ここは、たまるんち

ここは、たまるんち

劇団天然工房のタマルだいすけです。@tmrdisk1

     晴れ劇団房 情報晴れ
毎月ワークショップやってます → ここをクリック  
----------------------------------------------------

映画「ルーティン」→予告編

リモート映画「タッチ」(18分)→ここをクリック
映画「こんがり」→予告編
映画「Are you happy? 」(8分)→ここをクリック

映画「まばたきは水の中」→
予告編

映画「笑ってられるか」→予告編

ショートムービー「雅美-masami-」(2分程度、サイレントです)ここをクリック  

映画「くゆるひ」→予告篇  /DOKUSO映画館にて配信中→ここをクリック

 ACジャパンCM「ウミガメ家の食卓」→ここをクリック  

CM「松井証券 投資信託」(居酒屋編)→ここをクリック

CM「ほの湯」(じゃぽーん編)→ここをクリック  

PV 「池井戸 潤 最新作BOOK 『陸王』 」→ここをクリック  

CM「DMM.make ROBOTS」 →ここをクリック  
CM「office24(オフィス24)」→〔D編〕  
映画「グッバイフォーエバー」(15分)ここをクリック  
映画「マーチンゲール」(50分)ここをクリック

映画「ハンガーゼット」予告編→ここをクリック

----------------------------------------------------------

≪受賞歴≫

第一回渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保

「くゆるひ」にて最優秀助演男優賞 

TOKYO 48 Hour Film Project 2019(48時間映画祭):

「Are you happy? 」にて最優秀助演男優賞 

IndieFEST Film Awards2020 Award of Recognition

「Can't Judge」にて主演男優賞

Depth Of Field International Film Festival Competition summer 2020

「Can't Judge」にて主演男優 Award of Merit賞

トップガン マーヴェリック

 

 

 

 

映画

『トップガン マーヴェリック』(ジョセフ・コシンスキー監督)を見て来た。

 

 

 

トップガン マーヴェリック ⇒ とにかく最高の映画だった。まさに映画館で見るべき映画。IMAXで見るのがもっといい。初期のトップガンを見て復習してから見に行った方がいい。40年経たマーヴェリックというかトムの姿。こういう所も感慨深い。内容はもちろん、トムクルーズの演技も素晴らしかった。リピーターも増えてロングランになるだろう。

トップガンはトム・クルーズをトップスターにした映画でそういう思いも伝わってくる。スタローンの場合はロッキーだが、クリードを見たときにスタローンのロッキーの思いが伝わってくる。そういう意味ではパート2のタイトルは マーヴェリックということになるかな。

ちなみにトムはトップガンの権利を買って下手な続編が作られないよう長年企画をあたためていたみたい。映画会社が権利持っていると雑な続編作られてめちゃくちゃにされる可能性もあるから。

そして、コロナ渦前に上映される予定だったわけだが、コロナのせいで3年も引っ張ってやっと上映。それもトムが絶対映画館で見てほしかったというのもあるし。それはトムがトップガンの権利を持っていたからこれだけ上映時期を引っ張れたのだろう。そういう意味ではすぐに配信されないような気がする。

 

 

 

 

あっぱれ

シン・ウルトラマン

 

 

 

映画

『シン・ウルトラマン』(樋口真嗣監督)を見て来た。

 

 

 

シン・ウルトラマン ⇒ だいぶエヴァっぽかった。まぁつまらなくはないが、めちゃくちゃ面白いとはならなかった。親と小学生見に来てたけど、小学生は満足してなかったろう、退屈だったろう。テレビのウルトラマンと思っていくと子供は楽しめないかな。

 

 

 

 

 

あっぱれ

流浪の月

 

 

 

 

映画

『流浪の月』(李相日監督)を見て来た。

 

 

 

流浪の月 ⇒ 上映時間が150分。自分としては長く感じなかった。俳優陣はずっと頑張ってる芝居をしてるので、まぁ見られた。ただ、後ろの席の3人組の若い男性たちは、終わった瞬間に「くそなげー」「長すぎ」「よくわからんかった」と話していた。早く終われよと思っていたんでしょう。見る人によってはそういう映画。

 

 

 

 

あっぱれ

死刑にいたる病

 

 

 

映画

『死刑にいたる病』(白石和彌監督)を見て来た。

 

 

 

 

死刑にいたる病 ⇒ 期待値というかハードルを下げて見に行った方がいいだろう。まさや(岡田健史)が弁護士(赤ペン瀧川)と向き合って、追い込むシーンが良かった。

 

 

 

 

 

あっぱれ

KIMG0007.JPG

由宇子の天秤

悪なき殺人

 

 

映画

『由宇子の天秤』(春本雄二郎監督)と

 

『悪なき殺人』(ドミニク・モル監督)を見て来た。

 

 

 

由宇子の天秤 ⇒ 次から次へと問題起きる、違和感なく。いい脚本。不幸になっていくってこういうことかな。解決しようにもできない。信念だけではどうにもならない。寄りのカットは自分的にはもっとカットを割らないで一連で見たかったというのはある。

 

悪なき殺人 ⇒ 偶然がずっと続いていく。ただその偶然が皆、繋がっていて、見えないところで影響しあっている。いい脚本。面白かった。ラストもいい。

 

 

 

あっぱれ

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス

 

 

 

 

映画

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(サム・ライミ監督)を見て来た。

 

 

 

ドクター・ストレンジ ⇒ ホラーを撮るサムライミならではの作品。MCU映画は、もうディスニープラスでドラマ見てます前提でないと見られませんね。今までのテイストとは違う、こういうのもアリなのかなと。まぁ面白かったが、合わない人も多そう。

 

 

 

 

あっぱれ

オールド・ボーイ 4K

 

 

 

 

映画

『オールド・ボーイ 4K』(パク・チャヌク監督)を見て来た。

 

 

 

 

オールドボーイ ⇒ R18+。昔、見たけど、今見ても面白かった。やっぱすげえ。

 

 

 

 

 

あっぱれ

カモン カモン

 

 

 

映画

『カモン カモン』(マイク・ミルズ監督)を見て来た。

 

 

 

 

カモン カモン ⇒ とてもいい映画。良かった。なんか泣けた。見る人によって涙が出てくるポイントが違うと思う。この映画はヴィム・ヴェンダース監督の都会のアリスに影響されたという映画。都会のアリスを鑑賞したところ、こちらの映画も良かった。

 

 

 

 

 

あっぱれ

<出演情報>

 

 

 

映画『HANNORA』(明石和之監督)

 

 

劇場公開決定

 

 

「新感覚の青春ロック映画の誕生」

 

 

----池袋シネマ・ロサ-----

 

 

2022年

7/2(土)~~7/8(金)

 

 

当日券:1500円(税込) 前売り券:1300円(税込)

 

 

1週間限定イブニングショー上映

 

 

公式HP→コチラ

 

 

 

 

 

 

あっぱれ

<出演情報>

 

 

 

短編映画

『ぽくぽく』(塩出太志監督)

 

 

 

 

「SSFF&ASIA 2022」

 

 

アジアインターナショナル&ジャパン プログラム 2

 

 

ジャパン部門にノミネート

 

 

表参道ヒルズ Space O

 

 

2022.06.10 [Fri]

 15:40 – 17:30 入場無料

 

 

詳細はこちら⇒ココ

 

 

オンライン配信もあるので是非!!

 

 

 

あっぱれ