生殖医療専門医・内視鏡手術技術認定医 田中雄大のブログ

生殖医療専門医・内視鏡手術技術認定医 田中雄大のブログ

神奈川県藤沢市の不妊治療・産婦人科「メディカルパーク湘南」の院長、田中雄大のブログです。
体外受精や内視鏡手術のことから雑感まで、日々の記録を綴っております。

初めまして。神奈川県藤沢市湘南台にあるメディカルパーク湘南の田中雄大と言います。
メディカルパーク湘南は不妊治療を専門にしている産婦人科病院です。
この度、アメーバブログで情報を発信していくことになりました。
不妊治療の現場の小話、先端の医学データなども紹介していけたらと思っております。

今日発売のEP版のCD💿

10枚買えました。

初回限定のバッジ付きです。



Tシャツは、1人5枚までだそうです。

代表曲の「トワイライト」の最初の歌詞、「鉄塔のガイコツ」Tシャツ。


カレンダーもありますよ!


もし、ご希望される方がおられたら、ご一報ください。

方法は、直接受付で伝えるなり、webの問い合わせフォームを使うなりしてください。


先着順とさせて頂きます事をご了承下さい。


GOING UNDER GROUNDのライブに。


ちゃんとチケット🎫2枚買ったんですが、なんと、バーカウンターで見て下さい!って言われて、一般の人とは違う所で。


サイコーの2時間でした。

これはアンコール終わった後で誰もいなくなったステージ。


それを舞台袖から見ると、こんな感じ。

ドライアイスみたいな煙💨が出てた。


荷物を置かせて頂いたので、また楽屋に。

写真、また載せちゃった


改めて、有難うございました♪


帰り際、並んでグッズ買っちゃった。


妻も満足してくれた様子。

無理矢理連れて来て良かった爆笑爆笑

「私、ライブハウスって、松田聖子のライブに行った事があるから、同じような場所かと思っていたけど、全然違うのね!それにしても、みんなおっさんばっかりじゃん!私、びっくりしちゃった!聖子ちゃんの時とは大違い!」


ムキームキー

芸術家とアイドルと一緒にすんなや!


ソファーに寝転んで、スマホいじっていた所に。

またロックオンされて。

何が美味しいのかね?

コイツの舌はザラザラしてて、痛いんですわ、

今朝の事です。

通勤途中で、中学校の前を通過します。

正門の前を通過した時、ふと見ると、白い大きな看板が立っていました。

そこには、

「○○中学 2024年度体育祭」

と大きく墨で大きく書いてありました。

ああ、そうか、今日は土曜日で、この中学は今日が運動会なんだな。

その正門の前に、先生と思しき、私と同じくらいの年齢の男性が立っていました。

ああ、先生も運動会だから、張り切っているのかな?と思いましたが、妙にキョロキョロしている感じを受けました。

そのまま気にも留めずに、道を急ぐと、正面の側道を小走りでこっちに向かって走って来る男の子の姿が視界に入りました。遠目でしたが、その子は、その中学校のジャージを着て、リュックサックを背負っているのが分かりました。

 

すれ違う時に、その子の全体像が分かりました。

その子は、大変小柄なのですが、相当ふくよかで、体操着越しにお腹が揺れ動いているのが分かりました。

 

それは良いのですが、その子の表情を見て、びっくりしてしまいました。

 

ものすごい苦虫を嚙み潰したような顔をしているのです。そして、ひどく不貞腐れた感じで、いやいや足を運んでいるのが手に取るように分かるのです。

 

ああ、そうか。この子は運動が苦手で、体育祭に行くのが、心から嫌なんだな、とすぐに察しがつきました。

 

時計を見ると、9時ちょっと前。恐らく、集合時間には遅刻しているはずです。

 

さて、ここからは私の妄想。

 

