こんにちは。Save Doctor Serve Lunch のホームページを制作させてもらっている 中原 直夏と申します。

 

初めて、この話をいただいた時『このプロジェクトで HAPPY になるのは誰なのか?』と思ったことを覚えています。

 

今までサーファーの繋がりで、社会貢献やボランティアを何度かやってきましたが、活動を通じ、いつも感じることは、発起人やリーダーの人間力でした。

 

そんな中、今回の『Save Doctor Serve Lunch 』プロジェクトの発起人は、谷口 裕信さん。僕の父くらいの年齢だ。

 

谷口さんはいつも、たんたんと問題を解決し進行していく。決して『オレを見ろ!』みたいな自己顕示欲が強いタイプではなかった。

 

いつもコロナで苦しむ茅ヶ崎の飲食店のことを思い、医療・福祉従事者のことを思い、自分のアイデアを最大限にカタチにし、冷静でエネルギッシュに活動を行っていた。

 

活動内容に対し、いろんな人に、いろんなことを言われていた場面もたくさんあった。

 

しかし、後ろ向きな発言は一切せず、ひとつづつ丁寧に小さなことをコツコツと積み重ねていっていた。その結果が、今回の『Save Doctor Serve Lunch 』の茅ヶ崎でのムーブメントに繋がり、たくさんの支援が集まった。

 

自分も、クラウドファウンディング用の ホームページを作り上げるまで、WEB 制作者として、谷口さんに思い切り引きずり回された。谷口 さんの冷静なパッションに触発され、自分も気づけば、一人でも多くの HAPPY を作りたい。という思いで、WEBを構築していた。

 

今回の活動で、物事を0→1にするために、初めての経験をたくさんさせてもらった。

 

次に自分が何かプロジェクトリーダーになった時は、谷口さんのように、うちに秘めた強い思いをカタチにし、メンバーを引きずり回して、携わる人みんなを HAPPY にできればと思っています。

 

この場を借りて、今回のプロジェクトリーダー谷口さんに感謝を伝えたい。落ち着いたら、波のいい日に、茅ヶ崎でサーフィンでもやりましょう!

 

 

中原 直夏
 

オンラインの恩恵で、どこのラジオ局でもかなりの高音質で聴ける今時、よく聴くのは、「インターFM」と「ラジオ日経」古い人間なので、余計なノイズは極力排除されたプログラムが好み。

特に黄昏時に流れてくる70〜90年代くらいのポップスは体の中に染み込んでくる感じで、何とも言えません。

そんなオヤジ(おばさん)が増えているのか、その辺の曲のローテーションが最近高まってると感じる中で、改めて感服したのが、60年代後半から転がり続けているおじさんバンド、”STONES “ 今の状況をまさに言い当てているような新曲 ”Living in a Ghost Town” をリリースし、ラジオでも一時期、結構なヘビーローテーションでオンエアーされてました。

こんな時期、アーティストも巣篭もりを強いられ、TVを含め流れてくるのは、過去の映像、音源に頼らざるを得ない中、一早く新曲をリリースするおじさんパワー。伊達に60年間、転がり続けている訳じゃないと、身を以て世界に知らしめ、「考える暇あったら、走り続けろ!」と言われてるみたいで、改めて、ファン度高まりました。

加えてこの状況下、ラジオから流れてくる、最近の日本の若者バンドの質の高さにも結構やられてます。

ライブにも何度か行った ‘Glim Spanky’ 70年代ロック、ジャニスを彷彿とさせる‘松尾レミ“のボーカルに引き込まれがちですが、実はギターの’亀‘ にがっつりやられてます。決して派手ではないけど、スタイリッシュ且つ、力の抜けたレイドバック奏法は、日本のジョンメイヤーという感じで、かっこよすぎてぐうの音も出ません!あと、最早、最近とは言えないけど「世界の終わり」「ゲスの極み乙女」の音楽性の高さ、スティーリー・ダンの再来かと思わせる程の完成度を感じる「KING GNU」など、この状況だからこそ出会えた喜びに、これはこれで、捨てたもんじゃないかなと思ったりするこの頃です。

