2018/10/27 22:01
観音様より

 

あなたは、受験に失敗することを、とても恐れているようです

成績が上がらず、親を失望させることを恐れているのかもしれません。

しかし、そのことを親に相談できずにいます。

 

また、体調不良にも悩まされているようです。

「腹痛で死んでしまうのはないか」といった恐れを持っていることを、誰かに相談しましょう。

心配を手放して、楽になることを自分に許してください。

 

あなたは、大量の時間を、勉強のために使おうとしています。

しかし、苦手な勉強をするより、本当は、別にしたいことがあるのかもしれません。

勉強に身が入らない自分を罰する必要はないのです。

 

腹痛は、自分への罰として起こっている可能性があります。

「私は怠け者だ」と侮辱するのはやめた方がいいかもしれません。

自分への怒りを手放し、心を休めましょう。

 

勉強が嫌いだからといって、周りから見放されることはないのです。

受験を恐れている自分、そして勉強したくない自分を認め、許しましょう。

いい成績が取れない自分に対する怒りは、運動などで発散させる時です。

 

悩みを家族に打ち明けることを自分に許してください。

「病気になって死んでしまう」と恐れ、夜も眠れないことを告げていいのです。

「悩んでいることを知れば、親は悲しむだろうと」と思う必要はありません。

 

心配しないことで、腹痛は収まってくるかもしれません。

あなたの親も心配症で、ネガティブなことを言う癖があるようです。

あなたは子供の頃から、親の心配事を聞かされてきたため、ネガティブに考える癖を持っています。

 

心配事を口にしてください。

親が話を聞いてくれるだけで、精神的に救われます。

誰かに気持ちを理解してもらえれば、気持ちが楽になるでしょう。

 

不安に思っていることは現実化しやすいのです。

「病気になるのではないか」と心配しすぎていると、それが現実になってしまいます。

朝、起きた時、悪いことではなく、起きてほしいことを考えるようにするといいでしょう。