レコーディング!

テーマ:
明日は、いよいよ東京でレコーディングです~!

レコーディングは「望」以来だから、もう一年以上前なんですね!


今年できたカバーのカバーの魂のオケに、ようやくtaishoの魂の歌が吹き込まれます。

吹き込まれたらそれを完成品にミックスとマスタリング。

今度も過去の自分を超えれるようにがんばるぞー!


で、レコーディングとなると、いつも何か忘れてるんじゃないかとソワソワします。

大事なものが抜けてたらレコーディングが成立しなくなるし、外で買うって言ってもすぐに手に入らないものもあるので。

そんな時は、電源を入れて、録音して、モニターするまでの流れを頭に思い浮かべて、全部の接続が出来るかをイメージします。


で、まとめたのが、こちら!


ちょっと解説をすると、
下のシルバーがヘッドフォンアンプ。
黒がインターフェース(パソコンとの音の入出力の機械)。
黒いヘッドフォンがtaisho用の密閉型ヘッドフォンです。


こちらはパソコン。
エンジニア、オブザーバー用のヘッドフォン。
そしてパソコン電源とマウス。


下の黒いのがインターフェースから外部につなぐラインケーブル。
青がパソコンとインターフェースをつなぐUSBケーブル。
上の黒がインターフェースとマイクを繋ぐバランスケーブル。
ピンクがパソコンの電源ケーブル。
斜めになってるのが、マイクの前につけて「吹かれ」を抑えるポップブロッカーです。


そしてこちらがマイクと、マウントホルダー。
ちなみにスタンドはスタジオのものを使います。


そして、最後がウクレレ!って、これいるか?(笑)
いや、休憩の遊びと音程確認用として、、、


さて、モレはないでしょうか?!(笑)

いや、ない、、、ないはず、、、
絶対ない!

といえるまで、脳内でループします(笑)


さぁ、あとは明日気をつけて行くだけ!

明日はローリング竹村も来るしね♪

レコーディングが終わったら初のオイラールーム、そして打ち上げです~(笑)

真剣に楽しんで来ます!

chuma@WDRS

大人な対応

テーマ:
自分がこうやって、同級生や、WDRSのことで出掛けられるのは、家内の支えがあってのことです。

昨日は少しでも休んでもらおうと、息子の直樹を連れて二人で京都水族館に行きました。

うちの子はイルカが大好きで、毎晩YouTubeでイルカショーの動画をかけてます。

自閉症の子はイルカが好きというけれど、何でなんでしょうね?
優しい気持ちを持った生き物だというのが分かるからなのかな、、、


京都水族館はもう何度目かなので、普通の水槽は、さぁ~と流し見で(笑)

お盆でとても混んでいたので、イルカショーの開演50分前に会場を覗いたらもう八割方席が埋まっていたので、座って待つことにしました。

こんな長時間座っていられるなんて、昔では考えられなかったことなので、それだけでも成長したなぁと思います。

と、ここまでは良かったんだけど、


開演10分くらい前で、もう階段や通路まで満杯になった頃、直樹が手を上げて奇声を発しました。(それ自体は慣れっこのことです)

直樹のすぐ横は通路の階段で、そこに母親らしき人と、その前(直樹の斜め前)に小さな娘さんが座ってたんだけど、お母さんが奇声に驚いちゃって。

そんな子だったの?みたいな顔でこちらを見て、何をするのかと思ったら、前にいる娘に「こっちに来なさい(逃げなさいの意味)」と言い出しました。

娘はもう場所が気に入ってるみたいで「やだ!」ってずっと抵抗してたんどけど、そのうち、母親が激怒して「いいから!こっちに来なさい!」と。

それでどこに座るのかと思ったら、娘さんは直樹の斜め後ろの階段、母親はその後ろに座ってました。

あの~、すごい気を遣うんですけど(笑)

しかも守るんなら、あなたが前じゃないの?と(笑)


ショーが始まってからも直樹がそっちを向かないように、と必死で看てました。

自分は慣れてるから息子が危害を加えることがないのは分かっているし、ずっと看ているからそんなことはさせません。

でも、知らない人からしたら恐いのはよ~く分かります。

ただ、普通の気遣いが出来る人だったら、娘にそっと声をかけて、別の場所に行くんだろうけどね。

周りには若いカップルとかもいたけど、直樹のことは全く気にするそぶりもなく、普通に楽しそうにしてくれていました。

人間、年齢ではないですね。


まぁ、こんなことは日常茶飯事なので、今さらどうこうではないのですが、
自分がいない間もこういう些細なことで家内は大変なんやな~と改めて知る良い機会になりました。


そんなこともあったけど、とても楽しい思い出になりました。

また直樹と二人でどこかに行こうと思います♪

chuma@WDRS
昨日は、去年の年末以来の、高一のクラス同窓会でした。

ちょうどお盆休みで前回来れなかった東京の子も帰省するというので、それなら是非!ということで決定。


お調子者の私は、幹事をかって出て最後までイキイキと、忙しくも充実した日々を過ごさせてもらいました。


もともとはディスコに行こうぜバブリーナイトと銘打って、昼はボーリング、夜はハワイアンのテラスディナー、〆はディスコ、というバブリー企画にしてたんどけど(笑)

なんと、行こうと思っていたディスコが7末で閉店!

それを上回る企画をしなければ、、、
ということで、レンタルキッチンを借りきってのホームパーティーに変更しました。


メニューはチーズフォンデュと、ポトフ。
〆にポトフの残り汁を使ったリゾット、と大人なメニュー(笑)

僕は途中からchu's barのバーテンとして、お気に入りのアラウンド・ザ・ワールドというカクテルを中心に、飲み物を作らせて頂きました。



BGMは80'S特集。
ガンガンにかけて気持ちは高校生にタイムスリップでしたよ♪

音楽の力って素晴らしいですね。


後半はフラをやっている同級生のバックで、ウクレレとハワイ語による今井美樹のPRIDEを弾き語りさせてもらいました。

ハワイ語なんて歌ったことないから、聴いたままをカタカナに書いて、その紙を持参してウクレレと共に必死のパッチで演奏しました(笑)

トチリまくりで踊りにくかったと思うけど、満面の笑みで踊ってくれて、ありがとう♪


そして、そのまま僕が流しの兄ちゃん(おっさん?笑)になってカラオケ大会。


六時間部屋を予約してて、もしもて余したらどうしようかと少しだけ心配してたんだけど、全くそんな心配無用で(笑)

十時間は必要かというくらい大盛況にて会は無事終わりました。


それにしても、19人分の買い出しと、料理。
そして、どんどん出てくる洗い物にずっと同じ女子たちが対応してくれてて、頭が上がりません!

みんな普段主婦でそういうことばかりやってるから、こういう会くらいはゆっくりしたかっただろうな、と大いに反省しました。

今度機会があればデリバリー対応にしようと思います。

それでも、手際のよい料理と、キッチン捌きに、先生は感動した!!(笑)
ほんとありがとう!


最後に、カラオケ大会の皮切りに僕と作詞者の「のがみん」で歌った「one for all , all for one」の動画をアップします。

もともと年末にこのクラスの同窓会があって、その気持ちを二人で作った曲だったからね。

それを皆の前で初披露できて、本当にしあわせな時間でした。


次は10月の高校大同窓会!

それまではWDRSイベントも目白押しで、楽しみはまだまだ尽きません♪


一度限りの人生だからね。

すべての時間を大切に♪

chuma@WDRS