長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中です。しっかりほぐしたい、ストレッチしたい、疲労を取りたい方のケアをスポーツマッサージ、鍼灸、整体でしております。カラダでお悩みの方、パフォーマンスをあげたい方はぜひお問い合わせください。

「メンテナンスをすることで得られることを◯つ」

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)です。

 

 

 

先日来てくださいました市民ランナーさん

 

新型コロナウイルスのためマラソンもロードレースも中止になりなかなか、モチベーションが難しい。

 

でも練習はコツコツとされている方でした。

 

 

 

大会がないため、カラダをメンテナンスする機会も減ったわけですが、 今回久々にカラダのケアを受けて

 

やっぱりメンテナンスすることは大事ですね!

 

と、とても痛感したとのことでした。



 

なぜか?と申しますと、

 

やっぱりカラダが硬いというのが一番の理由でした。

 

ケアした後は柔軟性がしっかり出てるので、よく動かしやすいから。



 

練習ばかりしていると、

 

いかに自分が固いか?重たいか?きつい状態なのか?

 

把握しにくいです。

 

 

 

それを外からマッサージなんかで手を入れて、状態がある程度じぶんで把握することができていると、

 

練習が先にやることなのか?カラダをメンテナンスすることが先なのか?

 

優先順位も考えやすいかと思います。




 

なので今回は「メンテナンスをすることで得られることを3つ」

 

ご紹介したいと思います。



 

とても当たり前といえば当たり前のことなのですが、やっぱり大切なことなので、読んでもらえたら嬉しいです。




 

メンテナンスをすることで得られることを3つ


 

 

 

 

 

・たまに受けることで、カラダの状態を把握ができる

 

メンテナンスの目的の中で一番これが大切かなと思うこと。

 

ご自身のカラダの中でどこが硬いか?

 

今どれくらいのことをしたらこれぐらいのことがカラダにも起きているということを、第三者を通して把握することができます。

 


 

もっと踏み込んで言うと、

 

たまに疲れが溜まってケアを受けるのもいいけど、月に一回定期的に受けることによって、きつい時もあればきつくない時もある訳で、その両方のカラダを把握することができます。

 

これはカラダを壊さないようにしていくことに、繋がりやすいです。

 

 

 



 

・ストレッチのやり方をマンツーマンで覚えることができる

 

カラダをスポーツマッサージしていく中で、ストレッチも入れてより伸ばしやすい状況を作る。

 

そこからセルフのメンテナンスにつなげていただきたいので、ストレッチのやり方もお伝えしています。

 

 

 

うまく綺麗なフォームでやれてればいいのですが、できてないポーズもあったり・・・

 

そこをしっかり注意しながらこれをこうあれをこうというふうに覚えてもらうようにしています。

 

 

 

長く同じことをやっていると慣れが出てくるので自分流っていうのがちょっと入ってきやすいですからね・・・

 

 



 

 

・受けることでまた頑張ろうと思える

メンテナンスを受けることで時間とお金をかけるということになります。

 

ということはまた頑張らないといけないと言うモチベーションに繋がりやすい。

 

ポジティブになりやすいということ。

 

これは何をするにも大事なことですよね。 



 

最後に

 

 

 

今回はメンテナンスで得られること3つについて書いてみました。

 

練習の度合いや、個人差によって不要なこともありますが、年齢重ねていけばカラダの回復力は確実に落ちていくもの!

 

 

 

うまく疲労を抜くのにはケアをうまくこなしていく事。

 

車と同様メンテナンスはやっていて損はないかなあと思います。

 

 

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

 

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)でした。

 

 

マラソン初心者さんのための、6日間でカラダを緩める講座も書いています

 

 

 

■ゆうマッサージ治療院■
【電話番号】0957-46-8585
【営業時間】10:00~21:00(LO20:00)
【定休日】不定休
【住所】854-0014 長崎県諫早市東小路町10-21-4
【完全予約制】
MHPSマラソン部指定治療院
 
・ラインでもご予約できます。(IDは@pfh6009t)

 

友だち追加
       

 

 

 

テニスボールでのお尻のほぐし方

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)です。

 

 

 

 

ランニングをこなしていくと、補強のトレーニングは必ず必要になってきます。

 

腕立て、腹筋、スクワットなど。

 

走るだけだとなかなか筋肉はつきにくいものですから。



 

 

そして、

 

その中でもお尻と腹筋などの体幹部分の筋力はとても重要。

 

走るときのフォームにかかってきますので。



 

 

でも、

 

補強トレをしていくと強化されるけど、張りや硬さとなって出てくるのも同時にあります。

 

スクワットなんかお尻パンパンになるし、

 

太もも張るし、足が重たくなったり・・・

 

何気にきついです。

 

 

 



 

ストレッチをしっかりしてほぐすのですが、伸びはしてくれるけどなかなか緩みが悪かったりするんですよね。


 

 

でもそんな時、

 

テニスボールをイタイところに当てて、グリグリしてみたんです。

 

するとだいぶ激痛でしたが、ふっと力が抜けて足が軽くなったんです!



