DaRETOずむ(城石果純)の「3児の母小豆島で起業しました♪」ブログ★
  • 11Apr
    • 4人目ですが、はじめてフリーランスで出産します【お仕事編】

      こんにちは、小豆島で暮らす城石果純(しろいしかずみ)です。3児の母で4人目妊娠中です。いま株式会社DaRETO(だれと)という個人会社をやっています。3人目までは手厚い会社員での出産でして、今回独立して初めて雇用されていない(守られていない)中での妊娠生活を送っています。どう乗り越えるのか、その過程を明かすことが「後続のフリーランスママ予備群の人のためになるよ」と言われ、こんなことでお役に立てるならと少しずつ書いていきたいと思います。妊娠発覚2018年12月上旬、いつものように仕事でパソコンを触っていると、突然軽いめまいがして画面が見られなくなりました。少し休んでも上手く見えないので、午前中布団に入って横になり、夫に「ちょっと体調が悪いので今日は休む」とメール。昼頃帰ってきた夫に「妊娠してない?」と指摘され「まさか」みたいなやり取りをしたのですが、夫が「検査薬買ってくる」とまで言う。最終月経を思い出すと確かに遅れているかもしれない(ズボラで記録していないので記憶に頼るしかない)。その晩、嘔吐し始め、検査薬で陽性反応。病院に行くとしてもまだ微妙な週数だったので、数日待ちました。その間考えたこと子宮内妊娠でかつ心音が確認でき赤ちゃんが育ってくれるとしたら、まず考えないといけないことは【仕事をどうするか】でした。少しお休みをいただいても大丈夫そうな(又はオンライン上のやりとりで何とかなる)仕事と、大丈夫でなさそうな仕事に分けた時、通年で行っている「しまの塾」という事業をまずどうするか、また出産予定日も含めた契約を交わしている4社からの業務委託の仕事をどうするかを考える必要がありました。一番避けないといけないのは「妊娠した」事が、仕事をどうするか対応策を決める前に噂で広がり、信用を無くすこと、すなわち一番のリスクは、光の速さで伝わる噂(※島あるある)だと思っていました。産婦人科へ12月中旬、心音が確認できるかはちょっとまだ微妙だったのですが、とりあえず子宮内妊娠なのかを診てもらおうと思い産婦人科へ。幸い心音も一緒に確認することができました。実は12月24日からベトナム・カンボジアに旅行に行くことにしていたのですが、ダメだよなと思いながら先生に確認すると「出血したら帰ってこれなくなるよ~やめといたほうがいいだろうね~」とのことで急遽取りやめに。夏休みの東北旅行も三男の入院でキャンセルになっていたので、子どもたちはどう反応するかなと考えながら待合室に戻りました。早速、産婦人科の待合室で取引先の方と遭遇待合室に戻ると早速、奥さんの付き添いで来られていた取引先の方と遭遇しました(※島あるある)業務委託をいただいている4社のうちの1社の方です。冷静を装いながら会話をするも、頭の中、大パニック。男性の方だったので、詳しいことは聞かれませんでした。「(婦人科系の病気でも行く場所なので)これは乗り切れるかも」と希望を見た矢先、「城石さ~ん、次の妊婦検診なんですけど…」と言われ、あぁ終わったと思いました。後ほどLINEで「今日心音確認できたばかりでまだわからないので、もう少し内緒でお願いできると助かります」的なメッセージを送り、とりあえず乗り切りました。安定期に入るまでに行ったことフリーで活動していると「いつ仕事がなくなるかわからない」恐怖と常に隣り合わせで、仕事を断ることに躊躇してしまいます。ただ私は第2子・第3子妊娠の時も切迫で張り止めの薬を飲んでいたため、新規案件は、万が一入院したとしても、ご迷惑はおかけするけれども、タブレットからのやりとりで何とかできるであろうお仕事のみお受けすることにしました。また「しまの塾」のほうは、絶対に動けないだろう産前産後の3ヶ月をどうするか色々な方に事情を話し調整を重ねました。