Talking Rock!のブログ

音楽雑誌「Talking Rock!」 毎奇数月9日発売 
大阪南森町/東京代官山 http://talkingrock.jp


テーマ:
KANA-BOONが表紙の最新号=Talking Rock!6月号の編集後記にも記載していますが
夏前の新作発売ラッシュに合わせて6月に「夏の臨時号」を2号発行します!

その「Vol.1」は6月6日にニューアルバムをリリースする
MAN WITH A MISSIONを大特集!
その新作発売に合わせて発行します!

他にもストレイテナーやceroのインタビュー、クリープハイプの武道館リポに、
フレデリックの神戸ワールド記念ホールの密着などを掲載!

6月5日発売 【Talking Rock! 6月号増刊】
夏の臨時号 Vol.1『MAN WITH A MISSION特集』


 ●MAN WITH A MISSION(表紙巻頭)
 ●ストレイテナー
 ●クリープハイプ
 ●フレデリック
 ●SUPER BEAVER
 ●Suchmos
 ●cero    and more

 発売日=2018年6月5日(火)
 定価=799円(税込 本体740円) 
 雑誌コード=16662-06


そして「Vol.2」は6月12日に発売! こちらの詳細は追ってお伝えします!

6月12日発売 【Talking Rock! 7月号増刊】 
夏の臨時号 Vol.2『タイトル未定』

 発売日=2018年6月12日(火)
 定価=799円(税込 本体740円) 
 雑誌コード=16662-07


ただいま鋭意制作中! お楽しみに!

いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
5/11発売! Talking Rock!6月号の表紙巻頭は祝・デビュー5周年のKANA-BOON!

『KANA-BOONのGO!GO!5周年!』を大展開中の彼らを大特集しました!

その表紙写真はこちら!


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 





今回も全国のタワーレコード店頭orタワーオンラインの購入で
表紙デザインポストカードの特典が! 下記からどうぞ^^/
【タワレコオンライン】


その他の掲載アーティストと内容詳細はこちら!

【Talking Rock!6月号】
●KANA-BOON(表紙巻頭)
●My Hair Is Bad
●キュウソネコカミ
●THE BAWDIES
●sumika
●ポルカドットスティングレイ
●CHAI
●Saucy Dog
●ニューロック計画リポート
 ●YAJICO GIRL
 ●Slimcat
 ●Tempalay
 ●MONO NO AWARE
 ●King Gnu
 ●Saucy Dog
 ●神はサイコロを振らない
 ●FINLANDS
 ●THE LITTLE BLACK
 ●ハンブレッダーズ
 ●Halo at 四畳半
 

●KANA-BOON
 表紙巻頭は14年8月号以来、約4年ぶりとなるKANA-BOONです! 今年9月でメジャーデビュー5周年を迎え、現在“KANA-BOONのGO!GO!5周年!”と銘打ち、1年に渡って5作品と5つのイベント開催を発表し、展開中の彼らを大特集! もちろんメンバー全員で、まずは3月の三国ヶ丘FUZZでの5日間連続凱旋ライブについてたっぷりと。そしてポップでキャッチーでセンチで純白な“KANA-BOONらしさ”が全開のミニアルバム『アスター』についてじっくりと話を聞きました!

●キュウソネコカミ
 キュウソが4月14日に地元・兵庫にある神戸ワールド記念ホールで初ワンマンを実施! 2時間半を超えて30曲を演奏し、その1曲ごとに演出が次々と飛び出し、実に彼ららしいユーモアとホスピタリティをフルで発揮! 同時に、彼ららしい強靭なグルーヴやエモーショナルな演奏もしっかり堪能できて、全方位から観客の心を揺さぶる素晴らしいステージを披露! その翌々日に大阪でメンバーをキャッチし、同公演をがっつりと振り返りつつ、最新シングル「越えていけ/The band」について話を聞きました! 神戸ワールド記念ホールのライブ写真とともにお届けします!