 

 

テニスボールでやってもそこまで変わらない、と思いの方多いと思います。

 

でもやってみて実感!あなどれませんよ!

 

 

 

 

 

もしも同じようにお尻をほぐしたい、セルフでどうにかしたい方にこれはオススメ!

 

 

足が重い方がいたらぜひ、テニスボールでのほぐしをトライしてみてください。

 

 

今回はそのやり方を簡単に説明していきます。

 


 

テニスボールでのお尻のほぐし方

 

 


 

 

 

・まずテニスボールを用意します。

 

ない場合は野球硬式ボール、ソフトボールでもOK。

柔らかいボールだと潰れてしまうのと、ゴルフボールだと小さいのでやりにくいです。

 

 

 

 

・仰向けになりお尻のこの部分に当て、体重をかけていきます

 

仰向けになり両ヒザを立てます。お尻の下にボールを当てて、ゆっくり体重をかける。

 

 

 

当てる場所はここ、黄色のライン上です。

 

 

 

 

体重をかける時はけっこう痛みを伴うことが多いので、必ずゆっくり載せていきましょう。

 

 

 

 

 

そしてカラダを深呼吸して力を抜いていく。

 

するとボールがカラダに沈んでいき、お尻もイタイけどじ〜んと響いてきます。

 


 

そのあと、膝を外に倒して、さらに体重を乗せていきます。

 

ここはイタイです。

 

 

・あとはポイントをお尻の後ろのところから、お尻の横のところまでずらしていくだけ。

 

 

最初のスタートはお尻の仙骨と腸骨の関節のポイントから、腸骨をなぞりお尻の横までボールを1個分づつずらして当てていきましょう。

 





 

これだけです。

 

動画はこちらです

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

今回はテニスボールでのお尻のほぐしを書いてみました。

 

 

 

やってもらうとわかっていただけると思いますが、激痛を伴うほぐしになります。

 

 

 

かなりきついかもしれないですが、ほぐれるとすごく楽にもなるほぐしですので、頑張ってトライしてもらえますと嬉しいです。

 

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

 

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)でした。

 

 

マラソン初心者さんのための、6日間でカラダを緩める講座も書いています

 

 

 

■ゆうマッサージ治療院■
【電話番号】0957-46-8585
【営業時間】10:00~21:00(LO20:00)
【定休日】不定休
【住所】854-0014 長崎県諫早市東小路町10-21-4
【完全予約制】
MHPSマラソン部指定治療院
 
・ラインでもご予約できます。(IDは@pfh6009t)

 

友だち追加
       

 

 

 

 

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)です。

 

 

 

ランニングを日頃からこなしていると、コースが同じになりがちです(僕の場合^^;)

 

 

 

あれこれ考えるのが嫌なのでそうなっているのですが、できる限り競技場まわりを走るようにしています。


 

 

なぜかと申しますと・・・

 

足に優しい芝生があるからです。



 

外の道もいいのですが、コンクリートは足に負担が大きいのと、路肩、歩道が斜め、段になっているところがあるから、シンプルに走りにくいんですよね。

 


 

そして、

 

ランニングにかける時間、距離が増えていくと、走る場所によって疲労や足のダメージが

 

「小さいストレスもチリも積もれば山となる」

 

みたいに蓄積していきますからね。

 


 

今回は「走る場所で足のダメージの蓄積度合いが違う」について書いてみました。

 

小さなことかもしれないですが、知っておくと走る際、場所を選ぶ際に活かせると思います。

 

よかったらご覧ください。

 

 


 

路面の影響は大きい

 

 

ランニングをする場合、ジョギングでもそうですが、ロードやトラックなど走りますよね。

 

 

 

僕はランニングする時は芝生やタータンやコンクリートなど色々変えたりしてローテーションするようにしています。

 

 

 

その時のロードやトラックですが、

 

路面やサーフェス(地表面)の状態によって足の負担が変わってくるんです。


 

 

なぜなら、

 

芝生、コンクリート、トラックのタータンなど、それぞれ硬さが違うので足をついた時のショックの量や反発で受ける力が変わるからです。

 

 



 

先日対応しました選手と話していて、

 