 

で、ほんとに、たま〜に流れてくる”DYLAN”   この人の曲は、オヤジにはほんとに染みます。

あと話飛びますが、わたくし一時期、日本で一番  “MICK “ に近い男と呼ばれてました。 その話は、また今度させてください。

最近ZOOMをうまく活用している人が増えてますね。
オンラインミーティング、オンラインレッスン、オンライン飲み会にオンライン合コンまで。

先日、旅行をオンラインで体験するというオンラインツアーをテレビで紹介していました。
旅行に行けない今、HISが無料で提供しているサービスだそうです。
オンラインツアーで旅の気分を味わってもらい、また旅行に行ける時が来たら、その場所を訪れて欲しいと言うプロモーションを兼ねた新サービス。
オンラインツアーでは現地ガイドさんもオンライン参加し、映像に合わせて、説明したり、参加者がガイドさんに質疑応答しながらツアーが進んでいくと言うもの。

実際の旅行でも、説明がないとスルーするような場所もガイドさんがいると興味深い場所に早変わり。
ガイドさんと廻ると伝説や裏話、小話が聞けるのが魅力ですもんね。

テレビではマチュピチュのオンラインツアーを紹介していました。
マチュピチュには行ったことがあるので、「そうそう、それそれー」と共感。
またマチュピチュに行きたくなりました。

そう言えば、テレビ番組や本で見た景色、本で読んだ文化背景をきっかけに旅先を決めることが多い私。
観ても聞いても興味わかない場所もあるのに、行きたいと思う時は直感で呼ばれてる気がするんです。
即、行きたい場所リストに追加。
すぐに行きたい場所といつか行きたい場所に別れるのもこれまた不思議。

ハイヒールの二人が「ミャンマーに行ってきミャンマー」という関西ローカルの番組の企画を見た時は、すぐ行きたくなって1ヶ月半後にはミャンマーにいました(笑)



なぜ旅好きなのか考えてみたら、旅を計画する過程、旅先を想像すること、非日常の経験、食べ物、日本とは違う常識・ルール、ハプニング、不安感、冒険感、アンテナを高くする感覚、不安やドキドキ…。
ぼったくりや乗っているバスがトラックに突っ込んで大怪我危機一髪だったこともなくはないけれど。
現地ツアーの選択、食事の時間、場所、種類、どこに行くか、何をするか、自分で決めて、うまく行く時もうまくいかない時もあるのが旅の魅力だと感じます。

未だに苦手なトイレいっぱい、帰国の時、一番嬉しいのはウォッシュレット(笑)
それでも旅の高揚感はいろんな感情を経験できるからこその賜物だと私は思います。



今までもこれからもガイドさん付全食付の日本発至れり尽くせりツアーではなく、個人旅をすると思います。
が、今回のオンラインツアー、なんだか旅の感覚が蘇ってきました。
近々HISのオンラインツアー参加してみようと思います。

ピンチの時こそ、人は知恵を絞り新しいものが生まれます。
今はしんどい時期ですが、未来から見た2020年が必要なプロセスだったと思える日が来ると信じて。




活動始めて1ヵ月と1週間、五月末で 130人の方からご支援頂いて、お弁当お届けする事ができました。
後1ヵ月、ご声援を力に頑張ります!
引き続きよろしく願いします。


修学前の子供達を支援している「つつじ学園」の職員さんから、お礼の言葉頂きました。

今日はありがとうございました。先生方も「医療従事者ばかりが取り上げられがちだけど、私達に目を向けてくださるのは嬉しいですね。」と仰ってくださいました。

こんなお言葉頂けると、もっと頑張ってみるか!という気持ちになります。頑張ろう!