかりというかたはぜひご参考にしてください(^_-)

 

高校生が勉強に使う英文法の参考書というのは2つのタイプに主に分けられるんだそうです。

1つ目は、文法の説明とか例文とか、「こういう英文の書き方は間違いで正しいのはこういう書き方」など、文法の項目にしたがって、主にこれらの説明にかなりの部分を費やしているタイプです(ここでは「説明型」と呼ぶことにしましょう)。

2つ目は、説明もついてはいるんですが、かなりの部分が練習問題とか章末問題、実力チェック問題など、解くための問題に費やされているタイプです(ここでは「問題集型」と呼ぶことにします)。

学校で参考書を買わないとダメだったという人は、その買った参考書がどのタイプにあたるかチェックするといいですね。

 

予習のときには「問題集型」の参考書は開く必要性はまったくないと思います。

まだ習っていない項目の問題は解けないものが多いでしょうし、何が重要なポイントなのかわからないなかで解くわけなので効果もあがりにくいからです。

予習のときは「説明型」の参考書が効果的でしょう。

 

高校の授業では、先生がいろいろなことをくわしく説明をするということがあまりありません。

生徒が予習をしてきているという前提で授業をするので、本当にわかりにくいと思われるところ、間違えやすいところなど、説明すべきことだけにしぼって説明をします。

ですから、ある程度の最低限の知識は自分で学ぶ必要があり、それを手軽に学ばせてくれるのが「説明型」の参考書というわけです。

それを読んで、何が覚えるべきポイントなのかをつかみ、読んでも「ん?」とわからないことは何か(わからないところがなかったのなら、それで別にいいです)を把握しておきましょう。

 

授業では、そのわからなかったところを特に重点的に聞いたり、何が覚えるべきポイントかを理解したりすることを心がけるようにしましょう。

そして、復習のときに「問題集型」の参考書を使うと効果的だと思います。

 

問題を解いていきながら、授業のときに理解した知識を定着させていくわけです。

答えを間違えちゃったとしても、解説などを読むときに「あ、そうかそうか、こうだって先生が説明してたっけ」と授業のことを思い出すことができますよね。

このように、思い出すきっかけのようなものが増えるというのも、知識を定着しやすくするもととなってくれます。

 

ちなみに、「問題集型」の参考書では、「説明型」の参考書にあるような説明をコンパクトにしたものがついていることがありますが、それは問題を解く前に読んでも、後に読んでも、どっちでも大丈夫と思います。

「どっちのほうが自分が勉強しやすいかな」というのをもとに判断してもらえたらOKです。

要するに、復習では「問題集型」の参考書にある問題を使って、実践的な形で知識を定着させることを目的にしてくださいってことが言いたいわけなので。

 

ふつうなら、本屋さんでいろいろ悩みながら買うことになっていたかもしれない参考書を、学校が買わせてくれたようなものですから、活かさないともったいないですよね。

上手に使って、英語の勉強、がんばりましょー!o(^_^)o


テーマ:

今回は高校英単語、とくに形容詞の小テストをしましょう!

それでは、10問はじめ!

 

1.The instrctions he gave me was very vague.
彼が私に出した指示はとても(  )だった。
 
2.The minister told the audience that their deaths were not in vain.
大臣は彼らの死は(  )なものではないと聴衆に述べた。
 
3.The password you have is no longer valid.
あなたが所持しているパスワードはもはや(  )ではない。
 
4.I had a violent quarrel with my friend.
私は友だちと(  )口げんかをした。
 
5.Some stars are not visible in the city.
都市では(  )ない星がいくつかある。
 
6.International trade is vital for developments of countries.
国の発展のためには国際貿易は(  )だ。
 
7.She gave us the vivid descriptions of the accident.
彼女は私たちに、その事故の(  )な説明をした。
 
8.Helping to clean this room is voluntary.
この部屋の掃除を手伝うことは(  )である。
 
9.The wicked man killed many people in the village.
その(  )男は村の多くの人を殺した。
 
10.The book is worth reading.
その本は読む(  )。
 
解答
 
1.vague:あいまいな
 
2.vain:むだな、高慢な
※この問題では文脈から下線をひいた意味が正解といえます。また、in vainで「むだに」という意味の熟語になります。
 
3.valid:有効な
 
4.violent:激しい、猛烈な、乱暴な
 
5.visible:目に見える
 
6.vital:不可欠な、生命の
※この問題では文脈から下線をひいた意味が正解といえます。
 
7.vivid:鮮明な
 
8.voluntary:任意の、自発的な
 
9.wicked:邪悪な
 
10.worth:価値がある
※worth ~ingで「~する価値がある」という表現です。

Ameba人気のブログ