「最近はトラックが使えないからロードをよく走るんですよね、だからだいぶ足がきつい!」

 

と足底からふくらはぎ・スネとに強く張りが出ていました。



 

 

ランニングなどの動きは単純な動きの繰り返しです。

 

トラックだとまだ多少クッションがあるので、負担が少なく済むけど、コンクリートだと接地の際に反発をもろに受けます。

 

ペースはゆっくりといえど、長時間こなすとなれば足に負担は蓄積しやすいです。

 

 

 

なのでこういう時は、芝生のコースをたまに走ると足には優しいですよ。



 

ただ、トラックみたいなタータンでもコンクリートよりは負担が少ないけど、スピードを入れた練習をこなせばしっかり足にダメージは入りますし、

 

シューズのソールや体型、骨格よっても蓄積の度合いは変わるから、絶対たまるというわけではないですが・・

 



 

 

日頃から走っている方は、路面やサーフェス(地表面)の状態によって足の負担が変わってくることを知った上で、

 

コース、場所を変えながら日頃のランニングに行かしてもらえたらと思います。

 

 

 

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)でした。

 

 

マラソン初心者さんのための、6日間でカラダを緩める講座も書いています

 

 

 

■ゆうマッサージ治療院■
【電話番号】0957-46-8585
【営業時間】10:00~21:00(LO20:00)
【定休日】不定休
【住所】854-0014 長崎県諫早市東小路町10-21-4
【完全予約制】
MHPSマラソン部指定治療院
 
・ラインでもご予約できます。(IDは@pfh6009t)

 

友だち追加
       

 

 

 

太ももの外側、腸脛靭帯のストレッチをやり方

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)です。

 

 

 

 

陸上、長距離の選手のケアを対応させていただいておりますと、太ももの外や内、前後と張りが出てくることが多いです。

 

 

 

長い時間走っているので、お尻まわり、股関節まわりが張ってくるのは当たり前ではあるのですが・・・

 

走り方やフォームが個人それぞれ違うので、張ってくる場所が様々です。

 

 

 

 

例えばを言うと、

 

O脚の傾向が強かったり、 X 脚の傾向が強かったりすると、太ももの外や内が張りやすくなったりしやすい。


太ももの外側が張りやすくなると、膝の横などに違和感が出ることの多い腸脛靭帯の炎症に繋がることも・・・
 

 

 

張りやすいということはそこをよく使っている、負担がかかっている!

 

ということの表れなので、故障のリスクも高いことが多いです。


 

 

リスクが高いとなれば、セルフケアの場所もその点を重点的にやったほうがいいということになります。

 

 

 

 

先日対応した選手も、太ももの外が張りやすい傾向が強かったです。

 

 

 

腰やお尻・太もも周りを重点的にスポーツマッサージして、セルフでケア・伸ばせるようにストレッチを指導させていただきました。

 

 



 

ということで、

 

今回は太ももの外側、腸脛靭帯のストレッチをやり方を書いてみたいと思います。

 

 

 

ここが張りやすいと先ほども言いましたが、腸脛靭帯炎など、膝の横あたりに痛み・違和感などに繋がりやすい。

 

それにならないように、つなげないようにするためにも、セルフケアに生かしてもらえればと思います。


 

太ももの外側、腸脛靭帯のストレッチのやり方

 

 

◯やり方はこちら




 

やり方は体育すわりでこのポーズをとります、

 

 



 

・膝を内側に倒します。

 

 

 

 

倒すときは空いている足を膝に乗せる、

 

 

 

 

そして仰向けで寝ます。
 

すると伸びる感覚が出ると思います。


 

注意点:伸ばしている実感が感じにくいところなので、急いでしないで、ゆっくり伸ばし、深呼吸を必ずすること。




 

 

どうでしょうか?きいていますか?




 

また、他にも・・・





 

・これも簡単にできるのでおすすめ。

 

 


 

 

アングルを変えるとこんなかんじです。



 

 

・これは少し違う場所も(股関節の前が)入って伸びますが、これもおすすめ。



 

最後に

 

 

今回は太ももの外側、腸脛靭帯のストレッチをやり方書いてみました。

 

 

 

 

 

走っているとよく張る場所なので仕方ないのですが・・・

 

うまく張りを抜いて練習、トレーニングの質が少しでも上がるように生かしてもらえたらと思います。



 

先ほども申した通りやりにくい場所であるので、ゆっくりやっていきましょう。

 

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)でした。

 

 

マラソン初心者さんのための、6日間でカラダを緩める講座も書いています

 

 

 

