今日は子どもの職業体験施設に来ています。
いやー、大人の世界の縮図だなっと(笑)

ーーーーーーーーーーーー

3歳の次男!作ること、自分でやること
が楽しいーー爆笑
イヤなことは「NO」と言える3才。
周りの人を助けることに繋がってますよね(笑)
意思を伝えてくれるのは有難いこと。

ーーーーーーーーーーーー

7歳の長女!やりたいことが受付終了していて
やれないことが判明。
何していいかわからないのショボーン

そうか!時間の使い方や決断力がこの子には
必要だったんだなー。
迷っていているばかりでは
体験するタイミングを逃していく、
本当は何をしたいのか
言葉に出さないと
助けてもらえない

そんな体験をしてるんだなー目

ーーーーーーーーーーーー

10歳の長男!つまらんえー
↑↑↑
とりあえず、職業案内所へ
やりたい事ないし・・・・
建設現場いっとくか!!

やっぱりつまらん。
きのーの方が楽しかったしえー
(ちなみに昨日はアスレチックに
友達と行きました)


はいっ!
ニート決定(笑)

免許ないと車系行けないのか・・・・
免許とっとくか!!

私的には、かなり面白い。
大人と考える順番というか
思考回路が似ている気がする(笑)

ーーーーーーーーーーーー

なんだかんだで
我が家は集合場所だけ決めて
バラバラで施設内を
楽しんでいます(^ー^)



さて、私の気付きというと

・条件がある中でも「楽しみ」を
見つけ出すことが出来ないと
ほんと、つまらない。
それは体験する、
ここでは働くことだけではなく
稼いだ対価を使いたい先が
なければ更につまらない。
与えられた環境の中で楽しみを
見つける力(両向)が
必要になる場合もある。

・つまらないを連呼するだけでは
何も変えられない。
思いきって、今の環境から飛び出して
環境を自ら変えることって大事だなー。

・職業にとらわれず
どう生きたいかがやっぱり重要だ!

でした(^ー^)