【消しゴムはんこ★つくリエイター】はたけだまさこ 岩手 盛岡

【消しゴムはんこ★つくリエイター】はたけだまさこ 岩手 盛岡

オーダーメイドであなただけの消しゴムはんこ作成、
不定期で消しゴムはんこ教室の開催中
『消しゴムはんこ☆つくリエイター』

日々の活動やぼやき(笑)
はんこ作り、イベントのお知らせなどを
綴ります

音譜世界に一つあなただけの判子をお届けします音譜

日々のくらしにほっこり楽しんで「ぺったん、ぺったん」していただけるような作品作りを心がけています





消しゴムはんことは?




専用の消しゴムを使用して、デザインナイフなどで一つ一つ丁寧に手彫りしています。市販のはんこと違い耐久性は低いですが、押したときのちょっとしたゆがみが味わい。デザインは同じでも全く同じものはありません。この唯一無二の儚いはんこ、この魅力に取りつかれています。




ペットの判子は好評でショップ印などにもご活用いただいております



IMG_20170308_215911720.jpg




はたけだまさこです。


週3回の楽しみ
お友達とのzoomヨガが終わって

はんこをホリホリ 
あっという間に時間が経ちます。


最近依頼が多いのは住所印ですね(^^)
文字が多いので時間がかかります。


オーダーしてくださった皆さん
気長に待っていただき感謝です♡



午後は用足しにお出かけ
久しぶりのおひとり様lunchを
楽しみました(^^)


美味しいですよ♡
パンケーキがおすすめですが
最近、粉もんばっかりだったので
今日はロコモコ(^^)


徐々に新しい生活様式を意識しながらも
お出かけも楽しみたいなと思います(^^)





住所印などのフルオーダーは
こちらから承ります🔻

はたけだまさこです。

2年前の記事が出てきた♡

似顔絵はんこは
人気のあるものの1つです(^^)


最近は、
卒業シーズンにお世話になった先生への
贈り物として選ばれる方が多いんですよ。


まだ、早いですが😅
ギリギリになると間に合わないので
早めに頼んでね(笑)

という事で、プレゼントリストに
覚えて頂けると嬉しいです♪



似顔絵はんこはWebショップから🔻

 

はたけだまさこです


昨日の着信履歴を見たら実家から
「何事か?!」と折り返したら


昨日、母からアマビエ様のはんこの
オーダーが( ´ ▽ ` )
お友達の分も一緒に


なかなか連絡取らない家族なので
ドキッとしました(笑)


元気そうでほっとしました照れ






アマビエのハンコはこちらのWebショップで
購入頂けます🔻


 

はたけだまさこです。
 
今日はオンライサロン「マイラボ」のzoomお茶会
最近の楽しみの1つでもあります。
 
 
今日のお題はこちらでした。
 
◆「内なる不要不急」
毎日の忙しい時間の中で、他の人にはなかなかわかってもらえない、自分だけの大事な時間のこと、だそうです。
忙しいけど、手の込んだ料理をわざわざ作るとか、こどもと遊ぶ時間を作るとか。
緊急事態宣言がまだ出されている中での、心の余裕を保つ方法のひとつだそうです。
皆さんの内なる不要不急には、どんなものがありますか?
 
自粛生活で心がすさんでしまう
楽しげな人をみると非難してしまう(自粛警察など)
それはもしかしたら、知らず知らずに自分もやってしまうかもしれない。
 
そうならないために
それぞれの自分の内側にある、他の人には理解されないけど
大事にしているものをみつめて大切にしていくことが大事。
 
 
緊急事態宣言は解除されましたが
その宣言の最中マイラボメンバーが心の余裕を保つために
どんな事をしていたのかそんなお話をしました。
 
 
地域によって出来ることに違いはありましたが、
 
・ダンス教室に通った
・できることちいさな楽しみをみつける
・自分を大切に過ごすために美容院にいく
・歯科に行った
・カメラを購入して撮影を楽しむ
・子供と夜のウォーキング
・ハンガリー刺繍
・日常を変えず淡々とすごす
 
などなど。
 
皆さんのお話を聞いていて、
私はどんな風に過ごしていたかな?
と振り返っってみて
 
やっていてよかったな
これだけはゆずれなかったなと
思ったものがありました。
 
コーヒーを豆から淹れる
最近は息子さんにすっかり役目を
交代しつつありますが、
 
以前はインスタントばかりだったのが
今はすっかり豆派
豆を挽いてドリップする時間がとても癒されます。
がぶがぶ何杯も飲むことがなくなりました。

 

 
お友達と週2~3回行っている
ZOOMヨガ
初めはおもしろ半分で始めた
先生もいないゆるいヨガですが
今ではとても大切な時間です。
 
これで、生活のリズムを崩さず
自分の体と向き合うことの大切さも
わかってきました。
 
 
 
美容室にも行きました。
 
 
マイラボメンバーお薦めのコスメも購入
自粛生活で人に直接会う機会は減りましたが
綺麗でいることは私にとってとても大切な
ことでした。
 
 
体調を崩したこともありましたが
私の「内なる不要不急」は
自分を保つために大事なことだったなと思います。
 
あなたの「内なる不要不急」はどんなことですか?
 
