原稿用紙

原稿用紙

田中章義オフィシャルブログ

ここのところ、

『散歩が楽しくなる雑草手帳』(東京書籍)を

愛読している。

 

作者は短歌を詠むこともできる

静岡大学大学院教授で農学博士の

稲垣栄洋さんだ。

 

専門は、雑草生態学。

自称「みちくさ」研究家だそうだ。

 

稲垣さんと国内外を旅したら、どんなに楽しいだろう。

 

踏まれて育つシロツメクサ。

愛しきキク科の二ホンタンポポ。

美味な山野草、ノビル。

縄文時代から生えていた、食が可能なシロザ。

ネイティブアメリカンの薬草、アメリカフウロ。

都会にも見られるヒマラヤの野草、ヒメツルソバ。

 

「草紅葉」という言葉もあることを

タデ科の植物を見ながら思う。

 

年々、野草や雑草が好きになっている。

 

逞しく、優しく、時に可憐で、

時に救命士のような働きさえも見せる雑草。

 

これからも個性豊かな雑草たちを

讃え続けていきたい。