■ゆうマッサージ治療院■
【電話番号】0957-46-8585
【営業時間】10:00~21:00(LO20:00)
【定休日】不定休
【住所】854-0014 長崎県諫早市東小路町10-21-4
【完全予約制】
MHPSマラソン部指定治療院
 
・ラインでもご予約できます。(IDは@pfh6009t)

 

友だち追加
       

 

 

 

「股関節が詰まるような感じ」がするときは・・◯◯筋と◯◯をストレッチ、繰り返しです。

 

 

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)です。

 

 

 

陸上の長距離種目の場合、循環運動、つまり同じ動きの繰り返しになります。

 

 

 

同じ動きの繰り返しのため、体のパーツの些細なこと・小さなことであったとしても全身のバランスを崩すなどにつながったりするがあります。

 

 

 

例えば・・・

 

ねんざを昔したことがあり、足首がかたい状態で左右差があったりするとか、カラダのこっちが柔らかいとか・・・

 

 

 

意外と気にしてなかった事がカラダに影響を与えてたりすることがあります。



 

そういう症状は痛みなどにつながっていなければ、短期的に見るとそこまで気にならなくても、長く続けていくと徐々に症状として現れやすいです。

 

 

 

なので、

 

その小さな症状であったとしても、できれば少しずつ解消できるように、セルフケアで消していけれたらいいなとよく思います。



 

 

今回の内容は前述したお話の中の一つで、長距離ランナー耳にする症状、

 

股関節が詰まるみたいな症状ついて書いてみたいと思います。

 

後半にストレッチの話が出てきますが、今回の症状にかかわらず、腰がかたいや、柔軟性が低い場合でも有効なので、日常的にセルフケアで取り入れてもらえたらと思います。



 

股関節が詰まるかんじ


 

 

股関節が詰まるようなかんじ」がするときは・・・

 

セルフケアで、内転筋とお尻をストレッチ・伸ばしてあげると緩みやすいですよ。

 

 

 

 

なぜなら、

 

お尻の緊張が強くなると、股関節を曲げた時(太ももを上げた時)に、大腿骨の骨を押し上げてしまうことがあり、それが詰まりという感覚を出してしまうことがあるからです。

 



 

 

 

お尻の奥の筋肉には細くたくさんの繊維があって、その中に梨状筋や双子筋、その他などがあります。


 

 

奥の筋肉は活動というよりは骨と骨の安定性をしっかりと高めてくれる役割、外の大きな筋肉は活動する時に大きく働くっていう役割。

 

そして表の筋肉が硬くなると、奥の筋肉も硬くなることが多いです。



 

外の大きい筋肉が硬くなると伸びにくくなるのはわかりますが、奥のこまかい筋肉も硬くなれば、より伸びにくくなるので可動域が狭くなることにつながりやすいです。

 

それが今回の股関節の詰まりだったりします。

 

 



 

先日、来てくださいました陸上長距離をしています患者様も、この症状と長くお付き合いをされていらっしゃいました。

 

 

 

ストレッチはよくされている方でしたが、同じところが多く少なかったため、もうちょっと種類を増やし念入りにしていただくようにお願いさせてもらいました。



 

 

・お尻のストレッチを念入り

・内転筋のストレッチ

・そしてローテーション(繰り返し)

 

 

 

陸上長距離種目の場合、股関節の詰まりはよく耳にする症状です。

 

そのままでも動けたりはするので、気にしない方はしないかもしれませんが、できたら気持ちよく走れたらいいですよね。

 

 

 

そんな時は、内転筋のストレッチ・お尻のストレッチを組み合わせてローテーションをしつつ、いろんな角度で伸ばしていただけると解消しやすいです。

 



では実際にやり方を詳しくご説明していきます。

 

 

 

お尻と内転筋のストレッチ

 

・お尻のストレッチ

・内転筋のストレッチ

 

お尻のストレッチのやり方は以前からこのブログでもたくさん出ていると思います。

 

 

 

実際のポーズはこちらですこういう感じでお尻をたたんであげて自分の胸をすねもしくは膝にくっつけに行くようにしてお尻を伸ばします。

 

 


 

もしくはあぐらをかいた姿勢で前に倒れるやり方でも全然オッケーです。

 


 

・内転筋のストレッチのやり方

内転筋のストレッチのやり方はたくさんあるのですが僕がよくやるてるやり方を説明したいと思います。

 

ごくシンプルですこんな感じです。

 



 

片足開脚で片方ずつ伸ばすやり方でも全然 OK です。 

 

ハムストと内転筋含めて伸ばす。

 



これでもOK、

 

前に倒して伸ばす。

 

 

 

 

