谷 英樹のブログ

谷 英樹のブログ

根拠のない自信

【根っこを育む自然塾】
2020年9月13日 9:30〜17:50

雨ですね〜


雨の中だとやりたいことがやれない。

雨に濡れて、かわいそう。

せっかく遊びに行くなら、晴れてた方がいい。




などなど、大人としては、子どもが、

よりいい条件で

たのしく、遊べた方がいい、って思いますよね〜

私もそう思います。

でも、外での活動は、当たり前ですが、天候や気温を私たち人間が調整することはできません。

目の前の条件の中で、たのしいこと、やりたいことを見つけ出していく。

自然の中で遊ぶって、そういうことなんです。

自分が自然にあわせていく。


さぁ!今日は、新しく体験で3人の女の子が来てくれました〜

どんな一日になるかなぁ。



自分のご飯は、自分で炊く。


「マッチ、こわくて つけられない〜」

最初は、火がこわい、と思うもんですよね。

人間以外の動物たちは、こわくて近づいてきません。だけど、人間は、火を扱えるようになったおかげで、今があります。



黙々と、取り組んでいます。



いい感じだね〜


小学1年生の子が、未就学児の子に教えながら一緒に。

自分たちでやれるんですよね。


はやく、ご飯が炊けたから。

「うみへいってきま〜す!」


潮が引いてるから。

磯遊びは、いま。

ちゃんと見ているんですよね。

お昼食べてからだと満ちてきて遊べない。

これも、自分が自然にあわせる。


なに?なに?


着いたね〜

なんだか、たのしそう〜(笑)



さぁ!

お昼ご飯をいっぱい食べて!



遊びに行くぞ!


男子は、釣り。


タコがかかりました!

が…


生きたエサをつけるのも簡単ではないよね〜


釣れたね!


雨も上がり、最高!


女子3人は。

海でシーグラス探し。


そして、なにやってるの?


石を焼いてる?(笑)

火遊びにハマってます(笑)

こわい火だけど、魅力的。


さぁ!

掃除の時間ですよ〜



みんな、しっかりやってくれてます。

ありがとう〜


さぁ!

帰る時間。



どんな一日になったかなぁ。


いつも同じ場所で。

同じようなことをしているんだけど。


毎回、来るたびに。

たのしかったこと。

嫌だったこと。

感じることが違うんですよね。

どうしてなんでしょうね?


これが、自然遊びの魅力ですね。

四季を通して、自然から育まれるものは、私たち人間にとって、とても大切なもの。

そんなふうに思います。

今日も ありがとうございました。