●My Hair is Bad
 昨年11月のアルバム『mothers』を引っ提げ、初の日本武道館公演2days(3月30日・31日)を含む全11本で敢行した全国ツアー『ギャラクシーホームランツアー』を各地大盛況に終えたMy Hair is Bad。そのツアーの中からボーカル&ギターの椎木知仁(vo&g)が26歳の誕生日を迎えた翌々日の3月21日の大阪・オリックス劇場に密着! メンバーの楽屋インタビュー&レアショットも交えながらそのステージの模様と、日本武道館の初日+後日行ったショートインタビューをあわせてお届けします!

●THE BAWDIES
 前号(18年5月号増刊)からの連続掲載! バンド結成15周年目&デビュー10周年目のメモリアルイヤーを迎えて、4月にベストアルバム『THIS IS THE BEST』をリリースしたTHE BAWDIESのヒストリーインタビューの後編=初の武道館公演(11年11月27日)以降から最新曲の「FEELIN’ FREE」までを網羅! ロックンロールをひたむきに愛する強い気持ちが伝わる内容であると同時に、今やライブでは欠かせない“寸劇”の誕生秘話や、MARCYのユニークな締めの言葉など、読んで笑顔になるシーンも盛りだくさん! 前号&今号を、ぜひあわせて読んで、彼らの魅力をあらためて深く感じてください!

●sumika
 こちらも前号に続いて2号連続掲載となるsumikaのインタビュー! 前回はフロントマンの片岡健太(vo&g)の単独でしたが、今回はメンバー全員で、まずは前号で片岡が話してくれた1stフルアルバム『Familia』(17年7月)に伴うツアーで生まれたいくつかのドラマについて3人に投げかけ、その時の心情を確認しつつ、4月25日に発売した「Fiction e.p」については収録の全4曲を一つ一つ丁寧に掘り下げて深く話を聞きました!

●ポルカドットスティグレイ
 5月9日に2ndミニアルバム『一大事』をリリースしたポルカドットスティングレイの雫(vo&&G)のインタビュー! それまでの活動の集大成かつバンドの名刺代わり的な一枚となったメジャーデビューアルバム『全知全能』(17年11月)から、わずか半年という短いスパンで届けられた今作は、その『全知全能』では見せなかった表情をバラエティ豊かに展開! まずは『全知全能』に伴う全国ツアーの感想を尋ねつつ、その新作『一大事』に収録の6曲について全曲解説スタイルで話を聞きました。

●CHAI
 ニューウェイヴを基調とした自由奔放なロックサウンドや、キュートさと独創性に溢れるアートセンスを武器にしつつ、“コンプレックスはアートなり!”の合言葉とともに日本のロックシーンへ新風をもたらしたCHAIが本誌初登場! 5月9日に発売した最新作「わがまマニア」についてはもちろん、バンド結成のいきさつや音楽ルーツを辿りつつ、彼女たちの“人となり”についても迫りました。

●Saucy Dog
 『ニューロック計画!2018』にも出演してくれたSaucy Dogの初インタビュー。叙情性に満ちた詞の世界とメンバーから醸し出される純真無垢なエネルギーに満ちた彼らの楽曲は、聴く人の心と耳を一瞬にして奪う強い“うた”が魅力! 3人それぞれが音楽とどのように向き合い、どういう経緯でバンドを結成したのか。最新ミニアルバム『サラダデイズ』(5月23日)についてはもちろん、曲作りにおける拘りも含め、そのバンドを形作る根幹に迫りました。

●『ニューロック計画!2018』完全リポート
 YAJICO GIRL/Slimcat/Tempalay/MONO NO AWARE/King Gnu/
 Saucy Dog/神はサイコロを振らない/FINLANDS/THE LITTLE BLACK
 ハンブレッダーズ/Halo at 四畳半

 今年ぜひ注目してほしいニューアーティスト11組を招き、通算5回目となる今回も、大阪はumeda TRADにて2日間に渡り開催したTalking Rock! presents『ニューロック計画!2018』。11組のそれぞれが独自の音楽をしっかりと披露し、そして来てくれたお客さんもそれをしっかりとキャッチしてくれて、音楽で深く繋がり、とても濃密な内容の2日間になりました! その模様をたっぷりの写真&テキストでお届け! じっくりと読んで2日間の興奮と彼らの魅力を感じてください! 