・あとはこれを内側、外側、内側、外側と繰り返しローテーション

 

 

これをひたすら繰り返して柔らかく柔らかくしていくようにしていきます。

 

 

 

カラダが硬いとなかなかこれが行きにくいんですが、最初伸ばした感じと10回伸ばした感じであれば、

 

少なからずそれで伸びる量が変わってきますので、少しずつ少しずつ伸ばしていただけたらと思います。 

 

 


 

最後に

 

 

今回は「股関節のつまり」をすこしでも楽にするために、できるストレッチをご説明させていただきました。

 

 

 

股関節のつまりを今回はターゲットにしていますが、それ以外の症状でもすごく有効なストレッチになります。

 

なので日常的にセルフケアに取り入れて頂けたらと思います。

 

 

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)でした。

 

 

マラソン初心者さんのための、6日間でカラダを緩める講座も書いています

 

 

 

■ゆうマッサージ治療院■
【電話番号】0957-46-8585
【営業時間】10:00~21:00(LO20:00)
【定休日】不定休
【住所】854-0014 長崎県諫早市東小路町10-21-4
【完全予約制】
MHPSマラソン部指定治療院
 
・ラインでもご予約できます。(IDは@pfh6009t)

 

友だち追加
       

 

 

 

【今更なのですが・・ご連絡です】時短営業のお知らせ

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)です。

 

 

 

【今更なのですが・・ご連絡です】時短営業のお知らせ

 

 

 

本日で5月突入!

 

気がつけば・・・1年の1/3が消化したことになります。

 

時間が経つのは本当に早く、恐ろしく感じる今日この頃。

 

また、

 

一年前はこんなことになっているなんてこれっぽっちも想像つかなかった今日この頃。

 

 

 

ん〜という感じです。

 

 

 

いろんな状況で5月を迎えている方多いと思いますが、少しでもいい方向に行くように願うばかり!

 

 

 

マイナスに考えても仕方ない。

 

今できることを精一杯こなす。

 

がんばるのみ。



 

さて、

 

当院からの今更なのですが・・・ご連絡になります。



 

新型コロナウイルスに感染予防のため、三密の予防。

 

つまり密閉・密集・密接な状態をできる限り気をつけながら、消毒しつつ患者様を対応させて頂いております。

 

それに併せなのですが、

 

4月末より営業時間を時短営業にさせていただいております。

 

 

通常→◯10:00~20:00(最終受付は20:00、変動有)

 

現在→◯10:00~18:00(最終受付は18:00、変動有)



 

期間は今のところ5月6日までとしておりますが、非常事態の状況を見まして、まだ伸びるかもしれません。

 

引き続き状況を見つつ、感染予防に気を使いながら営業してまいります。

 

 

 

皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします

 

 



 

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)でした。

 

 

マラソン初心者さんのための、6日間でカラダを緩める講座も書いています

 

 

 

■ゆうマッサージ治療院■
【電話番号】0957-46-8585
【営業時間】10:00~21:00(LO20:00)
【定休日】不定休
【住所】854-0014 長崎県諫早市東小路町10-21-4
【完全予約制】
MHPSマラソン部指定治療院
 
・ラインでもご予約できます。(IDは@pfh6009t)

 

友だち追加
       

 

 

 

太もも裏をほぐすときは、裏を伸ばして、お尻を伸ばし、前を伸ばす。これをローテーション。

 

すると伸びやすくなりますよ。

 

 

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)です。

 

 

 

ストレッチはセルフケアでとても大事なものの一つです。

 

これがしっかりできるだけで、どれだけケガを予防できるか計り知れないです。



 

とは言いつつ、アクシデントはスポーツにつきもの!

 

100%予防できないので、カラダを痛めるときは痛めます。


 

 

 

でも、比較的柔軟性のある方の方が、アクシデントがあったとしても、ひどくないような気がします(個人的な主観です)


 

剛と剛がぶつかり衝撃が互いにおよぶ感じより、

 

剛と柔がぶつかると、柔が受け流すような感じ。



 

今回は太もものストレッチについて感じたことを書いてみました。

 

よかったら参考にしてもらえたらと思います。

 

 

 

 

 

一つではなく全部

 

太もも裏をほぐすときは、裏を伸ばして、お尻を伸ばし、前を伸ばす。

 

これをローテーションしながらのばしてみてください。すると伸びやすくなると思います。

 

なぜなら、

 

一箇所ではなくローテーションでまんべんなく伸ばすと、全体が緩みやすいからです

 


 

 

僕自身ストレッチをよくするのですが、開脚をよくします。

 

その時に開脚を一生懸命しようと、とにかく足を広げるわけなのですが・・・

 

なかなか行かないんですね。



 

そのやり方もアリなのですが・・・

 

 

 

そのやり方よりも、

 

まず内転筋を伸ばし、お尻を見伸ばし、太もも裏を伸ばし、太もも前を伸ばし、また内転筋を伸ばしと、全体を伸ばす。

 

 

 

このようにしていく方が、内転筋が結果的に緩んで、開脚がしやすくなることが多いです!