業務委託のほうも、ご迷惑はおかけするけれど、何とかなる形の代替案をいくつか用意しました。5月の地区の歌舞伎に出ようとしていた夫にも、万が一私の身に何か起こった時に家庭が崩壊するので(練習で夜いなくなる時に3人の子どもを見られない)今年は辞めてもらいました。人生ではじめて吐血吐きすぎて食道のつなぎ目が切れ、血を吐きました。つわり中にはよくあることらしいのですが、私ははじめての経験だったので、またもやパニック。家に長男(当時小4)がいたので長男に話すと、ゲームに夢中で「ふーん」で終わり、夫にメールすると「100ml以上吐いたら救急車を呼んだほうがいいっぽい。呼べる?」と返信。血って多く見えるから本当に100ml吐いたのかもわからないし、救急車なんてちょっと大ごとだしで、とりあえず病院に電話。どうやらマロリーワイス症候群というやつらしく、妊婦は病院に来ても胃カメラを飲めるわけでもないので、様子を見てということになりました。温かく見守れながらお仕事していたことを痛感2019年2月、安定期に入るとすぐ、業務委託契約をかわしている島内4社に事情をお話しました。会社員の頃は、妊娠発覚と同時に上司に報告→安定期に入る頃ほかの人にも報告としていたのですが、上司がいない今回は、自分で調整までを終えてから話さないといけません。安定期に入るまでの約2か月間、正直色んな調整含めて時間に余裕はありませんでした。妊娠を報告すると、大変ありがたいことに、全社とも「おめでとう、人口ひとり増えるね」と言う反応で、代替案を提示した会社(期間中、他の人にお願いする等)含めて全社が「できる範囲でやってくれたらいいから。ちょっとお休みするなり、前後で補うなりしてもらえたらいいよ」とお返事を頂戴しました。ふだん東京や大阪の方たちとは常にオンラインで打合せをしていますが、島の会社からも「これからはオンラインで打合せをしよう」という提案をいただきました。契約内容の仕事ができなくなることに内心ビクビク、申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、温かく見守られながらお仕事をさせていただいたことを痛感しました。島にあった少子化に対しての当事者意識また、会社員時代に過去3回妊娠を報告してきた私の経験では、開口一番、人口問題に全員が触れるなどあり得ない出来事でした。小豆島の人口減少は日本の60年先を行っています。日本全国の人口のピークは2008年でしたが、小豆島のピークは1947年。当時62000人を超えていた島の人口は、現在半分以下となっています。60年後、日本の都会で妊娠した女性がやっと「おめでとう。日本の人口1人増えるね」と皆に言ってもらえるようになるのだと思います(遅!)フリーランスで妊娠したら行うことまとめ私たちは健康保険管轄の産前産後休暇(産前6週、産後8週)は取得できますが、雇用保険管轄の育児休業は取得できません。次回、また詳しく書こうと思いますが、産後1ヶ月くらいはほぼ活動不能になりますし、その後も赤ちゃんが夜中続けて眠ってくれるようになるのは1~2歳頃だと思います。その上で私が<仕事編>で行うことをオススメしたいのは以下の3つです。①現在の仕事の棚卸しをする。いつまでどのボリュームで続けるのか、産後はいつからどのボリュームで復活する予定なのかを決める。②どれくらい休業するのかを決める。フリーランスのメリットとして少しずつ仕事量を増やしていく事が可能なので、この時期は少量の仕事のみ行うなどの設定が可能。③どのタイミングで誰に報告するのかを決める。報告する際には、代替案含めた今後の見通しを一緒に伝えられるようにする。次回、4人目ですが、はじめてフリーランスで出産します<家庭編>を書いて見たいと思います。長々とお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m