発売日=2018年5月11日(金)
定価=799円(税込 本体740円) 
雑誌コード=16661-06


よろしくお願いいたします!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
次号=Talking Rock!6月号の表紙巻頭は祝・デビュー5周年のKANA-BOON!

『KANA-BOONのGO!GO!5周年!』を大展開中の彼らを大特集しました!
(発売日が5/9から5/11に変更となりました)

その表紙写真はこちら!


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 





今回も全国のタワーレコード店頭orタワーオンラインの購入で
表紙デザインポストカードの特典が! 下記からどうぞ^^/
【タワレコオンライン】


インタビューはもちろんメンバー4人で、
最初に3月の三国ヶ丘FUZZでの5日連続ライブを詳細に振り返り、
5月30日発売のニューミニアルバム『アスター』についてじっくりと。
さらにアジカン、オレンジレンジ、フジファブリックを迎えて
東名阪のZeppで行われる対バンツアーと、
9月に開催する4年ぶりの「ただいまつり!」に向けた意気込みなどなど、
たっぷりと話を聞いています!


その他の掲載アーティストと内容詳細はこちら!

【Talking Rock!6月号】
●KANA-BOON(表紙巻頭)
●My Hair Is Bad
●キュウソネコカミ
●THE BAWDIES
●sumika
●ポルカドットスティングレイ
●CHAI
●Saucy Dog
●ニューロック計画リポート
 ●YAJICO GIRL
 ●Slimcat
 ●Tempalay
 ●MONO NO AWARE
 ●King Gnu
 ●Saucy Dog
 ●神はサイコロを振らない
 ●FINLANDS
 ●THE LITTLE BLACK
 ●ハンブレッダーズ
 ●Halo at 四畳半
 

●KANA-BOON
 表紙巻頭は14年8月号以来、約4年ぶりとなるKANA-BOONです! 今年9月でメジャーデビュー5周年を迎え、現在“KANA-BOONのGO!GO!5周年!”と銘打ち、1年に渡って5作品と5つのイベント開催を発表し、展開中の彼らを大特集! もちろんメンバー全員で、まずは3月の三国ヶ丘FUZZでの5日間連続凱旋ライブについてたっぷりと。そしてポップでキャッチーでセンチで純白な“KANA-BOONらしさ”が全開のミニアルバム『アスター』についてじっくりと話を聞きました!

●キュウソネコカミ
 キュウソが4月14日に地元・兵庫にある神戸ワールド記念ホールで初ワンマンを実施! 2時間半を超えて30曲を演奏し、その1曲ごとに演出が次々と飛び出し、実に彼ららしいユーモアとホスピタリティをフルで発揮! 同時に、彼ららしい強靭なグルーヴやエモーショナルな演奏もしっかり堪能できて、全方位から観客の心を揺さぶる素晴らしいステージを披露! その翌々日に大阪でメンバーをキャッチし、同公演をがっつりと振り返りつつ、最新シングル「越えていけ/The band」について話を聞きました! 神戸ワールド記念ホールのライブ写真とともにお届けします!

●My Hair is Bad
 昨年11月のアルバム『mothers』を引っ提げ、初の日本武道館公演2days(3月30日・31日)を含む全11本で敢行した全国ツアー『ギャラクシーホームランツアー』を各地大盛況に終えたMy Hair is Bad。そのツアーの中からボーカル&ギターの椎木知仁(vo&g)が26歳の誕生日を迎えた翌々日の3月21日の大阪・オリックス劇場に密着! メンバーの楽屋インタビュー&レアショットも交えながらそのステージの模様と、日本武道館の初日+後日行ったショートインタビューをあわせてお届けします!

