1200年前の戊戌年の漢字も災?!

こんにちは。常見多聞です。


今年の漢字は「災」とのことでしたが、

あなたはどのような年でしたでしょうか?



たしかに今年は災害の多い年というでした。

私のお客様や生徒さんも被害にあわれ

一時期連絡が取れない方もいらっしゃいました。



今年の干支は戊戌年。

60年に一度この干支が巡ってくるわけです。




※この写真は関係ないのですが(笑)

以前セミナー中に生徒さんから


「『戊』と『戌』という文字はとても似ているが

何か関係あるのですか?」


というご質問を受けた時に回答していた時の光景です。



さて、話は戻って


いまからちょうど1200年前の戊戌年(818年)、

飢饉や疫病が相次いだことを受け、

嵯峨天皇が国民の苦しむ様子に心を痛め

写経されたそうです。



60年に一度、

そのお経が公開されているとのことで、

今年逃したらもう二度と見られないだろうと

思い、出張の合間にギリギリ思い切って

行ってきました。



嵯峨天皇は一字書くごとに三度礼拝されるという誠を尽くした書写をされ、

疫病はたちまちに治まり、この般若心経は霊経と崇められ、厳重に秘蔵されいるそうです。



現物を拝観するところで、ずっっとお坊さんが

般若心経を唱えていて、1200年の時を超えて

唱えられている般若心経の力のある場が

出来上がっていました。



ネットのニュースからも、今年は災害が多く、

意義を感じるといった住職さんのコメントも

ありましたが、


1200年前に天皇によって書かれた

般若心経の扉が60年ぶりに開かれたかのような

感じがして、心身が浄化されました。







2019年1月【奇門遁甲セミナー】東京

こんにちは。常見多聞です。

いよいよ2019年1月より

奇門遁甲 日曜コース(東京)

が始まります。




奇門遁甲は風水に匹敵する、あるいはそれ以上に不思議で効果的な占術で、 私が最もカルチャーショックを受けた占術の1つです


奇門遁甲は古来中国の戦時に兵馬の移動に用いられた必勝の術で、かの有名な諸葛孔明も使っていたという伝説があります。

そういった伝説からも吉方位による開運法というイメージがありますが、これは奇門遁甲のほんの一部の姿です。





また戦時に使用されていたこの術が大いに進化し、現代に適用した形で「あたる占術」としても大いなる効果を発揮していることも証明されています。




書籍「全伝 奇門遁甲(上下巻)」黒門著 に




このセミナーでは本場中国・台湾の奇門遁甲をフルに活用する方法・開運術について学びます。



出かける方位に奇門遁甲を活用することで、

「財運(金運)に恵まれた」
「恋愛・結婚によいことがあった」 
「仕事運がよくなった」
「健康が回復した」
「総合的に運がよくなった」

 などと、はっきりと影響がでることが実証されております。


しかし本来の奇門遁甲は、単なる方位術ではなく、ほぼすべてのテーマについて自在に占えることにあります。





奇門遁甲(初級) 日曜コース(全2回)東京

 (黒門アカデミー認定セミナー)



【内 容】

奇門遁甲の基本を学びながら、
奇門遁甲を吉方位に活用する効果的な方法や様々な実例を紹介します


 

【日 程】

2019年 1月27日(日)、2月24日(日)

10時30分〜17時30分

 

【会 場】

飯田橋駅近く

 

【受講料】

入会金:10,800円(全講座通して初回の方のみ)
受講料:58,000円(一括)、29,500円×2回(分割)
再受講:33,000円(一括)、 17,000円×2回(分割)

 


お申込みはこちら

 

詳細ページはこちら


 


セミナー風景のサンプル動画集です(^-^)




▼奇門遁甲で出来ること その他色々





▼吉方位の誤解






奇門遁甲 入門コース(無料動画)はこちら




「滴天髓」に将棋の名人とほぼ同じ命式

テーマ:
こんにちは。常見多聞です。

四柱推命のバイブル本である「滴天髓」に
将棋の羽生氏とほぼ同じ命式が載っています。

(ネットにある生年月日が正確ならばですが)



(正確には滴天髓徴義という注釈付きの本)



(めっちゃ特徴的過ぎる命式です)



四柱推命の命式は51万8400通り。
たまたまとはいえ、すごい確率での一致ですね。

しかもちょうどいまの大運のことについての記述もあります。

以前から生徒さんにはお話していたのですが、
書いてあることが素直に的中しているとは
思えない面があって
ブログには書きにくかったのですが、
(元々マメにブログ書きませんが(笑))


羽生氏の近況と滴天髓に書かれていることを
比較すると、

やはり時代が変わることで、変わることと変わらないことがあって、
抽象的には似たような所をついていながらも、
実際の出来事の起き方は変わるんだなと、

実際の実例に触れることで大変勉強になります。


時流の変化があろうとも、
培ってきたものや自身の個性を活かしていく姿が
とても素晴らしいと感動しました。












12/3〜15 【断易】web動画セミナー

こんにちは。常見多聞です。


毎月3日〜15日の期間に開催しております。

次回は12月3日〜15日です。



期間内ならば何度でも視聴可能です。

また、受講期間は過去に受講済みのセミナー全て何度でも視聴可能です。


例1)
①10月3日〜15日:
初級(前半:第1回〜3回)

②11月3日〜15日:
初級(後半:第4回〜6回)

※②の期間は①の内容も視聴可能



例2)
①10月3日〜15日:
初級(第1回〜6回)

②11月3日〜15日:
中級(第1回〜6回)

※②の期間は①の内容も視聴可能


上級まで進んだ方は、毎月復習用に動画を見ることが出来るサービスも用意しております



 ※次回は12月3日〜15日(23時まで)


断易(五行易)は中国では六爻占などと呼ばれる約2,000年前に発祥した易です。
一言で言うと「よく当たります」
十干・十二支、五行、六親、六神など、多彩な観点から占い、
仕事運、金運、男女運、病気、試験、風水、その他さまざまなテーマについて占うことができ、
改善法も同時にみていくことができます。








◆視聴環境:
ネット動画が見られる環境
スマートホン、パソコンなど


あなたのご参加お待ちいたしております。



12/3〜15 【周易】web動画セミナー

こんにちは。常見多聞です。


毎月3日〜15日の期間に開催しております。

 ※次回は12月3日〜15日(23時まで)です




期間内ならば何度でも視聴可能です。

また、受講期間は過去に受講済みのセミナー全て何度でも視聴可能です。


例1)
①10月3日〜15日:
初級(前半:第1回〜3回)

②11月3日〜15日:
初級(後半:第4回〜6回)

※②の期間は①の内容も視聴可能



例2)
①10月3日〜15日:
初級(第1回〜6回)

②11月3日〜15日:
中級(第1回〜6回)

※②の期間は①の内容も視聴可能


上級まで進んだ方は、毎月復習用に動画を見ることが出来るサービスも用意しております




※次回は12月3日〜15日(23時まで)



現在に伝わっている易の中で、最も古い時代から伝わっているのが、
約3000年前に発祥とされる「周易」です。
この講座では、周易の基本から実際に占う数々の「テクニック」をお伝えします。
全くの初心者や趣味で易を学びたい方にも最適なコースです。







◆視聴環境:
ネット動画が見られる環境
スマートホン、パソコンなど


あなたのご参加お待ちいたしております。