      16
      テーマ:
  • 12Dec
    • 本日のしまの塾は、真里さんの堀越の別邸、海音真里さんへ。軌跡が、想いが、おもてなしが、素晴...

      View this post on Instagram 本日のしまの塾は、真里さんの堀越の別邸、海音真里さんへ。軌跡が、想いが、おもてなしが、素晴らしかったです。現在展開されているワークショップの情報は真里さんのインスタページでチェック!12月は手作り御節ワークショップが始まるそうです。メンバーのマイプロジェクトも早い人は形になってきました。真里さん、ありがとうございました!#しまの塾 #小豆島 #真里 #海音真里 #堀越 #マイプロジェクト DaRETOさん(@dareto_shodoshima)がシェアした投稿 - 2018年Dec月12日am2時18分PST

      19
      テーマ:
  • 29Nov
    • 【募集中】3ヶ月で形にする「ジブンgotoプロジェクト」オンライン開校

      こんにちは!城石果純(しろいしかずみ)です。私は今、瀬戸内海に浮かぶ離島、小豆島(しょうどしま)にIターンして8年目。2017年4月に株式会社DaRETO(だれと)を設立し、ワーキングマザーとして日々奮闘しています。もともと新卒で株式会社リクルートに入社し地元の名古屋で結婚・子育てをしていましたが、たまたま育休からの職場復帰後すぐ子どもが入院したり、祖母が亡くなったりする出来事があり、今後どう生きていきたいのかという事を悩んでいました。最終的にはIターンを決めましたが、決めるまで、そして決めてからも葛藤がいつもありました。今思えばその葛藤は世間一般の常識との闘いだった気がします。Iターン後は、高松の支社まで3年間船通勤してキャリアを積みました。その後、自分たちの目指す生き方と、会社員としてのキャリアアップの両立ができなくなり、独立の道を選びました。いつも色々あるけれど、より良いと思う道を選択してきたら、たまたま今にたどり着きました。何年もモヤモヤとし、試行錯誤をしてきた中で、少しずつですが、自分なりに正直に生きるための法則が見えてきました。また、多くの専門家のアドバイスをうけながらその方法をワークショップのメソッドとして今回落とし込んでみました。今回のワークショップでは、自分にとって大切なものに気付き、なりたい自分を見つけ、次の行動につなげるヒントを得られる場となれればと思っています。♡が価値観、☆が目的地とすると、↗が行動選択になります。今回の3ヶ月のプログラムでは、第1回目で♡を見つけ(自分軸の発見)、第2回で☆を見つけ(未来を見据え)、第3回で↗を考える(行動に落とし込む)ことをしていきます。3ヶ月かけることで、変化を感じながら、伴走を受けることができます。子どもの頃からずっと「~ねばならない」の呪縛にがんじがらめになりながら生きてきました。Iターンを決める過程も含め、ずっともがいてきた自分だからこそ見つけられたものがあります。どうしたら自分の軸で生きられるようになるのか、どうしたら他人に振り回されなくなるのか、今となっては苦しかったことにさえ気づかなかったことが嘘みたいです。自分と同じような苦労をしている人の役に立てたら嬉しいです。ワークショップは独自のメソッドをもとに、オンラインでカウンセリングやディスカッションを行います。PCまたはデバイスからアクセスできる環境であれば、世界中どこにいてもOK★zoom、googleドキュメントを利用しますので、お申込み後、使い方をメールにてお知らせいたします。【日程】12月開校、1月開校、2月開校コースがございます。日程は、お申し込み後に調整させていただきます。【費用】¥10,800※事前のお振込みをお願いしています。お申込み後、個別に振込方法をお伝えさせていただきます。【お申込み方法】下記に、お名前と当日連絡が取れる電話番号、メールアドレスをお知らせください。shodoshima@dareto.info【ファシリテーター】城石果純(しろいしかずみ)1984年 愛知県生まれ。(株)DaRETO代表取締役。小豆島在住、リクルート出身の3児の母。2016年個人事業主として独立。2017年法人化。地域活性、地域との共存をテーマとしている。イイ子でなければいけなかった子ども時代の反動から、現在はタガが外れたように、自分の心に正直に生きている。しまの塾・企業研修・各種ワークショップ開催を通し、地域の課題を地域で解決するスキーム作り「知の地産地消」に取り組むとともに、フルリモートワークで全国の仲間と事業を行い、ひとりひとりが主役の世界を創るための活動を実施している。【プログラム作成】松本有里(まつもとゆり)1981年生まれ、大阪府吹田市出身。La neko 代表。茨木市在住、予防医学を志す薬剤師として12年のキャリアを持つ1児の母。茨木市後援「わたし発見」ワークショップ主催、スモールビジネスコンサルタント。初めて社会へ出た時に恋愛・仕事・一人暮らしに失敗した経験を持つ。全てを一度にリセットし、自分自身と向き合う中、自身の「夢」を持ったことが無いことに気付き、愕然とする。そこから、自分らしく生きる道を模索する日々を歩みだし、現在は健康的自立と経済的自立を支援している。

      11
      テーマ:
  • 28Nov
    • オンラインワークショップ開催

      北海道・東京・大阪・小豆島(高松)を7人(8人?)でつないだオンラインWSを開催しました!今回はなんと満員御礼★素敵な皆さんとの出会い、ありがとうございます~!私らしく生きるを選ぶ~自分軸発見ワークショップでは、オリジナルのプログラムを使い、自分たちの心の奥底にあるものを掘り起こしていきます。ペアワークによる深堀で、今まで気付いていなかった気持ちに気付いたり、大切にしていた価値観を見つけたり。今回もとても良い場になりました!そして12月からは…3ヶ月で形にする「ジブンgotoプロジェクト」オンラインを開校いたします(^^♪こちらも是非に♡

