何故なのか解らないが気に入っている花は思うように増えてくれないし無論、育ちも悪い。

2年に1作の厳しい状況。

新芽は濁りのない素心芽で花芽も同様に濁りがなく上がってくる。

開花が近付くと花弁に色が出て来るが色の出方は年により変化がある。

舌点は極淡いボカシの様な入りで登録品種に例えれば京の夢のような感じだ。

本咲ではないが、まずまずの感じで咲いてくれた。

本咲は花弁や舌がもう少し大きいが贅沢は言えない。

昨日は雨の中で龍馬マラソンが開催された。

幸いにもと言うか寒い雨ではなかったので少しは救われたかも知れません。

コースには早朝からコーンが並べられていた。

仮設トイレも設置されて準備万端!

龍馬マラソンにネーミングの変更があって8回目になると言うが参加者が毎年増加していて人気の市民マラソンのようです。

参加者の皆さんやボランティアの方々お疲れさまでした。