最近なんとなく、国民主権、と言う言葉がやってきます…そこで、ごくごく個人的な所感を述べてみます^_^

最近特に思う事は、日本人は国民主権と言うことを、自分から放棄している(その方向にますます向かっている)のではないかと…
その選択を大多数の国民が主権として選んでいると言う、不思議な状況💦?

科学的にも確たる根拠のない
権力側からの社会的要請に盲目的に従い、
子どもたちにもそれを要求する事は、
国民主権を自分から放棄する人間を育てようとしているだけである、

そのことの虚しさに向き合い、


新しい時代の流れを創っていったほうが楽しいよね❣️😊


そう思う人たちが増えることを、
願ってやみません。




以下、リンクより〜(簡略化するために所々中抜きしてあります)

「なぜ、日本国憲法は、国民主権を採用したのだろうか。
国民に主権があるとすることによって、権力を行使する者は、
国民のことを意識し、国民のために権力行使をする必要になった。
権力者が好き勝手に国民の権利自由を侵害することができにくくなった。
逆に、特定の誰かに主権、国をおさめる統治権があるとすると、
国民は、おさめられる「客体」として、国政に参加する理屈がつけにくい。
また王様の好き勝手に、権力行使がなされ、国民の自由も奪われやすくなる。
 国民主権によって、権力の濫用が防止され、国民の自由が保障されやすくなるのだ。
すなわち、国民主権の目的は、国民の基本的人権の保障、個人の尊重のためにある。
 憲法が保障している「表現の自由、集会結社、言論の自由」はとても重要だ。」

http://www.ayame-law.jp/15631582431499



政治的なPRのために、国民のための政治、とかよく言われますが、
でもこのときの「国民」とは、
ほとんど、実質的には、
ごく1部の特権的な特定の人たちの事しか、
差していないんですよね(^_^;)




さて、

本格的な冷え込みが来る前に、
最後のバラの花が
咲き始めました^_^