 

このことから・・・

 

伸ばしたいところはわかるけど、まず伸ばしたいところを軽く伸ばす。

 

それ以外のところを一通りストレッチ、また最初のやりたいストレッチをする。

 

そして、それをローテーションみたいにしてぐるぐる回す。

 

すると結果的にすごく緩みやすいです。






 

ケガをしている時ほど、「ここが硬いから」「ここにストレスがかかっているから」と思って、そこを重点的にストレッチをしがち。

 

これは確かに大切なのですが・・・

 

 

 

もう少し広い視野で見て こっちも伸ばそう、あっちも伸ばそうみたいな感じで見てもらえるといいかなと思います 。

 

 



 

ここからは太ももの裏を伸ばしたい時に、やって欲しいことを書いてみたいと思います。

 

 

 

実際の順番

 

実際のやり方はこんな感じです 。

 

・まず太もも裏を伸ばします

・その次にお尻を伸ばします

・太もも前を伸ばします

・最初に戻って太ももの裏を伸ばし、お尻を伸ばし、太もも前を伸ばしローテーション。

 

 

 

・まず太もも裏を伸ばします

 

やり方はやりやすい方でやってみてください。

 

 

 

 

 

・その次にお尻を伸ばします

 

 

 

 

 

・太もも前を伸ばします

 

太ももの前、股関節前を含めたストレッチも載せておきます。

 

 

 

 

・最初に戻って太ももの裏を伸ばし、お尻を伸ばし、太もも前を伸ばしローテーション。

 

徐々に伸ばし方の強度を上げて、可動域を広げていきましょう 。


 

【ここで、注意点!】

 

忘れていけないのが、呼吸を必ず止めないこと!

 

止めるとりきんでしまうので、なるべく息を吐きながらゆっくり伸ばしてみてください。





 

最後に

 

 

 

 

今回は

 

「太もも裏をほぐすときは、裏を伸ばして、お尻を伸ばし、前を伸ばす。これをローテーションしながらのばしてみてください。

 

すると伸びやすくなると思います。なぜなら、一箇所ではなくローテーションでまんべんなく伸ばすと、全体が緩みやすい」

 

について書いてみました。


 

競技をしていると「記録を出す」ということが目的になるので、走ることばかりに目がいきがちです。

 

 

 

確かに走らないといけないのは承知しています。



 

でもそれを達成するためには、

 

まずケガをしないようにコンディショニングするのがまず大切なポイントの一つ。

 


 

ケガしたら、練習したくてもできなくなっちゃいますからね。



太もも裏をほぐすときは、裏を伸ばして、前を伸ばし、お尻を伸ばす!

 

これをローテーションしてみてください、すると伸びやすいですよ。

 

一箇所ではなくローテーションでまんべんなく伸ばすと緩みやすいから。


動画はこちらです


 

今回の内容が少しでもお役に立てたら嬉しいなと思います。

 

 

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)でした。

 

 

マラソン初心者さんのための、6日間でカラダを緩める講座も書いています

 

 

 

■ゆうマッサージ治療院■
【電話番号】0957-46-8585
【営業時間】10:00~21:00(LO20:00)
【定休日】不定休
【住所】854-0014 長崎県諫早市東小路町10-21-4
【完全予約制】
MHPSマラソン部指定治療院
 
・ラインでもご予約できます。(IDは@pfh6009t)

 

友だち追加
       

 

 

 

壊す可能性がある生活から、壊さない生活をすると◯◯と◯◯を節約することに繋がる。

 

 

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)です。

 

 

 

今回は陸上の長距離に関してのお話ではないのですが、セルフケアの部分、生活の部分では競技関係なく、共通の考えだなあと感じることです。

 

なかなか難しいところはあると思いますが・・・・

 

少しでもなにかしら考えのお役に立てたらと思います。

 

 

 

 


 

時間とお金の節約

 

起こってからではなく、起こさないようにする。壊す可能性がある生活から、壊さない生活をすると時間とお金を節約することに繋がる。



 

なぜなら・・・

 

 

 

ギックリ腰なんかを例にみると、

 