 
私も参加しているオンラインサロン「マイラボ」はこちら▼
 
 

 

 

image

はたけだまさこです。
 
きょうは、ほんとーーーーに久しぶりに
家族以外とお出かけしてきました。
(しっかり3密は避けてますよ)
 
 
気になっていたお店「Lachs」さんでランチ
ミルフィーユチーズカツがボリューム満点で
美味しかったラブ
 

目的の場所
リフレクソロジーサロン
庭に咲いている花が可愛い
 

おもてなしのプチケーキが可愛すぎて
友達と悶絶

 

 

 

全てが絵になる

勝手にモデル役を買って出るの図

 

 

 

お友達がリフレ中に私はハンモックをお借りして

お昼寝・・もう最高ハート

 

 
まさこ癒されるの図
 
 
リフレの後には個別に合わせて作ってくれる
ハーブティー。
今回はローズが香る~
毎回これが楽しみなんだ。

 

 

 
いっぱいお話しながら癒されて
言葉をすごく選んでいるな~と自分で感じました。
 
「あ~、まだいい人にみせたい自分がいるな」
「本当はもっと素直になりたい」
 
只今、ブレない自分の軸作り中
そんなこともしっかりを見破られました。
 
なにはともあれ
家族以外の誰かとリアルに話せる
幸せを噛み締めてまいりました。
 
ありがとうございます。
 
素敵なお山のサロンで癒やされたい方は
 
 
 
 
image
 
 
 
 

 

はたけだまさこです。

 

私のこだわり4つめ

 

私のこだわり①

私のこだわり②

私のこだわり③

 

それはこだわりすぎないこと


 

私はオーダーのはんこを

メインに作っています。

 

オーダーしてくださった方の

デザインがある場合は

できるだけ忠実に

 

こんな手描きのこんなデザインも

お写真から作ります。

 

image

 

お店のロゴがある場合はこんな感じに

image

人気の似顔絵とペットのはんこは

 

お写真を元にできるだけ忠実・・

ですが、

 

はんこになったときに

どうしたら可愛く見えるか?

素敵に見えるか?

どの線を活かすのか

パーツの大きさも調整したり

実は足し算、引き算をしています。

 

imageimage

 

私が図案から作る

フルオーダーのはんこは

依頼される方のイメージを形にするために

根気よく聞いて形にしていきます。

(なので、頼まれる方の中にイメージが出来ていることが重要)

 

image

自分の作品として作る時は

その時の気持ちに従って自由に作ります。

 

こんな感じのものがあれば

 

image

 

こんな遊び心がでちゃったり

 

imageimage

 

なんだか作風がバラバラのようですが、

きっと私らしさは出ているんです。

 

私だから作って欲しい

そんな風に言われたいですね。

 

忠実に

お客さんに寄り添いながら

作品は自分の枠に囚われすぎない

 

それが私のこだわりです。

 

image

 

 

 

はたけだまさこです。
 
私のこだわり3つめ
 
①②はこちら▼
 
 
オーダーのはんこに付けている持ち手
※内容によって付かないものもあります
 
こちらの持ち手は県内の木工所さんに
お願いしてはんこの大きさに合わせて
カットしていただいています。
 

 

作り始めた時はカッターでも

切ることができるコルクを使っていました。

見た目も可愛くて軽いので

これはこれで良かったのですが

耐久性が低くすぐにやめました。

 

 
次に目を付けたのがMDF素材
丈夫で表面もきれいなので
印影をつけるのにも適していました。

 

 

ただ、真っ直ぐに切るのが

自分では難しく主人に頼んでいました(笑)

 

 
やっぱり持ち手の素材にも
 
こだわりたい!!
 
