6月末から始めた特別支援学校のバス添乗。
コロナウィルスの収束が見られないので、
来年3月末まで延長となりました。

当初、9月末までの予定でしたから、
このタイミングで辞めようか、
ともずいぶん悩みましたが、
添乗しているバスの生徒さん達との関わりも
心地よいし、
時間を有効に使わないと
一日が回らないスリリングな毎日も
結構楽しいので、
もう少し頑張ってみようと決めました。

特別支援学校には、
生徒、先生、看護師、介助員、添乗員など
色々な立場の人達が、大人数います。
日頃、町のピアノの先生として
働いている分には味わえない人間関係の難しさも
チョッピリ垣間見えます。
束の間の添乗員経験の間に
色々味わっていきたいな、
と思ってます。
今週は、
ピアノの生徒さん達の握力アップに
ちゅぶちゅぶスクイーズみかんを
ニギニギしてます音譜



本来は、ネットに入れたまま揉むのかも
しれませんが、
使い始めて1日目でネットはやぶれたので、
単体で使ってます音符



30回ニギニギ揉むと、
手指に心地よい疲労感があり、
その後、ピアノを弾くと、
手指の動きがいつもより
スムーズになってますグッ

このみかんスクイーズ、
握っていると、
生徒さん達は、
いくらを連想するらしく、
「いくら食べたくなった」と
おっしゃるお子様が何人も
いらっしゃいましたニコニコ

ご縁があって、

6月末から、

市立特別支援学校の朝の送迎バスの

添乗員をしてます。


支援学校は、6月中頃より

コロナでの密を避ける為、

バスの便を20数台増やしたそうです。

でも、添乗員が足りない という

新聞記事を読みました。


わたし、6月より午前中が空いてるから

添乗員のお手伝いできるかしら?

なんて、新聞記事を読んでチラッと思いました。

(本当にチラッと)



そして、その数日後、

支援学校小学部に勤務されている

ピアノの生徒さんママに

その記事のことを話したら、

トントン拍子に

バス乗車することに決まり、

6月末より、ほぼ毎日、

送迎バスに乗ってます。

(本音は、毎日はちょいとキツいかも)


学生時代はいろんなアルバイトを

経験しましたが、

大学卒業後は、

ピアノとリトミックの先生しか

したことがありません。


期間限定のこの異業種が今は楽しくて、

9月末までの任期の間、

支援学校の生徒さん達とのバス通学を

楽しみたいと思ってます。

(責任感を持って

子どもさんの安全を守ることが第一です❗️)

朝イチのピアノレッスンで
小5男子君から、
「先生、差し入れっす!
 これ、美味しいんすよ」
と野菜ジュースをいただきましたラブ



可愛いおねがい
嬉しいラブ

先週の水曜日、3月以来4か月ぶりに

ピアノ体験レッスンをしました。


年長のお姉ちゃんが、

すでにピアノに来てくださってる妹ちゃん。

4歳になったばかりなので、

指が思うように動くかな〜?

鍵盤の位置がわかるかな〜?

などなど色々考えながら

体験レッスンの指導案を

練ってましたが、

お姉ちゃんのピアノを

しっかり見てたこともあり、

驚くほどスムーズに

ピアノが弾けておられました。


体験レッスン終了後も、

「明日もピアノレッスン?」

と嬉しそうに言ってくださり、

1週間後の今日から

お姉ちゃんと一緒に

レッスンに来てくださることになりました。


二人揃ってレッスンできるので、

ピアノを弾くことに加え、

二人でするリズムや

リトミック的な要素を取り入れながら

楽しくレッスンしたいな〜と

ワクワクしてます。