腰を痛めてから通院や治療に行くと、何回かに分けて、短いスパンでみる形になります。

 

つまり、お金・時間・労力をそこに必要とします。

 

 

 

しかし、

 

ぎっくり腰を起こさないように、日頃からストレッチなり筋トレ形をしていると、

 

筋力・柔軟性があるので、痛みに繋がりにくく、痛みを起こさない、すると通院する必要がないわけです。

 

つまり、時間をかける必要がない、お金をかける必要がないことにつながるからです。

 


 

自分でやると実感


 

僕の話になるのですが、むかし腰を痛めてヘルニアの診断を受けたことがあります。

 

なので寝不足やカラダが硬くなってくる・疲労がたまってくると徐々に右足のスネにシビレが伴うような痛みを抱えていました。

 

 

 

この職業柄いろんな鍼を受けたりマッサージも受けるのは抵抗がなく、けっこうな頻度で治療を受け、痛みは落ち着きラクになって回復。


 

 

でもケアを受けるたび、その都度誰かに何かをしてもらう形になるので、時間とお金と労力がかかるなあと感じていました。

 

 


 

 

 

そこから自分でできるセルフケアを力入れるようになり、

 

開脚で内転筋の柔軟性を高めたり、お尻を伸ばして股関節のゆるみを出したりして、腰のストレスを減らす。

 

また、長時間座りすぎないことに気をつけたり、腹筋の筋力を落とさないように日常的に筋トレをするなど、悪化させないような努力をこまめにしていくようになりました。

 

 


 

 

 

すると右足のしびれはよほどのことがない限り、出なくなりまた多少しんどくても、筋トレで体力をつけているところがあったので、へこたれないカラダにもなりました。


 

結果、予防に力を入れていくほうがいいということを身にしみて感じることができました。

 

 

 

 

 

 

でも、僕自身この職業をしていたので何をしたらいいかっていうのが大まかにイメージできていましたが、 一般の方にとってみれば何をしたらいいのかが分からない部分が多いと思います。

 

なのでそんな時は一度病院なり治療院なりケアなりいろんなことを受けてみて、何をしたらいいかっていうのを聞くといいと思います。

 

そしてそれを元にセルフケアに日常的に力を入れてやっていけば、少なからず軽くなるのではないかと思います。


 

 

 

最後に

 

 

年齢を重ねていけば、体力・筋力・柔軟性は全然落ちていきます、活動の量も同様です。

 

それと反比例して体重は増え、年齢は増える!

 

イヤですね!


 

 

体重増えれば、関節の負担は増え、痛みは少なからず出てくるもの、また内臓の病気も抱えることもあるでしょう。 



 

でも、起こってからではなく、起こさないようにする。

 

壊す可能性がある生活から、壊さない生活をすると時間とお金を節約することに繋がると思います。

 

 

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)でした。

 

 

マラソン初心者さんのための、6日間でカラダを緩める講座も書いています

 

 

 

■ゆうマッサージ治療院■
【電話番号】0957-46-8585
【営業時間】10:00~21:00(LO20:00)
【定休日】不定休
【住所】854-0014 長崎県諫早市東小路町10-21-4
【完全予約制】
MHPSマラソン部指定治療院
 
・ラインでもご予約できます。(IDは@pfh6009t)

 

友だち追加
       

 

 

 

シンスプリントでやってほしいセルフケア4つ

 

 

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)です。

 

 

 

故障上がりからスピード練習がこなせるようになった時は、カラダのキレが戻ってきている証拠。

 

そんな時ほど、基本の当たり前のストレッチをして、故障や再発予防をしていきましょう。



 

なぜなら、

 

 

 

故障していた時は走れない分、筋トレ、ストレッチなどのセルフケアに時間をかけていると思います。

 

でも走りが戻ってきた時ほど、だんだんそのセルフケアがおろそかになりがちだからです。

 

 



 

 

先日きてくださった選手。

 

シンスプリントの故障が癒えて、やっとスピードをこなせるまで回復しました。

 

そのあいだ少しずつですが距離を踏んで、練習を積み重ねながらセルフケア・筋力を落とさないように、頑張っていたそうです。

 

 

 

 

とても嬉しいです。

 

練習ができてくると、追い込む練習ができてくると、表情が明るくなりますね。

 



 

 

ここからは、練習に戻れたとはいえ、故障を繰り返さないように、セルフケアを引き続き継続していく事が大事です。

 

戻れたからこそ、同じだけの量のセルフケアをお願いします。

 



 

 

陸上長距離の練習は痛みが多少あっても走ってしまう選手が多いので、ここをきちんと抑えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

