田辺誠一オフィシャルブログ「Hello(ハロー)」

田辺誠一オフィシャルブログ「Hello(ハロー)」

田辺誠一オフィシャルブログ「Hello(ハロー)」

 

 平成31年(2019)4月30日です。平成最後の日、厳かな時間で、なんとなく背筋が伸びます。

 

 31年前、平成へと元号が変わるとき、ちょうど僕は19歳で富士山のふもとのスキー場にいました。リフトに乗っていると、それまで場内にかかっていたポップな音楽が止まり、天皇御崩御のアナウンスがありました。

 いよいよそういう時が来たのかと、感慨にふけりながら目の前の富士山を眺めました。当時の新聞写真にも出ていましたが、富士山の頂上に輪っかの雲が出ていました。不思議な光景で、しばらくそれを見ていました。

 

 仕事を始めたのは18歳の9月、昭和62年(1987)にモデルの仕事を始めました。その後、何か一生の仕事をみつけようと思い役者の仕事を始めたのが平成4年(1992)23歳の時でした。それから無我夢中で突っ走ってきて、他にも映画を監督したり絵を描いたり。役者を始めて27年、モデルから数えると32年。

 

 モデル時代から熱心に応援してくださる方、役者になってから、役や作品を好きになって下さって応援してくださる方、僕が作る創作物を好きになって下さって応援してくださる方。多くの声と思いに支えられ役者として進んできました。永年応援して下さっている方だからこそ見える変化、年代や他の作品との違い、時にはシビアな意見もとても参考になります。一方、新しく知っていただいて見てくださる方だから発見できる部分も。さらに遠路、舞台や書店イベントなどに来ていただいて応援してくださる方々。みなさんに感謝です。

 

 僕としては無我夢中で与えられた役、作品を作ることしかできませんが、それが見てくださる方の色んな部分に反射して、心の中で輝いたり、記憶に残ったり、何かの糧になったりすると嬉しいです。時には精進料理のように、ステーキのように、スナック菓子のように、いろんなタイプの作品を楽しんでいただければ嬉しいです。

 そのためには、これからも慣れずに、楽をせずに、自分の心を澄まし、前に進めるように頑張りたいと思います。

 と、平成最後に真面目な感じになりましたが、

 令和もよろしくお願いします〜。

 

 新しい時代、まずは平和で、健康で、豊かで、思いやりに溢れていて、素晴らしい時代になりますように!