A君は、運動が大の苦手。4月から晴れて中学生になったけど、兎に角、運動会が嫌で嫌で、その日は学校休むつもりだった。それで昨晩、「お腹が痛いから明日は休む」と訴えたけど、でも、お父さんお母さんには見透かされてしまって、逆に怒られてしまう。でも、嫌なものは嫌。それで収拾がつかなくて、お母さんが学校の先生に電話。先生は、「じゃあ、A君、先生が正門の前で待ってて上げるから来るんだよ!」と説得。そうまでされると、A君も、流石にこれ以上駄々をこねる訳にも行かず、仕方なく渋い顔のまま学校へ向かった。 というわけで、私は、A君を待っている先生と、渋々ながらも先生の元に走って行くA君を目撃したのでした。

なんという師弟愛。

「先生!僕、来ました!」

「おーA君!偉い、偉いぞ!良く来たな!」

「僕、先生がいれば、これからは『体育祭行きたくない』なんて言いません!」

「さすがオレの教え子だ!」

そして、2人はがっちり握手をして、皆が待つ校庭へ歩いて行くのでした。

 

脚本家になれるな、オレ。

メディカルパークの婦人科には、診察室は1番か7番までのブースがあります。つまり、最大で7人のお医者さんが同時に診療に入ら事が可能です。流石に常時7番診察室まで埋まる事は少なくて、普段は、大体、4人から5人で外来を回しています。

 

さて、今日の午後の外来。

外来自体はそんなに混んでいなかったのに、何故か、全然患者さんの数が減らない。はけて行かない。「おかしいな」とは思っていたのですが、それほど気にせず、黙々と外来を続けていました。程なくして、急にレントゲン技師さんが私の所にやって来ました。「どうした?」と聞くと、申し訳なさそうに、「今、卵管造影検査をお願いしたいのですが、今、外来探しても誰も先生方がいらっしゃらないので、院長、お願いします。」と。「あ、そうなの?分かった。直ぐ行くよ。」と答えて、呼び入れてしまっていた患者さんの診察だけ済ませてから、直ぐにレントゲン室に向かいました。

 

歩きながら頭の中を巡らせました。

 

なんで、いつの間にか1人になっちゃってんだ?おかしいな。あ、そうか、FとNが手術に入ってんだな。そりゃ仕方ない。でも、Sがいたはずだけど?あ、彼女はこの時間は胚移植か。仕方ない。Kは?あ、今日Kは午前のみの金曜日だ。いや、でも、Nがいたはずだけどな。あ、さっきNは帝王切開やってたな。そっか、彼女は今日産科だ!って事は、やっぱりオレ、本当に1人じゃん!

ガーンガーンガーン

ヤバい!

外来崩壊するぞ!

そこから、お尻に火が付いたように、恐怖に駆られて必死で外来回しました。

 

でも、1時間もしないうちに、手術を終えたN先生とF先生がヘルプに入ってくれて、更にS先生も戻って来てくれて、どんどんこなしてくれたので、結局は、外来は崩壊せずに終わる事が出来ました。

 

今日の事は、色々と思うところがあります。

 

つい数年前までは、時には私1人だけになっても、動じることなく、手術も外来もたった一人で回していたはず。それがいつの間にかスポイルされて、あんな短時間でも、1人になった瞬間にビビっちまって、この体たらく。いつの間にか、皆に甘える事に慣れてしまった。情けない。歳食った。情けない。数年前の自分が今の自分見たら、呆れるんじゃないかな?情けない。

 

もう一度、ギアを巻きなおして初診に却って頑張らなきゃ。

 

って勝手に反省したって話でした。

 

 


 

 

6月16日に、GOING UNDER GROUNDの新曲4曲が入ったEP盤のCD💿が発売されます。

この発売を記念してのライブが明後日開催されます。

私も、偶然チケットが取れたので、仕事を無理矢理休んで行くつもりでおります。そして、ライブ会場で、先行発売されるCDを買うつもりでおりました。


そしたら、今日、郵便物が届きました。

差し出し人の所見たら、「GOING UNDER GROUND Official Goods Store」って書いてある。


開けてみてびっくり。

新作のCD💿が入ってる!