●THE BAWDIES
 前号(18年5月号増刊)からの連続掲載! バンド結成15周年目&デビュー10周年目のメモリアルイヤーを迎えて、4月にベストアルバム『THIS IS THE BEST』をリリースしたTHE BAWDIESのヒストリーインタビューの後編=初の武道館公演(11年11月27日)以降から最新曲の「FEELIN’ FREE」までを網羅! ロックンロールをひたむきに愛する強い気持ちが伝わる内容であると同時に、今やライブでは欠かせない“寸劇”の誕生秘話や、MARCYのユニークな締めの言葉など、読んで笑顔になるシーンも盛りだくさん! 前号&今号を、ぜひあわせて読んで、彼らの魅力をあらためて深く感じてください!

●sumika
 こちらも前号に続いて2号連続掲載となるsumikaのインタビュー! 前回はフロントマンの片岡健太(vo&g)の単独でしたが、今回はメンバー全員で、まずは前号で片岡が話してくれた1stフルアルバム『Familia』(17年7月)に伴うツアーで生まれたいくつかのドラマについて3人に投げかけ、その時の心情を確認しつつ、4月25日に発売した「Fiction e.p」については収録の全4曲を一つ一つ丁寧に掘り下げて深く話を聞きました!

●ポルカドットスティグレイ
 5月9日に2ndミニアルバム『一大事』をリリースしたポルカドットスティングレイの雫(vo&&G)のインタビュー! それまでの活動の集大成かつバンドの名刺代わり的な一枚となったメジャーデビューアルバム『全知全能』(17年11月)から、わずか半年という短いスパンで届けられた今作は、その『全知全能』では見せなかった表情をバラエティ豊かに展開! まずは『全知全能』に伴う全国ツアーの感想を尋ねつつ、その新作『一大事』に収録の6曲について全曲解説スタイルで話を聞きました。

●CHAI
 ニューウェイヴを基調とした自由奔放なロックサウンドや、キュートさと独創性に溢れるアートセンスを武器にしつつ、“コンプレックスはアートなり!”の合言葉とともに日本のロックシーンへ新風をもたらしたCHAIが本誌初登場! 5月9日に発売した最新作「わがまマニア」についてはもちろん、バンド結成のいきさつや音楽ルーツを辿りつつ、彼女たちの“人となり”についても迫りました。

●Saucy Dog
 『ニューロック計画!2018』にも出演してくれたSaucy Dogの初インタビュー。叙情性に満ちた詞の世界とメンバーから醸し出される純真無垢なエネルギーに満ちた彼らの楽曲は、聴く人の心と耳を一瞬にして奪う強い“うた”が魅力! 3人それぞれが音楽とどのように向き合い、どういう経緯でバンドを結成したのか。最新ミニアルバム『サラダデイズ』(5月23日)についてはもちろん、曲作りにおける拘りも含め、そのバンドを形作る根幹に迫りました。

●『ニューロック計画!2018』完全リポート
 YAJICO GIRL/Slimcat/Tempalay/MONO NO AWARE/King Gnu/
 Saucy Dog/神はサイコロを振らない/FINLANDS/THE LITTLE BLACK
 ハンブレッダーズ/Halo at 四畳半

 今年ぜひ注目してほしいニューアーティスト11組を招き、通算5回目となる今回も、大阪はumeda TRADにて2日間に渡り開催したTalking Rock! presents『ニューロック計画!2018』。11組のそれぞれが独自の音楽をしっかりと披露し、そして来てくれたお客さんもそれをしっかりとキャッチしてくれて、音楽で深く繋がり、とても濃密な内容の2日間になりました! その模様をたっぷりの写真&テキストでお届け! じっくりと読んで2日間の興奮と彼らの魅力を感じてください! 

いいね!した人  |  リブログ(0)