そう考えていたときに
地元の木工所の方に出会い
今の持ち手になっています。

 

木の質はもちろん

プロにカットしていただくので

真っ直ぐできれい。

 

おかげで、

一気にはんこのクオリティが

上がったと思います。

 

程よい厚みもあるので

「捺しやすいね」と評判もいいんですよ照れ

 

カットしていただいた

持ち手は更に自分でヤスリをかけて

仕上げています。

 

ようやく自分で納得のいく

持ち手にたどり着きました。

 

4つめは・・・

枠に囚われすぎないはんこ 私のこだわり④

 

 

image

 

image

 

image

 

 

 

 

 

 

はたけだまさこです
 
わたしのこだわり2つめ
 
 
 
 
それは《手作りの箱》
オーダーメイド消しゴムはんこに
付けているものです。
 
作りはシンプルですが
オーダーのはんこは全て大きさが違うため
はんこの大きさに合わせて作っています。
 
 
以前は箱は希望される方だけに
有料で作ってましたが
今はオーダーメイドの料金に含めています。
※内容によって付かないものもあります。
 
 
その大きな理由は
消しゴムはんこを永く使っていただくため

 

 
消しゴムはんこは
市販されているゴム印にくらべると
どうしても耐久性が低いのです。
 
刃物で彫ることができるように
柔らかい素材であるため傷が付やすい。
 
 
消しゴム同士を重ねて長時間保管すると
お互いにくっついてしまったり、
プラスチックや家具などの塗料面を溶かす
という性質があるのです。
※保管方法についてはお買い上げ時に同封しています。
 
こういったことを防ぐため収納箱をつけています。
 
 

 

 
持ち歩く時もインクで汚れることがなくてよいと
お客様からも喜ばれています。
 
箱には印影も付けているので
一目でどのはんこかが分かります。
 
 
特別なことでは無いかもしれませんが
きちんと理由があって
なかなかの手間をかけた箱なんですよ照れ
 
まだまだあるよ
 
 
image
 
image
 
image
 

 

はたけだまさこです。
 
これから何回かに分けて
私が消しゴムはんこ作りで
こだわっていることを
書いてみようと思います。
 
 
まず一番のこだわりは
印面をできるだけきれいに仕上げること
 
印面というのは
使うときにインクを付ける面のことです。
 
昨日のブロク記事
「きっかけのお話」にも書きましたが
のめり込むきっかけになった
「美しく仕上げたい」というところです。
 
 
実際のはんこの印面がこちら▼
 
細かい文字も▼
 
 
印面がきれいだと
はんこを押したときもきれいなんです。
 
そして、受け取った時に
喜んで頂きたいというのが一番かもしれません。
 
きれいな印面にするためには
できるだけ刃物を入れる手数を減らすこと
なのでいかに少ない回数で彫るかを考えながら
作業しています。
 
だから、しょっちゅう息止まってます(笑)
 
まだまだ研究の余地はあるので
これからもぺったん堂のはんこは
進化していくだろうなおねがい
 
 
image
はんこって並んでいるだけで可愛い。
 
購入してくださっている方の中には
勿体なくて使えないとおっしゃるかたも
いらっしゃってとても嬉しいですが、
ぜひ使ってくださいね。
 
つづく

全て手作りです 私のこだわり②
 
 

 

 

 

 

はたけだまさこです。
 
今日は【きっかけのお話】
 
私が消しゴムはんこを始めたきっかけ
 
2016年4月25日 4年前
 
母のパッチワークの作品を
ネットで販売してみようと盛り上がり
私が管理を始めました。
 
作品を発送するときに【屋号のはんこ】が
捺してあったら素敵になるだろな~
と作ったのが始めての消しゴムはんこです。
 
100円ショップで材料をそろえて
作ってみたら思いの外、
上手く彫れちゃった。
 
誰に教えてもらった訳でもなく
図案もオリジナル、可愛い
 
「すごいじゃん私!!」
 
と調子に乗ったのがはまったきっかけです(笑)
 
 
※向かって右側が当時作ったもの
 最近になって作り直してあげました。
 今でも使ってくれています。
 
調子に乗った一方で上手に彫れたけど
「美しくない・・」とも思いました。
 
印面(インクを付ける面)がボロボロ・・・
 
 
そこで「美しく彫れるようになりたい」と
通信教育を見つけ消しゴムはんこ作りの
基礎を学びました。
 
自分でもどんどん上達していくのが
目にみえて分かってきて楽しくなり
 
仕事と家事を終えたあとに
夜な夜な彫りつづける日が続きました。
 
 
彫る時間が確保したくて
職場に持ち込んで昼休みに彫る(笑)
 
 
それをみた職場の後輩に
アイドルのロゴはんこを頼まれて
作ったこともありました。
 
 
上手になってくると
人にプレゼントしたくなり
職場の同僚のペットの似顔絵をはんこにして、
とても喜ばれました。
 
IMG_20160609_232726126.jpg
 
その同僚から東京の友達が
飼い猫のはんこを作って欲しいと頼まれたのが
こちら▼
 
IMG_20160615_072107857.jpg
 

ここで、「売れるよ!」と言われたのが

販売をしてみようと思ったきっかけでした。

 

 

 

 

image

 

image

 

image