信じられん…

こんなオレの為に、GOING UNDER GROUNDが、わざわざ??

勿体無さすぎて涙が滲む。


これは家宝。

しかも、曲紹介のプリントまで。

しかもしかも、直筆のコメント入れて下さって。

これを家宝と言わず、なんと言います?


私が死んだ時は、棺にこのCDと手紙入れてくれ!

3月が58本、4月が57本、5月が53件、、
何の事か、分かりますでしょうか?
ブログの記事の本数です。


結構意識してしまいます。

50本が自分のノルマにしています。 基本的に、1日2本ペースを保って、数日に1回、1本になるペースを保てば50本になります。

そう考えると6月はちょっとペースが遅い。 

最近、単調な生活を続けているので、あまりイベントらしいイベントがないのです。


アメーバの囚人になって幾星霜。

いつまでこの賦役は続くんだ?

ネットでスポーツのニュース見てたら、こんな記事が。

サッカーの天皇杯予選で、J1チームの町田が、筑波大学に負けるという大番狂せがあったらしい。


現役のプロ、しかもJ1のチームに大学生が勝つって事は凄い事だと思いますが、記事は、筑波大学のラフプレーに、町田の監督が怒り心頭と伝えています。


記事を読むと、確かに筑波大学の方が酷いチームだと思えます。町田の方は4人も負傷退場になって、下手したら選手生命も危ぶまれる可能性だってある。筑波大学、ひでーな!って思います。


ところが、ニュースに対する一般市民からのコメントを見ると、真逆の見え方が見えて来ます。「元々、町田はラフプレーで有名」、「他のチームは町田と試合する時は、怪我させられないように引いてプレーするのが当たり前になってるのに」、「この監督、青森山田高校で指揮取ってる時から、危険なタックルとかで有名だったじゃないか」などなど。


これだけ沢山、同じような意見がコメントされるのだから、多分正しいのだろう。しかし、記事の構成は、真逆の印象を与えるように出来ている。コメント欄があったから、誤解しないで済んだものの、ニュースだけ読んでれば、正と悪が完全にひっくり返って、単純に「筑波大って、ヤバいな」、「町田、可哀想!」っていう図式で思い込んでた筈。


こういう事って、沢山あると思うのです。

報道機関のニュースが信用出来なくなっている。

ニュース本来の記事よりも、それに対するコメントを読まないと、印象操作に引っかかってしまう可能性が非常に高い。


だから、最近、私は習慣的に、見出しだけ読んで、後はコメントに飛ぶようにしています。


それが、誤情報から身を守る自己防衛手段になるので、皆さまもお勧めです。



国立市の新築マンションが、完成間近になって解体する事に決まったとのニュースが。


マンションが出来ると、富士山が見えなくなるので、住民の景観を損ねるという反対運動の結果のようです。


国立市って昔からこの手の反対運動やってる印象です。


市民全員で、余程富士山を大切にしているものと推察されます。


手術中に、この話題が出ました。看護師が、「院長、国立市のマンションのニュース見ました?あれ、意味分からなくないですか?」と話を振られました。「ああ、見たよ。国立市って昔からああいう反対運動やってるよね。まぁ積水ハウスとしては、出来た後も色々訴訟抱えるリスク考えれば、今解体してしまう方がまだダメージ少ないと判断したんだろうよ。」「でも、私写真見たんですけど、あの富士山ですよ?私、てっきり、凄い立派な富士山が見えるのかと思ったら、他にも電柱とか街灯とか沢山立ってて邪魔してて、その向こうに小さな富士山が写ってて。藤沢からの方が、余程立派に見えませんか?」

「あ、そうなの??」


調べて見ました。

うーむ🤔🤔

確かに…

こっちで富士山見慣れてる感覚からすると迫力があるとは言えないかも。


積水ハウスさ〜ん!

湘南台、土地沢山余ってますよ〜!

こっちでマンション作りませんか〜

執拗な反対運動とかしませんから〜