今回は陸上の長距離でよく目にする、シンスプリントの症状、下腿内側の痛み。

 

ここが痛い時にしてほしいセルフケアについて書いておきます。

 

 

 

シンスプリントでやってほしいセルフケア4つ

 

 

 

・アイシング

・ふくらはぎのストレッチ

・ふくらはぎの筋トレ

・足裏のマッサージ

 

上記の4つです。

 

 

 

 

 

説明していきますね。

 

 

 

・アイシング

アイシングは痛みがつよい時、練習直後などは積極的にしていきましょう。

 

痛みが出るということは、炎症を起こしている可能性が高いので、それを抑えてあげる、それ以上悪化させないようにする、目的です。

 

 

 

ただ、ここで注意点!

 

これをすることで治療したと勘違いされる方もいますので、あくまで応急処置になります。

 

 

 

氷のうに氷を入れて、患部、痛いところに当ててあげてください。

 

氷のうがなければ、ビニール袋でOK。

 

 

 

 

・ふくらはぎのストレッチ

 

 

 

ふたつのやり方でふくらはぎを伸ばしていきます。

 

腓腹筋とヒラメ筋を伸ばして、柔軟性を出していきましょう。

 

ふくらはぎのストレッチ

 

 

・ふくらはぎの筋トレ

 

 

 

 

いくら緩めても、そもそもの筋力が弱ければ、足の接地のストレスに負けてしまします。

 

その負担に負けない筋力をつけて、足首周りを強化しましょう。

 

 

 

しっかり爪先立ちをして、足裏からふくらはぎの奥を刺激!

 

 

ふくらはぎ、足底の強化法

 

 

 

 

 

・足裏のマッサージ

 

 

 

 

 

 

シンスプリントを抱えている方は、扁平足の方を多く見かけます。

 

つまりアーチが低いということ。

 

足裏のクッションがすくないということは、そのショックがどこかで吸収されているということ。

 

 

 

歩くにしても、走るにしても使われるところだけに、とても重要なポイントです!

 

うまく疲労、硬さを抜いて柔軟性を出していきましょう。

 

詳しくやりかた解説してます

 

 

 

 

これがシンスプリントの時にやってほしいセルフケアになります(他にもあるけど・・・)

 

 

最後に

 

 

ランニング動作は同じ動きの繰り返しになります。

 

その分、同じところにストレスがかかってきますので、そのストレスに対抗するため筋力をつける必要があったり、張りをとって柔軟性を出していく必要があったりします。

 

 

 

上記はその手段の一部ですが、参考にしていただいて少しでも、故障、再発に繋げないようにしていけたら嬉しいです。


 

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)でした。

 

 

マラソン初心者さんのための、6日間でカラダを緩める講座も書いています

 

 

 

■ゆうマッサージ治療院■
【電話番号】0957-46-8585
【営業時間】10:00~21:00(LO20:00)
【定休日】不定休
【住所】854-0014 長崎県諫早市東小路町10-21-4
【完全予約制】
MHPSマラソン部指定治療院
 
・ラインでもご予約できます。(IDは@pfh6009t)

 

友だち追加
       

 

 

 

新型コロナウイルス対策について

 

 

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)です。

 

 

 

【新型コロナウイルス対策について】

 

連日、ニュースがこの話題でたくさんになっていますがいかがお過ごしでしょうか?

 

県内の感染の方はそこまでたくさん出ていないみたいなので、感染が増えないように、増やさないように自分自身、気をつけている次第です。



 

当院も対策をしていましたが、詳細に書いておきます。

 

・朝の出勤前の検温

・マスク着用

・小まめな換気

・小まめなアルコール除菌

・小まめな手洗い
・ベッドタオルの交換

 

 

を徹底しているところです。


 

来ていただいています患者様・来た事がない患者様にも、少しでも安心してケアを受けてもらえますように引き続き、注意してまいります。



 

スポーツイベントがほとんど中止、もしくは延期になっていますが、学生さんに少しでもいい方向に行くように、コロナの収束を強く願います。


 

 

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました

 

長崎県諫早のアスリートがこっそり通うスポーツ整体治療院、院長の田中勇三(たなかゆうぞう)でした。

 

 

マラソン初心者さんのための、6日間でカラダを緩める講座も書いています

 

 

 

■ゆうマッサージ治療院■
【電話番号】0957-46-8585
【営業時間】10:00~21:00(LO20:00)
【定休日】不定休
【住所】854-0014 長崎県諫早市東小路町10-21-4
【完全予約制】
MHPSマラソン部指定治療院
 
・ラインでもご予約できます。(IDは@pfh6009t)

 

友だち追加