      2
      テーマ:
  • 25Sep
    • 採用パンフレット制作

      エンジェルリゾートグループ小豆島様の、採用パンフレットを作らせていただきました。今回は、デザイナーさんが決まっている案件でしたので、ディレクション及び企画・取材・執筆を担当。初の対談企画を入れさせていただきました。このような、デザイナーさんが決まっている案件などでも、臨機応変に対応できます。ありがとうございました。https://www.dareto.info/single-post/works5

      13
      テーマ:
  • 04Jul
  • 17Jun
  • 09May
  • 13Apr
  • 05Apr
    • DaRETOは2年目へ!2018年4月5日、DaRETOは1周年を迎えました。この1年で...

      DaRETOは2年目へ! 2018年4月5日、DaRETOは1周年を迎えました。この1年でできたこと、できなかったこと、失敗したこと、やらないと決めたこと。沢山あるけれど、その全てをバネに前に進みます。2年目も、たくさんのあったらいいなをカタチに。たくさんのコーディネートを。今後とも、どうぞよろしくお願いします。 #1周年 #小豆島 #shodoshima #dareto #2年目 #突入 #前へ #go #ahead DaRETOさん(@dareto_shodoshima)がシェアした投稿 - Apr 5, 2018 at 6:20am PDT

      5
      テーマ:
  • 01Apr
  • 26Mar
  • 14Mar
    • しまの塾 最終回参加者の皆さんからの言葉を聞いて、胸がいっぱいになりました。本当に本当に...

      しまの塾 最終回 参加者の皆さんからの言葉を聞いて、胸がいっぱいになりました。本当に本当にありがとう!心から出会えて良かったです。講師の皆さんも本当にありがとうございました。 #しまの塾 #1期生 #企画してよかった #一緒に創り上げてくれて #ありがとう #自分に自信が持てた人 #自ら発言するようになった人 #自分事として考えるようになった人 #価値観の違いを認められるようになった人 #みんなそれぞれ違う #自分を大切に #いいバランスで #いつも応援しています #これからもよろしくお願いします DaRETOさん(@dareto_shodoshima)がシェアした投稿 - Mar 14, 2018 at 6:30am PDT

      5
      テーマ:
  • 10Mar
    • 《第10回 しまの塾》肥土山農村歌舞伎舞台へ330年続いてきた秘密とは?地域をあげて取...

      《第10回 しまの塾》 肥土山農村歌舞伎舞台へ 330年続いてきた秘密とは?地域をあげて取り組む仕組みや、親子3代で関わる風土など、時代に合わせて色々な変化をしてきたと言います。2時間の間にも、色々な方が舞台を見にこられていました。#しまの塾 #小豆島 #2017年度最終回 #肥土山農村歌舞伎 #ありがとうございました DaRETOさん(@dareto_shodoshima)がシェアした投稿 - Mar 9, 2018 at 9:57pm PST

      1
      テーマ:
  • 03Mar
  • 23Feb
  • 16Feb
  • 15Feb
  • 10Feb
    • 第9回しまの塾 NPO法人Totie大塚一歩さん自分たちのターニングポイントは何だったか...

      第9回しまの塾 NPO法人Totie大塚一歩さん 自分たちのターニングポイントは何だったか?気づいたら視野は狭くなりがち、広く視野を持つこと。20年後、2038年に小豆島が人口17000人になった時の地域を想像してみる。課題は?解決法は? 今日もとてもよい時間でした。ありがとうございました! #小豆島 #しまの塾 #Totie #大塚一歩 #坂手港 #海目の前 #今ここ私 DaRETOさん(@dareto_shodoshima)がシェアした投稿 - Feb 9, 2018 at 8:00pm PST

      5
      テーマ:

プロフィール

zum(ずむ)のプロフィール

zum(ずむ)

性別:
女性
お住まいの地域:
香川県
自己紹介:
≪代表プロフィール≫ 城石果純 (しろいしかずみ) 1984年生まれ、愛知県出身。小豆島在住の3児の...

続きを見る >

フォロー

2017年4月創業予定。DaRETOは小豆島発、「働く」「暮らす」「人」を軸に地域づくりに貢献する会社です。地域資源を活かした学びと遊びのプログラム、人と人との橋渡し、新しいコミュニケーションの場づくりを行います。しまの塾・コワーキングスペース・各種イベント、ワークショップの企画・運営をしていきます。http://www.dareto.info/




Ameba人気のブログ