【事実】と【真実は違う】

NO.254 2018.0428

 

の写真は、妊娠している時と、

そうでない時の写真ではありません。

おなかのムクミの写真なのです。

 

 

ビックリしますよねポーン

 



ンスタグラムでフィットネス・モデル

として注目を集めるミシェル・ミドルトンさん。

お腹のむくみに悩んでいたそうです。

 

 

 

で、その原因を突き止めたと

書いてありました。

 

 

 

原因は、FODMAPという

発酵性のオリゴ糖、二糖、単糖

およびポリオールの略です。

 

 

 

科学的な定義は難しそうですが、

簡単に言えば、

おなかの中で発酵して、

ガスなどを発生させる

炭水化物のグループ

なのだそうです。

 

 

 

コレを含む食品を食べると、

おなかが膨らむとわかった

のだそうです。

 

 

 

私のおなかも、そうに違いないと

思ったのですが、このムクミは、

8時間ほどで消えるのだそうです…。

 

 

 

私のムクミはそんな簡単に

消えてくれないので、違う原因かも

しれませんね…。

 

 

良くないことは隠したい

かし、イイネが3,000以上も
集まるのに、良くこんな事を
カミングアウトしたなぁ~って
思います。
 
 
 
しかも女性ですからね~。
なおさら、体型の事は
隠したいと思ったのでは
ないでしょうか?
 
 
 
自分の良くない部分って、
どうしても隠したくなる
ものですからね。
 
 
 
コレは何もインスタに
のせる時だけでは
ありませんよね。
 
 
 
いつでも、起こる事です。
そう、広告宣伝でも、
会社でのコミュニケーション
の中でもです。
 
 

キャッチコピーの威力

引力の変わらない、

ただひとつの掃除機という

キャッチコピー覚えてますか?

 

 

 

鳴り物入りで、日本市場に

入ってきたダイソンの

掃除機のキャッチコピー

ですよね。

 

 

 

このキャッチコピー、実は

あることを隠しています。

隠したかったことは

なんでしょうか?

 

 

 

掃除機で一番大切なのは、

ゴミを吸う力、つまり吸引力です。

 

 

 

その吸引力が強いほど、

よい掃除機と言うことになります。

 

 

 

しかし、このコピーには、

吸引力が強いとは、

ひとつも言ってないのです。

 

 

 

2005年当時、

主要メーカーの掃除機の

テストがありました。

その結果がコレです。

 

 

ココまでの話の流れから、

何番がダイソンかわかりますよね…。

そうです。No4なのです。

 

 

 

他のメーカーの掃除機は、

確かに吸引力が落ちます。

しかし、落ちてもダイソンより

吸引力が強いのです。

 

 

『吸引力が落ちない』もちろん

ウソではありません。

 

 

 

しかしダイソンは、

吸引力が弱いことを言わずに、

他の掃除機よりも電気を食うのに、

騒音も記載出来ないのに、

他の掃除機より高い値段で、

飛ぶ様に売れたのです。

 

 

 

なぜか…。

掃除機なんか、何年も変えません。

10年選手なんかザラです。

そんなくたびれた掃除機から

買い換えたのなら、・・・・

 

 

 

 

どこのメーカーの掃除機

だってスゴイ吸い込みます!

 

 

 

なのに、ダイソンを買った人は、

広告のイメージ効果もあり、

『ダイソン、めっちゃ吸うわぁ~』

って広めていったのです。

 

相手が語らないこと

内のコミュニケーションでも
言いたくないことがあります。
 
 
 
上手くいっているかの様な
イメージを持たせる様な
発言があったら要注意です。
 
 
 
一旦、イメージが蔓延すると、
もうそれが真実として扱われます。
事実と真実は違うのです。
 
 
 
コミュニケーションで最も大切なことは、
相手が語らない部分を聞くことである。
 
 
 
これは、ピーター・ドラッカーさん
の言葉です。
 
 
 
色々な状況で当てはまる言葉
だと思いますが、脈絡もなく、
イメージを膨らませる事実が
出てきたら、よく確かめてみると
よいと思います。
 
 
 
 
その事実と、本来の目的が
ちゃんとつながっているかをです。
 

 

 

因果関係があるか?

 
の様に、出てきた事実と、
目的を矢印でつなぎます。
 
 
 
矢印の下の事実に対して
『もし、〇〇ならば、』と
付け足してみて、上の目的に
つながるかどうかを確かめると、
よくわかると思います。
 
 
 
冷静に因果関係が成立して
いるかを確認してみることが、
重要なのです。

 

 

 

なんで、率直に言わないのか?

その裏には、重大な問題が

隠れているかもしれません。

 

 

 OK今日のタナーの一言OK

右差し目的との因果関係を確かめる

  

 

 このブログは、私がマネージメントゲーム(以下:MG)を通して、MG開発者である西順一郎さんから学んだ事や、清水信博さんをはじめとしたMGの諸先輩方より学んだ事を中心に、私というフィルターを通して、経営に役立つ情報をお届けしています。

 

 

■あなたの想いは、従業員の皆さんに伝わっていますか?
 

 経営者の想いや考えは、経営者自身が考えている以上に伝わっていません。

 私は、経営シミュレーションゲームであるマネージメントゲーム(MG)をとおして、

  1. 経営とはなにか、
  2. 会計とはなにか、
  3. 儲け方はどうすればよいか

を伝えます。
経営を疑似体験する事で、

経営者の考えている事が
伝わりやすくなります。 


繰り返し受講することで、

  1. 教えるとはなにか、
  2. 教わるとはなにか、

に気づき、主体的に行動する様になります。


 

ゲームと言っても、40年以上の歴史があり、
当時のSONYで開発され、延べ800万人以上が
受講して結果の出ているビジネスゲームです。


ゲームですから、意思決定を間違った
としても、実害はゼロです。
ゲームを通して、会社全体をl俯瞰して、
社長と仕手の意思決定を経験して学ぶ
事が出来ます。

 

継続することで、チーム全体の意識と、

行動と、雰囲気が変わります。

 


開催予定など、より詳しく知りたい方は、

右矢印株式会社 IMPACTのWEBサイトはこちら



 

右矢印メールでのお問い合わせは、こちら。

 

 

後までお読みいただき
ありがとうございます。おねがい
 

 

いつもクリックしていただいて
ありがとうございます。おねがいおねがい

ダウンダウンダウンダウンダウン

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村